1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-04-30 04:49:34

「リプレーザ」第8号、出ました!!!

テーマ:ブログ

第1期の最終号となる季刊総合誌「リプレーザ」の第8号が、発刊されました。連休明けくらいには、多分、書店の店頭にも並ぶと思います。ネットでも買えます。なお、定購者にはすでに発送済みですので、そろそろ、お手元に届くかと思います。

本号の特集は「世間ノ不善、必ズ彼ノ悪徒ヨリ発ルカ」(藤原定家「明月記」)で、佐藤研さん、芦川進一さんと「リプレーザ」代表人=小田原との対談「『罪』と『罰』~ドストエフスキィと福音書~」がメイン。その他、44人の「わたしをこう生きさせた一冊」も、読み応えのある読書案内となった。

私は連載「所詮、『旅人』。~世界非滞在・逆噴射紀行~」の第8回「ふりだしの地への旅~MEXICO~」と、アート・レビュー「孤独な魂の饗宴~アウトサイダー・アーティストのの世界~」を、書きました。その他、総頁305頁というボリュームの、盛りだくさんな内容。定価は1333円+税。

是非是非、店頭でお手に取って、出来れば購入いただければ・・と思います。

なお、第2期の第1号(通巻9号)は今秋刊行予定です。乞うご期待。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-29 09:35:55

「豚インフルエンザ」

テーマ:ブログ

「豚インフルエンザ」の報道は、連日連夜、マスコミで流されているので、あえてこのブログで取りあげるつもりはなかったのだが、ゴールデンウィーク前に、大手旅行社は相次いで、メキシコへのツアーを中止し、個人旅行に関しては、禁止されたわけではないものの、極めてしにくい状況になっている。

マスコミ報道では、オバマ米大統領が来館時、館内を案内した人類学博物館の館長も、これは死因が「豚インフルエンザ」と特定されたわけではないようだが、その直後に、死亡したという。その館長がもし、昨年、私がJTBの取材でインタビューしたソリス氏であったとしたら、そのご冥福を、心からお祈りしたい。

私は、少なくともここ数カ月の内にメキシコを再訪する予定はないのだが、グアテマラには、年内もしくは来春に、メキシコ経由で行きたいと思っている。

しかし、メキシコは恐ろしいところだ、死者があれだけ出るのは、国が「未開」だからだなどといった、予断と偏見が、それこそ、あっという間に「巷」で広まりつつあるのは、歯噛みする思いである。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-29 09:08:02

5.30まだまだやるのか!?リプレーザの集い

テーマ:ブログ
5.30まだやるのか!?リプレーザの集い 

 『リプレーザ』第1期が第8号をもって終わります。ごく一部の読者にはおもしろがっていただきましたが、近頃の雑誌の例にもれず、おおかたからは無視されて、大赤字ではありながら、まだまだ止めないと主張する者もいて、さあどうする、というところです。
 『リプレーザ』第2期をやるとすれば、どういう陣形で、どういう内容のものにするのか、みなさんにお集りいただいて、お知恵をおかりしたく存じます。
 とはいえ、酒呑み集団ですので、討論の後は、宴会を準備しています。呑んで語り、呑んで決意を固めることができればと願っています。

日時 5月30日(土)午後1時~3時 発言と討論
場所 日本キリスト教会館4階会議室
東京都新宿区西早稲田2-3-18
地下鉄東西線・早稲田駅下車し、早稲田通りを高田馬場方向へ歩く。居酒屋「かわうち」を左折すぐ。早稲田奉仕園、アバコブライダルホールと同じ敷地内の建物。
午後3時~5時 宴会 「かわうち」
会費 無料、ただし、宴会は実費
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-29 01:44:45

さぁ、連休ですが・・

テーマ:ブログ

とりあえず、今日(29日)は「リプレーザ」の第2期に向けた、話し合い。30日と5月1日はメキシコ学勉強会の温泉旅行。1泊2食付きで5000円ポッキリという宿に宿泊。しかも、宿には新宿からバスが出て、往復で何と300円!!!大丈夫か???との声が出るのも当然だが、その「おおるり」グループの宿に泊まった人(複数)の話では、何しろ5000円ポッキリなので、料理等はソコソコながら、結構いい・・とのこと。

