“人は使い捨ての音楽ばかりを求めているわけじゃない... "。時代や流行が移り変わろうとも、時代を超えて歌い継がれるメロディや作品。頑固なまでに一貫したスピリットとスタイルを持ち、誠実に良質な作品を作り続けているロック魂溢れるアーティスト達をご紹介。泣き言満載「制作日記」など裏ネタもいっぱいです。左のテーマをご参照!

  • 23 Nov
    • サンタナ『ロータスの伝説』アナログLP3枚組で40年振り復刻!その「開封の儀」公開

      遂に発売!サンタナのアナログLP3枚組『ロータスの伝説』40年振りの復刻!11月22日発売となりました。豪華パッケージを「公開」する動画を公開中。横尾忠則デザインによる“22面体ジャケット”に世界が驚愕した究極のオリジナル・パッケージを完全復刻。”伝説”の中身を次々と取り出していきます。店頭では絶対に体験できない(開けられませんので)“開封の儀“をお楽しみください(音声は入っておりません)。詳しくはこちら→http://www.110107.com/santana_lotus『ロータスの伝説』【完全生産限定盤】●オリジナル・アナログ・マスターから超高解像度DSD 11.2MHzプリマスタリングを施した上で高音質で名高い米国のMoFi(モービル・フィデリティ・サウンド・ラボ)にてカッティング         ●米国のRTI(レコード・テクノロジー)プレスによる180g重量盤<3枚組>●MoFi特製ショーレックス袋入り●オリジナル・アナログ・マルチテープより発掘された未公開音源「セイヴァー」「コンガ・ソロ」をアナログLPに世界初収録●完全日本制作によるアートワーク:ギネス世界記録にも認定された横尾忠則デザインによる伝説の“22面体ジャケット”を本来のスケール、クオリティで復刻(オリジナル盤から43年、再発盤から40年振り!)●カラー・ポートレート<4枚> / 不定形サイズ・ライナーノーツ / 初版帯 / 初版内袋復刻●カルロス・サンタナによる『ロータスの伝説』寄稿文掲載<SONY MUSIC SHOP>https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SIJP000000046 ロータスの伝説(12 inch Analog)(完全生産限定盤) [Analog] 13,500円 Amazon

      NEW!

      6
      テーマ:
  • 22 Nov
    • ピンク・フロイド紙ジャケ第二弾11/22付オリコン洋楽デイリーチャートで7T全てトップ10入り!

      ピンク・フロイド紙ジャケ第二弾7タイトルが11/22リリース。同日11/22付オリコン洋楽デイリー・チャートで7タイトルがすべてがトップ10にチャート・イン。同時に11/1に発売となった第一期8タイトルもトップ50以内に再チャート・インとなりました!<11/22付オリコン洋楽デイリー・チャート>1 Noel Gallagher's High Flying Birds/2 Pink Floyd / Wish You Were Here3 Pink Floyd / The Wall4 Pink Floyd / Animals5 Taylor Swift6 Pink Floyd / The Final Cut6 Pink Floyd / A Momentary Lapse of Reason8 Pink Floyd / The Division Bell9 Pink Floyd / The Endless River10 Metallica22 Pink Floyd / The Dark Side Of The Moon24 Pink Floyd / Atom Heart Mother25 Pink Floyd / Meddle32 Pink Floyd / Piper at the Gates of Dawn33 Pink Floyd / Obscured by Clouds34 Pink Floyd / Ummagumma35 Pink Floyd / More46 Pink Floyd / Saucerful of Secrets●ピンク・フロイド紙ジャケ・スペシャル・サイトhttp://www.110107.com/pink_50th全タイトル購入特典収納ボックス・プレゼントも実施中!詳しくはこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/486823”まるっと簡単まとめ買い”はこちらでもどうぞ。【第一弾まとめ買い】17/11/1発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 8タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000873【第二弾まとめ買い】17/11/22発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 7タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000874

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 20 Nov
    • ボブ・ディラン「開封の儀」!

      貴重な未発表素材を綿密に発掘し、丁寧で愛情豊かに編集するボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ。最新作『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』の完全生産限定デラックス・エディション日本盤の「開封の儀」=デラックス・エディションの豪華パッケージを「公開」する動画を公開中です。ブートレッグ・シリーズ第13集『トラブル・ノー・モア 1979-81』。デラックス・エディションはCD8枚、DVD1枚、8万字超えの解説書、未発表写真やグッズのショットをふんだんに取り入れたカラー・ブックレットなどの中身を次々と取り出していきます。店頭では中身見れないでしょうから、いかに日本盤のパッケージが凄いかをわかっていただけるかと(諸事情で音は入っておりませんので)ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』の収録内容についてはこちらのスペシャル・サイトで!http://www.110107.com/dylan_bootleg13●ソニー・ミュージック・ショップhttps://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SICP000031090

      24
      テーマ:
  • 19 Nov
    • AC/DCマルコム・ヤング死去。R.I.P.

      R.I.P. Malcolm Young.いつもアンガスの横で質実剛健的なドシッとしたギターを弾いて支え続けてきたお兄ちゃん。10月にはそのまた兄のジョージも亡くなっていますから、アンガスの心中察すると・・・。派手でメインを張る弟の横で、自分はしっかりサウンド支えるんだって感じで我が道を行く、どしっと、びしっとギターを弾いていた彼の弾き姿がとっても好きでした。2010年の来日時の雄姿を思い出しますね。残念です。。。こちらでは様々なアーティスト達が追悼の意を表してますhttp://amass.jp/97522/下記は2010年来日公演時写真。一番左がマルコム。そういえば2010年の来日時羽田空港に出迎えにいきました。その到着時の空港映像とさいたまスーパーアリーナの1曲目の「Rock'n Roll Train」のプロショット映像がちらりと残っていたので、一番下の方で。AC/DCマルコム・ヤング死去。残念なお知らせですが、AC/DCのリズムギタリスト、マルコム・ヤングが11月18日死去。バンドの公式サイトでステイトメントが発表されました。『本日、マルコム・ヤングが亡くなったことを発表しなければならないことを深く心から悲しんでいます。マルコムはアンガスと共にAC / DCの創設者であり創造者でした。膨大な献身とコミットメントにより、彼はいつもバンドの原動力でした。ギタリスト、ソングライター、先見の明があった彼は完璧主義者でユニークな男でした。彼はいつも自分の信念を守り続け、彼が望んだことを正直に言い続けてきました。彼は努力してきたことすべてに大きな誇りを持っていました。ファンに対する彼の忠誠心は揺るぎないものでした。彼の兄弟として、私の人生における彼の存在を言葉で表現するのは難しい。我々の絆は独特で、非常に特別でした。彼が残した巨大なレガシーは、永遠に生き続けるだろう。マルコム、よくやった』2010年の来日公演も記憶に新しいですが、マルコムは認知症を患い2014年にツアーから事実上引退。ヤング兄弟ではプロデューサーを務めた兄のジョージ・ヤングも10月にお亡くなりになったばかりでした。マルコム・ヤング享年64歳。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。●AC/DC Facebookのステイトメント●マルコムの死去を伝える米CBSのニュース●2010年来日した時の羽田空港映像(マルコムはご家族と一番最後に出てきます)●2010年3月12日さいたまスーパーアリーナでのライヴ映像AC/DC- Rock 'N' Roll Train [Live in Saitama, Japan, Mar. 12, 2010]●マルコム最後のライヴ2010年の3月の来日直後の6月28日スペインBilbaoが最後のAC/DCでのライブになったようです。その時の最後の曲の映像が下記。RIP MALCOLM YOUNG : Watch AC/DC Play Their Last Song With Malcolm YoungAC/DCはこのあとどうなるんでしょう??アンガス・ヤングは現在62歳ですから、まだまだいけると思いますが、初代ヴォーカルのヴォン・スコット、プロデューサーだったジョージ・ヤング、そしてマルコム・ヤングが亡くなり、現ヴォーカルのブライアン・ジョンソン(70歳)は耳の病気でツアーには出れず、ドラマーのクリフ・ウィリアムズは前回のツアーを最後に引退。フィル・ラッドが例の事件起こして解雇されたあとの現ドラマーのクリス・スレイドも71歳。前回のツアー途中からガンズのアクセル・ローズ がヴォーカルとして参加し、マルコムがバンドを去った2014年以降は甥のスティーヴィー・ヤング(61歳)がリズムギタリストとしてサポートしてます。アクセルはガンズがありますから、一時的なものでしょう。ブライアンの耳も直る可能性もあるみたいですし、できれば続けて、またあの素晴らしいライヴを見せてほしいですね。

      26
      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • マニック・ストリート・プリーチャーズ4年振り新作!ジャケは侍?ティーザー映像は甲冑和装女性??

      マニックス4年振りの新作!ジャケは何を意味してるんだろ?幕末の志士?ティーザー映像にも日本女性が出てくる??タイトルは『Resistance Is Futile』=抵抗しても無駄って意味???ん~早く全貌を聴きたい!マニック・ストリート・プリーチャーズ、2018年4月に13作目のスタジオ・アルバムを発売、ティザー映像が公開!!今年のQ AWARDS 2017にて、“インスピレーション賞”を受賞したマニック・ストリート・プリーチャーズが始動となる。2018年4月6日に13作目のスタジオ・アルバム『Resistance Is Futile』(レジスタンス・イズ・フュートル)を発表することが本日アナウンスされ、暗闇の中で和装をした日本人女性と思われる人物が、甲冑を身に付けるティザー映像が公開となった。『Resistance Is Futile』のティザー映像:https://youtu.be/za55bwBZJkA前作のスタジオ・アルバム『フューチャロロジー<未来派宣言>』以来、4年振りとなる新作に関して、「『レジスタンス・イズ・フュートル』の主なテーマは記憶と喪失。忘れられた歴史、混沌とした現実、隠れ場やインスピレーションとしての芸術なんだ。ひたすらメロディックで、『ジェネレーション・テロリスト』の天真爛漫なエネルギーと『エヴリシング・マスト・ゴー』のオーケストラによる音の広がりの両方を色んな意味で彷彿とさせる。着手には時間がかかって難儀したけれど、アルバムはここ数ヶ月の間で一気にまとまった。クリエイティヴィティが高まったのと、オールド・スクール(昔流)の勤勉さのおかげでね」とバンドは語っている。また新作の情報と共に、サポート・アクトにザ・コーラルを迎えて行われる4月から全英ツアーの日程も発表となった。<UK Tour Dates>23 AprilNEWCASTLE, Metro Radio Arena25 AprilGLASGOW, The SSE Hydro Arena27 AprilBIRMINGHAM, Arena28 AprilMANCHESTER, Arena 1 MayLLANDUDNO, Venue Cymru Arena 2 MayLEEDS, First Direct Arena 4 MayLONDON, The SSE Arena Wembley 5 MayCARDIFF, Motorpoint Arena2013年の、アコースティックが大半を占める『リワインド・ザ・フィルム』と2014年の『フューチャロロジー<未来派宣言>』のゆったりしたエレクトロニクスという対になった音楽的展開に続く、新作『Resistance Is Futile』は、メンバー自身が「大型画面に映し出された鬱病」と説明する、マニックスならではのサウンドへの回帰を告げる。アルバムの収録曲は、彼らがニューポート近くに新設したドア・トゥ・ザ・リバー・スタジオで初めて行われたレコーディングからのものである。新作『Resistance Is Futile』に関する、バンドからのさらなる続報にこうご期待!(要クレジット photo Alex Lake)【関連リンク】本国公式サイト http://www.manicstreetpreachers.com/ 日本公式サイト http://www.sonymusic.co.jp/artist/ManicStreetPreachers/【ミニ・バイオ】マニック・ストリート・プリーチャーズJames Dean Bradfield/ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド(vo/g)Nicky Wire/ニッキー・ワイアー(b/vo)Sean Moore/ショーン・ムーア(ds/trampet)(R to L)86年南ウェールズにて結成。ブラックウッド出身の幼馴染の4人組は、グラム・パンク風の装い、強力なメロ、政治/文学/哲学を詰め込んだ歌詞の知性とギターロックの肉体性の見事な融合で、強固な支持基盤を得た。95年2月、最高傑作と言われたアルバム『ホーリー・バイブル』を生み出したのち、しかも初のアメリカ進出(ツアー)の前日に、もっともカリズマ的人気を誇っていたオリジナル・メンバーのひとりリッチーが突如失踪してしまうなど、幾多の困難を乗り越えながら、4作目のアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』の成功以来、英国を代表する国民的バンドとなっている。また、20年以上のキャリアの中で上昇と下降を繰り返し、酸いも甘いも噛み分ける円熟味と哀愁ある男義キャラが愛されている。2017年には『Send Away the Tigers: 10 Year Collectors Edition』を発売(輸入盤のみ)、2018年4月6日にはスタジオ・アルバムとして13作目となる『Resistance Is Futile』を発売予定。

