誤解されている部分が少なからずあるので、「ひかりの輪がよく分かる7つのポイント」をまとめてみました。実際の理解にお役にたてば幸いです。

 

1.ひかりの輪は、宗教ではありません。仏教哲学・瞑想・心理学などを学ぶ教室です。詳細はこちら。http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/05/0041.html

 

2.ひかりの輪は、麻原・オウムを脱却し、反麻原・反オウム(現アレフ)の活動を行ってきました。

 この事実は、第三者の識者による監査や報道機関にも認められてきました(詳細はこちらhttp://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/02_2/0042.html)。また、田原総一朗氏ら多くの識者・著名人の方に評価される中で、様々な対談・共著の発刊を行ってきました(詳細は、① https://goo.gl/vY1EOp  ②https://goo.gl/gXn4yS )

 

 ひかりの輪とアレフ(旧オウム)の大きな違いの詳細は、こちらまでhttp://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/02_2/0020.html

 

3.ひかりの輪に参加された方の声を紹介します。講話会・セミナー・聖地巡りなどに参加した一般の方、識者の方、会員の方の声はこちらです http://www.joyu.jp/hikarinowa/voice/  http://ameblo.jp/hikarinowahiroba/

 

 また、詳しい調査をされた識者の方による団体の健全性の評価に関しては、宗教学者太田氏「オウムの危険な要素はない」https://goo.gl/jP1VwC  カルトが専門のジャーナリスト「厳しい国際基準でもカルトではない」https://goo.gl/pW53sd をご覧ください。
 

4.ひかりの輪は、宗教ではなく、学習教室として、入会せずに学べます。参加料金の面でも安心してご参加いただけます。

 

 料金の詳細はこちらです。http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/06_1/0019_2.html

 さらに、消費者保護・人権保護のための日弁連の指針に沿った規定に基づいて活動しています。詳細は  http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/04/0002_2.html

 

5.ひかりの輪は、オウム事件の反省に基づき、被害賠償の契約を締結し、お支払い努めてきました。賠償契約・賠償の実績・被害者の方の声、誤解に基づきよくあるご質問へのお答えを含め、詳細にご関心のある方はこちらを。

  http://www.joyu.jp/hikarinowa/overview/02_2/0044_1.html

 

6.ひかりの輪は、過去の教訓等を還元するため、多くの書籍の刊行、識者の方との対談や共著、多数の報道機関の取材対等に取り組んできました。詳細はこちら。

  http://www.joyu.jp/hikarinowa/books/

 

7.ひかりの輪はオウム(現アレフ)の反省を活かし、アレフ信者の脱会を支援し、100名以上の方を支援しました。アレフに疑問のある方、脱会に踏み切れずにお困りの方などは、おお気軽にご相談ください。詳細はこちら http://alephmondaitaisaku.blog.fc2.com

 

 なお、代表の上祐史浩や各教室の指導員は、FB・ツイッター・アメブロ・ミクシィなどのSNSを行っています。それぞれ特色がありますので、ご関心があればご覧ください。http://ameblo.jp/joyufumihiro/ 

AD