1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-09-30 00:47:20

「しんぼる」

テーマ:ブログ

前作「大日本人」が好みではなかったので、松本人志のワンマンショー(企画・脚本・監督・主演)映画「しんぼる」を観る気は、実のところ、まったく、なかったのだが、メキシコのプロレスラーの話だというので、しかたなく、観ることにした。

メキシコの田舎町で、家族と暮らすプロレスラーのエスカルゴマンは、その日もいつものように、試合に出掛ける。一方、出入り口のない白い壁の部屋で、水玉模様のパジャマを着た男(松本人志)が目覚めて・・。

物語は、エスカルゴマンとその家族のとある一日の出来事を、淡々と描く一方で、その奇妙な部屋からの脱出を試みる松本の奮闘を、ベタなギャグ満載で描く。このふたつの話がどこでどうつながるのかと思って観ていると、確かに、このふたつの話は最後につながりはするのだが、その結末はというと、やっちゃったね、誰か止める人はいなかったんだろうか、この裸の王様を!!!という感じ。

確かに、これは彼が「松本人志」だったからこそ、出来た映画。しかし、この映画が面白いかというと、少なくとも、私にはサッパリ、てんで、まるで面白くはなかったことを、記しておきませう。まぁ、人それぞれなので、面白い、傑作だという人も、なかにはいるかもしれませんが・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-29 09:38:26

エジプト講座初日&メキシコ学勉強会

テーマ:ブログ
昨日は午後3時から古代オリエント博物館のエジプト講座があり、しかも、初日なので、移動時間を考えると、何としても午後2時までには、「本業」の降版を終えて、印刷所を出なければならない。
ところが、いつもなら、楽勝でお昼までには終わっている降版が、いつもより1時間も早く行って、初校を見たのに、なかなか、再校が上がってこない。本来なら、朝一番で出来てるハズの広告の版下も、出来上がってきたのは、何と午後1時過ぎ。ええッ、製版に出したハズの写真が見つからないッ!!!何か、どいつもこいつも、揃いに揃って、私に喧嘩売ってない???というくらい、トラブルが発生。
それでも、印刷所の担当者を脅しまくって、何とか、午後2時半には責了。でも、開講の時間まで、あと30分しかない。歩きと電車で行ったら、どー考えても、小1時間はかかる。やむなく、タクシーをつかまえて、何とか20分で行ってッ!!!と叫ぶ。2500円もかかったが、な、何と、本当に20分とちょっとで、サンシャインシティに到着。広い館内を猛ダッシュで、何とか、3時ギリギリに古代オリエント博物館に到着も、講師の村治先生の到着が少し遅れていて、全然、セーフ。うううう。
講座修了後、今度は急いで千代田区和泉橋区民館で開催されるメキシコ学勉強会へ。途中、アキバのオフィスに寄って、来月の勉強会のお知らせチラシ等を30部コピーして、こちらも7時の開会ギリギリに会場に到着。ああ、疲れた。
さて、肝心要のエジプト講座第1回目は、ルーブル美術館所蔵の「ネフェルト・イアベトの碑」等をテキストにしつつ、碑文の読み方を学ぶというもの。碑文には墓の主の名前と、牛、鳥、パン、ビール・・とか、供物の名前が列記してあるだけなので、これは以前、秋山慎一先生に1年間、相当しごかれたので、年月がたって、もうかなり忘れているとはいえ、まぁ、何とかなる範囲。次回の宿題も出た。
メキシコ学勉強会の方の今回のテーマは、「サウスアメリカンジャズ」。決して、メジャーなテーマとはいえないが、参加者は19人と、思っていたより、多かった。よかった、よかった。
発題者を囲んでの懇親会を終えて、日付が変わってから、よれよれになって、帰宅。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-28 01:24:37

「カムイ外伝」新作&その他

テーマ:ブログ

昨日は所用もあり、日帰りで実家に戻る。その行き帰りの電車で、「ビッグコミック」の最新号を読んだ。映画の公開に合わせ、白土三平の「カムイ外伝」の新作が載ると聞いたためで、「ビッグコミック」を買って読むのは、もうウン十年ぶり(へぇ、「ゴルゴ13」って、まだ、やってたんだ)。

新作は3号連続での掲載のため、本当は3回分すべて読んでから論ずるべきだろうが、ストーリィは抜け忍伊児奈(イコナ)の話。今は渡り衆の一員として身を潜めていて、子供もいる・・って、これって、今、映画でやってる「スガルの島」のエピソードにそっくりじゃん!!!