      13
      テーマ:
  • 17 Nov
    • アラン・パーソンズ・プロジェクト『アイ・イン・ザ・スカイ』35周年記念「究極」デラックスBOX

      TOTOに続いて、これも一時期よく聴いたアラン・パーソンズ・プロジェクト。ビートルズ『アビイ・ロード』やピンク・フロイド『狂気』のエンジニアとして名盤の誕生を目の当たりにした歴史の証人アラン・パーソンズと、エリック・ウールフソンの2人が中心となって結成。この2人以外はレコーディングによってセッションミュージシャンを起用するので、だから”プロジェクト”だったんですね。80's好きの方にはアメリカンコミック的ビデオが印象的で大ヒットした「Don't Answer Me」をよーく覚えているんじゃないでしょうか?僕が一番大好きだったのは「Time」という曲。初めてラジオ関東「全米トップ40」でこの曲聴いた時、一聴して大好きになっちゃいました(全米15位)。この曲が入ってた1980年のアルバム『運命の切り札』の次に満を持して出たのが今日のお題でもある1982年の『アイ・イン・ザ・スカイ』。これもタイトル・トラックが全米3位の大ヒット。大学時代の思い出深いアルバムです。あれから今年で35年。35周年記念で物凄いボックスがリリースとなります。アラン・パーソンズの「『アイ・イン・ザ・スカイ』のマルチトラック・テープのトラックを再びすべて聞くのは素晴らしい体験だった。35年近くぶりに、ミックス前の生の状態で・・・。」ってお言葉だけでもそそられます。残念ながらエリック・ウルフソンは2009年に肝臓癌の為に64歳の若さで亡くなってしまったのですが、アラン・パーソンズが愛情と込めて再構築した35周年記念盤。音響マニアの皆さんには磨きに磨き上げた5.1サラウンド・ミックスがたまらんはず。輸入盤ですがソニーミュージック扱いの輸入盤には≪日本語翻訳ライナーノーツ封入≫(並行輸入盤には付きませんのでご注意を)。詳しくは下記をご参照。アラン・パーソンズ・プロジェクトの名作『アイ・イン・ザ・スカイ』、ファン垂涎の究極デラックスBOX、本日発売!アラン・パーソンズ・プロジェクト、1982年の名作『アイ・イン・ザ・スカイ』の発売35周年記念した、レア音源・未発表音源を含むコレクター垂涎のデラックス・ボックス・セットが本日発売!CD3枚、LP2枚、オリジナル・アルバムの5.1サラウンド・ミックスおよびステレオHDミックスBlu-ray盤、未発表ボーナス音源、ソノシート、60ページの豪華ハードカバー解説本(英文)、1982年ポスターのレプリカが納められた豪華な内容。さらに、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから出荷される商品には英文ライナーノーツの翻訳が封入されるという特典付き。1982年にリリースされた名作『アイ・イン・ザ・スカイ』は、2009年12月9日に他界したエリック・ウルフソンと、アラン・パーソンズが手掛けた、アラン・パーソンズ・プロジェクト6作目のスタジオ・アルバム。様々な信念体系を音楽的に熟考するというコンセプトのこのアルバムのタイトルは、カジノの監視カメラ、地球を周回する衛星、そしてエジプト神ホルス(注:天空と太陽の神)の全能の目にちなんで付けられている。タイムリーでもあり時代を超える魅力を証明したこの作品は、21世紀に向けたアート、宗教、政治、文化を非常に先進的に暗示した眺望となっていた。このボックス・セットに含まれるのは、CD3枚(CD1:オリジナル盤にボーナス・トラックを加えた拡張盤、CD2:エリック・ウルフソンのソングライティング・ダイアリー[注:デモ音源集]、CD3:未発表ボーナス音源。他にディスク4として、オリジナル・アルバムの5.1サラウンド・サウンドとステレオHDバージョンを収録したブルーレイ)。また、アナログ盤LP2枚(マイルス・ショウウェルがアビイ・ロード・スタジオにて、ハーフスピート・カッテングを施し、45回転盤LP4面に収録したもの)、1982年のオリジナルのプロモ盤のソノシート・レプリカ、書き下ろしエッセイ、エリック・ウルフソンの個人的アーカイヴから最近発見された未発表写真、アルバム収録曲のレコーディングに参加したミュージシャンの多くによる語り下ろしインタビューが収録された60ページの豪華ハードカバー解説本、『アイ・イン・ザ・スカイ』の1982年のポスターおよび絵葉書のレプリカも含まれ、ボックスの表には「ホルスの目」の金箔スタンプも押されている。*一目瞭然!こちらパッケージの内容がすべてわかるUNBOXING VIDEOです今回、新たに発見されたボーナス音源はすべて、アルバムの往年のファンや初心者に可能な限り最高水準の音を体験してもらうべく、愛情と丹精を込めて復元されている。「ソングライティング・ダイアリーのディスクは、このパッケージのとても特別な要素です」とサリー・ウルフソン(エリック・ウルフソンの妻)は語る。「これには自分用のソングライティング・メモとしてテープにとらえられた、エリックのクリエイティヴィティにおける私的な瞬間が表れています。夫は楽譜を読んだり書いたりしなかったため、この方法で自作の曲を発展させていったのです。これらの音源は、夫の頭からアイデアが出てくるにつれ、曲が進化して行く様子を文字通り耳にすることができ、クリエイティヴなプロセスを垣間見るような素晴らしい洞察を与えてくれます。遺族にとってとても貴重なものであり、このアルバムだけで何時間もの音源が存在する中、このボックス・セットに収録するためのトラックをピックアップするのは困難を極めました。同じ曲のトラックが数多く収録されているところは、クリエイティヴな進行過程を描写しようとしたものです。ファンのみなさまが、アルバム『アイ・イン・ザ・スカイ』収録曲の誕生についての珍しい洞察を楽しんでくださいますように」。アラン・パーソンズが付け加える。「『アイ・イン・ザ・スカイ』のマルチトラック・テープのトラックを再びすべて聞くのは素晴らしい体験だった。35年近くぶりに、ミックス前の生の状態で。楽曲の最終ミックスに選ばれた、様々な構成要素、演奏、マジックの瞬間を聴くのは素晴らしい体験だった。勿論、当時レコーディングしたもののすべてが最終ミックスに入っている訳ではないけれど、ボックス・セットに収録されたボーナス・トラックは、最終ミックスに使われなかったものについて興味深い洞察を与えてくれるんだ。音響マニアたちは真新しい5.1サラウンド・ミックスがあることを知って喜んでくれるだろう。僕も非常に満足している。ちなみにオリジナル盤のアナログ・ステレオ・マスター・テープから作られたHDステレオ・バージョンは、デジタル・ミックスと同時に録音されたものなんだ」。下記のアラン・パーソンズ・プロジェクトのオフィシャルfacebookでアラン・パーソンズのインタビュー映像や商品説明映像を見ることが出来ます。https://www.facebook.com/TheAlanParsonsProject/【商品情報】アラン・パーソンズ・プロジェクト『アイ・イン・ザ・スカイ - 35周年記念ボックス・セット』[The Alan Parsons Project/EYE IN THE SKY - 35th Anniversary Edition ]<完全生産限定 3CD+Blu-ray(オーディオ)+2LP>2017年11月17日発売(輸入盤のみ)<BOX詳細>●CD1:オリジナルアルバム&ボーナストラック●CD2:エリック・ウルフソン ソングライティング・ダイアリーズ(未発表音源)●CD3:未発表音源集●Blu-ray(オーディオ):アラン・パーソンズの監修による5.1サラウンド・ミックス(2017年マスタリング 96kHz/24bit)及びステレオHD(96kHz/24bit)●2LP:180g 45回転 マイルズ・ショーウェル(アビイ・ロード・スタジオ)による最新ハーフスピード・カッティング●60ページ豪華ブック:アラン・パーソンズ他参加ミュージシャンへのインタビュー、最新エッセイ、他 未発表コンテンツ満載(英文)●ソノシート(1982年プロモ盤のレプリカ)●1982年レプリカポスター●ポストカード●ソニー・ミュージックジャパン限定特典 ≪日本語翻訳ライナーノーツ封入≫※この特典は、ソニー・ミュージックジャパン・インターナショナルから出荷される商品のみに封入される特典となります。【収録曲】 ●CD1 Original Album & Expanded Bonus Tracks (originally released 2007)01. Sirius02. Eye In The Sky03. Children Of The Moon04. Gemini05. Silence And I06. You’re Gonna Get Your Fingers Burned07. Psychobabble08. Mammagamma09. Step By Step10. Old And WiseBonus Tracks11. Sirius (Demo)12. Old And Wise (Eric Woolfson Vocal)13. Any Other Day (Studio Demo)14. Silence And I (Eric Woolfson Vocal)15. The Naked Eye16. Eye Pieces (Classical Naked Eye)●CD2 – Eric Woolfson’s Songwriting Diaries (Previously Unreleased)01. Eye in the Sky (Eric’s Songwriting Diary 1)02. Eye in the Sky (Eric’s Songwriting Diary 2)03. Eye in the Sky (Eric’s Songwriting Diary 3)04. Eye in the Sky (Eric’s Songwriting Diary 4)05. Children of the Moon (Eric’s Songwriting Diary 1)06. Children of the Moon (Eric’s Songwriting Diary 2)07. Gemini (Eric’s Songwriting Diary 1)08. Gemini (Eric’s Songwriting Diary 2)09. Gemini (Eric’s Songwriting Diary 3)10. Gemini & Silence and I (Eric’s Songwriting Diary)11. Silence and I (Eric’s Songwriting Diary)12. Cooper’s Theme/ Silence and I chord beginnings (Eric’s Songwriting Diary)13. Cooper’s Theme/ Silence and I beginnings (Eric’s Songwriting Diary)14. Silence and I/ Fly Away (Eric’s Songwriting Diary 1)15. Silence and I/ Fly Away (Eric’s Songwriting Diary 2)16. Old and Wise (Eric’s Songwriting Diary 1)17. Old and Wise (Eric’s Songwriting Diary 2)18. Old and Wise (Eric’s Songwriting Diary 3)●CD3 PREVIOUSLY UNRELEASED BONUS MATERIAL & Single Edits01. Eye In The Sky (Ian 12-string Acoustic Guitar Out Take)02. Sirius and Eye In The Sky (Early Rough Mix)03. Eye In The Sky (Eric Demo Verses - No Lyrics)04. Children Of The Moon (12-string Acoustic Guitar & Marching Band Snare Drum)05. Children Of The Moon (Early Rough Mix With Eric Demo Vocal)06. Gemini (Chris Rainbow Vocal Harmonies)07. Silence And I (Orchestral Take With Eric Demo Vocal)08. You're Gonna Get Your Fingers Burned (Rough Mix Section - Different Guitar Solo)09. You're Gonna Get Your Fingers Burned (Rough Mix with Alan Demo Vocal - Few Lyrics)10. Psychobabble (Orchestral Take)11. Psychobabble (Rough Mix With Eric Demo Vocal)12. Step By Step (12-string Acoustic Guitars)13. Step By Step (Rough Mix Backing Track - Extended Intro)14. Old and Wise (Chris Rainbow Beach Boys Experiment)15. Old & Wise (Eric Piano Track)16. Eye in the Sky (Single Edit)17. Old and Wise (Single Edit)18. Psychobabble (Single Edit)●DISC 4 (Blu-ray) / 5.1 Surround Sound Mix (2017), Stereo HD version (1982)01. Sirius02. Eye In The Sky03. Children Of The Moon04. Gemini05. Silence And I06. You’re Gonna Get Your Fingers Burned07. Psychobabble08. Mammagamma09. Step By Step10. Old And Wise●VINYL (at 45 rpm)・Disc-1[Side 1]SiriusEye In The SkyChildren Of The Moon[Side 2]GeminiSilence And I・Disc-2[Side 1]You’re Gonna Get Your Fingers BurnedPsychobabble[Side 2]MammagammaStep By StepOld & Wise●FLEXIDISCExcerpts from Eye in the Sky :SiriusEye in the SkyPsychobabbleOld and Wise【バイオグラフィ】 ビートルズの『アビイ・ロード』やピンク・フロイドの『狂気』のエンジニアとして知られるアラン・パーソンズ(key, g)がエリック・ウルフソン(vo, key)と1975年に結成したプロジェクト。1976年に『怪奇と幻想の物語~エドガー・アラン・ポーの世界』でデビュー。壮大なサウンドと独特の視点が評価され、『アイ・ロボット』(9位)、 『運命の切り札』(13位)、『アイ・イン・ザ・スカイ』(7位)と、リリースするアルバムがいずれも高い評価を得て、大ヒットを記録。ポップス・センスに溢れた楽曲も多く、「アイ・イン・ザ・スカイ」(第3位)、「ドンド・アンサー・ミー」(第15位)等、シングル・ヒットも数多く放っている。88年に一旦活動を休止したが、その後活動を再開し、97年には初来日を果たしている。 エリック・ウルフソンはアラン・パーソンズ・プロジェクトの活動を離れてからは、ミュージカルの世界で活躍を続けていたが、2009年に肝臓癌の為に64歳の若さで亡くなる。●ソニー・ミュージック・ショップ完全生産限定盤 [EU輸入盤]¥ 13,299(税込)https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1111&cd=00DE000042186●AMAZON 【早期購入特典あり】Eye In The Sky (35Th Anniversary Boxs... 13,500円 Amazon

