第319回『2020年から新しい思想の時代に突入か!?』(2017年2月26日 東京 67min)

1.2017年を転機とする新たな精神的な潮流

2017年は、30年前にオウム真理教・幸福の科学が設立され、その後、1989年に昭和が終わり(昭和天皇崩御)、昭和を象徴した美空ひばり・松下幸之助が他界、ベルリンの壁が崩壊し、共産主義が終わり、世界全体が市場原理主義・グローバル経済の資本主義の拡大・進化に向かう中で、1990年代は、イスラム原理主義、キリスト教保守主義など、世界各地で宗教が復活し、日本にも新新宗教ブームが起こった。

その30年後の今2017年、オウム裁判が終結=麻原の死刑執行が見込まれ、まもなく平成も終わり(今上天皇の退位の見通し)、トランプ政権・英国のEU離脱・欧州の極右政権で、グローバル資本主義が終焉を迎えて、資本主義の行き詰まり=ポスト資本主義の時代と言われる。

こうして、2020年代に、新たな思想・宗教などの精神的な潮流が始まることが予想されるが、それ一体どんなものか。

2.30年単位の周期の近代日本の強力な思想のうねり

近代日本を見ると、数十年一回、強力な思想・宗教の台頭する。1990年代のオウム真理教などの新新宗教ブームと95年のオウム事件、1960年代の共産主義の学生運動と1972年の浅間山荘事件、1930年代の国家神道に基づく大日本帝国の大陸進出と1941年の太平洋戦争、1900年前後の日清戦争(1894年)・日露戦争(1904年)=神国日本信仰の始まり、1970前後の明治維新(1868年)など。

それは、政治・経済の思想の形をとったり、宗教的運動の形をとるが、極端に偏った暴走の面もあった。2020年以降は、過去の失敗の教訓を生かし、実りのある新たな思想の台頭が期待される。そのためには歴史から学ぶこと、歴史から学ばぬ者は歴史を繰り返し、感染症は、ワクチンの普及がなければ、抗体を持たない若い世代が周期的に感染する。

3.各宗教の未来観=人類は生き残れるのか

ゾロアスター教を源流として、ユダヤ・キリスト・イスラム教には最後の審判の思想がある。最終戦争が悪が滅び、世界が滅び、人々が裁かれ、天国ないし地獄の別れる。キリスト教は、イエスに加え、ヨハネの黙示録が説く、ハルマゲドンの地で始まる最終戦争、キリストの再臨、千年王国の話が有名であり、イスラム教では、マホメットの言行録の中に、ダービクという地で始まる背教徒と聖徒の最終戦争が、イスラム国によって使われている(イスラム国の機関誌の名前がダービク)。

仏教などのインドの思想は、人類社会が直線的に終わり向かう思想はなく、改善と悪化の循環をするという思想。仏教では、今後は、遠い将来だが、人間の寿命が8万歳になり、釈迦に次ぐ如来である弥勒が現れ、およそ全人類の人口だ思われる二百数十億もの人々が、四向四果と言われる4段階の悟りの境地に至るという明るい未来を説く。神道は特に未来予言はなく、国家神道の大日本帝国の時代は、仏教の法華経の予言(日蓮主義・法華経主義)を使って、神国日本こそが世界を統治するという思想が流行した。

占星学の神秘思想では、数世紀後(24世紀・25世紀)に、平等で知的で科学的な新しい理想の時代「水がめ座」の時代が来るとされるが(今現在は「魚座」の時代)、水がめは、弥勒菩薩を象徴する法具でもあることは、興味深い偶然の一致である。




AD