もちろん、次号以降、どういう展開になっていくのか、わからないが、作・構成は白土三平だけど、画は岡本鉄二だし、もう無理に描く必要はないんじゃないかと、正直、思ったりもした。そういえば、大分前から、白土自身は「作・構成」だけになっていたような気がしたが、どういう事情があるのか、少し、気になる。

今日は、これから寝て、その後、「本業」9月25日号(って、もう28日なんだけど・・ねッ)の降版。それが、2時までに終わればよし、万が一、終わらなければ、作業を一時中断して、古代オリエント博物館の講座に出て、その後、引き続き、降版作業。

夜は千代田区区民館で、メキシコ学勉強会です。果たして、ま、間に合うのか???

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-27 09:32:30

10月は「中南米マガジン」の原稿の取材で・・

テーマ:ブログ

年内には出る予定???の「中南米マガジン」次号に書こうと思っている原稿の取材で、10月は2度ほど、地方へ行く。

アポ等はまだ一切入れていないが、まずは岡山に行って、「中南米美術館(旧森下美術館)」を観て、次に飛騨高山に行って、「光記念館」を取材したいと思っている。共に、日本では中南米の美術品を収蔵する、数少ない、貴重な美術館。埼玉の「遠山記念館」も同様だが、メインのペルーの土器は、目下、「古代オリエント博物館」で展示中だし・・ねッ。とりあえず、図録のみ通販で購入して、実際に行くかどうかは、ゆっくり、検討。その他、うちの近くの○○美術館には、な、何と、中南米の何々があるっていう情報があれば、是非是非、教えて下さい。

もっとも、取材の成果如何では、メキシコのロック・シンガー、フリエタ・ベネガスのお話に切り替えるつもりなので、そちらの準備も同時進行中。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-27 02:44:53

「リプレーザ」の連載原稿、脱稿

テーマ:ブログ

11月に出す予定の「リプレーザ」第2期第1号(通巻第9号)の連載原稿を、脱稿。

結局30枚を超えたが、「リプレーザ」用には20枚ちょうどの、縮小版を作成。ずっと原稿を書いていたので、特段、記すことがない。

今日は、もうとりあえず寝て、起きたら、所用で実家へ。メールで、現在、日本に留学中のラオスの人気歌手、アレクサンドラのディナーショーがあるとの連絡が入ったが、もう予定を変えられず、残念。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-26 08:49:50

「世界の土器の始まりと造形」展

テーマ:ブログ

昨日(といっても、日付的にはもう今日だけど)は、あまりにも眠くて、「古代ローマ帝国の遺産」展のことを書いただけで、パソコンの電源を切ってしまったが、実は昨日は時間があったので、もう一カ所、行った。現在、古代オリエント博物館で開催中の「世界の土器の始まりと造形」展が、それ。

副題に、「ドキドキ!土器って面白い!」とあるが、正直にいえば、土器はその大半が日常生活で、煮炊きや貯蔵などに使うもので、神事などに使う一部を除けば、それほど「面白い」ものではない。私は古代史や考古学が好きで、高校時代には2年までだが、歴研に入っていたこともある。ほとんどは何も出てこないボランティアの発掘現場などで、時に土器の破片などが出てくることもあったが、周囲の大騒ぎを、何でこんなものひとつで・・と、覚めた目で見ていたことがある。「土器大国」の日本でこんなていたらくでは、到底、考古学者にはなれませ~ん。

だから、土器かぁ・・と思ったのだが、たとえ、個々が平凡な土器であっても、ここまで集められると、確かに、面白い。とにかく、オリエント世界の土器をはじめとして、ロシア、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド・パキスタン、アフリカ、アメリカ大陸、オセアニアと、文字通り、世界各地の土器が、あたかも、これでもか、これでもかというように、一堂に集められているのだ。

ギリシア陶器の完成度の高さには驚かされるが、やはり、一番、面白いのはナスカなど、ペルー各地から集められたアメリカ大陸の土器だろう。そのユーモラスな造形、鮮やかな着色・・そのどれを取っても、文字通り、面白い。遠山記念館からの出品。

