日々是好日―ミックス犬カブとの第2章―

「老犬レオ―日々是好日」の続編。
マーヤ、りりな、ゆらりの3姫と、カブとの日々を綴っています。


テーマ:
 

もうご存知の方が多いとは思うのですが、昨日、ハイシニア(…と思われた)のチワワmixのおばあちゃんが家族の仲間入りしました!

 

名前は「きなり」としました。

 

保護主さんは、『ケセラセラ岡山』の桔梗ちゃんです。

 

桔梗ちゃんとこの保護っ子ちゃんは、おび、えり、たもと…等、着物とか、和の小物の仮名がついています。このおばあちゃんも、約5日ほどは「雪花ちゃん」という絞りの名前で呼ばれていましたが、今回は保護っ子生活が短いので変えました!

 

「きなり」も、そんなに桔梗ちゃん路線から逸れてないと思うんだけど~

 

※譲渡時の様子は、保護主さんの記事 をご覧くださいませm(__)m



 

先月30日、「急遽、保護することに…()…血膿が出てるこの子を選びました。連れて帰れなかった子、ごめん。」という桔梗ちゃんの投稿を読んだ時から、この12歳超えらしいおばあちゃんが気になっていました。

 

推定年齢10歳を超えると、なかなか新しい飼い主さんは決まらないのが現実なのに、まったく、推定12-15歳って、決まらないかもなのに…。しかも、状態の悪い子を…、もしかしたら、そのまま看取りになるかもしれないのに…。

 

桔梗ちゃん、フルに仕事してるはずなのに…、今はケアが大変な子もいるのに…とか、頭の中でいろんなことをグルグル考えていました。

 

けど、そんな保護主さんだからこそ、応援してるわけだから、うちで大丈夫そうなら迎えようって思って、避妊手術で入院中のきなちゃんに会いに行ってきました。

 

あ、私は一般の飼い主なので、どんな子でもOKというわけにはいきません()

 

幾つか条件的なものがありまして…

 

まず、シニアであること(←私自身が若くないので、ピチピチの子には手が出ません。)

 

それから、極端に小さくないこと(←中型のマーヤがぶつかっても、大丈夫なように。)

 

性格は、中型犬を含む多頭生活なので、臆病すぎる子とか、犬嫌いな子は、どっちもが可哀想かなぁと思っています。

 

病院で見たきなちゃん…、頑張れば、4キロ弱にはなれそうな感じ。麻酔が切れた直後だったので、ちょいボーッとしてたので、性格まではちょっとね(^-^;

 

で、桔梗ちゃんに3日ほど、どんな様子か教えてもらいながら、すでに心は決まっておりまして…()

 
 


Facebook上では何本か動画があがっておりますので、皆さん、ご存知かと思いますが、すっごーーーーーく元気です。ものすごい勢いで、縦横無尽に走り回ります。

 

すでに、あちこちで、「年齢詐称」と囁かれています。

 
↓念のため、脱走防止の蓋を付けたサークルを用意したんだけど、当日夜には片付けました(笑)

↓犬にはあまり興味ない感じ。

↓とにかく人懐っこい。おそらく、可愛がられてたと思うんよね、、、じゃ、迷子にするな、ちゃんと探せよ。

↓きなりのイチオシの、パン尻尾。

↓ご飯もフードがよいらしく、朝晩35gを完食します、、、ハイエナではないよ、きなちゃんは。

↓夜、オムツしようかと思ったら、自主的にゴローン💛
 


昨日迎え入れて、本日早速に、犬達だけで留守番、しかもフリーで…。

 

なーんの問題もありませんでした。

 

確かに、はしゃぐ時には、すさまじいパワーがあるのですが、ほとんどの時間は寝て過ごしています。

 

全身の様子からすると、12-13歳というところだと思っています。

 

まだまだ、これから大化けするのかもしれませんよ…()

 

しつこくお尻を匂うカブに、鼻を引くつかせてみたり、カートの中で、りりたんの腰に手をついてマウントしようとしたり…、キャラ変更の片鱗がチラホラ()

 
↓走るのが大好き💛 伸びきった草に埋もれながらも、走る、走る!


↓このすき間から脱走しそうでコワい(>_<) 目は離せません。

↓朝も散歩したがりましたが、大きい子組とは歩けないので、夕方、カート散歩。
何で、そこ??これ、引きずり出すのが大変なんよね。

↓大人しく座ってますよ💛

↓また、4頭になりました!!
 