      7
      テーマ:
    • アート・ガーファンクル@オーチャードホール(11/16)セットリスト他

      ネタばれ注意ということで・・・“天使の歌声“アート・ガーファンクルの3年ぶりの来日公演。2010年に声帯麻痺でコンサート活動が危ぶまれた中復活。その後の前回の来日から3年たって、アートももう76歳。さすがに声は全盛期とまではいかないかもしれないけど、ファルセットをうまく使った”優しい歌声”で素晴らしい曲の数々を披露してくれました。アートとアコースティックギターとキーボード(&ピアノ)の三人のシンプルな編成で、そのシンプルさが今のアートの声に合ってましたね。僕なんかよりも一世代上の方々が多かったと思いますが、とっても親密で温かい空間。ちょっとしたエピソードや日本語トークも交えつつ、S&Gの名曲の数々、アートのソロ、カバー(いつもながらビリー・ジョエルの「So It Goes」は秀逸ですね)とがブレンドされたセットリスト。ショーはS&Gの名曲「4月になれば彼女は」でスタート。2曲目の「ボクサー」のスリーフィンガーが聞こえてくると、「ああこれ昔コピーしたなあ」と思い出す。この曲、昔はアコギの教則本には必ずといっていいほど入ってましたね。これでスリーフィンガー覚えて、「スカボローフェア」弾けるようになったら、もうアコギ制覇したようなものって感じ。ソロの曲では今夜は「ブライト・アイズ」が良かった。下記は1978年のライヴですけど。ホントいい曲ですよね。個人的には自分で担当した1997年のアルバム、邦題で『心の詩』って付けちゃいましたけど・・・。メアリー・チェイピンカーペンター作の「Dreamland」と、このアルバムの最後を飾る「Now I Lay Me Down」を大ラスで聴けたのが嬉しかった。このアルバム原題は『Songs from a Parent to a Child』というタイトルで同時期にケニー・ロギンスの『リターン・トゥ・プー・コーナー』などとともに「親から子供たちへ捧げる歌」というテーマで作られた、とっても優しい、素敵な曲が詰まったアルバム。今回は来てませんでしたが、前回の来日の時にステージで歌っていた息子のジェイムスも当時6歳で『心の詩』に歌手として参加してます。(結構イイアルバムなんですが、今は手に入りにくいと思うので、下記APPLE MUSICで聴けますので)https://itunes.apple.com/jp/album/songs-from-a-parent-to-a-child/203798543ポール・サイモンのこともトークで何回かでてきましたが、やっぱサイモン&ガーファンクルはもう見れないのかな?ってついつい思っちゃう。「明日に架ける橋」はアコースティック・アレンジだったんですが、やっぱあの荘厳な盛り上がりを聴きたいなあと、ついつい・・・。皆さん温かい気持ちで帰途についたんじゃないですかね。素敵なコンサートでした。【ART GARFUNKEL 2017.11.16 Orchard Hall Setlist】Set 11 April Come She Will 4月になれば彼女は(1966S&G『サウンド・オブ・サイレンス』)2 The Boxer ザ・ボクサー(1970 S&G『明日に架ける橋』)3 Perfect Moment パーフェクト・モーメント(2002『心の散歩道』)4 A Heart in New York ハート・イン・ニューヨーク(1981『シザーズ・カット〜北風のラストレター』)5 All I Know 友に捧げる讃歌(1973『天使の歌声』)6 A Poem on the Underground Wall 地下鉄の壁の詩(1966 S&G『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』)7 Scarborough Fair スカボロー・フェア(1966 S&G『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』)8 The Side of a Hill ザ・サイド・オブ・ア・ヒル(1964『ポール・サイモン・ソングブック』)*ポール・サイモン9 Skywriter スカイライター(1993『アップ・ティル・ナウ』)*ジミー・ウェッブ10 Dreamland ドリームランド(1997『心の詩』)11 Homeward Bound 早く家に帰りたい(1966 S&G『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』)Set 212 And So It Goes そして今は...(*ビリー・ジョエルのカバー)13 99 Miles From L.A. L.A. より99マイル(1975『愛への旅立ち』)14 Real Emotional Girl リアル・エモーショナル・ガール(*ランディ・ニューマンのカバー)15 Someone to Watch Over Me やさしき伴侶を(2007『魅惑の宵』)*ジョージ・ガーシュウィン16 For Emily, Whenever I May Find Her エミリー・エミリー(1966 S&G『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』)17 Bright Eyes ブライト・アイズ(1981『シザーズ・カット〜北風のラストレター』)18 The Sound of Silence サウンド・オブ・サイレンス(1964 S&G『水曜の朝、午前3時』)19 Kathy's Song キャシーの歌(1966S&G『サウンド・オブ・サイレンス』)20 Bridge Over Troubled Water 明日に架ける橋(1970 S&G『明日に架ける橋』)Encore:21 Let It Be Me レット・イット・ビー・ミー(*エヴァリー・ブラザーズのカバー)22 Now I Lay Me Down ナウ・アイ・レイ・ミー・ダウン・トゥ・スリープ(1997『心の詩』)下記のアート・ガーファンクル50年のキャリアを辿る新曲入りオールタイム・ベスト盤『ザ・シンガー』には本日演奏された全22曲中12曲(下記赤字)が収録されています。●アート・ガーファンクル『ザ・シンガー』2012年10月10日発売 高品質Blu-spec CD 2枚組 SICP 20426~7 ¥3800+税Disc-11.明日に架ける橋 (from『明日に架ける橋』1970)2.友に捧げる讃歌 (with ジミー・ウェッブ) (from『アップ・ティル・ナウ』1993)3.パーフェクト・モーメント(with バディ・マンドロック&マイア・シャープ) (From『心の散歩道』2002)4.エミリー・エミリー (from『グレイテスト・ヒッツ』1972, *Live 1966)5.クライング・イン・ザ・レイン (with ジェイムス・テイラー)(from『アップ・ティル・ナウ』193)6.瞳は君ゆえに (with ニッキー・ホプキンス(p)) (from『愛への旅立ち』1975)7.L.A.より99マイル (from 愛への旅立ち』1975)8.ワンダフル・ワールド (with ジェイムス・テイラー&ポール・サイモン) (from『ウォーターマーク』1978)9.ブライト・アイズ (from『フェイト・フォー・ブレックファースト』1979)10.トゥー・スリーピー・ピープル (from『アップ・ティル・ナウ』1993)11.スカイライター (with ニッキー・ホプキンス(p))(from『アップ・ティル・ナウ』1993)12.スカボロー・フェア/詠唱 (from『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』1966)13.魅惑の宵 (from『魅惑の宵』2007)14.プロミス (from『レフレィー』1988)15.運命の糸 (with マイア・シャープ&バディ・マンドロック) (From『心の散歩道』2002)16.レナ(featuring ディーン・パークス) [未発表曲/新曲]17.バーバラ・アレンの伝説 (from『天使の歌声』1973)Disc-21.キャシーの歌 (from『オールド・フレンズ~ライヴ・オン・ステージ』2004, *Live 2003)2.ロング・ウェイ・ホーム (with マイア・シャープ) [未発表曲/新曲]3.シザーズ・カット(愛の回転木馬) (with リア・カンケル) (from『シザーズ・カット~北風のラストレター』1981)4.サウンド・オブ・サイレンス (from『水曜の朝、午前3時』1964)5.愛への旅立ち (with グラハム・ナッシュ&デヴィッド・クロスビー) (from『愛への旅立ち』1975)6.フランク・ロイド・ライトに捧げる歌 (from『明日に架ける橋』1970)7.春の予感 (with ビリー・ペイン) (from『愛への旅立ち』1975)8.告示 (from『アニマルズ・クリスマス』1986)9.アイ・ワンダー・ホワイ (with ケニー・ランキン) (from『レフレィー』1988)10.ディズニー・ガール (with ブルース・ジョンストン(p)&トニー・テニール)(from『愛への旅立ち』1975)11.マイ・リトル・タウン (from『愛への旅立ち』1975)12.神の御子は今宵しも (with エリック・ワイズバーグ) (from『Acoustic Christmas』1990, *国内未発売)13.ハート・イン・ニューヨーク (with マイケル・ブレッカー(ts)) (from『シザーズ・カット~北風のラストレター』1981)14.あの娘の顔に慣れてきた (from『魅惑の宵』2007)15.4月になれば彼女は (from 『サウンド・オブ・サイレンス』1965)16.男が女を愛する時 (with ジェレミー・スタイグ(f)&マイケル・ブレッカー(ts)) (from『レフレィー』1988)17.美しき若葉の頃 (from『シザーズ・カット~北風のラストレター』1981)Apple Musichttps://itunes.apple.com/jp/album/the-singer/551039605Amazonザ・シンガー4,104円Amazon

      19
      4
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 今から38年前、TOTO,JOURNEY,KANSAS,BOSTON,STYXを初めて聴いた頃。

      TOTO40周年記念新曲入りの記念ベスト盤のニュースを見て、初めてTOTOを聴いた時のことが急に甦ってきたので忘れないうちに。1979年、大島から出てきた直後高校1年の時。教えてくれたのは高校の同級生だった鈴木一郎君。お元気かなあ?学校帰りに鈴木一郎君の家に行って、初めてTOTO、JOURNEY、KANSAS、BOSTON、STYXとか聞かせてもらった。大島の田舎から出てきた僕にとって未知の音楽でしたが、あまりにもインパクトがあって衝撃でした。そのあと様々なアーティストのアルバムをむさぼるように聴いた高校時代だったんですが、高校1年のしょっぱなで鈴木一郎君にいろいろ教えてもらったこれらの音楽は今でも心に残ってる。アメリカン・プログレ・ハードとか言われたり、その後産業ロックとか揶揄されたジャンルでしたけど、やっぱ友達から進めてもらって、教えてもらって、それが自分にはまった音楽って、沁み込んじゃってるんですよね。今でもTOTOの「愛する君に」、ジャーニーの「ペイシェントリー」、ボストンの「遥かなる想い」、カンサスの「すべては風の中に」、スティックス「ベイブ」とか聴くと、学校帰りに行った鈴木一郎君の家で聴いた風景を想いだしてしまいます。鈴木君、ギターがめちゃくちゃうまくて、その頃からプロを目指してたけど、果たしてギタリストになったのかなあ?それぞれのバンドのアルバムの中で一番好きなアルバムは?と聞かれたら、やっぱTOTOは『宇宙の騎士』だし、ジャーニーは『インフィニティ』、ボストンは『ドント・ルック・バック』で、カンサスは『暗黒への曳航』と、スティックスは『コーナーストーン』になっちゃう。下記の曲が入ってるアルバムということで。今でも個人的にそれぞれのバンドで一番好きな曲です。やっぱ想い出が貼りついちゃってる曲というのは、いつまでも変わらんのです。それぞれの皆さんにとって、それぞれ違うと思いますけど。

      9
      テーマ:
    • 幻の未完成音源の新曲も収録したTOTOのデビュー40周年を記念した最新ベスト・アルバム!

