第292回『悟りと健康の奥儀:気の霊的科学の詳細:気の強化と浄化の実践法』(2016年7月24日 東京 40min)

気功・ヨガ・仏教・中国医学などの東洋思想が説く「気」の思想・霊的科学に関して、以下の通り具体的・詳細な解説をしている。


1.気の思想の基本

1.気とは生命エネルギー(ヨーガでプラーナ・密教で風)
2.気の霊的科学の目的:心の制御=悟り、心身の健康
3.気と心と体は深く関係・同期。気と気持と病気

2.気道とその交差点・密集点

1.気の流れる道=気道。中医学の経絡、体内72000本
2.気道の交差点=中医学の経穴・ツボ
3.気道の密集点=ヨーガ・密教のチャクラ、神経叢

3.ヨーガと密教の気道とチャクラとその性質

1.ヨーガの説く3つの気道と9つのチャクラとは
2.密教の説く3つの気道と4つのチャクラとは
3.3気道と煩悩の関係:貪り・怒り・無智
4.9つのチャクラと煩悩の関係

4.気の強化・浄化の重要性

1.気の不足は無気力、気道の詰まりは欲望をもたらす
2.気を強化=エネルギーの増強=意志力の増大
3.気道を浄化=欲望・煩悩を静める=集中力の増大
→心の安定と高い集中=仏教の禅定の状態

5.気道とチャクラの浄化の方法

1.物理的な方法:ヨーガ、気功、歩行禅、入浴
聖地巡礼、環境の改善、鍼灸・指圧・マッサージ
2.精神的な方法:精神集中・煩悩除去の思索

6.気の強化・気道の浄化の利益

1.悟り・智恵を助ける、2.内的な至福感を悦
3.物事の達成・成功:健康・心の安定・集中力・霊力





AD