一緒に過ごす時間は…、そこそこに長いのかもしれませんし、あっという間かもしれません。けど、どうでもよいのです、時間の長短は大したことではないと、これまでに私の手元から旅立った子達が教えてくれています。

 

ただ、きなりが来てくれて、すでに私は幸せです。

 

きなりのこれからの毎日を、最高にキラキラしたものにしてあげたい、ただ、それだけです。

 

桔梗ちゃん、きなりを私に託してくれて、本当にありがとうございましたm(__)m

 

これからも、カブ、マーヤ、りりな、きなりを宜しくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

特に大きな被害もなく、台風は過ぎ去ったのですが、皆様のところは大丈夫かなぁ…。  

Facebookで投稿した通り、昨晩、スライサーが悲鳴をあげるほど、せっせとキュウリの下ごしらえをしました。

 

で、本日、キュウリの佃煮に変身しました(^^)/

 

季節ごとに、必ず作る常備菜的なものがあるのですが、この時期には、なすびの辛子漬け、キュウリの佃煮…、変わりなく作れることに感謝しなきゃですね。

 

 

キュウリなんてペッと吐き出してたりりたんも、最近では同じようにパクパク食べてくれます。

 

独り占めしたいカブは、りりたんが近づくたびに、怖い顔してるんだけど、、、りりたん、完全に無視してます()

 


 

先日のなすびの辛子漬けも、作って下さった方がいるので、今回も、私がいつも使っているレシピを載せておきます。

 


■材料


キュウリ3㎏ 塩約一握り(大さじ1位?) ショウガ1個(←私は好物だから、大量に入れます!) 鷹の爪3~4本 調味液(砂糖150g、しょう油150㏄、酢200㏄、みりん50) 塩昆布50g程度

■作り方

①スライサーでキュウリを輪切りにして、一握りの塩をまぶして一昼夜置く。(薄ければ半日でもいいよ。大量に水があがってくるから、注意してくださーい。)

 

 

②キュウリの水切りをする、、、レシピでは、きれいな布袋にいれて、洗濯機の脱水に数分かけて水切りするって書いています。私も実践してるんだけどね()

 

けど、人によってはえっ(@_@)汚いって思う人もいると思うんで、そういう方は、ひたすら絞るしかないかな…(-_-;)

 

ちなみに、ここでの水切りが味を決めます!!

 

晴天が続く日なら、私はキュウリを干してから佃煮にします。

 そうすれば、洗濯機は使わず済みます…。

 

③調味液を煮立てて、キュウリを入れ、強火で水分が無くなるまで煮詰める。(←弱火でチンタラすると、歯ごたえが悪くなります!)

 ④冷めたら、塩昆布を混ぜて出来上がり!!

 

この時期、ホント、大量にキュウリをいただきます、、、お化けみたいなキュウリも()

 

是非やってみてください。

 
 

おまけで、へそ天マーちゃん。

 

暑い時期になると、お腹を冷やしたいのか、いつ見てもこんなん()

 

 

癒しのりりたんも💛

 

私のお隣でコローン…、あらぬ方向から出たベロでペロペロしてくれますよ。

 
 

今日も読んで下さって、本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
お忘れではありませんか?
今月の『里親会&あしながマルシェ』はいよいよ来週末ですよ!!
日時:7月9日(日曜日)午前10時~午後1時
場所:総社・農マル園芸吉備路農園 いろどりスペース

あしながマルシェ…、本来の趣旨は、保護主さんへのご寄付に替わって、お買い物をすることで、保護犬達のご支援につなげたいってことでした。
なので、他のフリマと比較すると、お値段の設定がすこーし高めだとは思います。
特に、ハンドメイド品につきましては、「保護っ子の医療費に…」と作ってくださる方のお気持ちを大切にしたいと思いますので、とっても高めかも…(^-^;
ご理解のほど、よろしくお願いしますm(__)m

今月は新古品の犬用カートが出ます。
今、お値段をいろいろいろいろと考えていますが、ご希望の方は早めにお越しくださいね。

さて、うちの子達の毎日です。
梅雨はどこ行った?って感じですが、時々ひどい雷雨があったり、今日などは梅雨明けを思わせるような猛暑でした。
三人とも、大したこともできない飼い主に文句一つ言わず、本当に楽しそうに暮らしてくれています。
この子達の存在にどれだけ元気をもらっていることか…。

少し耳は遠くなったものの、相変わらず、絶対服従で、やりたい放題、私が!


マーちゃん、お馬鹿キャラはブレませんよ~(笑)


玄関に置いてたビニール袋をチリチリに…(-_-;)
「誰がしたん?」って聞くと、遠い目をして、絶対に私を見ません、、、分かりやすい子です♪

安定のりりたんハート
早朝4時には、ご飯ちょうだい!のアピールを…、といっても、ワンって鳴いたら、私にコラッて言われるので、グフッグフッて控えめにアピールします(笑)

ゴミ袋を漁るのも大好きですよ~
見てたら上手に、中身をとり出します(^-^;