      TOTOも来年で40周年なんですね。高校生の頃『宇宙の騎士』を聴いたから、そりゃそうか。ジェフ・ポーカロ、マイク・ポーカロは亡くなって、いろんなこと乗り越えて・・・新曲入りの記念ベスト盤が来年2月にリリースとなります。大きなワールドツアーもありますし、きっと日本にも来てくれるでしょうから、2018年はTOTO最大限盛り上げていければと!と、その前に12月にルカサーがソロ公演で来日します。確実に!弾きまくると思いますので、TOTOとはまた一味違ったルカサーのギタリストとしての凄さを堪能できるはず。詳しくは下記。TOTOのデビュー40周年を記念した最新ベスト・アルバムの発売が決定。幻の未完成音源を使用した新曲も収録!2018年2月7日日本先行リリース。1978年のデビュー以来、「アフリカ」、「ロザーナ」、「99」、「ジョージー・ポージー」など数多の名曲を生み出し、AORの代表的なバンドとして多世代の音楽ファンから世界的な支持を集め続けるTOTO。彼らのデビュー40周年を記念した最新ベスト・アルバム『40 Trips Around The Sun』が2018年2月7日(日本先行:海外は2月9日)にリリースされることが明らかになった。同作にはこのたび初めて発表される新曲3曲「Spanish Sea」 、「Alone」 、「Struck By Lightning」を含む 全17曲を収録。今回新たにリマスターされたクラシック・ヒッツに関しては、グラミー賞とエミー賞の受章歴を誇る伝説的なレコーディング・エンジニア/プロデューサーのElliot Scheiner(エリオット・シャイナー)と、同じく数度のグラミー受賞歴を誇るマスタリング・エンジニアのGavin Lurssen(ギャビン・ルアーズセン)が率いるチームがその工程を手がけ、それをTOTOの中心メンバー=スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ポーカロ、ジョセフ・ウィリアムズが今年初めにスタジオに入ってまとめ上げた。ソニーのアーカイヴの中から発見された、ジェフ・ポーカロ(Dr.)とマイク・ポーカロ(Ba.)をフィーチャーしたいくつかの未完成トラックのうちの一つが、今回 「Spanish Sea」 というタイトルの新曲として完成した。“このトラックはもともと『Isolation』セッションの時のもので、当時は未完のまま終わったものの一つなんだ。今回新しいコーラスを作って、すっかり書き直したよ。最新の技術のおかげで、20歳そこそこの自分たちと、さらには愛するポーカロ兄弟とも一緒に演奏することができたんだ。改めて彼らのディープなグルーヴを実感させてもらったよ。ほろ苦い感じだね__たくさんの思い出と、笑いと、涙がこもった1曲だよ。ソロが際立つクラシックなTOTOスタイルの曲で、デヴィッド(ペイチ)が俺にやってほしかった1985年当時のメロディ・ソロはそのまま残した。新しいものと古いものの出会いだけど、凄腕のアル・シュミットが録音、ボブ・クリアマウンテンがミキシングをやってくれたおかげで、まるで2週間前にスタジオで録音したような仕上がりだよ。もともとは30年以上も前の曲だなんて信じられないね!”と、スティーヴ・ルカサーは語っている。(1980年、TOTO初来日公演リハーサル時のアーティスト写真:スティーヴ・ルカサー&ジェフ・ポーカロ/PHOTO:井出情児)なお、iTunes Storeでは本日より、アルバム『40 Trips Around The Sun』を先行予約するとその場で新曲「Alone」をダウンロード出来るIGTプレオーダーもSTARTしている。“「Alone」は今回のために書き下ろした新曲なんだ。4人だけで部屋にこもって書き上げたよ。アルバムの幕開けにふさわしいアップテンポな曲にしたかったんだ。詞の内容はちょっと暗いけど、俺たちは大人だし、人生の酸いも甘いも味わい尽くして、そして最後は一人だということもわかってる。とても気に入っている1曲だよ。自然に湧き上がってきたという感じで完成したんだ”とルカサーはこの曲を説明する。『40 Trips Around The Sun』の3つ目の新曲は、「Struck By Lightning」。これはデヴィッド・ペイチが書き始めた曲だ。“何ヶ月もの間、オープニングのリフのところが頭の中でグルグル回ってたんだ。それにジョセフ(ウィリアムズ)とメンバーたちが肉付けしてくれたんだよ。ヘヴィーな編曲が気に入っているし、ルークのソロは最高だね!"とペイチは語っている。(1980年、TOTO初来日公演リハーサル時のアーティスト写真:スティーヴ・ルカサー&デヴィッド・ペイチ/PHOTO:井出情児) 本作のリリースにあわせて、2月11日のヘルシンキを皮切りに、デビュー40周年を記念 した<40 Trips Around The Sun>ワールド・ツアーがスタートする。現在のところ、ヨーロッパ36ヶ所が発表されている。久々のロング・ラン・ツアーで、2018年後半にはアメリカを回る予定。追加日程は決定次第発表されて行く。TOTOほどグループとして、そして個々のメンバーのソロ活動においてもポップ・カルチャーにその名を刻んだレコーディング・アーティストはいないだろう。メンバーのソロ活動を統合すると、その参加したアルバムはなんと5,000枚、合計売上枚数にすると5億枚という驚異的な数字だ。この中からは200枚以上がグラミー賞候補になっており、累計ではSpotifyだけで4億ストリーム以上、YouTubeは5億ビューをはるかに超えている。デビューから40年、何千もの作品にクレジットされ(その中には人類史上最も売れたアルバム、マイケル・ジャクソンの『スリラー』も含まれている)、多くの賞賛を浴びるTOTOは現在でも、世界のトップ・アーティストとしてツアーやレコーディングを続けている。世界中の数多のアーティストが音作りの「基準」とする彼らは、リアルタイムで音楽界の基準を前に進め続けている。彼らの名前は、音楽界においてはまさに「信頼」と同義なのである。テレビでも彼らのレパートリーは常に演奏され、その音楽は色あせることがない。彼らはポップ・カルチャーそのものであり、変化の激しいトレンドやスタイルの波を乗り越えて多世代の世界的なファンから支持され、る数少ない70年代のバンドのひとつである。【リリース情報】幻の未完成音源使用した新曲も収録した、デビュー40周年記念最新ベスト・アルバムTOTO 『40 Trips Around The Sun』<CD>2018年2月7日発売(日本先行)歌詞・対訳・解説付高品質Blu-specCD2仕様SICP31137¥2,600+税<デジタル>2018年2月9日配信\1,600+税収録曲 【TOTAL TME 79:10】01. Alone|アローン (新曲)02. Spanish Sea|スパニッシュ・シー (新曲)03. I'll Supply The Love|愛する君に04. I'll Be Over You|アイル・ビー・オーヴァー・ユー05. Stranger In Town|ストレンジャー・イン・タウン06. 99|9907. Struck By Lightning|ストラック・バイ・ライトニング(新曲)08. Pamela|パメラ09. Afraid Of Love|アフレイド・オブ・ラヴ10. I Won't Hold You Back|ホールド・ユー・バック11. Jake To The Bone |ジェイク・トゥ・ザ・ボーン12. Stop Loving You|ストップ・ラヴィング・ユー13. Lea|リア14. Hold The Line|ホールド・ザ・ライン15. George Porgy|ジョージー・ポージー16. Rosanna|ロザーナ17. Africa|アフリカ『40 Trips Around The Sun』のiTunes プレオーダーはこちらから:https://itunes.apple.com/jp/album/id1310067089?at=10lpgB&ct=886446754260_al&app=itunes予約注文すると、新曲「Alone」がその場でDL可能に!「Alone」のSpotify単曲ストリーミングはこちらから:https://open.spotify.com/album/1z6a8yWPlczgqTMRLcRsmo『40 Trips Around The Sun』とTOTOに関するアップデートはこちら:www.totoofficial.comwww.twitter.com/toto99comwww.facebook.com/totobandソニー・ミュージック(日本)のアーティストページはこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/Toto/  ---------------------------------------------------------スティーヴ・ルカサーのセッション・ワークス第2弾も登場!『スティーヴ・ルカサー:セッション・ワークスII』2017年11月22日 発売スティーヴ・ルカサー本人による全収録曲解説付歌詞・対訳・解説付高品質Blu-specCD2仕様SICP31101¥2,000円+税収録曲 【TOTAL TIME 75:58】01.「ホワイト・シスター」TOTO02.「ラニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー03.「アイム・フリー」ケニー・ロギンス04.「ヒズ・ワールド」ジミー・ウェッブ05.「シーズ・ア・ビューティ」ザ・チューブス06.「リーヴ・ミー・アローン」エアプレイ07.「悲しみを越える道」アース・ウインド&ファイアー08.「ロンリー・ビート・オブ・マイ・ハート」スティーヴ・ルカサー09.「スクール・ガール」フィニス・ヘンダーソン10.「ユー・アー・ザ・フラワー」TOTO11.「ミドル・マン」ボズ・スキャッグス12.「トップ・オブ・ザ・ワールド」ジョン・アンダーソン13.「エクスティンクション・ブルース」スティーヴ・ルカサー14.「イッツ・オンリー・マイ・ハート」マイケル・ボルトン15.「愛は果てしなく」デニース・ウィリアムス16.「サムバディ・ライク・ユー」ロニー・ミルサップ商品の詳細はコチラhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/Toto/info/487745 【TOTO ワールド・ツアー情報(2017年11月15日時点)】TOTO – 2018 - 40 TRIPS AROUND THE SUN EUROPEAN TOUR2/11 Helsinki, FI Icehall2/12 Tallinn, EE Nordea Concert Hall2/14 Stockholm, SE Fryshuset2/16 Oslo, NO Spektrum2/17 Copenhagen, DK Forum2/19 Hamburg, DE Mehr! Theater2/21 Dusseldorf, DE Mitsubishi-Electric Hall2/22 Munich, DE Olympiahalle2/24 Berlin, DE C-Halle2/25 Leipzig, DE Haus Auensee2/27 Prague, CZ Forum Karlin2/28 Krakow, PL Tauron Arena3/2 Vienna, AT Gasometer3/4 Sofia, BG National Palace Of Culture3/5 Skopje, MK Boris Trajkovski Sports Hall3/9 Zagreb, HR Dom Sportova3/10 Milan, IT Mediolanum Forum3/12 Zurich, CH Hallenstadion3/13 Stuttgart, DE Porsche Arena3/15 Lille, FR       Zenith3/17 Amsterdam, NL Ziggo Dome3/18 Brussels, BE Forest National3/20 Offenbach, DE Stadthalle3/22 Geneva, CH Arena Geneva3/23 Bologna, IT Unipol Arena3/25 Marseille, FR Dome3/26 Toulouse, FR Zenith3/27 Lyon, FR Halle Tony Garnier3/29 Luxembourg City, LU Rockhal3/30 Paris, FR La Seine Musicale4/1 London, UK Royal Albert Hall4/2 Manchester, UK       Bridgewater Hall4/4 Dublin, IE Vicar Street4/5 Dublin, IE Vicar Street4/7 Belfast, UK Waterfront Auditorium4/8 Glasgow, UK SEC Armadillowww.totoofficial.comwww.twitter.com/toto99comwww.facebook.com/totoband【スティーヴ・ルカサー ‘Nerve Bundle’ 2017来日公演情報】12月18日(月)Bottom Line 名古屋公演詳細はこちら>12月19日(火)・20日(水)ビルボードライブ東京公演詳細はこちら>12月21日(木)・22日(金)ビルボードライブ大阪公演詳細はこちら>Nerve Bundle メンバースティーヴ・ルカサー / Steve Lukather(Guitar, Vocals)ジェフ・バブコ / Jeff Babko(Keyboard)ヨルゲン・カールソン / Jorgen Carlsson(Bass)トス・パノス / Toss Panos(Drums)

      4
      テーマ:
  • 15 Nov
    • ピンク・フロイド・オフィシャルFBで紙ジャケ情報が日本語で投稿!彼らも感動した日本の紙ジャケ

      いや~嬉しい吉報が!ピンク・フロイドのマネージメントに紙ジャケを送ったら、「こりゃ素晴らしい!」と感動してくれて、何かできる事やりましょうって話になって、彼らのオフィシャルFBページに日本語で投稿してくれたんです。これってホント凄いことでして。全部彼らが仕切って、リクエストなんて基本聴いてくれないし、理不尽感じつつも彼らのおっしゃる通りにやらねばならぬ、なんにでもキビシー彼らの対応としては信じられない神対応!?いずれにしても滅多にないことなので、嬉しい気持ちと、怖い気持ちと半々でもあるんですが、まあいろいろあって眠れぬ夜を過ごしてきたんで、ちょっと報われた気持ちも。ありがたいことです。オフィシャルでも認められたピンク・フロイド紙ジャケ。中身が一目でわかる「開封の儀」公開。デビュー50周年記念でオリジナル・アルバム15作品を一挙紙ジャケットでリリースするピンク・フロイド。オフィシャル・サイトで日本のファンへ向けてのメッセージが日本語で公開された。ピンク・フロイドのマネージメントが日本の紙ジャケを手にして、そのクォリティの高さに感激したことがきっかけで急遽実現。ピンク・フロイドのオフィシャルで英語以外の言語で投稿されるのは極めて稀。https://www.facebook.com/pinkfloyd/posts/10155075813802308/11月1日に発売となった第一期8タイトルは、11月13日付オリコン週間洋楽アルバムランキングで8タイトルすべてがTOP30内にランクイン。特に『狂気』は第10位にランクインし、44年前の作品がTOP10入りする快挙となった。英国オリジナル初版LPを可能な限り再現する今回の紙ジャケの封入物が一目でわかる映像「開封の儀」も合わせてスペシャルサイトで公開された。●ピンク・フロイド紙ジャケ・スペシャル・サイトhttp://www.110107.com/pink_50th『狂気』の紙ジャケは英国最初期盤の「限りなく黒に近い紺色」ジャケを再現し、おまけもてんこ盛り。ステッカー2種、ポスター2種、オリジナルLP添付告知ステッカー、オリジナルLPレーベル・レプリカが封入されている。詳しくは下記映像をご覧ください。●『狂気』紙ジャケ「開封の儀」映像https://www.facebook.com/otonanoenta/videos/2055298701360393/ピンク・フロイド紙ジャケは、英国オリジナルLPに準じたE式ジャケット(初期3作はフリップバックも完全再現)、日本初回盤LP帯復刻(巻き帯)、音源はジェイムズ・ガスリー2011年リマスターを使用したソニープレスの国内盤初CD化、現状出来うる限りのことのすべてを実現した決定版。11月22日には第二弾『炎~あなたがここにいてほしい』から『永遠(TOWA)』までの7タイトルも発売となる。全15タイトル購入者には全タイトルが収納できるスペシャル・ボックス・プレゼントも企画されている。http://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/486823また、ピンク・フロイド50周年を記念するイベントとして、11月3日から5日の3日間、石川県金沢城にて『レッツ・プレイ・ピンク・フロイド~金沢城 とピンク・フロイドの夜』が開催された。ピンク・フロイドの名曲に合わせて金沢城をバック歴史的日本庭園がライトアップされ7 色に光り輝き、『狂気(The Dark Side Of The Moon)』の曲がかかる中、「月」が金沢城の上に鎮座するという自然の奇跡も。ピンク・フロイド・サウンドと日本の歴史的、伝統的「美」が融合する幽玄の世界で観客を魅了した。その模様はソニー・ミュージックのサイトで詳しくレポートされている。http://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/488223【プロダクツ概要】PINK FLOYD PAPERSLEEVE COLLECTION●11月1日発売 第1期8タイトル(\2,500+税 *2枚組¥3,700+税)①SICP5401 夜明けの口笛吹き/The Piper at the Gates of Dawn②SICP5402 神秘/A Saucerful of Secrets③SICP5403 モア/More④SICP5404-5 ウマグマ/Ummagumma*⑤SICP5406 原子心母 /Atom Heart Mother⑥SICP5407 おせっかい/Meddle⑦SICP5408 雲の影/Obscured by Clouds⑧SICP5409 狂気/The Dark Side of the Moon●11月22日発売 第2期7タイトル(\2,500+税 *2枚組¥3,700+税)⑨SICP5410 炎~あなたがここにいてほしい/Wish You Were Here⑩SICP5411 アニマルズ/Animals⑪SICP5412-3 ザ・ウォール/The Wall*⑫SICP5414 ファイナル・カット/The Final Cut⑬SICP5415 鬱/A Momentary Lapse of Reason⑭SICP5416 対(TSUI)/ The Division Bell⑮SICP5417 永遠(TOWA)/ The Endless River詳細はこちら●ピンク・フロイド紙ジャケ・スペシャル・サイト(こちらで各作品の「開封の儀」映像ございます)http://www.110107.com/pink_50th●全タイトル購入特典収納ボックス・プレゼントも実施中!詳しくはこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/486823●”まるっと簡単まとめ買い”はこちらでもどうぞ。【第一弾まとめ買い】17/11/1発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 8タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000873【第二弾まとめ買い】17/11/22発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 7タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000874