2日以降は、6日まで5連休だが、特に予定は入れていない。出かけるとしても、近場だろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-29 00:59:11

「鴨川ホルモー」

テーマ:ブログ

あの「鹿男」の万城目学の、これまたぶっ飛び小説「鴨川ホルモー」の、実写映画化。監督は本木克英。

主人公の安倍清明、じゃなかった安倍明は、2浪して、やっと京大に入った無気力青年。誘われて、「京大青竜会」というサークルの新歓コンパに参加し、出会った美女に一目惚れして、そのサークルに入ったまではよかったのだが、このサークルはどっこい、フツーのサークルではなかったのである。

ホルモーとは、もちろん、ホルモンではなく、京都で何でも千年以上も続いてきたとかいう謎の神事のことで、小鬼の群れを、謎のオニ語で操って、敵味方に分かれて戦わせるというもの。そのホルモーの担い手を養成するのが、「京大青竜会」なるサークルの、正体だったのである。かくして、安倍のあこがれの学園生活は、小鬼を操る訓練に、文字通り、明け暮れることになったのである。

主人公の安倍明には山田孝之、共演は栗山千明。ストーリィがぶっ飛びなのは、万城目の原作だから、当然といえば当然だが、そのあまりものバカバカしさに、大笑いしつつも、ホロリと身につまされる、第1級の青春ドラマに仕上がっているのは、さすが。映画的にもほぼ満点の出来。

なかでも、栗山千明の不器用さ、かわいさ、健気さは、群を抜く。栗山千明、本当にマジいいッす!!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-28 02:23:05

「バーン・アフター・リーディング」

テーマ:ブログ

アカデミー賞堂々4冠に輝く「ノーカントリー」の、コーエン兄弟の最新作は、おバカ映画。しかし、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジョン・マルコピッチ・・と、超豪華な出演陣を使ってつくった、文字通り、チョー贅沢なおバカ映画である。

アル中でCIAを事実上解雇され、その恨み辛みから回顧録を書き始めたオズボーン(マルコピッチ)の、その回顧録の入ったCD-Rを偶然拾った、フィットネスクラブのインストラクター、マッチョで脳みそゼロのチャド(ブラピ)が、それをCIAの極秘文書と勘違いしたことに端を発した、おかしくも悲しい、おバカたちのドタバタ劇。それに「天下のCIA」が、もののみごとにふり回される。

色ボケ=クルーニーをはじめ、とにかく、登場人物がすべておバカ。芸達者のマルコピッチ、クルーニー、ブラピの怪演もさることながら、全身整形の費用づくりのために、同僚チャドの穴だらけのCIA恐喝計画に乗る、リンダ(フランシス・マクドーマンド)の妄想満開のぶっ飛びぶりが、際立っている。とにかく、コーエン兄弟一流の毒がイッパイの、堂々の、傑作ならぬ怪作です。

予告編その他を観て、ブラピ主演作と勘違いした人は、お気の毒(私の席の、ちょうど前に座っていたお姉ちゃん二人組等々)。よ~く、みれば、クルーニーやマルコピッチのずっと後に、ブラピの名前が出てくるので、わかるんだけど・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-27 00:36:22

5月のメキシコ学勉強会

テーマ:ブログ

第63回 メキシコ学勉強会のお知らせ

 メキシコ学勉強会はとにかくメキシコが好き!という人が集まって、おおよそ月1回のペースで、メキシコに関して様々なテーマで、話し合う集まりです。話し合うテーマは政治・経済・社会・文化等々、それこそ何でもあり。各人がそれぞれ興味のあるテーマについて調べて発表し、それに基づいてディスカッションしたり、時には外部からゲストをお招きして、そのお話を聞く回もあります。勉強会を通して、自分とは異なった視点からのメキシコや、知らなかったメキシコ、もっと面白いメキシコに出会っていく場になればと、考えています。メーリングリストに登録(無料)され、毎回参加するのも、興味のある回のみに飛び入り参加するのも、自由。会費は各回、会場費実費の400円のみ。皆さまの参加を、是非是非、お待ちしております。