あれれ、可愛いので、思わず写真を撮ったのですが、毛がもじゃもじゃ…。

けど、可愛い、可愛いりりたんWハートWハートWハート

話はガラッと変わりますが、これからの時期、どこに行っても、茄子がもらえます♪
青空市でも、1袋100円程度だから、ついつい買ってしまった翌日には、「あんた、なすび、持って行かれぇ」と大量に持たされます。
なすびって、意外と日持ちしないんですよね…、正直言って、ダブつきます。
で、大量消費に、毎年この時期には「なすびの辛子漬け」!!
※興味ある方のために、念のためレシピを…。
■材料
なすび20本くらい(1.5㎏くらいかな…適当)、水一升(1.8ℓ)、塩130g、ミョウバン大さじ1
調味料(粉辛子20g、砂糖150g、しょう油70cc、甘酒300g)
■作り方
①なすびは一口切りにして、水、塩、ミョウバンを合わせたものに24時間浸す。(←人によっては、塩とミョウバンを加えたものをひと煮立ちさせる人もいるし、私は24時間より、いつも少ないです…適当)
②調味料を合わせ、その中になすびの水気を切って漬け込む。(ギュッと握って、水が出ないくらい…適当)
※翌日からのほうが美味しいです。
なすびがダブついた方、是非作ってみてくださいませ。
■本日の一冊
『ききがたり ときをためる暮らし』(つばた英子&つばたしゅういち著)
「ふたり合わせて171歳の青春」って、かなり話題になった本なので、ご存知の方多いと思うんですが、何度も読みたくなると思いますよ~

今日も来てくださった方、ありがとうございましたm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日、つつがなく、平々凡々と暮らしております。
それでも、悲しいお別れのニュースやお知らせの後では、何も変わらないことに心から感謝しています。

頻繁にFacebook上で、日々の様子を投稿しているのですが、あちらでは過去記事を探すことは、ほぼ不可能…。
なので、記録の意味もあって、同じような内容で更新させてくださいませm(__)m

りりたんですが、夕方、大きい子組が散歩の用意をすると、どんなに爆睡してても飛び起きて、置いて行かれまいとウロウロウロウロ…、なので、カートに乗って出かけます。

が、自分で歩く―――と、ヒャーヒャー文句を言うので、平坦な道では歩いてもらいます。
といっても、国会での野党の牛歩戦術のような歩みですけどね(笑)←距離にして、電信柱3本分くらい。

カブ、別に調子が悪いわけではありませんよ(^-^;
この中が、どうも特別席だと思ってる様子です。


マーヤも相変わらず~
カブのように、オヤツを手の上に乗せることは無理ですが、、、マーちゃんなりに、ものすごく我慢出来てるのだ!

前回の記事で、マーヤをしつこく追っかけすぎて、叱られた話を書いたのですが、りりたん、全然懲りてないようで、へそ天で寝てるマーヤの上にズカズカと…(笑)
マーちゃん、怒る隙もなかったようです(^-^;


これ、町内で収穫された梅。1㎏150円で販売してくれるので、今年は3㎏購入して、梅シロップに変身予定。
ハイエナ3号りりたんが離れませんの…。
カブの顔が微妙に怒ってるの、お気づきですか?

犬達、大部分の時間を寝て過ごしているので、普段は静かなもんです。

ノー天気なお嬢さまは相変わらず…クスクス
体調を崩している子がいない時なので、私だけが、友達と出かけたりすることも多いです(^▽^)/

これ、いいでしょはこ幸せ
りりたんが保護主さん宅にいた頃から、ずっと応援してくださってた方が書いてくださいました。

とっても大きいの(@_@) りりたんと並ぶところなんだけど、りりたんはじっと止まることが難しくて…。

真ん中の太陽…、お目目が小さいりりたんに似てるよ。

覚えてくださってる方も多いと思うのですが、以前、ゆらりんが闘病している時に、元気が出るようなものを!ってお願いした方です。

いろんな所にゆらりの写真を置いてるので、四六時中、ゆらりんと話している感じハート
夢の中でもいいから、会いたい、抱っこしたいと思って待ってるんですが、叶わないなぁ…。

まだまだ寂しさが募りますが、このポエムに描かれたような虹の橋で、病気からも解放されて、みんなで楽しくやってる様子を想像すると、また頑張れそうに思います。

今日も読んで下さって、ありがとうございましたm(__)m
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか、更新できずですが、、、まずは、りりたんのオシッコ事情の続きです。
前回の受診で、尿崩症の疑いも捨てきれず、けど、数値に出ないような腎盂腎炎からの多飲多尿もあるからと、抗生剤を2週間いただいてました。
抗生剤と同時に、ご飯もなるべく手作りを混ぜたり、ストレス発散のために、夕方の散歩は一緒に行ったりし始めて、その3日後にはオシッコの色が濃くなってきていました。
2週間後の受診では、写真の通りのオシッコの色で、比重も問題ありませんでした(^^)/
尿路疾患はしっかり治さないと…とのことで、更に2週間分の抗生剤をもらってきました、、、うーん、ホントに大丈夫?と一抹の不安も…、、、ま、りりたん、体重もあるので、飲んどこかな…。


りりたん、ほぼ毎晩、マーちゃんのストーカーと化して、マーヤが入ってるクレートに無理無理入ろうとするので、マーヤが逃げ出して、隣のクレートに移動、、それをまた追いかける…を数回繰り返しています。
先日、とうとうマーヤがブチ切れて、りりたんの顔の前で、「もーいい加減にしてくれん(# ゚Д゚) 何度も止めれっていうとるじゃろっ」とでも言ってるかのように吠え付きました。
りりたん、ショックでチーンとなるかなぁと見てたんだけど、その後、フーって大きなため息をついてから、スタスタとカブのそばにもぐり込んでいきました(笑)
りりたん、強し!!!