      13
      テーマ:
  • 14 Nov
    • ピンク・フロイド『狂気』紙ジャケの色はこだわりの「限りなく黒に近い紺色」!”開封の儀”もどうぞ。

      ピンク・フロイド『狂気』紙ジャケの色は英国初版LPにこだわった「限りなく黒に近い紺色」を再現しているんです!元レココレ編集長の寺田さんのフェイスブックにこの『狂気』紙ジャケの色合いについての涙ちょちょぎれる嬉しいコメントが載っていました。”かつて、実際にデザインを担当したストーム・トーガソン本人にも「そんな指定はしとらん!」と否定されたことがある(苦笑)、英国初期盤ならではの「限りなく黒に近い微妙な紺色」が見事に再現されてるのが嬉しくて、買ってきてしまった。『レココレ』での『狂気』特集制作時、カラー・ページ用に苦労して入手した初期盤ジャケットを社内デザイナーに見せて説明するも、「そんなの光の加減でそう思うだけで、黒でしよ、これ!」と言われて大変だったことを思い出す。確かに光の加減で黒に見える微妙さ。これを手に入れるために正月に福岡に帰ってきながらも、夜はヤフオクやeBayで、それっぽくて高すぎない盤(場合によっては出品者がその違いに気づいてないことを期待して……)探した日々。しかも逆に光の加減で紺色にみえてしまったものの、到着したら真っ黒!という悲劇も味わった。なんとかデザイナーを説得した後も、色校でまた調整し直さないと、ただの黒ジャケに見えちゃったりと苦労の連続(結局、最終的に刷り上がってきたものは、2枚掲載したうち、より色褪せのない一枚は予定よりかなり黒寄りだった、苦笑)。今回の紙ジャケ制作においても、色調整はかなり難しかったのではないかと推測します。レッド・ツェッペリンのファースト・アルバムのターコイズ・ブルー・ロゴが紙ジャケで実現した時以来の感慨です。しかし、うちでテキトーに撮った写真をここで載せても、伝わらないかもしれませんね。興味ある方はね、店頭で紙ジャケを手にとって見てみてください。売り切れないうちに”まさに、そうなんですよ!この色を出すのにひと苦労・・。この微妙な色合いの復刻をわかっていただき感無量でございます。ありがとうございます。くっ、苦労も報われる(涙)。。。英国初版LPの色は黒でもないし紺でもない、何とも言えない微妙な色なんです。今回の紙ジャケの印刷でもどうしても黒か紺に転んでしまって、何度も色校正、何度も修正やり直し。。この「限りなく黒に近い紺色」にどこまで近づけられるか?が勝負だったんです。ここに至るまで、印刷会社の方にもたいへんご迷惑とご苦労おかけしました。でも、かなり近づけたんじゃないかと思います。まあ、興味ない方にはどうでもいいことなのかもしれませんけど、このジャケの微妙な色の再現度はこだわったんですよね~。といいつつ世の中にどれだけわかってもらえる方いるのか?喜んでもらえる方がいるのかわかりませんけど(笑)皆様、是非店頭で手にとって見てみて下さい。この微妙な色合い、他の輸入盤やちょっと前のCDや現行LPとかの『狂気』のジャケと見比べてみていただければと。こちら、おまけもいっぱい『狂気』紙ジャケ「開封の儀」。中に何が入ってるか一目瞭然の映像でございます(音声はなし)。「限りなく黒に近い紺色」わかるかなあ~?オリコン週間洋楽ランキングでは10位でした。40数年前の作品が、旬な方々の中で10位にランクインってやっぱ『狂気』って凄いですねhttps://ameblo.jp/high-hopes/entry-12326959352.html『炎~あなたがここにいてほしい』から『永遠(TOWA)』までの第二期7タイトルは11月22日発売となります!こちらも『炎』のシュリンクの再現が大変だった。。。こちらも詳しくはまた。●ピンク・フロイド紙ジャケ・スペシャル・サイト(こちらで各作品の「開封の儀」映像ございます)http://www.110107.com/pink_50th全タイトル購入特典収納ボックス・プレゼントも実施中!詳しくはこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/486823”まるっと簡単まとめ買い”はこちらでもどうぞ。【第一弾まとめ買い】17/11/1発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 8タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000873【第二弾まとめ買い】17/11/22発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 7タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000874

      17
      テーマ:
    • 『レコード・コレクターズ』12月号ピンク・フロイド紙ジャケ巻頭カラー6Pで特集!ディラン表紙号!

      いやーありがたい。11月15日発売『レコード・コレクターズ』12月号で、ピンク・フロイド紙ジャケの特集が巻頭カラー6Pで掲載されているんですが、ここにこれまで苦労してきた紙ジャケ発売へ至るいきさつやジェームス・ガスリーとのやりとり、2011年リマスターなんだけど、実際は単にその「マスターテープ」のまんまじゃないんだよってこととか、苦労、秘話など書いていただきまして・・・ここに書かれていることを伝えたかったんです。もしよろしければレココレ買ってみていただければと。●ピンク・フロイド未来に受け継がれるピンク・フロイドのメッセージ~“監視塔”ジェイムズ・ガスリーが認めた日本独自仕様で紙ジャケットCDが登場(武田昭彦)詳細はこちらそして、ボブ・ディランの表紙です!ボブ・ディランは1978年ごろからキリスト教に興味を持ち、やがて改宗してそれをテーマにした3枚のアルバムを81年にかけて制作しました。合間には、コーラス隊を含むバンドで勢力的にツアーを敢行。ファンの間でも物議をかもしたこの時期の活動ですが、今回、ツアーの音源とスタジオでのアウトテイクなどが“ブートレッグ・シリーズ”としてリリースされることになりました。ツアーの音源の充実した演奏や未発表曲から、この時期のディランの活動の意味を改めて考えてみたいと思います。かつてのプロテスト・シンガーは、なぜゴスペルにのせて信仰を説いたか(佐野ひろし)様々な黒人音楽的要素を取り入れた冒険のゆくえ(青山陽一)ボブ・ディラン 1979-1981 オリジナル・アルバム・ガイド(東京ボブ)『スロー・トレイン・カミング』『セイヴド』『ショット・オブ・ラブ』『トラブル・ノー・モア 1979-81』解説(遠藤哲夫)参加ミュージシャン名鑑(中村彰秀)グラフィック・ステーション──“ゴスペル三部作”のオリジナル盤ほか

      12
      1
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 【BEATLEDNA】海外ドラマ「THIS IS US」とマンディ・ムーア 

      NHKでやってる海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」がとにかく面白い!人生の岐路に立つ36歳の男女を描いた、切なく心温まるヒューマンドラマ。って、文字で書いてもなかなか伝わらないと思いますが、まあ、とにかくええ話や~って感じの素敵なストーリーで、誰もがグッときちゃうはず。大当たりのドラマだったので興味ある方、詳しい内容は下記などをご参照。http://www4.nhk.or.jp/this-is-us/http://dramanavi.net/special/sp-147-this_is_us/このドラマで3人の子供の母親役をするのがマンディ・ムーア。このドラマを見て思い出したんです。そういえば昔マンディ・ムーアについて「ビートルズの遺伝子」に書いたなあって。ということでダブる部分もありますが、誰もが意外に思うかもしれないマンディ・ムーアのBEATLEDNA。彼女は元々14歳1999年に歌手デビュー。ティーンポップアイドル的な路線で、当時はEPICで日本でもヒットしました。http://www.sonymusic.co.jp/artist/MandyMoore/昔のビデオはこちらhttps://www.youtube.com/user/MandyMooreVEVO/videosま、この路線ご本人は嫌々だったみたいですね。その後、女優、声優と活動を広げっていったわけですが、2009年にリリースした『Amanda Leigh』ってアルバムが素晴らしかった。マイク・ヴァイオラ・プロデュース、全面パックアップ。これが私の本当の姿!ってことなんでしょう。アルバム・タイトルも『Amanda Leigh』(マンディ・ムーアの本名はAmanda Leigh Moore)。マンディ・ムーアという名前だけでは「ああ、あのアイドルちゃんね」って聴くこともなかったと思うけど、このアルバムにはたしかマイク・ヴァイオラ流れで行きついたんだと思います。ほんと偶然。まったくノーマークでしたが、この曲聴いて驚いた。アルバム1曲目の「Merrimack River」。は牧歌的な雰囲気でメロディアスでディミニッシュ・コードもクッとくる、ポール・マッカートニーがアコギで「ちょこっと作っちゃいました」みたいな小品的な作品。マイク・ヴァイオラもデュエット参加。これもかなこのアルバムからのシングルは下記「I Could Break Your Heart Any Day Of The Week」、ちょっとトッド・ラングレンっぽいかも?ビデオも作ってたみたいですが、映像はあまりにもいまいち(笑)!曲だけで聴いた方がいいかもこれもトッド先生っぽいか?イイ曲ですこちらはちょっとキャロル・キングあたりを彷彿させるようなとってもイイ・アルバムなので是非聴いてみてください(といいつつなかなか今だと手に入れにくいかもですが。apple music,spotifyにはないようでした)●Mandy Moore 『Amanda Leigh』 Amanda Leigh (Dig) Amazon ●「THIS IS US 36歳、これから」のサントラはこちら(マンディ・ムーアも1曲歌ってます.。スフィアン・スティーヴンのテーマ曲Death With Dignityがまたイイ曲で) THIS IS US 36歳、これから オリジナル・サウンドトラック 2,700円 Amazon Apple Musichttps://itunes.apple.com/jp/album/this-is-us-music-from-the-series/1268034768ちょっとびっくりしたのは、マンディ・ムーアってライアン・アダムスと結婚してたけど、離婚。その後最近Dawesのギター&リードヴォーカルのテイラー・ゴールドスミスと再婚したんですね!

      13
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 【BEATLEDNA】トッド・ラングレン「I Just Want to Touch You」

      【BEATLE DNA】トッド・ラングレンその1久々にBeatleyな曲を聴きたくなって、こちらでどんどんアップしていこうかなと突然思ったりして。。。トッド先生の曲を初めて同時代的に買ったのは高校生の頃トッド・ラングレン&ユートピアの『ミート・ザ・ユートピア/Deface The Music』。シングルにもなった「I Just Want to Touch You」は「抱きしめたいぜ」の邦題もついてたかと思いますが、ビデオもVery Beatley!このアルバム聴いた時はびっくらこきました。愛情あふれるパロディってのはこういうことを言うんでしょうね。ビートルズお好きなら是非一度アルバム全部お聞きいただければと。"I Am The Walrus"的な"Everybody Else IsWrong"とかWhere Does the World Go To Hideとか最高ですよ。spotifyhttps://open.spotify.com/album/5z5wXTS1tpUGpcXjeJlppFapple musichttps://itunes.apple.com/jp/album/deface-the-music/1296414481970年代後半から80年代前半はトッド先生のアルバムなかなか手に入らなかったんです。なので中古盤屋で探しまくって『ラント』『ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン』『サムシング/エニシング?』など、むさぼるように聴きました。CBSソニーから廉価版で出てたのとか。一時期ベアズビルはCBSソニーと契約していたんですねカタログがようやく簡単に手に入るようになったのはもうちょっとあとの80年代半ばのCD化の頃でしょうか。もうそうなったらユートピアまで全部買えるものは輸入盤で買いまくりました。渋谷の公園通の上の方にあったCSVとかで。トッド先生の他の曲はまた追って。

