「ひきこもりプレイス多摩(ひきたま)」公式ブログ

偶数月に1回、小金井市でひきこもりの当事者のための居場所を開催しています。


テーマ:

 

ひきこもりプレイス多摩ご参加のみなさま

 

ひきたま事務局のロッシュです。

 

いよいよ2016年も残すところあと1日になりましたね。本年もひきたまは参加者の皆さんのご協力でつつがなく行うことができました。至らないところも多々ありますが運営スタッフ一同心よりお礼申し上げます。今年は4月から隔月になるなどご迷惑をおかけしましたが、これも少しでもスタッフの負担を減らし、ひきたまを長く続けるためのものだとご理解いただけたら幸いです。

 

去る25日には恒例のクリスマスミーティング&クリスマスナイトが開催されました。
昨年よりも多くの方に来ていただき、大変ありがたく思います。
参加者は昼、夜合わせて35名に上り(内男性29名、女性6名、初参加9名)、夜の部も30名の方が残ってくれました。
昨年は料理が足りなくなるなどして書いたしたため、収支も足が出るなどしましたが、今年はおかげさまでなんとか黒字で行うことができました。

 

収入:35,000円
支出:29,335円
差額:5,665円

 

余った参加費は今後のひきたまの運営の足しにさせていただきたく、ご了解のほどお願い申し上げます。

 

また本年は1月からのカウントで、全8回でのべ144名の方に来ていただきました。1回平均21名で昨年の13.4名を大きく上回りました。少しずつですがひきたまの知名度も上がり、皆さんの憩いの場になれたことが、嬉しい限りです。

ただ、大変残念ではありますが、運営スタッフの都合により、来年2月はお休みをいただくことになりました。次回は4月の最終金曜日を予定しています(未定)。運営スタッフは皆本業を抱えながらスケジュール設定に苦慮しつつひきたまを行なっています。代表の坂本も家庭を持ち、本業のハードワークをこなしながらどうにか運営している次第です。

 

ぜひこのような事情も鑑みて、至らない部分は大目に見ていただけると大変助かります。

 

来年も是非皆さんと楽しいひと時が過ごせるようにしていきたいと思います。
どうか良いお年をお迎えください。

 

ひきこもりプレイス多摩 事務局(ロッシュ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第17回ひきこもりプレイス多摩

「みんなで盛り上げよう!ひきたまクリスマスミーティング&クリスマスナイト!2016(ひき★クリ)」


 

 

昨年に引き続き今年もやります!  クリスマス当日の昼から夜まで、真面目に語り合い、そしてその後はみんなで楽しくクリスマスの夜を楽しく過ごしましょう!  参加者みんなで作り上げる、手づくりのクリスマスイベントです!
 
★日時 平成28年12月25日(日曜)13時30分~21時00分
★場所 小金井市立上之原会館・2階集会室A・B
    住所:小金井市本町5-6-19(武蔵小金井駅北口から徒歩10分)

 

会場地図http://yahoo.jp/MhroQJ


★定員  30名

★参加の条件
ひきこもり当事者・経験者の方で、当会のルールを守って頂き、当日の当イベントの進行にご協力頂ける方

ひきこもりプレイス多摩:居場所ルール
http://ameblo.jp/hiki-place/entry-12013048950.html


★参加申し込み方法
いつものひきたま同様に、このFacebookイベント板での参加予定表明もしくはひきたま代表アドレスからお願いします。当日参加も可としますが、料理の用意の関係もあり、出来るだけ事前申し込みをお願いします。
当日ご本人確認ができるよう、申し込みの際にはニックネーム(本名可)をおしらせください。

申込・問い合わせメールアドレス:hiki.place@gmail.com

 
★内容
◎昼の部(13:30~17:00)
「ひきたまクリスマスミーティング」

Part1  全体ミーティング「ひきたま・この一年を振り返って思うこと」
皆さんの自己紹介のあと、最初にこの一年のひきたまでのテーマな振り返りを行い、その後いつものように皆さんから順番に発言を頂きたいと思います。ファシリテーター★坂本凌雲

Part2  2つのテーブルに分かれてのグループミーティング

1「クリスマスなんだから『恋愛』について語っちゃおう!パート2」(『恋愛』テーブル)
2「生きづらさと新しい働き方について語ろう!パート2」(『生きづらワークスタイル』テーブル)

✳︎休憩席も設ける予定です。

(昼の部終了後にスタッフ中心に全員で会場準備・買い出し等 17:00~18:00)
 