先月末に、ゆらりの四十九日を迎えました。
当日、犬友達さんから届いたイラストです↓↓↓
A4版と、はがきサイズの2枚を頂きました。
送ってくださった方のご愛犬も現在闘病中…。
大変な時に、ゆらりに想いを寄せてくださって、本当に嬉しかった…、心から感謝していますm(__)m

↓↓このフォトフレームもね、犬友さんが「写真を見れる気持ちになったら…」って、以前に渡してくださったものです。
四十九日が終わったら…って決めていたので、早速飾りました!
このちぎり絵のモデルになった写真…、これは既にリンパ腫が分かって、毎日頑張っていた時のもの。

↓↓こちらの写真は、うちの子になってすぐの頃…、「年齢間違うたよなぁ…」って皆で話してました。

家中にゆらりの写真を置く予定だよ(^▽^)/

カブ達は元気でやっています。
ものすごく久しぶりに父さんも一緒に、後楽園までお散歩に行ったときのお写真…。
父さん、この後、持病?の尿管結石で、七転八倒の痛みの末、病院で破砕してもらうことに…チーンotL



■本日の一冊…って二冊あるが(笑)
動物のことに興味を持ち始めた頃、お肉を食べるのを止めたこともありました。
今は、牛肉は出されたらた食べる程度(←これはむしろお財布事情で…)、鶏肉は大好物、豚肉は年齢を考えて食べてます。
日本の屠畜の技術は世界一です。
「命をいただく」って書き出したら長くなるから書かないけど、私は注文したものは残さないし、肉を無駄にすることはないよ~
あ、今週読んだのはもう一冊のほうだけどね(-_-;)

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
全盲のりりなですが、とっても賢くて、オシッコの失敗は、ご飯前で焦ってるときくらい…(笑)
それなのに、先日から、敷いたばかりのラグに連日失敗したり、薄いオシッコを何度も、しかも大量に…。
お水も、お腹が張るぐらいガブガブと…。

ドライフードだけのときとか、確か、去年も今頃だったかな…、いわゆる「多飲多尿」に近いことはあったのですが、様子見してるうちに、自然に解決してました。
けど、今回は、お腹がパンパンになってる上に、ケポッて吐き出すまで飲んでるのを目撃してしまったので、病院へ行きました。

病院が大嫌いなりりたん…、もうハァハァ(*´Д`)

「多飲多尿」が症状として起こる病気って、ホント、山のようにありますよね…糖尿病、クッシング症候群、腎臓障害、尿崩症等々。
検査項目を増やしての血液検査で、糖尿病とかクッシングではありませんでした。
腎臓が悪いって数値も、所見もないのよね…。

だけど、相変わらず、お水をカブカブ飲んで、オシッコがたくさん出るってことは変わらないの( ;∀;)
何度も何度も、お水飲み場に行ったり、トイレに行ったりは、目が見えてないだけに、可哀想なんよね…。

で、翌日、オシッコを持って、再受診しました。
低比重で、細菌感染はない様子。
尿崩症の可能性も…ってことでした。
尿崩症かどうかは、3日ほど飲水を制限して、尿が濃くなるかどうかを調べるといいそうだけど、留守中もカブ達と同じ水飲み場を使ってるし、りりたんだけをサークルか何かで隔離なんて、とても無理…(←私の気持ちがね。)
尿崩症にも、中枢性尿崩症と腎性尿崩症があるようです、、、詳しくはこちらを見てね!
昨日の腹部エコー検査では、胆泥が見られる以外には、特に悪いところはありませんでした。
検査の数値や、細菌が見られないような腎盂腎炎からの症状として出ることがあるようなので、それなら抗生物質に反応するので、まずそこを見たいとのことで、2週間服用することになりました。

りりたん、しんどいのかなぁ…?
ご飯食べることだけが楽しみみたいで、ご飯の前、おやつタイムの前の動きはバタバタ(^-^;
お腹が満足したら、ほぼ一日中寝んねしてる子…。
文句一つ言わないけど、本当はもっと遊びたいんだろうし、大きい子組がお散歩に行く時には、自分も行こうとして、ソワソワするんだけど、いつもポツンとお留守番…( ;∀;)

