March 20, 2006

・アラジンA

テーマ: ├    AT機

アラジンA

【メーカー】サミー
【販売年月日】2002年2月24日
【タイプ】AC-AT
【特徴】2号機の集中を見事に再現


時代が徐々にSTへと移行しつつあった時、2号機アラジンのゲーム性を髣髴とさせる

後継機が登場しました。


ATの集大成ともいえるアラジンAです。


獣王で好評だったドット演出に、サラリーマン金太郎で採用したシングルボーナスのナビ

というアイディアを合体させたゲーム性は、正に一撃集中マシンと呼ぶにふさわしい完成度

を誇っていました。


シングルナビのAT「アラジンチャンス」は従来機と違い、連荘の概念を持っていませんでした。

突入率の異なるモードが存在し、高確率モードに滞在する限り常に20分の1で突入抽選が行

なわれていたのです。


この高確率モードにも転落率の高いショートだけでなく、大連荘が期待できるロングもあり、

AT中の単チェリーでは継続ゲームの上乗せ抽選もありました。


上乗せはほとんどが10Gなのですが、プレミア的に100Gや1000Gが存在しただけでなく、

MAXは6000Gという文字通り「突入すれば終日AT」・・どころか間違いなく取りきれないもの

まで存在したのです。


このしわ寄せとして当時としては通常時のコイン持ちが異常に悪く、大勝ちと大負けの差が

著しい機種でありました。


結局、このゲーム性が問題となり、爆裂機問題で最初に槍玉にあげられ、撤去機種となって

しまったのですが、対策機のアラジンSはスーパーATの振り分けを甘くした分、トータル的な

機械割りがAよりも高くなったという笑えない落ちまでついていました。





■ゲームで遊ぶ

実戦 パチスロ必勝法! アラジンA (初回限定版)
¥5,040Amazon.co.jp



■実機で遊ぶ

パチスロ実機 アラジンAメダル不要装置付セット
¥36,750ユカイ

これはかなり高価ですね。相場がどうなっているのかわかりませんが

ヤフオクなんかでチェックしたらもっと安く手に入るような・・・・


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

11 ■無題

朝一こんなにドキドキした機種は中々なかったッス。他のAT機と違って高確スタートだけどハズレ引いて抽選に当選して・・・ って感じの煩わしさもなくて朝一と高確中だけは好きでしたw
自分が見た最高出玉は78000枚!! 後ろに5000枚の千両箱15箱積んでました。ギャラリー凄かったッスw 人様のだけど写真収めたかったなぁ。当時、携帯にまだカメラが付いてなかったっすからね。

10 ■reアラジン

普段等価で打っていたのですが、唯一SAC100をゲットした時だけ7枚交換の店だったので、凄く
損したイメージが・・・

こういう設定不問の部分は是非等価で体験したかったです・・・

9 ■スーパーアラチャンを夢見て

スーパーアラチャンは10回位引いたが、最高継続は20ゲーム。
後輩はスーパーアラチャン2000を引き、24,000枚出した。

8 ■reアラジン

アラジンに限らず、この頃の台って、こういう前兆や潜伏を理解せずに簡単に辞める人が結構いましたよね。確実に前兆とかなら教えて上げれますけど、単なる高確とかだと
「当るかも知れませんよ」なので、そのままスルーすると逆に恨まれるので気軽にアドバイスも出来ませんしねぇ・・

7 ■ハイエナ

まあ、偶然ハイエナしてしまった感じなんですが・・・
朝イチ、オバチャンがAC当選、飲まれやめしたんです。
その台で1P目、いきなり女の子が出てチェリー否定、AC突入。
これが93連でした。
そのオバチャンは隣に座って打ってました。

設定6をGETしたものの、1日の最高連チャンが4連ってのもありました。

6 ■reアラジン

まぁ、俺は初代アラジンでもアラチャンを7時間継続させていますからねw

そういえば別箱が生まれたのはいつ頃なんでしょうかね?いつの間にか5000枚箱とか景気のいいものが登場しましたが・・

最近の見掛け倒しの上げ底別箱なんかを見ているとやはりこの頃はよかったなぁ・・なんて思ってしまいます。

5 ■74連...

74連ですかぁ...(@_@)。
単純計算だと1500Gくらい高確ロングが続いた、ってことですね(まあ転落した直後のボーナスや単チェで再度上がった可能性もあるのでしょうが...)。
たしか確率的には高確ロングで転落率300分の1くらいだったと記憶していますが...。
まあAの設定6でビッグ間1500Gハマるのと同じくらいの率、って計算になるでしょうから、ありえなくもない気もしますが...。
私もそんな偶然に出会ってみたかったものです(泣)。
我が家の近所では、当時は大量獲得の場合、コインを入れるのに千両箱ではなく普通のバケツ(水色のヤツ)が使われていて、手元の小箱から足元のバケツにコインを捨てるが如く入れ替えるのがある種の快感になってました...(ミリゴでプレミアムを引くと、店員が小走りで札とともにバケツを持ってくる)。
中にはバケツで綺麗な木の葉積みをしているヤツもいましたね(笑)。
よくも悪くも強く印象に残っている時代です...また来て欲しいような、来ないで欲しいような...複雑な気持ちになります。

4 ■reアラジン

■continental777さん

自分はスーパーアラチャンは100gが最高なんですが、朝一リセットでいきなり74連した事があります。ほとんどが10で
BRもあまり引けなかったのが哀しい

書き間違いとかは全然気にせず思いついた事を適当に書いていただけるとありがたいです。色々やり取りしているうちに忘れ欠けていた記憶が蘇る事もありますので・・

■はねたろうさん
打ち始めは単チェ1発でアラチャン引けるような気がするのですが、一旦はまりだすとどんなに引いても突入する気がしない・・あの微妙な確率が中毒性を持っていましたよねw

流れ流れて北斗の単チェに生まれ変わったのかも?

3 ■無題

アラジンAの好きだったポイントはいつでも単チェリー一発でATのチャンスという部分でした。当時のAT機って、ボーナス後の高確率中以外ATへの期待感が薄いのが多かったですから。

2 ■訂正ですm(__)m

「10Gばかりでしたが→その後は10Gばかりでしたが」です。
見栄えを悪くしてしまい申し訳ありませんm(__)m

1 ■よく打ち、よく負けました...。

これもよく打ちました...。
新装の頃、台の仕様をよく知らないまま初めて打ったときに、5000円足らずで引いた単チェリーからの1発目のアラチャンでいきなり宝箱→G数は数えてませんでしたが1時間以上アラチャン...薄いのを引いたようです...10Gばかりでしたが(泣)。
よくミリゴを打っていた店で49,000枚越えを目撃し、これはもう抜けないだろうと思っていたら、翌週あっさりAが50,000枚越えで店の記録を抜き去っていました...恐るべきポテンシャルですね。
できればどんな出方をしたのか、実際に見てみたかったものです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。