◎夜の部(18:00~21:00)
「ひきたまクリスマスナイト!」
クリスマスパーティーです! 皆で飲み食いしながら、楽しく盛り上がりましょう!
(夜の部終了後に全員で会場撤収 21:00~21:30)
 
★会費
◎昼の部  無料
(昼の部は飲食物の提供はありませんので、各自でご用意ください。カンパ歓迎します)

◎夜の部  お酒飲む方  1500円
                お酒飲まない方  1000円
(支払いは受付時にお願いします。また夜の部が始まってから遅れて来られた方も、参加費は同額となりますのでご了承ください)

【事務局からのお知らせとお願い】

・料金設定については、昨年は夜の部一律1000円で予算が足りず、事務局からの持ち出しになったため、運営メンバーで協議した結果、今年はアルコール飲む方のみ少し高めの設定とさせていただきました。

・料理オードブル、ピザ、スナック菓子類など、またアルコールもリーズナブルな発泡酒やワインが中心の用意となると思います。他のお酒呑みたい方は各自でご用意ください。

・料理が途中で明らかに足りなくなった場合など、追加の買い出しを行ないたいと思いますが、その場合の人手と予算含め、皆さんのご協力なくしては難しいことご理解ください。

・お店に入って行う会ではなく、自助グループとして、皆さんとともに作り上げるクリスマスイベントです。居酒屋等も考えましたが、より予算を抑えるために、こうした公共施設を借りての手作りのパーティーとしています。お客様意識ではなく、皆さんお一人お一人がご自身の出来る範囲でお力を貸して頂けたら幸いです。皆んなで力を合わせて、楽しいクリスマスの夜を作り上げましょう^_^


メールでお申し込みされた方はひきたまメールマガジンに登録させていただき、今後の開催情報等お送りします。メルマガ登録をお望みでない方はその旨申し込み時にお知らせください。

――――――――――――――
ひきたま公式Twitter
http://twitter.com/HikiPlace

ひきたま公式ブログ
http://ameblo.jp/hiki-place


ひきこもりプレイス多摩とは?
http://ameblo.jp/hiki-place/entry-12009524297.html

※当会は専門的治療やアドバイスを行う場ではありません。
※当会はひきこもり当事者、経験者が安心して参加できる居場所を目指している関係で、現在はひきこもり当事者、経験者のみ参加受付しております。ご家族の方や、一般の方の興味本位での参加はご遠慮いただいております。 また「ひきこもりではないけど、社会で生きづらい、ひきこもりになりそう」という方はお問い合わせください。

※参加の際には当会のルールを守ってご参加ください。
ひきこもりプレイス多摩:居場所ルール
http://ameblo.jp/hiki-place/entry-12013048950.html

--
ひきこもりプレイス多摩事務局
blog: http://ameblo.jp/hiki-place/
twitter: https://twitter.com/HikiPlace
e-mail: hiki.place@gmail.com

 

会場地図

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さま、次回ひきたま開催が明後日の10月15日(土曜日)と迫ってまいりました。この間も世話人坂本が体験発表を行わせて頂いたりで相変わらず慌ただしく、また体調を崩したりで‥‥、皆さんへの前回の御礼やご報告が遅れて申し訳ありませんでした。


前回8月26日(金曜)の第15回ひきたまは23名もの方の参加を頂き充実したミーティングとなりました。遅れましたが、参加していただいた皆さん本当にありがとうございました。次回開催直前となってしまいましたが、前回ミーティングの報告をさせて頂きます。


第15回は、ひきたまスタート以来会を献身的に支えてくださっている中心メンバーの方が出してくださった渾身のシビアなテーマ「ひきたま版・親なき後を考える」をテーマに、ひきたまルールに従って、参加者23名の方それぞれの思いを語っていただきました。最近のひきたまはここ3回連続でいずれも20人超えです。リピーター・初参加の方が混じって、重層的な参加者の構成となり、以前に増してひきこもり当事者・経験者限定の興味深いグループミーティングの場となっております。本当にありがとうございます!