会期は11月29日まで。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-26 02:38:16

「古代ローマ帝国の遺産」展

テーマ:ブログ

昨日は、午前中にすべての原稿を印刷所に入稿、その後、印刷所から歩いて行ける距離にある国立西洋美術館へ。

「古代ローマ帝国の遺産~栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ~」展は、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの治世に焦点をあて、ローマ美術の精華ともいうべき様々な彫刻や宝飾品、ローマ邸宅を飾る壁画等々の展示を通して、よくやく訪れた「平和」を謳歌するローマの人々の姿を浮き彫りにする。特に、火山の噴火という悲劇によってではあるが、往時のローマの姿をそっくりそのまま今日にとどめる、ポンペイの壁画の実物展示と、最新のCG技術を駆使しての、往時の邸宅の復元は、同展の最大の見どころといっていいだろう。

確かに、レベルの高い美術品の数々と、それらからうかがい知ることの出来るローマの「豊かさ」と、文明としてのまれに見る完成度には、文字通り、圧倒されるが、しかし、そのわりに、感銘は薄い。それは私が、正直、ギリシャやローマの美術にあまり関心がないということも、根底にはあるだろうが、果たして、それだけなのか???

一部の特権階級だけでなく、多くの市民が享受することが出来たローマの圧倒的な「豊かさ」は、所詮、周辺社会の犠牲の上に成り立っているのではないかという疑念(というか、偏見)を、私はどーしても、ぬぐい去ることが出来ないのだ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-25 04:13:31

祝「本業」の原稿書き、終了

テーマ:ブログ

オフィスのあるビルが閉まる時間になってしまったので、家に持ち帰ってやっていた「本業」の原稿書き&割付けが、ようやく、終了しました(月曜降版分)。しかし、う~ん、もう4時だ。

このあと、7時まで寝て(果たして、寝られるのか???)、それから、8時に家を出て、オフィスへ。そして、他の原稿や広告版下等と共に、印刷所に入稿。これで今日の仕事は終了なので、あとは何か問題でも起こらなければ、めでたく、フリー。印刷所から徒歩数分の、国立西洋美術館で開催中の「古代ローマ帝国の遺産」展へでも、行こうっと・・(混んでいなければ・・ねッ)。

土曜日は、中断していた「リプレーザ」の原稿書きを、再開。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-24 02:53:29

雑事

テーマ:ブログ

昨日は、いろいろ、雑事があって、原稿書きが思ったほど、進まず。まぁ、締め切りの月末までには、まだ日時があるので、なんとかなるだろう。

今日は、午前中は、医者。午後から「本業」の原稿を書いて、金曜の夕刻までに、しめて5頁分(タブロイド版)を印刷所に入稿しなければ、来週月曜の降版に間に合わない。

来週の月曜は降版日だけど、以前、ブログで書いた古代オリエント博物館の村治先生の講座の、後期第1回目の授業が、午後3時からある。それまでに、責了にすることが出来るか、否か。初回からいきなり欠席は避けたいが、果たして、どうなることやら・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-23 09:06:53

「リプレーザ」の原稿を書き始める

テーマ:ブログ

昨日より、「リプレーザ」の原稿を書き始めた。「所詮、『旅人』。Ⅱ」という連載の第1回目の原稿で、一応、「再び、大プリア・カーン寺院へ~CAMBODIA~」という仮題をつけている。

第2期は第1期の300頁以上あった厚さを、財政事情で150頁前後に縮小するため、それに伴い、私の連載も、毎号、以前は30~40枚(400字詰原稿用紙換算で)書いていたが、今回は20枚までと、自己規制する。でも、多分、書きたいことを書きたいように書いたら、それを超えることは確実なので、とりあえず、枚数を気にすることなく書いて、その後、「リプレーザ」用に20枚に縮めることにしようと思っている。縮小前のオリジナル版は、将来、本にする時に、使えばいいし・・。

ということで、今日はこれから原稿書きです。ブログの次の更新は、多分、日付が変わってからになると思います。ではでは、皆さん、連休最後の1日を有意義にお過ごし下さい(オレには連休なんかないよという方がいたら、ごめんなさい)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。