尿崩症かどうか、治療できるタイプなのか…等、これからのことですが、飼い主の私の印象では、、、心因性の部分もあるのかなぁという印象を受けています。
いざとなったら、オシッコの量と、飲水量もきちんと測定する覚悟はしてるのよ、、、いちお、覚悟だけね(-_-;)

お耳が落ち着いてからは、病院に行くこともなく、本当に手がかからないりりたん。
手がかからないからこそ、もうちょっと注意深くみてやらなきゃね!
Facebookでは、日々の様子を小まめに綴っていますよ~
↑↑マーちゃんの真似して、お外生活してます。

↑↑誰かにくっついていたいんだけど、マーちゃんにはいつも冷たくされてるの(>_<)

↑↑うぷしゅままん作のサマーニットのワンピ…、あしながマルシェで購入しました!

↑↑この白いお洋服とピンクの首輪飾りも、マルシェでゲットしました!


このフレーム、うぷしゅままん作品ですが、お花リボンの一つ一つに意味が込められていますありがとう
赤:ゆらり、黄色:私、ブルー:カブ、オレンジ:マーヤ、ベビーピンク:りりたん、濃ピンク:ぱんちょママさん、白い花達はあしながメンバーのうぷしゅままん、桔梗ちゃん、あんちゃん、さっちゃん、まりさん。
ゆらり、みんなに囲まれてるから、寂しくなんかないよ!

ゆらりが頑張って、ご飯を食べてる時に、あんちゃんが作ってくれたスヌード…。
あんちゃんに無理をお願いして、変身させていただきましたm(__)m
ゆらりも一緒に行けるようにって、あんちゃんがお散歩バッグにしてくれたのよありがとう
イラストは、同窓生・まなみちゃんママ作。
反転してるのを直すよ~って、あんちゃんが言ってくださったのだけど、ゆらりが頭を通した布をそのまま使ってもらいました。

今日も読んで下さって、ありがとうございましたm(__)m
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
パピヨンお知らせパピヨン
里親会&あしながマルシェ
日時:今週末14日(日)午前10時~午後1時
場所:総社・農マル園芸 吉備路農園 いろどりスペース
今月は、私もはりきって参加しまーす!!

ゆらりが旅立って、早いもので一ヶ月が経ちました。
悲しみの涙にどっぷり浸かるということはありませんが、あの子の笑顔が頭に浮かばない瞬間はないほど、まだまだゆらりと一緒にいます。

たくさんの方々に可愛がっていただきました。
ゆらりが生きた証のようなものが、次々と届けられ、あの子の飼い主であってことに改めて誇らしい気持ちに包まれています。

ゆらりが、お空に引っ越す前に、犬友さん達が集まってくださいまして、、、ここの毛か?いや、こっちのほうが柔らかいんじゃね?とか言いながら、ゆらりの遺髪(…的な毛)をちわわん ・さっちゃんに預けました。

で、先日、『うちのこ玉』として、私の手元に戻ってきましたハート
レオ爺や、ひまちゃんを見送った時、ちわわんを知っていたらなぁ…と返す返すも残念だわふーん

それから、ゆらりん一番の勝負服でのお写真を、ミニクッションにしてくださいました…、もちろん、ちわわん作品だよ↓
さっちゃん、あの日声をかけてもらって、本当に本当に嬉しかったよ!!ありがとうありがとう

そして、昨日、ちょうど一ヶ月の命日の日に、ゆらりからお便りが届きました目がハート顔
以前、病気と闘っている時に、ゆらりのお名前ポエムを書いてくださった犬友E美さん経由で…(^▽^)/
E美さん、とっても優しい詩、ありがとうございましたm(__)m

雨に濡れないように…って、ゆらりからの伝言付きだよ(*^_^*)
うーん、それにしても、美しすぎる文字!!

これは、ゆらりの小腸リンパ腫を治療してくださっていた病院からのお悔やみのお便りです。
レオ爺の時にも頂きました…。たとえ、病院業務の一環だとしても、こういったお便りが届くと、気持ちが優しくなりますよね。
ありがとうございましたm(__)m

Wハートでは、保護主・ぱんちょママさんのお写真をちょいとお借りして…。
保護直後に、なぜかしら、この顎のないべろんちょのパピヨンに心惹かれ…、はい、一目惚れでした(*^_^*)
今頃は、病気からも解放されて、広いお空をピョンピョン走り回っていると思います。
レオ爺とひまちゃん、タジタジじゃろな(笑)
みんなーーー、たまには夢の中に出てきなさいよーーーーーーー母さん、待ってるよ。

カブ、「今度はもしかしたら、ドーンと大きな発作がくるかも…」と言われましたが、幸い、何事もなく、落ち着いた生活が出来ています。

りりたん、怒られることはなくなったけど、何だか、毎日物足りなさそう…。

マーちゃんのストーカーと化したりりたん(^-^;
一日何度、マーちゃんをクレートから追い出すことか…(笑)