      5
      テーマ:
  • 10 Nov
    • サンタナ『ロータスの伝説』アナログLP「異次元」の高品質・高精度・“こだわり”の日本人魂。

      感無量。オリジナルLPから45年、紙ジャケ復刻してから10年、いつかは「これを!」と思っていた『ロータスの伝説』アナログLP復刻が遂に実現するんです。それに、ただのLP復刻じゃないんです。横尾忠則氏デザインによる“22面体ジャケット”完全オリジナルサイズでの復刻はもちろん、当時の紙の問題(オイルショック)で背の部分が弱かった部分は改善。音も超高解像度DSD 11.2MHzプリマスタリング、モービル・フィデリティ重量盤仕様。これまでのLP復刻とは「異次元」の高品質・高精度を持った“こだわり”の国内仕様。日本人の心、技、魂込めて、遂に完成!今年度最大の話題を呼ぶアナログLPになるのではないかと思います。今後のアナログ文化の分岐点となるリリースになるのではと思います。是非ともお早めにご予約をお願いいたします。―日本が世界に誇る“LIVE IN JAPAN”の金字塔―高音質アナログ重量盤×究極のオリジナル・パッケージで蘇る73年の歴史的名演!アナログLP〈国内仕様〉40年ぶりの復刻!サンタナ『ロータスの伝説(アナログLP)』SANTANA LOTUS – 2017 JAPAN VINYL EDITION11月22日 発売  ¥12,500+税(税込¥13,500)SIJP 46~48(3 LP)【完全生産限定盤】73年の初来日大阪公演を収録、その演奏の凄まじさもさることながら横尾忠則デザインによる“22面体ジャケット”に世界が驚愕したサンタナの歴史的名盤『ロータスの伝説』の”究極のオリジナル”とも言うべき アナログLP<国内仕様>がなんと40年振りに復刻!(初発売は1973年、最後のLP再発が1977年)本作は、オリジナル・マスターから超高解像度DSD 11.2MHzプリマスタリングを施した上で高音質で名高い米国のモービル・フィデリティにてカッティング、名門RTIプレスによる180g重量盤仕様。アートワークはオリジナルLP盤同様に完全日本制作、あの伝説のジャケットが本来のスケール、クオリティでついに蘇るなど、これまでの海外アナログ・リイッシューとは異次元の高品質・高精度を持った“こだわり”の国内仕様が満を持して登場!さらにボーナス・トラックとして発掘音源「セイヴァー」「コンガ・ソロ」の2曲がアナログLPに世界初収録!【ロータス・アナログのポイント】●オリジナル・アナログ・マスターから超高解像度DSD 11.2MHzプリマスタリングを施した上で高音質で名高い米国のMoFi(モービル・フィデリティ・サウンド・ラボ)にてカッティング         ●米国のRTI(レコード・テクノロジー)プレスによる180g重量盤<3枚組>●MoFi特製ショーレックス袋入り●オリジナル・アナログ・マルチテープより発掘された未公開音源「セイヴァー」「コンガ・ソロ」をアナログLPに世界初収録●完全日本制作によるアートワーク:ギネス世界記録にも認定された横尾忠則デザインによる伝説の“22面体ジャケット”を本来のスケール、クオリティで復刻(オリジナル盤から43年、再発盤から40年振り!)●カラー・ポートレート<4枚> / 不定形サイズ・ライナーノーツ / 初版帯 / 初版内袋復刻●カルロス・サンタナによる『ロータスの伝説』寄稿文掲載<ロータスの伝説特設サイト>詳しくはこちらhttp://www.110107.com/santana_lotus【収録曲】[RECORD 1 - SIDE A] . 瞑想 / MEDITATION2. 家路(ゴーイング・ホーム) / GOING HOME3. A-1ファンク / A-1 FUNK4. 果てしなき道 / EVERY STEP OF THE WAY[RECORD 1 - SIDE B] 1. ブラック・マジック・ウーマン / BLACK MAGIC WOMAN  2. ジプシー・クイーン / GYPSY QUEEN3. 僕のリズムを聞いとくれ / OYE COMO VA4. 輝ける光 / YOURS IS THE LIGHT5. バトゥカーダ / BATUKADA  6. シババ / XIBABA (SHE-BA-BA)[RECORD 2 - SIDE A]1. ストーン・フラワー(イントロダクション) / STONE FLOWER (INTRODUCTION)2. ウェイティング / WAITING3. 砂上の楼閣 パート1 / CASTILLOS DE ARENA PART 1 (SAND CASTLE)4. フリー・アンジェラ / FREE ANGELA5. ソウサリートのサンバ / SAMBA DE SAUSALITO[RECORD 2 - SIDE B]1. マントラ / MANTRA2. 京都(ドラム・ソロ) / KYOTO (DRUM SOLO)3. 砂上の楼閣 パート2 / CASTILLOS DE ARENA PART 2 (SAND CASTLE)4. すべては終わりぬ / SE A CABO [RECORD 3 - SIDE A]1. 君に捧げるサンバ / SAMBA PA TI2. ミスター・ウドー / MR. UDO3. 祭典 / TOUSSAINT L’OVERTURE    [RECORD 3 - SIDE B]1. ネシャブールの出来事 / INCIDENT AT NESHABUR 2. セイヴァー / SAVOR ※ 3. コンガ・ソロ / CONGA SOLO ※ ※ボーナス・トラック(アナログLP世界初収録) 【“LOTUS”には日本人の魂が詰まっている】このライヴ盤は73年7月3日と4日の大阪公演を収録しており、第一絶頂期にある若きサンタナ・バンドが日本のオーディエンスを前に繰り広げた凄まじい演奏と、のちにギネス世界記録にも認定される“22面体ジャケット”という破格のスケールを持つアートワークが今もなお語り継がれるライヴ・イン・ジャパンの金字塔的作品。企画から録音、写真、デザインなどレコード制作に必要なすべてを日本人が手掛けたこともあり、日本のサンタナ・ファンにとっては特別な意味を持つ作品でもある。そんな『ロータスの伝説』の録音で実際に使用されたアナログ・マルチテープが、日本のソニーミュージックの倉庫に長年保管されたままであることが昨年暮れに発覚、実に44年ぶりに蔵出しされた。74年以降は一度も使用されることがなかったアナログ・マルチテープは、一部テープ交換のため演奏が途切れている曲や何らかの理由で紛失したリールがあったものの、コンサート2日分の大半の演奏記録が70年代のテープとは思えぬほど良好なコンディションにあることが判明した。アナログLPの収録分数の関係で当時やむなくカットされた音源もしっかりと残されており、オリジナル盤にはない「ジャパン」「バンベレ」「ウム・ウム・ウム」「聖なる光」「ザ・クリエイター・ハズ・ア・マスター・プラン」「セイヴァー」「コンガ・ソロ」の7曲(約36分)も発見され、それは今年4月に発売された『ロータスの伝説 完全版 -HYBRID 4.0-』(7インチ紙ジャケ)に新たに加えられリリースされた。そして、遂に現段階で考えうる最高の形で、40年振りにアナログLPで復刻となります。アナログ復刻の歴史を変えるかもしれない、もの凄いアイテムです。究極のロータス、是非お楽しみください。【カルロス・サンタナによる『ロータスの伝説 完全版』寄稿文】(抜粋)『ロータスの伝説』は日本生まれの名盤です。私たちは何か大きなことをやりたい、という思いがあるのを自覚していました。それは日本公演のライヴ・アルバムを作ることでした。大阪公演のテープを聴いてみると、素晴らしい内容でした。それらのテープはこのバンドの最高の状態をとらえており、心から誇りに思えたものです。LP3枚組で日本制作のブックレットや画像を用い、すべてを才能ある日本人アーティストたちに手がけてもらいました。アルバムには、私たちが日本ツアー中に仕上げ、私たちの友人であり、卓越した日本のプロモーターであるミスター・ウドーに因んで名付けた曲を収録しました。このアルバムは美しく野心に溢れ、音楽には活気がありました。これらの曲と、このアルバムを紐解くのは、私にとって、大いに喜びを感じる作業でした。日本のソニーの友人たちとボーナス・トラックを掘り下げるのは最高の気分でした。『ロータス』には美しい感性があり、当時も今もサンタナの特徴として知られている、情熱のこもったエネルギーとのバランスが取れています。日本や世界中のブラザーやシスターと、さらなるお楽しみの加わったこの『ロータスの伝説』を分かち合うことができるのはとても光栄なことです。これらの曲には光明のメッセージが込められており、そのサウンドは今日も共感を呼ぶでしょう。それは今、世界が必要としているものなのです。  ――カルロス・サンタナロータスの伝説(12 inch Analog)(完全生産限定盤) [Analog]13,500円Amazonこちらもどうぞ!●『ロータスの伝説 完全版 -HYBRID 4.0-』 (7インチ紙ジャケット仕様) 2017年4月19日発売LOTUS - HYBRID 4.0 COMPLETE EDITION  SICP 10116~8(3 HYBRID DISCS)奇跡の実現!歴史的な73年初来日公演で繰り広げられた“祭典”の全貌がついに明らかに。詳細はこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/santana/info/479398ロータスの伝説 完全版 -HYBRID 4.0-(完全生産限定盤)8,640円Amazon【2chのハイレゾも配信中】 (アルバムまとめ購入のみ)*3枚組アルバムのハイレゾ配信はソニーミュージック初!■DSD 11.2MHz:¥9,600(税込)■DSD 2.8MHz:,400(税込)■PCM 96kHz/24bit:¥6,200(税込)★「完全版」マルチ・チャンネルのハイレゾ、e-onkyoで配信決定!『ロータスの伝説(完全版 4.0 Multi-ch)』 11月22日配信(予定)¥8,000(税込)*DSD Multi-ch配信はソニーミュージック初!

      23
      1
      テーマ:
    • 【詳細まとめ】ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト:ライヴ・アット・ウェンブリー~』

