ひこぱぱ

 反原発・反基地・反差別・反弾圧・反貧困・反TPP!
    「積極的(戦争による)平和主義」という妄想に惑わされず
 「福島事故は終わってない!命を守れ!」の声を一つにして
    平和憲法を守り、軍事国家への転換を阻止しよう!
      


テーマ:
オリンピック絶対反対!
圧倒的少数意見であることは承知の助。

しかし、フクシマ、東北地震、大分地震、各地で相次いだ豪雨の被災者の方たちを思い浮かべれば・・・
それ以外の社会的弱者の人たち・・・障害者、シングルマザー、在日の人たち、・・・思い浮かべねばならない人たちがたくさん、たくさんいるだろう?
結局は1兆を超すともいわれる巨額なカネは実際誰のために費やされるのか?!

■久米宏、明石家さんま、鴻上尚史、アジカン後藤、ウーマン村本…同調圧力に負けず東京五輪に異議を唱えた著名人
http://lite-ra.com/2017/08/post-3379_4.html

オリンピックの招致からいまにいたるまで繰り返されてきたのは、
〈人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励すること〉でも、〈スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てること〉でもない。(※注)
政治家や財界人が利権にたかって私腹を肥やし、
現場の労働者は命を削って過重労働を強要される。
傷つき救いを求める被災地の人々は放っておかれ、

本来そこに投じられるべきだった金はこれといった必要性も見当たらない競技場などにつぎこまれる。
挙げ句の果てには、法律がなければオリンピックは開けないとして、治安維持法の再来のような悪法まで成立させられる結果となった。

久米宏は言う
五輪を返上すると、違約金が1000億円くらいかかるらしいけど、僕は安いと思う。それで許してくれるのなら、非常に有効なお金の使い道です

ホンマ!激しく同意!

※注
オリンピズムの根本原則
オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てることである。

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
東京オリンピック絶対反対!と先日書いた。
その続編。

オリンピック憲章はこう宣言している。
「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、
国家間の競争ではない。」

つまり、日本だろうがどこの国であろうが、国ごとのメダル獲得数は関係ない!
各国がそれを競争する大会ではない!
と言ってるんだ。
しかし現実はどうか?
以下の抜粋、例によって着色、拡大、改行増加by浜田。

2008.7.14の古い記事だが
■オリンピックの理想を打ち砕いた国家間のメダル競争
http://diamond.jp/articles/-/6622

寺山修司は述べている。
<オリンピックはいつのまにかスポーツマンの祭典ではなく、もう一つの戦争になってしまった。
クーベルタンは「国家の尊厳」に殺されてしまったのだ。
100mランナーの栄光も悲惨も、いまでは国家が肩代わりしてしまい、
選手は国家のスタンドイン(代理人)として走っているだけにすぎなくなった。

122本の国旗が掲げられたときから、オリンピックは政治的なゲームとして開始され、
その歪みを引き受けて、テロ(1972年ミュンヘン・オリンピックでのテロ事件)を誘発するに到ったのだ。>

『東京五輪誘致をめぐる国とJOCの皮算用』

JOCは、独自に「2016年に金メダル世界トップ3達成」というプランを新たに立て、
北京オリンピックを同プランのスタートと位置づけた。
なぜ、目標達成を2016年としたのか。
それは東京オリンピック招致と絡ませたからである。


64年東京オリンピックでは、スポーツ振興法を盾にしてメダル獲得のためにヒト・モノ・カネが総動員された。
2016年の東京オリンピック招致で同じようなことが再現されれば、金メダル世界トップ3を達成できる、というわけである。

<臨時教育審議会第三次答申(87年4月)で述べられているとおり、
「競技スポーツにおける成果は国民一般、とくに青少年のスポーツに対する意欲をかきたて、スポーツ活動の普及・振興に好ましい影響をもたらすとともに、
民族・社会の活力を増大させる」ものであり、
その意味において、国際競技力の向上は、国の重要な政策課題である>

上記は、87年10月に中曽根康弘首相(当時)が私的諮問機関として設け、竹下登首相に引き継がれた「スポーツの振興に関する懇談会」の報告書(88年3月)の要点である。

ここには、国威発揚のために国家としてのスポーツ政策の必要性が強調されており、
その流れに沿って文科省の「スポーツ振興基本計画」の策定、
JOCのメダル獲得プランへと繋がってきたのである。
日本においても、国家によってオリンピックの理想は殺されてきたのであり、選手たちは、その犠牲者ともいえるのである。

怖い、怖い!
日本は素晴らしい国だ。
国民はこの素晴らしい国のために、スポーツを含めてあらゆる分野で「滅私奉公」し、その能力を発揮せよ。
「国威発揚」「お国のために」こそがすべて。
そして、その裏で、大企業とその代弁者たちは「利権」を貪るのだ。

さあ、今からでも、オリンピック返上の声を上げよう!
おカネを使うべきところが他に目白押しなのだから。

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高度プロフェッショナル制度(高プロ)は
結局は賃金の抑制、カット、残業代ゼロを目指す雇用者サイドに都合の良い法案・制度でしかない。
誰の目にも明らかなその法案の「合意」を志向した時点で労働運動の敗北である。