見せてくれんでもええよ(笑)

マーちゃんも、そこ、いらないからっ(# ゚Д゚)


今日も犬だらけブログを読んで下さって、本当にありがとうございましたm(__)m

平凡なパート主婦から発信することなんて、ないに等しいんだけど、Facebookと同じ内容では申し訳ないので、アメブロだけの特別コーナー「■この本、面白かったよ!」を追加することにしました(笑)

■この本、面白かったよ!
『最後の秘境 東京藝大』…わりと話題になったので、まだ本屋さんでは平積みされてるはず。
友達から薦められたんだけど、彼女の職場では、これがグルグル回ってるらしいよ。
天才たちの稀なる才能を羨ましいと思う気持ちと、平凡な私で良かった~と思う気持ちが半々…、いや、静かな毎日が送れることに感謝、感謝(笑)

『我らがパラダイス』…毎日新聞の連載小説?
今ちょうど、倉本聰さん脚本の『やすらぎの郷』ってドラマをしているらしいんだけど、何となく似てる。
超高級老人ホームを舞台に、人生最後の格差と闘う人達の悲喜こもごも。
もうね、私なんて、他人事じゃなかったよ(笑)

またね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆらりを見送って、2週間近くが過ぎました。
まだまだ、ゆらりがいない生活に慣れることはなく、名前の呼び間違えはしょっちゅう…(^-^;

たくさんのお友達から可愛がっていただきました…、ぱんちょママさん始め、あしながメンバー達はもちろん、長年ぱんちょママさんのご支援をして下さっている千葉のもぐさん、ゆいちゃん&まりぃちゃんママ、舞たんママ&きいちゃんママ姉妹、そして、2代目桔梗・みそちゃん、こむぎちゃんママ、シェリーちゃんママからもゆらりへの温かいお供えをいただきました💛
本当にありがとうございますm(__)m

↓↓2代目桔梗・みそちゃん作 ゆらりが、ぷりぷりエリカ様に変身して、私がおたおたしているの図(笑)

一日に何度も私の手からご飯を食べてもらっていたので、何だかポカンと時間が空いてしまったのが寂しく感じます。毎晩のスーパー通いも終わり、ゆらりが使っていた食器もそろそろ片付けないといけませんね…。
それでも、他の子のお世話は待ったなしなので、毎日メソメソしているわけではありませんよ()陽気な性格のあの子が、お空で悲しむようなことなく、毎日パタパタと暮らしています。

話はガラッと変わりますが、特に春から夏へのこの時期、とにかく物入りではないですか?
一万円札に羽が生えたんじゃないかと、マジで疑うほどの出費😢

そう、混合ワクチン、狂犬病ワクチン、フィラリアの予防薬、ついでに年一回の健康診断など受けようものなら…トホホ。

↓↓岩盤浴中のりりたん

 

さ、ちょっと、私の愚痴タイム()



こないだ、ちょっとイラッとしたというか、えーーー?って思ったことがあります。

りりたんの健康診断&フィラリア予防薬をもらいに行ったときにね、「この子は、レスキュー後に一度、てんかん発作のような症状があって、その時に、病院から部分発作かなぁ…と言われているので、狂犬病ワクチンをするのは怖い。なので、猶予証明書を書いてください」ってお願いしました。

そしたら、「てんかんは猶予の理由になってないし、うーん、直接、発作を確認したわけじゃないから、証明書は出しにくいなぁ。市役所と相談してごらん」って言われました(>_<)


確かに、私が住んでいる自治体では、この先生んとこで受診しているって言えば、一言の文句もなく、まして証明書を持ってこいなどと言われることなく、狂犬病については“スルー”されます。

けど、何だかね…。


元々、半世紀も前に絶滅している狂犬病のワクチン接種をし続ける根拠は、日本に狂犬病予防法って法律が残ってるからですよね。

いまだに発生している国からやってくる船から、動物がやってくるから、某県の獣医師は自身が狂犬病ワクチンを打っている…だの、野生生物からの感染の可能性もある…だの、狂犬病ワクチンは不活ワクチンだから安全…だの、いろいろいろいろいろいろ賛否両論はあるの。

猶予証明書だの、猶予される条件だの、法律には一言もなかったはず、、、この辺り、私は知識不足だから、どなたか、ちゃんと教えて頂きたいぐらい。


獣医師さん達の集まりである日本獣医師会のガイドラインで、「過去に痙攣がある子は、要注意」って箇所があるので、獣医さん自身、ヤバいとは感じてるはずなんですよね。


私自身、凄まじいナチュラリストで、ワクチン全部はんたーいって人間ではありません。健康で、体重がそこそこにある犬ではためらいなく、ワクチン接種します(←レオ爺の受診記録をめくっていたら、何と、15歳の春は普通にしてました。)