      こちらに11/29発売決定ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト:ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』についての、詳細や現段階で公開になってる映像などまとめました。紙資料のWEB盤みたいな感じです。収録曲は一番最後に入れてあります。ジェフ・リンズELO、6万人動員した英ウェンブリー・スタジアムでの大スペクタクル・ライヴを11月発売!Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bustジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』ポップの魔術師ジェフ・リン率いるELO。彼らの歴史上最大規模の6万人を動員した2017年6月24日英ウェンブリー・スタジアムでのライヴの模様が早くも『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』として商品化されることになった。彼らのトレードマークの巨大な宇宙船(円盤)が登場する豪華セットや、目も眩むようなレーザー光線を駆使した煌めくライティングの嵐とともに大ヒット曲のオン・パレード。日本ではドラマ「電車男」の主題歌となった「トワイライト」、何度もCMに使用されている「ミスター・ブルー・スカイ」などのお馴染みの曲から、映画主題歌「ザナドゥ」やボブ・ディランやジョージ・ハリスン、そして、先日急逝したトム・ぺティらとのスーパーグループ、トラヴェリング・ウィルベリーズの「ハンドル・ウィズ・ケア」などの滅多にライヴで演奏されないレア曲まで。当日演奏された全23曲を収録、うち21曲が全英もしくは全米でTOP40入りした大ヒット曲となっている。(収録曲、各曲のチャート・データなどは一番下に)2015年14年振りにリリースした新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』発表後、欧州、北米を周る30年振りの大規模コンサートを敢行。いずれの会場も超満員となり、2017年4月にはロックの殿堂入りも果たし、ELO完全復活をアピールした。その集大成となるものがこのウェンブリー公演であり、英ガーディアン紙では「まさに完全無欠のライヴ」、デイリー・エクスプレス紙では5点満点中5点を獲得「壮大だ…ロックが怒涛のように押し寄せてくる」と最高の評価。ほとんどのレビューが「壮大な大スペクタクル・ショーとして永遠に語り継がれる歴史的ライヴ」と大絶賛されたコンサートだった。ジェフ・リン自身もこう語っている。「私の音楽歴の中でも最高のひとときだった。…自分が想像でき得るものすべてを超えていた」でも最後にジェフはこう語る「でも…これが自分の音楽的な絶頂だとは言いたくないんだ」『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』のパッケージのフォーマットは、限定デラックス・ヴァージョン2CD+BDと2CD+DVD、スタンダード・ヴァージョン2CDをリリース(輸入盤のみの3LPも発売)。日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様で11月29日発売。  『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』映像について『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』のデラックスヴァージョンには映像が付随する。CDと収録曲は一緒だが、合間合間にジェフの興味深いインタビューが挿入され、この歴史的なコンサートの裏話などを含めてドキュメンタリー的に描いているのも面白い。リハやステージ裏での貴重なショットも見ることができる。また、ご覧いただくと分かっていただけると思うが、とにかくコンサートを見ているファンの皆さんのうれしそうな顔、一緒に歌い、踊る楽しそうな姿が印象的。英国の皆さんが、いかにELOを愛しているか、楽曲が人生の一部として、各人違えど、この曲を聴くとあの頃あの時を思い出すかのような、心に沁み込んだ人生のサウンドトラックになっているかがわかる。年配の夫婦が席で二人踊ってたり、とても微笑ましい場面も満載。ジェフは今回のライヴについてこう語っていた。「ウェンブリー・スタジアムでのこのギグは、僕が今までやってきた中でも一番野心に溢れるものなんだ。その巨大さを説明するにしても、とにかく大掛かりなものとしか言いようがない。これは恐らく、僕が長い間待ち焦がれていたことの実現になるだろう」Jeff Lynne's ELO - Wembley or Bust Trailer映像の中から一部ジェフのコメントを抜粋すると「イギリスに帰ってこられて最高だよ。久しぶりなんだ。アメリカに長い間住んでいたからね。素晴らしい。自分が想像し得るどんなことよりも素晴らしい。勿論どんなギグも重要だけど、中でもウェンブリー・スタジアムは格別にスペシャルだね」「LAで暮らすようになって、太陽と青い空をひたすらエンジョイしている。(そこで暮らすのは)いいアイデアだなと思った。青い空を見てね。イギリスの風景も恋しくなることがあるけどね。緑のある気持ちのいい風景。小さな村とか、なだらかな丘陵地帯とか。まるで絵画のような風景だね」「最初自分は激怒してしまうんじゃないかと思った。「オー・ノー!こんなのELOの音じゃない」みたいな感じで。でも実際にちゃんとそう聞こえるんだ。それは色んな人が全パートをカバーしてくれるから。昔はそういうことはやらなかった。どんな音もひとつ残らず、収まるべきところに収まらないといけないんだ。今までで最高のELOの状態だよ」「「ドゥ・ヤ」は昔からちょっと奇抜な曲だったね。22歳くらいのときに書いた曲なんだ。レコーディングは両親の家の居間でやった。恐らく僕が書いた一番古い曲のひとつじゃないかな」「ステージ・セットは今まで見たこともないほど大きなものだった。とにかく見ているだけでも美しい。リハーサル中も振り返らずにはいられなかったよ。「WOW」という感じで。信じられなかったね」「ステージに向かうときは、半分人間、半分実験室になったような気分なんだ」「『ザナドゥ』という映画があったんだ。この曲は昔から大好きだった。僕が書いた曲の中でもお気に入りのひとつだね。コード進行なんかもいいしね。でも(ライヴで)演奏したことはなかったから、このグループでやってみたら素晴らしいんじゃないかと思ったんだ。今はグループの中でも人気の曲だよ。僕の中でもね。この曲は演奏するのも大好きなんだ」「僕の素晴らしい友人、リチャード・タンディはあまり具合が良くないんだ。家で療養中で快復に向かっている。調子は上がってきているから、次のツアーでは一緒に回るよ」「僕が音楽について驚かされるのは、今でも新しいコードを見いだすことができるってことなんだ。50年もギターを弾いているのにね。何だよ、今のはどこから来たんだ?なんて思ったりする。1本の小さな棒っ切れなのにね。素晴らしい楽器だよ」「人々に喜びを与えられるというのは素晴らしいことだね。そもそもそのために音楽をやる訳ではないから。自分を喜ばせるためにやるんだ。自分の好きなタイプのアルバムを作ってね。曲が好き、歌詞が好き…それから他のみんながそれをエンジョイし始めるのを見ると、とにかく素晴らしいことだと思う」「曲は確かに、これが自分の帰るところなんだと思う。こういうものから曲を書き始めたのだと。ここのオーディエンスとは一定の共鳴するものがある。みんな歌詞の一語一語を知っていて、笑顔で歌ってくれるんだ」「ELOのことはいつも頭の中にある気がする。特に最近は行く先々でついてくる気がするね。僕は(その場の雰囲気に)呑まれるということはない。ひとつ自分に望むことは、うぬぼれないということ。それはとても真面目に考えている。今までうぬぼれたことがないことを願うよ。そうだとすれば自分が誇らしい。そして次が早くも待ち遠しくなる。そんな気分になるんだ。あれがあれだけいい感じにできたなら、次はこんなアイデアにしよう、とかね。もしかしたらもっといいものができるかも知れない」「このショウが象徴するのは、なんとかこのまま心ゆくまでやっていけるだろうということ。そして…これが自分の音楽的な絶頂だとは言いたくないんだ」ELOのライブについて1978 ELO - Roll Over Beethoven (From "Out Of The Blue: Live At Wembley")1986年7月13日にドイツのシュトゥッガルトでのステージを最後にファンの前から姿を消したELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)が再びステージに上がったのは、2001年6月に発表されたアルバム『ZOOM』のプロモーションのために行われた公共放送サービス(PBS)のライヴだった。15年ぶりとなるライヴ・パフォーマンスはロサンジェルスにあるCBS テレヴィジョン・センターで同年5月22日、23日の2日間にわたって行われ、彼らの全盛期と変わらぬ完璧なステージにポップ・ファンは狂喜し、再びELOの時代がやってくるのではないかと胸を膨らませた。しかし残念なことに以降に予定されていたツアーは行われることはなく、ELOの勇姿はPBSでのライヴを収めた映像作品『ZOOM ライヴ・ツアー』(2001年11月)に収められるにとどまった(ツアーがキャンセルされた理由はチケット販売の不振と噂されているが、真相は明らかにされていない)。ELO復活は、まずは2014年9月14日、ロンドンのハイド・パークで行われたBBC(Radio 2)主催によるコンサート“フェスティヴァル・イン・ア・デイ”に突然メイン・アクトとして登場し、5万人のファンを熱狂させたことだった。それは一般のオーディエンスの前で行う通常のコンサートとしては実に28年ぶりのこと。Jeff Lynne's ELO - Mr. Blue Sky at Radio 2 Live in Hyde Park 2014その後2015年に20年振りの『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』を発表し、そのアルバムのツアーは、翌2016年4月5日のイギリスのリヴァプールを皮切りにスタート。イギリス国内を12箇所回ったのちに、5月にはオランダ、スイス、ドイツなどのヨーロッパ諸国を経て6月には再びイギリスに戻り、さらに9月からはアメリカのロサンジェルス〜ニューヨークでの5公演を合わせた計25公演を行うというかなり大規模なものだった。2016年には、同年の6月26日に行われるイギリス最大のミュージック・フェス、グラストンベリーにも出演して15曲を演奏し、いよいよ、待ちに待った(30年間も!!)ELOの復活が現実のものとなった。本作は、そんなELOが2017年6月24日にウェンブリー・スタジアムで行ったコンサートの模様を収録した作品で、1971年の記念すべきデビュー作『エレクトリック・ライト・オーケストラ』から最新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』至るヒット曲を惜しむことなく披露するジェフ・リンズELOの最新の姿を捉えた作品だ。ウェンブリー・スタジアムにはELOのライヴとしては最大の6万人が集結し、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョンに肩を並べるイギリスのポップ・スター、ジェフ・リン船長の長い旅路からの帰還を祝福した。この時のバンド・メンバーはジェフ・リンの他にマイク・スティーヴンス(g)、リー・ポメロイ(b)、ミルトン・マクドナルド(g)、バーニー・スミス(key)、マーカス・バーン(p, key)、ジョー・ウェブ(key, g)、ドノヴァン・ヘップバーン(dr)+コーラス2人と3ピースのストリングス。今年2017年4月7日、ジェフ・リンには、ロックの殿堂入り(Rock & Roll Hall Of Fame)を果たすというもう一つの勲章が与えられた。殿堂入りの授与式でプレゼンターを務めたのは亡き親友ジョージ・ハリスンの息子ダニー・ハリスンで、「もし、父が生きていたら、ジェフを紹介したのは父だった」と語り、ジェフの偉大さを多くの音楽ファンに再認識させた。Dhani Harrison Inducts ELO into the Rock & Roll Hall of Fame 20172017 Rock & Roll Hall of Fame Inductees ELO Perform "Evil Woman"それにしてもこの作品のタイトル『Wembley or Bust』は、AC/DCの『Rock or Bust』を連想させる。“ウェンブリーでライヴをやるか、はたまた破滅か”は、もう、ウェンブリー・スタジアムで演るしかないだろう、といったジェフの意気込みが感じられる。公演の開催を発表した時に、ウェンブリーのチケットが売れるかどうか心配だったのだろうか? けれどもこのステージを見る限りでは、ジェフ・リンズELOはまだまだいけると確信する。(ライナーより抜粋)【PRODUCTS】ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bust2017年11月29日発売 解説・歌詞・対訳付 日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様<Deluxe BD Version>2CD+BD 完全生産限定盤  SICP-31123~5 \6,000+税<Deluxe DVD Version>2CD+DVD 完全生産限定盤 SICP-31126~8 ¥5000+税<Standard 2CD Version>2CD通常盤 SICP-31129~30 ¥3,600+税【収録曲】 以下 英題/邦題 (収録アルバム) *英米チャート最高位CD 11. Standin' In The Rain / 雨にうたれて (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)2. Evil Woman / イーヴィル・ウーマン (1975『フェイス・ザ・ミュージック』収録)*全米10位/全英10位3. All Over The World/ オール・オーヴァー・ザ・ワールド (1980『ザナドゥ』収録)*全米13位/全英11位4. Showdown / ショウダウン (1973『第三世界の曙』収録)*全米53位/全英12位5. Livin' Thing / オーロラの救世主 (1976『オーロラの救世主』収録)*全米13位/全英4位6. Do Ya / ドゥ・ヤ (1976『オーロラの救世主』収録)*全米24位7. When I Was A Boy / ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ (2016『アローン・イン・ザ・ユニバース』収録)8. Handle With Care / ハンドル・ウィズ・ケア (『トラヴェリング・ウィルヴェリーズ vol.1』収録)*全英21位9. Last Train to London / ロンドン行き最終列車 (1979『ディスカバリー』収録)*全米39位/全英8位10. Xanadu / ザナドゥ (1980『ザナドゥ』収録)*全米8位/全英1位11. Rockaria! / 哀愁のロッカリア (1976『オーロラの救世主』収録) *全英9位12. Can't Get It Out Of My Head / 見果てぬ想い (1974『エルドラド』*全米9位CD 213. 10538 Overture / 10538序曲 (1971『エレクトリック・ライト・オーケストラ』収録)*全英9位14. Twilight / トワイライト (1986『タイム』収録)*全米38位/全英30位15. Ma-Ma-Ma Belle / いとしのベル (1973『第三世界の曙』収録)*全英22位16. Shine A Little Love / シャイン・ラヴ (1979『ディスカバリー』収録)*全米8位/全英6位17. Wild West Hero / ワイルド・ウェスト・ヒーロー (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全英6位18. Sweet Talkin' Woman / スウィート・トーキン・ウーマン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米17位/全英6位19. Telephone Line / テレフォン・ライン (1976『オーロラの救世主』収録)*全米7位/全英8位20. Turn To Stone /ターン・トゥ・ストーン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米13位/全英18位21. Don't Bring Me Down / ドント・ブリング・ミー・ダウン (1979『ディスカバリー』収録)*全米4位/全英3位22. Mr. Blue Sky / ミスター・ブルー・スカイ (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米35位/全英6位23. Roll Over Beethoven / ロール・オーヴァー・ベートーヴェン (1973『ELO2』収録)*全米42位/全英6位(BD,DVDも同じ曲を収録+合間にトーク部分収録)【バイオグラフィー】ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)はロック、ポップとクラシックを融合する独自のスタイルによって、1974年から1981年の間、次々にマルチ・ミリオン・セールスを記録。26曲が全英トップ40入り、17曲が全米トップ40入りを果たし、当時“最もTOP40ヒットが多いアーティスト”というギネス記録も残していた。全世界トータル・セールスは5000万枚以上。また、ジェフ・リンは音楽史上最も偉大なレコード・プロデューサーのひとりとして幅広く認められており、ボブ・ディラン、ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスン、トム・ペティと組んだザ・トラヴェリング・ウィルベリーズの創始者兼メンバーの1人であり、ザ・ビートルズ、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョー・ウォルシュ、最近ではブライアン・アダムスといった音楽界の超大物たちのプロデューサーやコラボレーターを務めてきた。ディスコグラフィーなど詳細なバイオはこちら http://www.sonymusic.co.jp/artist/ElectricLightOrch/profile/ ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム(完全生産限定盤)(Blu... 6,480円 Amazon ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム(完全生産限定盤)(DVD付) 5,400円 Amazon ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム(通常盤) 3,888円 Amazon

      8
      テーマ:
  • 09 Nov
    • ピンク・フロイド紙ジャケがオリコン週間洋楽チャートで8Tがトップ30入り!『狂気』が10位!

      オリコン週間洋楽アルバムランキング2017年11月13日付(2017年10月30日~2017年11月05日)で、ピンク・フロイドの紙ジャケ第一期8タイトルがすべてトップ30以内にチャート・イン。『狂気』が第10位となった。https://www.oricon.co.jp/rank/wa/w/2017-11-13/『炎~あなたがここにいてほしい』から『永遠(TOWA)』までの第二期7タイトルは11月22日発売となる。●ピンク・フロイド紙ジャケ・スペシャル・サイトhttp://www.110107.com/pink_50th全タイトル購入特典収納ボックス・プレゼントも実施中!詳しくはこちらhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/486823遂に、ようやく、とうとう、やっとピンク・フロイド全オリジナル・アルバム15作品、第一期8タイトル11/1発売。第二期7タイトルは11/22発売となります。限定なのでお早めにどうぞ!”まるっと簡単まとめ買い”はこちらでもどうぞ。【第一弾まとめ買い】17/11/1発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 8タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000873【第二弾まとめ買い】17/11/22発売 デビュー50周年記念 紙ジャケット仕様 7タイトルまとめ買い!https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000000874

      13
      テーマ:
    • 約40年前の遺産が快挙!11/7付オリコン・デイリー洋楽チャートで1位を獲得!

      デイリーのチャートですが、約40年前の遺産が快挙!ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)』11/7付オリコン・デイリー洋楽チャートで1位を獲得。海外でも高評価を獲得中!“・・・ディランのもっとも情熱的でしびれるような演奏の一部である・・・”  ロサンゼルス・タイムズ紙“これらの演奏は啓示である。ディランの歌がこれほど没頭して聴こえることはめったになく、ディランのバンドが彼をこれほどの切迫感とキレで映し出すこともめったにない”  ニューズウィーク誌“数十年を経て姿を現したこれらのレコーディングは、ディランの紛れもない情熱であり、使命感だ”  ニューヨーク・タイムズ紙ディランのキャリアの中で最もファンを驚かせ、物議を醸し、触発された時期に彼が作曲し演奏した音楽を紹介した『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)』の詳細はこちらから→http://www.110107.com/dylan_bootleg13

      6
      テーマ:
  • 08 Nov
    • ボブ・ディラン/ブートレッグ・シリーズ第13集:超カッコイイ、ディランの真の姿がここに!