テーマ「アルゼンチン人とダンス」
踊りが日常の中に根付いていると言われるラテンアメリカにあって、今日、アルゼンチン人はどのようにダンスと関わっているのでしょうか?かつてはタンゴが大衆舞踊の代表として一世を風靡しましたが、もう半世紀以上前のことです。アルゼンチンのダンスと関わりを持ってきた発題者が、昨年から今年にかけて、約7ヶ月間にわたってアルゼンチン国内外で行った参与観察をもとに、アルゼンチン、ひいてはラテンアメリカ・カリブ地域における、ダンスの文化・社会的意義を考えてみたいと考えています。
発題=長野 太郎(清泉女子大学)
日時=2009年5月25日(月)午後7時~9時
会場=千代田区和泉橋区民館2階洋室A
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅からから徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。
会費=400円

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-26 17:52:24

「中南米マガジン」VOL.21と小波乱???の打ち上げ

テーマ:ブログ

「中南米マガジン」VOL.21が、ようやくというか、ハッキリいって、1年ぶりに完成した。今号は金安編集長入魂の「ジャンル別ラテンミュージックファン金持ち度ランキング」がついに発表になったのを始め、あれこれ、盛りだくさんな内容。

昨年9月に取材した、私の「中南米マガジンはナタリア・ラフォルカデさんを断固、応援します!!~ジャパンツアー'08密着インタビュー~」も、ようやく、日の目を見ることが出来、めでたし、めでたしである。

定価は500円ポッキリ。書店やネットその他でも入手出来ますが、私も50部限定(!?)で手売りしていますので、私の周辺にいる方は、是非、私から(押し売りされる前に、自ら進んで)買いましょう。よろしく。

・・ということで、24日は、高田馬場のスペインバル「オレ」で、恒例の打ち上げ。金安さんを始め、7人が参加。いろいろあって、詳しくは書かないが、小波乱???の内に、終了。この件に関する私の立場は鮮明だが、今後の「中南米マガジン」にとって、ひとつの「分岐点」になってしまう可能性も皆無ではないだけに、キチンとした対応が必要だよッ、金安さん!!!

まぁ、次号は出来るんだろうから、次々号(VOL.23)がちゃんと出せるように、頑張りましょう・・と、奥歯にモノが挟まったような言い方で、ゴメンなさい。

さて、土日は母の慰労で、箱根へ。さきほど、帰宅。強羅の老舗旅館に泊まったのだが、由緒正しい古い建物はバリアフリーに関する配慮がないので、足の悪い母には、部屋からかなり遠く、しかも、上り下りの多い通路(一部は外)を通って、大風呂に入りに行くのも、結構、大変・・で、宿の選択を誤った感もある。娘からも、その点を強く、指摘される。部屋が大風呂から遠かったのは、もうその部屋しか空いていなかったので、しかたがないのだが、確かに、私の宿選びのミスはミス。少し、へこむ。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-04-24 13:47:09

今日は「中南米マガジン」の打ち上げ

テーマ:ブログ

「中南米マガジン」の最新号が、ようやく、出た。で、今日はその打ち上げ。午後6時半から、高田馬場のスペインバル「オレ」でやります。

今日は午前中に「本業」の降版が終わったので、これから予約の入れてあった歯医者に行き、その後、何かで時間をつぶして、「オレ」へ。

土日は、母の慰労のため、箱根へ1泊2日の温泉旅行。でも、天気予報では雨で、しかも、激しく降るらしい。あ~あ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-23 19:31:15

コラムの書き直し、終了

テーマ:ブログ

今日は、終日、「世界のホテル案内」のコラムの書き直し。6時過ぎに、どーにか、終わる。これから、少し、寝ます。ではでは。

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」は今日観たものではなく、先日。あまりにもお粗末で、観なかったことにしようと思っていたのですが・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。