狂犬病ワクチン後の事故が多いって事実を、そろそろ真剣に考える時期に来ていると思っています、、、おかしかろ?体重2kgもないようなチワワと、人間並みの体重がある犬が同じもんって。

そりゃ、シニア犬、超小型犬の事故が増えて当り前だよ。

きちんとした知識を伝えないと、きゃーワクチンって恐ーい、うちは自然のままだから、ワクチンしないのぉ…って混合ワクチンも全くしない子がウロウロとドッグランに入ってきてるんだよね(>_<)


私の場合、りりたんに証明書が欲しかった唯一の理由が、一部の心あるドッグランは、猶予証明書の持参で、入場許可をしてくれるって聞いたからなので、ま、ドッグランを諦めればいいことなんですけどね…。りりたん、お庭ランで遊ぼうね!

 

長々と私の愚痴を聞かせてしまいました、、、申し訳ありませんでしたm(__)m


最近の我が家風景をご覧くださいませハート

 


↓↓そろそろ仕舞おうかって頃になって、正しい使い方をしているお二人。


↓↓カブ、3月に大きな発作がありましたが、それ以降、小さな発作状のものは2度みられましたが、数秒で終わっているので、まだ抗けいれん薬は使っていません。


 

今日も読んで下さって、本当にありがとうございました。

 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
Facebookでは、≪ゆらりん日記≫として、ずっと経緯を綴っていましたが、ゆらり、4月10日月曜日午前0時3分、静かに息を引き取りました。 

抱っこしている私も、あれ?って思うほど、痛みや苦しみもなく、スーッと眠るかのよう最期でした。


お空へのお引越しの前に、ゆらりの保護主・ぱんちょママさん達がお別れに来てくれました。

ちわわん(さっちゃん)が、「うちの子玉」を作るよ~って言ってくれたので、みんなでゆらりんの毛をカットしたり、陽気な性格のゆらりには、みんなの笑い声が一番だったと思います💛 

ぱんちょママさんが、形見に…と、尻尾の先の毛で三つ編みを作ってくださいました。

そして、うぷしゅままんからの媛守りは、ゆらりの勝負服である体操服と一緒に、持たせてあげました。 

今、お骨となって戻ってきていますが、ゆらりの足の骨は真っ白で、美しくまっすぐでした…、あのピョンピョンと軽快に走る姿、決して忘れられません。


↓↓ゆらりん、一杯お花をいただきました。ぱんちょママさん、ちわわん・さっちゃん、あんちゃん、桔梗ちゃん、本当にありがとうございましたm(__)m
万が一、お花を…なんて思った方、、、どうか、保護犬達への医療費として使ってやってください!!

↓↓桜の花びら、お弁当、媛守り、体操服を持たせましたよ。



私では、とてもこんな器用なことは出来なかったと思います…、ぱんちょママさん、ありがとうね。

↓↓レオ爺、ひまちゃんを見送った時と同じ…。カブはちゃんとご挨拶できました。

↓↓この何時間後でした…、穏やかで、静かなものでした。

↓↓最後に、大好きなお外の空気も吸ったね!

↓↓その日も、みんなと一緒だったね!

↓↓4月5日の風景です。ゆらりん、本当に強い子だね。


↓↓4月4日、桜も見に行けたねsakura03


昨年1022日、保護主さん宅から我が家へ…、その日から、ゆらりの生き直しの犬生が始まりました。 

それから約半年間、ゆらりはただただ懸命に、駆け抜けるように、その瞬間を生きていました。最期の瞬間まで、文字通り「生き切り」ました。

保護主さんが言ってくださった「気高い」というのは、ゆらりにとっては最高の褒め言葉だと思っています。

下顎がなく、自分ではご飯が食べられないので、毎日34回、私の指から食べてもらっていました。 

お腹が空いている時には、スパスパと吸いこみ、よく「掃除機」と冗談を言ったりもしていました。

体重も順調に増えていき、11月には避妊手術を受けることもできました。 

年末に初めての下痢をするまでは、ご飯の選り好みはしていたものの、快食快便でした。


今年の元旦の夜、下痢だけでなく、初めて嘔吐もしました。 

犬には下痢も嘔吐もよくあることなので、とりあえずは絶食させて様子見をし、後日、病院に行きました。

血液検査では、心配した膵炎でも、肝臓、腎臓からの症状でもないと言われ、すごく安心していました。 

ちょうど時期的にも、嘔吐下痢が流行しており、カブとりりなが軽い下痢を起こしていたので、感染性のものかな…ぐらいに考えていました。

下痢止めと、注射をすれば、一時的には治まっていました。 

病院からも「大腸炎の症状、まずは療法食のみで、症状の推移を見ましょう」と、下痢止めの内服とフードをもらっていました。

1月後半から2月末までの約1か月は、「ゆらり復活宣言」を出すぐらい、大きな症状はありませんでした。 

それが227日に再び、激しい下痢と嘔吐が起こりました。2日連続で下痢止めと抗生物質の注射をしてもらい、下痢は治まりましたが、通常の下痢ではないから…と転院を勧められました。