      ディランのブートレッグ・シリーズ第13集『トラブル・ノー・モア』がいよいよ11月8日発売。デラックス9枚組豪華ボックスと2枚組スタンダード盤。1979年から1981年の時期の作品はキリスト3部作と呼ばれたりして、宗教色強くてちょっと・・・なんて評価も日本ではされてて、そんなイメージもってる方多いんじゃないですか?「いやいやいや、今回のライヴ是非聞いてみてくださいよ!」と声を大にして言いたい。超~~~カッコイイですから。これでこの時期のディランの評価が変わってくれると嬉しいなと。ジャケがとにかく最高ですよね!http://www.110107.com/dylan_bootleg13信念を貫くヴォーカルと最強のバックバンドによる見事な演奏で前評判高し!ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』の完全生産限定デラックス・エディションとスタンダード・エディション、本日11/8発売!貴重な未発表素材を綿密に発掘し、丁寧で愛情豊かに編集するボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ。完全生産限定のデラックス・エディションには14曲の未発表曲を含む100曲の未発表ライヴ及びスタジオ音源を収録し、1980年のツアーからの貴重な映像を織り込んだ長編コンサート映画『Trouble No More: A Musical Film』が日本語字幕付の特典DVDとして付く。『トラブル・ノー・モア1979 - 1981』は、彼のキャリアの中で最もファンを驚かせ、物議を醸し、触発された時期に彼が作曲し、ライヴで演奏した音楽を紹介。1970年代が終わりを迎え、1980年代が始まると、ディランは新しい時代の幕開けに対し、『スロー・トレイン・カミング』(1979)、『セイヴド』(1980)、『ショット・オブ・ラヴ』(1981)の3部作で応じる。キリスト3部作とも称される、これらに収録された楽曲はかつてないほど深く私的で、強い信念と信仰心はファンを戸惑わせた。そして、この時代のコンサートでは、彼のキャリアの中で最も歓喜に満ち、ずば抜けた演奏が聴ける。この時期、ツアーでバックを務めた演奏陣は、ジム・ケルトナー(dr)、ティム・ドラモンド(b)、フレッド・タケット(g)、スプーナー・オールダム(key)、テリー・ヤング(key)らの腕利きミュージシャンとクライディ・キングやレジーナ・マックレイらによるバックグラウンド・ヴォーカル。最強の布陣が、ディランの歌を力強く、喜びに満ち、表情豊かに彩っている。ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』はディランのファン、そして音楽愛好家たちにとって、ディランの類い稀な時期を初めて存分に味わえる絶好の機会なのだ。『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』デラックス・エディションの曲は、「イェ・シャル・ビー・チェンジド」を除けば全て未発表音源である。14曲の未発表曲を含む、多くの未発表ライヴ音源、貴重なスタジオ・アウトテイクが収められている。デラックス・エディションのボックス・セットにはディラン学者のベン・ロリンズによる紹介文及びアマンダ・ペトルーシク、ロブ・ボウマンそしてペン・ジレットによるライナー・ノーツを収めたハードカバーのブックレットが付く。それに、ディランの1980年ツアーからの未公開映像と、作家リュック・サンテが書き下ろし、アカデミー賞ノミネート歴のあるマイケル・シャノンが読み上げる説教を含む新作長編映画『Trouble No More: A Musical Film』の日本語字幕付DVDが付属され、ジェニファー・ルボーが監督した『Trouble No More』は名誉ある2017年ニューヨーク映画祭で初上映された。尚、DVD収録の特典映像には、1981年アヴィニヨン公演の「ショット・オブ・ラヴ」の貴重なパフォーマンスが含まれる。ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』は、デラックス・エディションの冒頭2枚を収めた2枚組CDのスタンダード・エディションも発売。<公開音源(11月8日現在)>Disc 11.スロー・トレイン (Nov. 16, 1979)4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ (July 9, 1981)Disc 21.スロー・トレイン (June 29, 1981)14. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター (Nov. 13, 1980)Disc 31. スロー・トレイン (Soundcheck – Oct. 5, 1978)Disc 41.スロー・トレイン (Rehearsal – Oct. 2, 1979)3. メイキング・ア・ライアー・アウト・オブ・ミー (Unreleased song – Sept. 26, 1980)15. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド (Rehearsal – Sept. 26, 1980)Disc 85. ソリッド・ロック (Live in London)<商品情報>ボブ・ディラン●『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』 デラックス・エディション完全生産限定盤(9枚組)●●『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 - 81』 スタンダード・エディション(2枚組)2017年11 月8日発売★未発表写真満載の豪華カラー・ブックレット★英文の完全翻訳・書下ろし解説・歌詞・対訳付の日本版ブックレット★Blu-Spec CD 2●9枚組(Disc 1-8, DVD / SICP31090-98 / ¥30,000+税 / 完全生産限定盤)●●2枚組(Disc 1-2 / SICP31099-100 / ¥3,600+税)収録曲Disc 1: Live 1. スロー・トレイン/ Slow Train (Nov. 16, 1979)2. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Nov. 15, 1979)3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe in You (May 16, 1980)4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up? (July 9, 1981)5. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (Dec. 5, 1979)6. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/Man Gave Names to All the Animals (Jan. 16, 1980)7. プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (Nov. 16, 1979)8. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (Nov. 20, 1979)9. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング/ Gonna Change My Way of Thinking (Jan. 31, 1980)10. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right to Me Baby (Do Unto Others) (Jan. 28, 1980)11. ソリッド・ロック/ Solid Rock (Nov. 27, 1979)12. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー/ What Can I Do for You? (Nov. 27, 1979)13. セイヴド/ Saved (Jan. 12, 1980)14. イン・ザ・ガーデン/ In the Garden (Jan. 27, 1980)Disc 2: Live 1. スロー・トレイン/ Slow Train (June 29, 1981)2. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/Ain't Gonna Go to Hell for Anybody (Unreleased song - Apr. 24, 1980)3. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (July 15, 1981)4. エイント・ノー・マン・ライチャス、ノー・ナット・ワン/Ain't No Man Righteous, No Not One (Unreleased song - Nov. 16, 1979)5. セイヴィング・グレイス/ Saving Grace (Nov. 6, 1979)6. ブレスト・イズ・ザ・ネイム/ Blessed Is the Name (Unreleased song - Nov. 20, 1979)7. ソリッド・ロック/ Solid Rock (Oct. 23, 1981)8. アー・ユー・レディ/ Are You Ready? (Apr. 30, 1980)9. プレッシング・オン/ Pressing On (Nov. 6, 1979)10. ショット・オブ・ラヴ/ Shot of Love (July 25, 1981)11. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man (June 21, 1981)12. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love (June 12, 1981)13. イン・ザ・サマータイム/ In the Summertime (Oct. 21, 1981)14. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター/The Groom's Still Waiting at the Altar (Nov. 13, 1980)15. カリビアン・ウィンド/ Caribbean Wind (Nov. 12, 1980)16. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド/ Every Grain of Sand (Nov. 21, 1981)Disc 3: Rare and Unreleased 1. スロー・トレイン/ Slow Train (Soundcheck – Oct. 5, 1978)2. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/Do Right to Me Baby (Do Unto Others) (Soundcheck – Dec. 7, 1978)3. ヘルプ・ミー・アンダースタンド/ Help Me Understand (Unreleased song – Oct. 5, 1978)4. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング/Gonna Change My Way of Thinking (Rehearsal – Oct. 2, 1979)5. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Outtake – May 4, 1979)6. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (Outtake – May 4, 1979)7. エイント・ノー・マン・ライチャス、ノー・ナット・ワン/ Ain't No Man Righteous, No Not One (Unreleased song – May 1, 1979)8. トラブル・イン・マインド/ Trouble in Mind (Outtake – April 30, 1979)9. イェ・シャル・ビー・チェンジド/ Ye Shall Be Changed (Outtake – May 2, 1979)10. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (Outtake –February 11, 1980)11. スタンド・バイ・フェイス/ Stand by Faith (Unreleased song – Sept. 26, 1979)12. アイ・ウィル・ラヴ・ヒム/ I Will Love Him (Unreleased song – Apr. 19, 1980)13. ジーザス・イズ・ザ・ワン/ Jesus Is the One (Unreleased song – Jul. 17, 1981)14. シティ・オブ・ゴールド/ City of Gold (Unreleased song – Nov. 22, 1980)15. シーフ・オン・ザ・クロス/ Thief on the Cross (Unreleased song – Nov. 10, 1981)16. プレッシング・オン/ Pressing On (Outtake – Feb. 13, 1980)Disc 4: Rare and Unreleased 1. スロー・トレイン/ Slow Train (Rehearsal – Oct. 2, 1979)2. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Rehearsal – Oct. 9, 1979)3. メイキング・ア・ライアー・アウト・オブ・ミー/ Making a Liar Out of Me (Unreleased song – Sept. 26, 1980)4. ヤンダー・カムズ・シン/ Yonder Comes Sin (Unreleased song – Oct. 1, 1980)5. 1980年1月, ポートランドでの公演告知ラジオスポット/ Radio Spot January 1980, Portland, OR show6. カヴァー・ダウン、プレイ・スルー/ Cover Down, Pray Through (Unreleased song – May 1, 1980)7. ライズ・アゲイン/ Rise Again (Unreleased song – Oct. 16, 1980)8. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/Ain't Gonna Go to Hell for Anybody (Unreleased song – Dec. 2, 1980)9. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター/ The Groom's Still Waiting at the Altar (Outtake – May 1, 1981)10. カリビアン・ウィンド/ Caribbean Wind (Rehearsal – Sept. 23, 1980)11. ユー・チェンジド・マイ・ライフ/ You Changed My Life (Outtake – April 23, 1981)12. ショット・オブ・ラヴ/ Shot of Love (Outtake – March 25, 1981)13. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love (Outtake – May 15, 1981)14. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man (Outtake – April 24, 1981)15. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド/ Every Grain of Sand (Rehearsal – Sept. 26, 1980)Disc 5: “Best of” Live in Toronto 1980 1. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (April 18, 1980)2. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe In You (April 18, 1980)3. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (April 19, 1980)4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up? (April 18, 1980)5. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (April 20, 1980)6. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/ Ain't Gonna Go To Hell For Anybody (Unreleased song - April 18, 1980)7. カヴァー・ダウン、プレイ・スルー/ Cover Down, Pray Through (Unreleased song - April 19, 1980)8. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/Man Gave Names To All The Animals (April 19, 1980)9. プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (April 19, 1980)Disc 6: “Best of” Live in Toronto 1980 1. スロー・トレイン/ Slow Train (April 18, 1980)2. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right To Me Baby (Do Unto Others) (April 20, 1980)3. ソリッド・ロック/ Solid Rock (April 20, 1980)4. セイヴィング・グレイス/ Saving Grace (April 18, 1980)5. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー/ What Can I Do For You? (April 19, 1980)6. イン・ザ・ガーデン/ In The Garden (April 20, 1980)7. バンド紹介/ Band Introductions (April 19, 1980)8. アー・ユー・レディ/ Are You Ready? (April 19, 1980)9. プレッシング・オン/ Pressing On (April 18, 1980)Disc 7: Live in London – June 27, 1981 1. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody2. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe In You3. ライク・ア・ローリング・ストーン/ Like A Rolling Stone4. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/ Man Gave Names To All The Animals5. マギーズ・ファーム/ Maggie's Farm6. アイ・ドント・ビリーヴ・ユー/ I Don't Believe You7. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man8. 北国の少女/ Girl From The North Country9. やせっぽちのバラッド/ Ballad Of A Thin ManDisc 8: Live in London - June 27, 1981 1. スロー・トレイン/ Slow Train2. レッツ・ビギン/ Let's Begin3. レニー・ブルース/ Lenny Bruce4. ミスター・タンブリン・マン/ Mr. Tambourine Man5. ソリッド・ロック/ Solid Rock6. 女の如く/ Just Like A Woman7. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love8. いつまでも若く/ Forever Young9. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up10. イン・ザ・ガーデン/ In The Garden11. バンド紹介/ Band Introductions12. 風に吹かれて/ Blowin' In The Wind13. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー/ It's All Over Now, Baby Blue14. 天国への扉/ Knockin' On Heaven's DoorDisc 9: Bonus DVD 音楽映画 『トラブル・ノー・モア』(日本語字幕付)1. 井戸端の女2. イントロ3.アー・ユー・レディ4. 説教:偽善5. ソリッド・ロック6. 説教:美徳、その一7.スロー・トレイン8. 説教:美徳、その二9.ホェン・ヒー・リターンズ10.プレシャス・エンジェル11.説教:節制12.セイヴド13.説教:飽食14.ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー15.説教:正義、その一16.エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ17.説教:正義、その二18.ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー19.説教:賢者20.プレッシング・オン21.エイブラハム、マーティン・アンド・ジョン22.クレジット▼DVD EXTRAS:ショット・オブ・ラヴカヴァー・ダウン、プレイ・スルー井戸端の女(別ヴァージョン)エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ(完全版)プレシャス・エンジェル(完全版)スロー・トレイン(完全版)<スペシャル・サイト>http://www.110107.com/dylan_bootleg13 トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集~デラックス・エディション)(完全生産限定... 32,400円 Amazon トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)(通常盤) 3,888円 Amazon

      18
      1
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 「金沢城Xピンク・フロイド」アナログで聴くピンク・フロイド体験

      金沢城も夜のライトアップイベントの前に、「しいのき迎賓館」にて、テクニクス最高級オーディオで聴くピンク・フロイド試聴会イベントも。午後に金沢に入ったのですが、この日の金沢は雲ひとつない快晴、紅葉もいい感じでした。「しいのき迎賓館」は大正時代からの建物で元県庁だったところだそう。入口のところには大きな椎の木が2本どーんとありました。こちら側の伝統的な部分と反対側の近代的な部分が共存するとても素敵な建物。この中で11月4日、5日と6回に渡ってピンク・フロイドのアルバムをアナログで聴くというレコード・コンサート。僕は5日だけでしたが3回試聴会が行なわれたのですが、いずれも会場は満杯。イベントのプロデューサーの立川直樹さんと地元のゲストの方々とのトークも今回のレコードコンサートで使用されていたテクニクスの機材が凄かった。総額600万円超の最高級機種で、いやはや素晴らしい音でございました。2本で300万円のスピーカー200万円のアンプ、100万円のプリアンプに、今や生産が追いつかないほど売れてる30万円のターンテーブル(初代は1972年に発売となった名器なんだそう)に60万円のカートリッジ。まろやかなアナログの音、やっぱいいですねー!もちろん機材が素晴らしいってのもあるんですが、ヘッドホンとかでなく、こういう形で大きな音で広いところで聴けるって環境もよかった。改めて思うのは、空間の響きってのはとても重要なんだなと。ピンク・フロイドはアナログがやっぱよく似合う。本日は『ザ・ウォール』『炎』のアルバムの回だったのですが、いずれも素晴らしいアナログ・サウンドに聴きいってしまいました。あまりにもゴージャスでそれまでとは異なるカラっとしたサウンドでやや違和感があった『鬱』、アナログではどうかなあなんて思ってたけど、素晴らしいサウンドにうっとり。一番の驚きだったのは「星空のドライヴ」。左右にブンブン音振りまくり、これぞサイケデリックの極致的な。CDでももちろん感じる事はできるんですが、ちょっと今日のアナログは別格だったかも。こんなに凄い音だったんだと再発見でした。いやーそれにしてもこういう体験、経験、多くの方の味わうことができる機会をもっともっと作っていかないとなーと改めて実感。しいのき迎賓館の外ではいろんなイベントも行なわれていて賑わっていました。こちらは石川県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」その中で異彩を放っていたのが宇宙船みたいな卵型の物体。これはテクニクス・サウンド・トレイラーって移動式のスタジオみたいなもので、中で極上のサウンドを堪能できるというシロモノ。夜のライトアップイベントを含めて、ラジオ特番、新聞出稿他、地元メディアと自治体である金沢県、市、町が一体となって盛り上げようとしてて、なにはともあれ皆さん、人間的にいい方ばかり。最初お堅い感じなんだろうなあなんて思ってたら、音楽好き、プログレ好き、フロイド好きetc. いやはや、こちらも只者でない方ばかりで、とっても楽しく仕事できました。また、何かやってみたいですね!

      25
      テーマ:

テーマ

一覧を見る

AD

カレンダー

月別

一覧を見る

プロフィール

ブックマーク

お気に入りブログ

このブログの読者

読者数: 273

読者になる

1964年生まれ。洋楽ディレクターとして約20年フロントラインでいろんなアーティスト担当し、思い出したくもないような、アツイ場面数々経験して、たぶん10歳は寿命が縮まったと思われる…。その後、カタログセクションで紙ジャケや再発などを担当。現在もなおレジェンド系中心に担当。ビートルズをこよなく愛し、ストーンズ、キンクス、フーetc. British Rockにのめりこみ、ディラン、スプリングスティーン、ジャクソン・ブラウンなどの歌に共感し涙してきました・・・結構こうしてみると王道のロックファンだけど、できるだけジャンル問わず多くの音を聴き続けています(HIP HOP除く)。そんな感じです。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。