「連合」はずっと以前から労働者階級の利害を代弁できなくなっている。
なぜなら、その中心は企業別組合、しかも大企業の組合であるからだ。

大企業、例えば、関電など電力独占体の組合は労働者の組合か?!
違う!
いくら何万人単位の社員を組織していようが、彼らの多くは大企業=独占企業に雇われたおかげで、その超過利潤からおこぼれをもらう高所得のサラリーマン。
その高所得ゆえに会社の利益こそが彼らの利益、それゆえに会社に従順な奴隷と化しているのだ。
労働者階級、人民の利害は彼らにとってはむしろ損であり、企業の利益こそが彼らの高所得の基盤である。
彼らを労働者階級とは言えない。

関電の社員が、原発に反対するか?反対できるか?
トヨタの社員が、後進国の労働者を低賃金に抑えつけるグローバリズム・自由主義に反対するか?反対できるか?

反対しないし、出来ない。
なぜなら、会社の利益こそが彼らの高所得の源泉だと知っているからだ。
そういう会社の買い取られた「労働者」が中心の「労働組合」はすでに終わっていると言えよう。

しかし、その傘下には、本当の労働者階級も組み込まれている。
革命的な労働組合の力がそがれてしまっている現状で、多くの労働者は騙され、ただただ巨大なだけの「連合」に組み込まれているのだ。

にもかかわらず、その階級的本能は、今回の執行部の反労働者的な行動に反応した。
執行部は、ぎりぎりのところで、その行動を踏み止まった。
多くの労働者の声に応えざるを得なかった。
なんとか「労働組合」の名を守ったと言えるだろう。

こうした真の労働者階級をこそ大衆的に組織していく方向性を探ろう!
大企業に買い取られてしまった部分から切り離して、労働者階級の利害を真に代弁する運動を創り上げていこう!

■残業代ゼロ「容認とは思わず」 連合・神津会長に聞く
http://urx.red/Ff67

曰く、
越えちゃいけない一線は越えない。
それは当然あった。
『制度は必要ない』と総理にも話したし。
合意と引き換えに、連合に対する信用力を失うことはありえない。
1回けじめをつけようと思い、協議を打ち切ることにした」

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本はアメリカの属国だから、アメリカに都合のよいニュースしか流れてこない。
ベネズエラに関してもそうだ。
アメリカは必死になってベネズエラを潰しにかかっている。
平和的なボリバル革命運動によって成立した現政権に対して、圧倒的な資金力で経済を混乱させ、政治的にも反対派を支援して混乱させる。
流れ来るニュースは、現政権を独裁者、圧制者と決めつけ、「民主主義」の復活を望む「国際世論」の圧力を喧伝している。
違う!
それは全部、アメリカの仕業なのだ。
僕は日々、それらのニュースに苛々していた。

しかし、今日、見つけた!
ベネズエラ人民と革命政権は、アメリカの宣伝扇動にかかわらず、2年前の選挙での敗北を乗り越え、今は制憲議会選挙を勝ち抜いて前進しようとしている。

ネット環境のある方は、以下のサイトを見て欲しい。
他にこのような人民側のニュースを知れるサイトを知っている方がいれば、教えて欲しい。

■ラテン・アメリカの革命的大衆闘争
http://latinpeople.jugem.jp/


今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。
特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。
日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。
だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について、
現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして
日本の労働者に紹介していくことは、
国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

地道な努力に感謝、感謝です。

諦めないぞ!


********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
改めて言う(言うてたっけ?ま、いっか)。
2020東京五輪には絶対反対だ!
久米宏と同じく、最後の最後まで、一人になっても反対するぞぉ~!!!!

■久米宏が東京五輪反対を再び表明
http://news.livedoor.com/article/detail/8085018/

2013年9月20日 14時0分

「僕の場合は、反対の最後のひとりの日本人になっても、反対は続けていくつもりなので」
「東京がというか、日本は、オリンピックを招致するよりも他にやることがあるだろう、今」
「汚染水の濃度が高いのが見つかったり、
アメリカから専門家を呼んできたり、
全部あれ(東京五輪が)決まった後ですからね。
そりゃないだろうという気が酷く致しまして」

激しく同意!(昔風には「いのぉ~し!」)

東京五輪反対


スポンサーとして大企業は儲けまくり、
その裏で(陰で?)東京都内の学校に対してボランティアを強制したり、通訳など重要な業務までボランティア募集したり・・・

「まるでボランティアの宝石箱やぁ~!」(あの有名な食レポ風に)

冗談じゃない!

憲法を改悪し、明治憲法の天皇制軍国主義を復活させようと邁進する安倍政権の宣伝・扇動、国民総動員の洗脳だ!
完全に国民、特に被災者など弱い立場の人々を犠牲に、踏み付けにしようとしている。

ということで「東京オリンピック 開催反対」で検索してみた。
http://ur0.biz/F9gG

オリンピック、ええんちゃうん?
と、脳天気に思っている人は、改めて覗いてみて。
もう開催決まったんだから今さら反対しても仕方ない。少しでも有意義なものにするよう頑張る方が良くなくなくね?
と思ってる人も、そんなどころじゃないことを知ってほしい。

********

※是非、プロフィール頁の動画2本も折にふれ観て下さいm(_ _)m
http://profile.ameba.jp/hiko1956/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。