以下、今回のミーティングで頂いた主な意見を、あまり詳細にならない範囲でご紹介いたします。


親・当事者とも高齢化していくなかで、介護の問題、相続の問題などかなりシビアである。親に愛情が持てず「死んでほしい」という思いがある場合もあるが、逆に「心配かけられない」という思いもある。


親の遺産や通帳のありか、生命保険、さらには法事や葬式、お墓のことなど把握出来ていない。親にそうした話題は切り出しにくい。どこまで考えて、準備しているのか。相続は争族ともいうが、ひきこもり当事者経験者は、そもそも親のみならず親戚や兄弟、義兄弟との関係性も険悪もしくは疎遠な場合が多い。存在そのものを否定されるような言い方をされることもある。


親なき後は、そういった手続き面や経済面だけでなく、家族を失うことにより社会的関係性が全くなくなり、自分の家族もおらず、一人残される絶望感‥‥精神的孤立への不安も大きい。一方で障害者手帳や福祉サービスなどの行政的なフォローをしっかり把握していれば、漠然とした恐怖からは逃れられると思うし、貧困に陥ることはないと思うが‥。


親とは関係をシャットアウトしていても、親に急に不測の事態が起こらないか‥といった不安はある。少しは親孝行したい気持ちもある。恋愛や結婚に向けて、自分に自信が持てない。心の拠り所をどのように構築するか。


ひきこもりのさ中では親と不仲ではあったが、その後バイトや就労など通して、今は親とは付かず離れずで何とか良好にはやっているが‥‥。副業的に家賃収入といった可能性もあるが、実際はなかなか難しいのではないか。


思った以上に様々な角度からのご意見が出た気がしました。「親なき後」はひきこもりではない人たちにとってもシビアな問題ですが、ひきこもり当事者・経験者の場合は、さらに社会的孤立や親族兄弟との関係性の問題も出てきて、さらに根深い問題を感じました。すぐに解決出来るような問題ではありませんが、これだけ重い話題に皆さんとともに向き合えたことは良かったと思います。


「ひきたま」では、これからも皆さんと、こういった身近で真剣な話題に向き合っていきたいと考えております。どうかこれからも「ひきたま」をよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひきたま10月テーマ
「改めて考える、ひきこもり経験者(当事者)にとっての”自立”とは?」

先日、とある場所で
「ひきこもりから社会復帰出来たきっかけは?」
 という質問を受けました。自分が〈社会復帰出来ている〉という自覚も無く、そもそもが社会復帰出来ているという前提での質問だったこともあり、”社会復帰ってなんだろう?”という疑問がその時から自分の頭に度々浮かんでくるようになりました。

  仕事や人間関係での失敗の連続によって社会から転げ落ちた自分にとって、”社会復帰”及び”自立”とは「アルバイトを始めた」「正社員になった」という分かりやすい結果で判断できるものではありません。「バイトしてもまた辞めるかもしれない」「正社員になれてもブラック企業かもしれない」「人間関係でまた辛くなってしまうかもしれない」等々、新しい環境に飛び込めたとしても、それを継続することが出来るのかという不安の方が自分にとっては切実です。そもそも、その不安ってどのタイミングで解消されるのでしょうか?

  ”社会復帰”及び”自立”とは、ひきこもりに限らず生きづらさを感じながら生きている人たちにとって必要以上に向き合わざる得ないことの一つだと思います。社会に上手く適応出来なかったことによる自信の喪失を抱えながら、それでも自分なりの方法で食べていかないといけない、どこかで社会と再び関わっていかなければならない(かもしれない)という大きなハードルと、皆さんはどう向き合っているのでしょう?
 
今回のテーマは”自立”です。前回テーマの【親亡き後を考える】とも通ずるものが多々あるテーマですが、誰のものでもない、あなたなりの”自立”を語り合えればと思っています。


「第16回ひきこもりプレイス多摩(ひきたま)」

【テーマ】「改めて考える、ひきこもり経験者(当事者)にとっての”自立”とは?」


★日時 2016年10月15日(土)18:30~21:30
※今回はいつもの最終金曜日ではありません。お気をつけください。

★場所 小金井市立上之原会館・2階和室
(今回も8月に引き続き2階奥の和室になります。お間違えのないようお願いします。)

★住所:小金井市本町5-6-19
    (武蔵小金井駅北口から徒歩10分)http://yahoo.jp/MhroQJ

★定員 30名

★対象 ひきこもり当事者・経験者

★内容 みんなでテーマに基づくサークルトーク

★会費 100円

*今まで事務局で用意してましたお菓子と飲み物は、事務局の負担軽減の意味もあり、各自持参でお願いします。カンパ大歓迎です。

★参加申し込み方法:当Facebookイベントページでの参加表明、もしくは下記メールアドレスからお申し込みください。当日ドタ参加、遅刻も可ですが、出来るだけ事前申し込みをお願い致します。
また、当日ご本人確認ができるよう、申し込みの際にはニックネーム(本名可)をおしらせください。

