August 12, 2006 23:48:28

シーザー(豊丸)

テーマ: |  *おまけ式連荘機

■大当り確率200分の1



ドンスペシャルでデジパチ連荘機時代の火蓋を切った豊丸なのですが、単発打ちであっさりと陥落。

後継機として登場したデルデルセブンはリーチバランスの悪さから思ったほど設置が伸びず、その間に

他メーカーが次々と連荘機を登場させた事により、先駆者でありながら苦戦を余儀なくされてしまいます。



そこで満を持して登場させたのが、おまけチャッカーを排除し初当りを重視したこのシーザーでした。

連荘性はかなり激しかったようなのですが、1300発機という事もあり設置エリアがかなり限定されており

主に九州地方で人気を誇ったようです。


全国的にはおまけチャッカーを採用した兄弟機の方が設置されたのではないですかね?


■シーザーⅡ世(大当り確率213分の1)


こちらも連荘性はかなり強烈だったらしいのですが、直後に怪物マシン「麻雀物語」が

登場する時期的な不運もあり、注目を浴びる事もなく寂しく姿を消す事となってしまいました。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■reシーザー

この頃の連荘機は仕組みを早くしればそれだけ
収支に直結しましたね。

自分も単発回しの連荘機では負ける気がしませんでしたw

8 ■富山駅まで

富山駅前で打ったことがあります。連荘機と知っていたのですが、やはり人気がある模様で2台しか空いておらず、その一台に座って千円か2千円以内にかかった記憶があります。打ちながら
「最終ラウンドフルオープン?」「保留2個以上点灯なし」なんて考えながら打っていると確か7連チャンくらいして驚いた記憶があります。仕事で出張だったので、帰りの電車を遅らせた記憶があります・・・・すばらしい時代でした。

7 ■reシーザー

実はこの台、実際に打った事ありません。
ドンスペシャル→デルデルセブンまでは
導入されたのですが・・・・

恐らくデルデルがこけたのでこの台は導入が
見送られたのではないかとw

6 ■無題

判別の続き・・・初代のみ、2世は残念ながらなかったです。例えば、7のリーチで真ん中出目が2などだったと思うが・・・全のリーチにリーチ目有りでも、よく外れたなーっ(次回大当たりに連荘上乗せ説有り)パンクも良くした。

5 ■無題

大当たり、判別出来たのしってますか?

4 ■私の名前が出ていたのですが

枠下蒼7さんの間違いですね(^^)

さて「シーザー」「シーザーⅡ世」ともに設置ありましたが、
前者のほうが設置が多かったです(後者は1件のみ確認)。
無制限か4000個定量の¥1000開放で営業してました。

保留連はかなり強力で30%(40%以上?)はあったような←体感での率ですが(^^;
どちらも「おまけチャッカー」は無かった記憶があります。

[今回の機種は打ち込んでいないので記憶かなり怪しいですが]

3 ■reシーザー

確かに、おまけチャッカー機と新要件では
時期が違いすぎますね。

当時の専門誌で「人気機種の陰に埋もれた名機」という表現があったので気軽に麻雀物語と
記載しましたが、時期的に考えたら「レクサス」
シリーズが正解なのでは?と思われます。

後継機はちょっと調べてみましたが

■ニューシーザー2世
・183分の1
・3分の1で次回まで確変

というのがありました。これが匠さんの言われた
シーザー3に該当するのか謎ですが、こちらも
あまり話題にならなかったような気がします。

2 ■えっと

シーザー2世と麻省物語は時期が違うのでは?
ちょうど16Rの新内規が登場したくらいじゃなかったかな?
後ニューシーザー2世ってリメイクも出てましたね三分の一で次回まで確変のタイプ確率は結構甘かったが出玉少なめの台だった記憶が
かなりマイナーでしたけどね

1 ■新要件

確変タイプでシーザー3ってありましたよね?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。