August 10, 2007

ネオマジックパルサーXX

テーマ:■4・5号機

【メーカー】山佐
【販売年月日】2003年7月7日
【タイプ】A500-ST
【特徴】解除確率が大幅にアップするマジカルゾーン搭載


ELビジョン第2弾。プラネットに続いて今度はパルサーのブランドを採用した頃からも山佐の

このシステムにかける意気込みが伺えました。


テーブル解除のG数が内部モードによって大きく異なっているのが特徴でして、連荘モード

ならば160Gで66%、544Gで90%は放出されるようになっています。

従来機と違って放出テーブルの範囲が広いのは、連荘機で危惧されたハイエナマシンとなっ

てあっという間に客が飛ぶという事態を避けたのだと思われます。


テーブルだけではなく自力での解除率がアップしているのですが、そのメインとなるのが、この

台の最大の特徴でもあるマジカルゾーンの存在でした。リール左側に配置されているマジカル

ランプが点灯すると、小役解除の確率が大幅にアップしチェリー成立で4分の1・オレンジ成立で

2分の1の割合でボーナス放出となります。又通常時の外れ出目でもある揃わないリプレイも、

この状態では97分の1で解除抽選が行なわれるようになります。


この結果、3622分の1の自力解除確率が71分の1にまで跳ね上がる事となり、文字通り激アツ

ゾーンとなっていたわけです。

このマジカルゾーンは通常時のチェリー成立の5分の1突入し、これがメイン契機となっています。

但し、それ以外にもマジカルゾーン間の周期(最大600G)に天井が存在し規定Gを消化すれば

強制的に突入する事となります。


気になるマジカルゾーンは20/25/30Gのいずれかが選択される事がほとんどなのですが、

実際にゾーンを抜けていてもランプの点灯とは一致していない事が多く突入契機を見定めてG数を

カウントしておくと周期を見抜くのに便利でした。


というのも、この台は連荘モードに滞在していても最大天井は1312Gとなっている為、振分け次第

では連荘モード中にありながら1000はまりという悲惨な出来事に遭遇する可能性があるのです。


この判別に一役かっていたのが、通常出目からのマジカルゾーン突入でして、ノーマルモード以上

だと341分の1(はまりモードだと682分の1)で抽選が行なわれている為、最初の連ゾーンを抜け

ても、このマジカルゾーンの突入状況で(気休め程度に)続行か否かの判断に有効だったわけです。


又、放出フラグがREGだった場合には、仮に778G以上の選択であっても強制的に777Gで解除

するお助け機能がありましたから、ここを目安に一応狙うという立ち回りも結構有効だったような・・


事実解析が発表されてからは777抜けで空いている台を頻繁に見受けたのですが、自分は実は

この777抜けの台を狙うと言う立ち回りでかなりの収支をあげさせてもらいました♪


1312Gまで約500Gありますが、実ははまりモードでもほとんどが1056Gまでに解除されるの

です。大はまりモードだとほぼ1313G以上が確定してしまいますが、最大天井は1344Gですし、

次はほぼ連モードへ移行しますから、どこで当ってもそんなにデメリットはないんですよね。


最大の問題は時間効率だったようで、他にも甘いST機やAT機がゴロゴロしている時代でしたから

この台を追いかけてしまうと、かえって効率が悪くなってしまったんですよw


自分の場合は、この台の演出にほれこんでいた為ですがいつも最初にチェックしていました。

終日打てる状況でない限り、この台は設定よりもG数で期待値を上げる必要がありましたので、

天井狙い以外でも履歴をチェックしながら滞在モードを予想して、連モード探しをしていました。




当時は解析を大体覚えていたつもりだったのですが、ほんの数年でほとんど忘れているものなん

ですねぇ・・・(汗)今回はほとんど当時の解析を見ながら記事にしました。




爆裂機全盛と言う事もあって、大量出玉の連荘機として開発せざるを得なかったのでしょうが、

この台の演出や制御でA400タイプの機種が登場していれば、ロングランでヒットしたような気が

します。というか番長があそこまで人気があったのに、何でこの台とかネオプラは受け入れられな

かったんでしょう???自分にはそれが不思議でなりません。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

7 ■reネオマジ

7ライン機なんで山佐お得意のボーナス図柄はさみ目からの制御がほとんどカットされていましたね。

でも前兆中の連続演出なんかはかなりゲームとして完成されていたと思いますよ。

6 ■無題

結構複雑な台だったんですね。
驚きました。
この台、自分的には出目が受け入れられず数回打って終わっちゃいました。何だか山佐がこの機種に関しては出目を捨てちゃったみたいな感じがしてパルサーブランドなのに残念な気がしました。特に左、リプ・ベル・オレンジからの出目が・・・

5 ■reマジパル

■バゴさん
細かいモード移行なんかはともかくとして、前兆
っぽい演出の出現率だけはかなり細かく勉強
しました。受け入れられなかったのはやはり連荘モードでもクソはまりが存在する・・・これに尽きるのではとw

■continental777さん
自分はそれとは逆にほぼ設定1ばかりというようなクソボッタの店で打っていました。天井狙いに絞った場合、連荘だけを考えたら低設定の方が
期待できるんですよねw

■ふらっとさん
あの複合は獲得枚数に結構影響でましよたね。
後数枚でプレミアエンディングだったのにぃ・・と
大した画面でもないのに結構悔しかったりと。

■truさん
魔女カードとかほうき逆アクションとか、しって
いると熱い演出結構ありましたよね。一瞬カエル
はボタンを離さなければ、ずっと見れるとか・・・

連荘に期待している時にパネルフラッシュが出ると激アツでしたね

4 ■無題

前兆演出は個人的にネオマジが最高です。
パネルフラッシュロングと押し順ナビにシビレました。
マジカル10ゾーン解除はひける気がしませんでしたがw

3 ■細々と思い出した記憶

・初打ちで777REG天井を頂き、「やっぱり(ネオプラ同様)か」と安心したこと(その後BIGの場合は777超えたためうろたえた)
・BB中15枚獲得を賭けたビタ押しチャレンジ(失敗しても10枚)
この2点はかろうじて覚えてます。押せないくせにビタ狙いが大好きでした。

2 ■マジパル

いや~、懐かしい...こいつを仕事帰りに1週間打ち続けて10マソ以上勝ち→コンチⅠ購入...私の廃人生活のスタートを決定付けてくれた台なんですね...w
結構深いところで落ちていても実は連モードで、いったん当たったら...なんてウハウハな思いを結構させていただきました♪
日曜日もそこそこ設定の入っている店で打っていたので、勝率&上がりはまずまずでした( ̄▽+ ̄*)

1 ■うわ~

ネオマジ懐かしいな・・解析なんてほぼ忘れてるし。
なんか色々とシステム複雑で中途半端で受け入れられなかったのかな?
自分もこれはあんまり好きになれなかった・・ネオプラは大好きだったけど。

マジカル10倍ゾーンでチャンス目出まくって、熱くないチャンス目ですぎw くらいしか記憶にない(o´_`o)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。