申込・問い合わせメールアドレス:hiki.place@gmail.com

メールでお申し込みされた方はひきたまメールマガジンに登録させていただき、今後の開催情報等お送りします。メルマガ登録をお望みでない方はその旨申し込み時にお知らせください。

——————————————
ひきたま公式Twitter
http://twitter.com/HikiPlace

ひきたま公式ブログ
http://ameblo.jp/hiki-place


ひきこもりプレイス多摩とは?
http://ameblo.jp/hiki-place/entry-12009524297.html

※当会は専門的治療やアドバイスを行う場ではありません。
※当会はひきこもり当事者、経験者が安心して参加できる居場所を目指している関係で、現在はひきこもり当事者、経験者のみ参加受付しております。ご家族の方や、一般の方の興味本位での参加はご遠慮いただいております。 また「ひきこもりではないけど、社会で生きづらい、ひきこもりになりそう」という方はお問い合わせください。

※参加の際には当会のルールを守ってご参加ください。
ひきこもりプレイス多摩:居場所ルール
http://ameblo.jp/hiki-place/entry-12013048950.html

--
ひきこもりプレイス多摩事務局
blog: http://ameblo.jp/hiki-place/
twitter: https://twitter.com/HikiPlace
e-mail: hiki.place@gmail.com

会場地図

上之原会館地図

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひきたま開催当日の報告となってしまい申し訳ありませんが、前回6月24日(金曜)の第14回ひきたまの報告です。

前回は「〈あなたはひきこもりにはみえない〉=当事者性の否定?というしんどさについて考える」と題して、21名のご参加を頂き、初の和室開催で皆さんと真剣なミーティングが行われました。

今回のテーマ設定については、正直なところ、参加者の皆さんから反論や違和感の反応もあるかもしれないと考えていたのですが、テーマ設定した主催者に気を遣って頂いたことも多少はあるのかもしれませんが、参加者の皆さんからは共感的なご意見が多かったように感じました。

頂いたご意見をご紹介させて頂きますと‥‥、

確かにひきこもり期間の長短や、あるいは見た目だけで、あたかも当事者性の評価を他人が決めつけるような言動をされるのはしんどい。その人なりのしんどさや苦しみを否定された気分になる。そもそも「言い方」や「ニュアンス」「文脈」によるところも大きいのではないか。言い方によっては「ひきこもりにみえる」と言われるのも微妙である。発達障害も同様。「〜にみえる」「〜にみえない」といった言い方自体があまり適切ではなく、その人個々の状態をみていない。親御さんが自分の子と比べて言う場合が多いように思うが、自分の状態を話せばだいたいわかってくれる。一見ひきこもりには見えなくても、実社会で求められるような継続的な関係力はなかなかわかりにくい。

逆にひきこもりであったことを告白して、人から引かれたこともある。誰もがひきこもりになり得る時代なのに‥。何をもって「ひきこもりにみえる」のか?  「ひきこもりにみえない」と言われてあまりいい気持ちはしないが、そう言われることにも慣れた?気もする。状態の重い人からみれば、軽度?のひきこもりの人はうらやましく感じるのも正直あるし、ひきこもりにみえないと言われて自分はむしろ嬉しく感じる。ハードルは人それぞれではないか‥‥。

後半は、テーブルを2グループに分けてのミーティングとなりましたが、私が参加させて頂いたテーブルしかわかりませんが、そもそも「ひきこもり」と言っても、確かに状態も様々なので、居場所や支援も一緒にするのではなく、もっと細分化の方向に持っていった方がいいのでは?という意見が印象に残っています。

頂いたご意見は概ね以上のようなところでしょうか。

今回は休憩時間は一回だけで、ミーティングが1部2部が終了した後は、そのままぶっ通しで、参加者の方より、個性的なそれぞれのご活動のアピールをして頂きました。

「ひき桜」「ひきこもり大学茨城キャンパス」「秘密のひきこもり大学」「ゆうかつ」「映画『奴ヤツ』上映イベント」等のアピールを皆さんからして頂きました。皆さん凄い思い入れの深い活動ばかりで、本当に宣伝だけでも聞き応えがありました。「ひきたま」まで来ていただいて、それぞれの活動のアピールをして頂き本当にありがとうございました!

その後はおなじみサイゼリアの二次会で終電近くまで盛り上がりました。

長々と書いてしまいましたが、いよいよ本日夜に2ヶ月ぶりのひきたまです!  今夜はどんな展開となるのでしょうか?  きっとまたいろんな出会いや気づきがあるかと思います。では皆さん、今夜ひきたまでリアルにお会いしましょう!  以上坂本でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。