38日、レオ爺を最後まで診てもらっていた医療センターを受診し、消化器系リンパ腫の疑いが濃厚との診断で、その日から、ステロイド(プレドニゾロン5)開始となりました。下痢は不思議なほど、ピタッと止まりました。 

317日、プレドニゾロン2.5㎎に減量されました。

325日、激しい下痢と食欲不振で受診。エコーで見ると、腫瘍が大きくなって、腹水が溜まっていることから、おそらく末期のがん性腹膜炎だろうと…。1回目の抗がん剤治療(ロムスチン)

327日、激しい下痢、食欲不振、痩せがどんどん激しくなったので受診。強い下痢止めの注射…、「おそらく効果はないだろう…」って。
331日、ステロイドがなくなったので受診。このまま看取りに入る覚悟は出来たけど、何かできることは?って聞いてみました。食欲が少しでも出るように、ステロイドは続けた方がいい、何でも食べてもらって、お水も欲しがるようなら飲ませてあげて…と。
とにかく、毎日が、食べないゆらりとの知恵比べでして、何とか美味しいものをたべてもらいたい!!との思いで、しょっちゅう、スーパー巡りをし、鶏ガラスープを作ったり、時間が許す限り、ゆらりに張り付いて、少しでも食べるそぶりを見せたら、バイキング形式でいろいろと器を並べていました()
それから47日まで、時々思い出したように食べてくれる(←この頃には液体状にしたものをなめるという感じ)ことがありました。
特に、ぱんちょママさんが持ってきてくれた「K9ナチュラル グリーントライブ」には反応がよく、お湯に溶かしたものをしっかりと飲んでくれました。
おそらく、ゆらりが口にした最後のものはバニラアイスクリームだったように思います。
4月8日は水のみ…、4月9日朝から、水を拒否した時に、はっきりと死期が近いと覚悟しました。

そして、日付が替わったと同時に、本当に静かに旅立ちました。

一つの死は、いくつもの宿題を残していきます。
見かけの元気さに惑わされることなく、もっと早く大きな病院に行って、抗がん剤治療を始めていれば、少なくとも一年は延命出来たのではないか…、最後に点滴で輸液したほうがよかったんじゃ…、人間の医療でも賛否両論があることだし、恐らくは正解はないのだろうけれど、やはり、人でも動物でも、命を看取るってことは、様々なものを突き付けてきます。
友人の医師がメッセージを送ってくれました…「人間の世界でも人生の最終段階で栄養や水分の摂取について議論されているところです。私自身もいろいろと考えるところがあって勉強中です。「最期は食べることも、お水も拒否しました」→それが「自然」なのです。「点滴でもしたら…」→点滴によって、その生きながらえた時間が本人とその周りの人にとって意味のある、有意義なものであれば、点滴も手段のひとつですが、そこにはっきりとした意義がないのであれば、「自然の経過にゆだねる」ことが実は本人にとっては「一番安寧な経過となる」ことが多いです。時間の長短は余程のことがない限りは、残された人の自己満足で終わってしまう、言い訳にしてしまっていることが多いように感じています。」

これからも、犬達からいろんなことを投げかけられ、突き付けられると思います。
正解があることも、ないこともあるのだろうと思いますが、決して逃げ出さないことが、飼い主としての最低限の責任だろうと考えています。

何か、ゴチャゴチャ長々と書きましたが、、、
私はゆらりと過ごした半年間が、とっても楽しく、かけがえのないものだったし、「ゆらり」なんて面白い名前のついた、真ん丸クリクリお目目のあの子が大好きでした。
最後に、私にゆらりを託してくださった保護主・ぱんちょママさんに心からお礼を伝えたいです…、ありがとうございました、長生きさせてあげられなくてごめんね。

ゆらりを見守ってくださった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆらりのケアに集中したいと思いますので、しばらく更新をお休みしますm(__)m

小腸のリンパ腫で、抗がん剤治療を始めたゆらり…、下痢が止まらなくなっています。

大腸の動きを止めるような注射をしてもらいましたが、起きているときには、お腹が気持ち悪いのかな…、律儀にトイレ回りでクルクルしています。


病院の先生からも、ガン性腹膜炎で末期の状態だろうと…。


グッタリしてるわけではありませんよ~
キラキラの表情も見せてくれます♪


ご飯、もう食べようとはしません(T_T)




今、唯一食べてくれるのは、ヤマザキバナナスペシャルのカステラ(^-^;


独りぼっちにはしないよ。










痛みやしんどさがなく、ゆらりが楽に過ごせるようにケアしてやるつもりです。

また改めて報告しますね(^o^)/~
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。