殺してしまうかも…警察に相談直後に犯行

< 2013年5月13日 12:23 >

さいたま市で6日に殺人未遂の疑いで埼玉県警に逮捕された男が、事件前に、警察署を訪れて「隣人を殺してしまうかもしれない」と話していたことがわかった。

 隣人の女性(60)を殺そうとしたとして逮捕された佐藤武広容疑者は、事件の約5時間前に大宮西警察署を訪れて「隣人を殺してしまうかもしれない」「低周波で攻撃されている」などと話していたことがわかった。警察署は、切迫性や危険性はないとして佐藤容疑者を親族に引き渡したが、親族の元から帰宅した直後に犯行に及んだという。

 被害者の夫「警察の人には言ったんですよ。どうしてって。もし(警察がしっかり)対応していれば、うちの家内も刺されることはなかったかもわからない。犯罪を未然に防げたかもわからない」

 埼玉県警は、家族に「守らなければいけないところ、申し訳ない」と謝罪した。当時の判断や措置の調査と今後の防止策を検討するため、12日に検討委員会を立ち上げた。


この「低周波で攻撃されている」って発言に注目してもらいたいんですよ。

ニュースで聞いた瞬間、集団ストーカー被害者じゃないかってすぐ思ってしまったんですが(;´∀`)

何の事かわからない人は過去記事を参照してみて下さいね。

思考盗聴と、音声送信の被害は現実!日本でも被害者多数!

こういう攻撃をしている人達を取り締まらないと被害者がどんどん増えていくし、

こういう事件にも繋がるんじゃないのかな
AD

コメント(2)