keiko的、占星術な日々。

占の動きをベースに日々の運気UP法、成功のワンポイントアドバイスを公開。才能や魅力の活かし方からソウルメイトの引き寄せ方まで、宇宙の調べに乗せて思いつくままに。


テーマ:


Keikoです。


ここ最近、なぜか同じようなご質問を頂いたので

この場をかりてお答しておきますね。



その質問とは・・・


「ソウルメイトリーディングを頼んだとき

 ホロスコープをもらったのですが、

 ここから自分の才能はわかりますか?」



というもの。


わかりますよ~ もちろん。


私は、ホロスコープ(出生図、ネイタルチャートともいいます)を

「DNAを惑星で暗号化したもの」 だと思ってます。


ソウルメイトはもちろん、

その人の才能や適性なんて

驚くほどはっきりわかります(^^)


というわけで、

ホロスコープを持っている人に限られてしまいますが、

今回は、自分の適性の見方をお伝えしますね。


色々あるのですが、ポイントは「木星」。


私の経験上、いちばんスパッとわかるのは

木星がどのハウスにあるのかを見ることですね。 



木星はね、天からのギフトなんです。

木星が入っているハウスに関することは、

努力しなくても自然にできてしまうんですよ。


そう、まるで息を吸うように。



ある人は、木星が「奉仕、サービス」を意味する

第6ハウスに入っていました。


以前、その彼に


「ねえ、シュミはなあに?」

( ↑ なんてダサい質問 笑)


と尋ねたところ、


「 ”おせっかい”!」


と即答したのでビックリ(@@)


(注: 私のことをおせっかい!って言ったんじゃなく、

 趣味が「おせっかい」ってこと)



お節介がシュミの人なんて聞いたことないわ

ジョーダンはヨシオくん (古いね)


と思ったのですが・・・


その後、彼のことを知るにつけ、

それがジョーダンでも何でもなかったことが

わかってきたのです。


彼にとってお節介とは


「ごく自然に」

「喜びをもって」

「何の苦もなく」



やれてしまうことであり、

しかも、驚くべきことに、

それがちゃーんと

「ビジネスにつながっている」という事実!(@@)



このことに気づいた私は、

その後、身近にいる成功者をたくさんチェックしてみたのです。


すると・・・

驚いたことに、一人残らずあてはまっていました。


  「適性=木星のあるハウス」 


という方程式に。



というわけで、ホロスコープをお持ちの方は、

自分の木星が何ハウスに入っているのか、

いちどチェックしてみてください。


仕事をしていく上での「強み」がわかります。


ビジネスにおいて「テコの原理」は欠かせませんが、

その「テコ」になるのが木星なんですね。 

いってみれば、「打ち出の小槌」 みたいなもの。

意識しなくても上手くいくんですから(^^)


簡単に、ハウスごとのヒントを挙げておきますから

ぜひご参考に。


(あ、そうそう、木星は英語で「Jupiter]、

 ホロスコープでは「4」に似たマークで示されています

 ヨットの帆みたいな形が木星くんよ)



●第1ハウスに木星がある人: 

 自分の個性を出し、パーソナリティーをアピールするのが上手

●第2ハウス:

 モノの価値を見抜いたり、お金を運用することが得意

●第3ハウス:

 教えることと学ぶこと、まわりからのウケはバツグン

●第4ハウス:

 家族同然の絆を作るのが得意、万人の母のような存在

●第5ハウス:

 好きなことを純粋に楽しめる人、舞台栄えする人

●第6ハウス:

 人が喜ぶことが自然にわかってしまう、他人の喜びが自分の喜び

●第7ハウス:

 何かをやろうとすると、優れた協力者が現れる

●第8ハウス:

 人の感情や考えを自分のことのように読み取れる

●第9ハウス:

 専門知識を必要とされること、独自のスキルを習得すると強い

●第10ハウス:

 遠慮せずどんどん表に出て、人目につくようにする

●第11ハウス:

 人脈やネットワーク作りが得意、有益な知り合いが多い

●第12ハウス:

 道徳心があって精神性が高いので、まわりから一目置かれる
 


厳密にいえば、

木星の「サイン」も考慮する必要があるのですが、

これはまたいずれ。




いいね!した人  |  コメント(47)

Keikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります