居酒屋が1年で1番忙しい時期です。

今年は、11月から大きい予約が入ってて、12月は今の所16日までしか大きい予約は入って無いんですけど、予約は発注や前準備が大変だけど当日は用意した物に手を加えて出すだけだから、フリーオーダーお客さんがの多く入るよりは楽なんですよ。

1番怖いのが、予約が1~2件しか入って無くて後はフリーのお客さんって時です。

何でなのか不思議で仕方ないんですけど、予約が入ってる時間になるとフリーのお客さんも入ってくるんですよ。

予約が17時でも20時でも、時間に関係無く予約とダブルという不思議さ。


予約は15分刻みで次の料理を出さなければ、終了時間に間に合わなくなるんです。
だから、1人が予約料理を作って1人がフリーオーダーをこなしてって分担するんですよね。


宴会料理



今は鍋がある時期だから、鍋の注文が入っちゃうとそこに付きっ切りになって作らなくちゃならなくて、ほんと~~~に大変。ドクロ


それなのに、来店して初オーダーが鍋。
しかも5分位で催促が入る・・・・って良くあることなんです。

これは勘弁して欲しいです。><;



私は11月の終わりにパニック発作を起こしたくらいに、今は精神不安定になってます。

ちょっとした忙しさでも直ぐにテンパってしまうんですよ。

土曜にも、大してオーダーが入ってた訳じゃ無いのに、一度に新規のお客さんが続いたらもうテンパっちゃって、「私1人じゃ回せない!」って。

周りが見えなくなっちゃってました。


今週末も宴会で満席になる状態。
今日はその発注をしなきゃならない日。
朝から、「具合が悪くならないかなぁ」ってばかり考えてましたけど、どうやら何事も起こりそうにありません。残念。(/_;)















AD

パニック発作

テーマ:

昨日は、朝から何だか何もする気持ちになれなくてダラダラしてました。

でも、息子がおばあちゃん家へ行きたいと言うので、乗せて行くことになりました。
月に1回の、おじいちゃん床屋さんをやってもらうためです。

ここ数日、すごく調子が悪そうな息子。

車が走りだして直ぐに、いつもの事だけど寝ちゃった息子を見たら、急に涙がポロポロ出て来て止まらなくなっちゃいました。

私が特に何かを意識しないのに涙が出て止まらないのは、鬱の発作だとドクターに言われました。

なぜ突然に発作が起きたかは・・・・やっぱり、息子が苦しんでるのを見てるからかなぁ。
同じ病気を持ってる者として、気持ちが痛いほど伝わってくるから。

ここ数日に溜まってた気持ちが、たまたま車の中で出ちゃったってことなんでしょう。


実家へ行っても、笑顔も言葉も出ない息子。

おじいちゃんに散髪してもらって、シャワーで頭を流した後は少し喋ったので、「おばあちゃんたちはイオンへ行くって言うけど行くはてなマーク」って聞いてみました。

答えは判ってました。
そう言ってる私だって、今日は人が大勢居る所には行きたくない気分だったから。


なので、散髪後は数分も滞在せずに帰宅することになりました。


時間は、いつもお昼ごはんを食べる時間になってました。

何が食べたいはてなマーク」って聞くと、「えんがわ」って。( *´艸`)



息子は、『えんがわ』が大好物。
でもスーパーでは売ってるのを見た事がありません。
なので回転寿司へ行く事にしました。

12時前に着いたので、待つ事が無く席に付けました。

息子は、縁側を合計で9皿も食べてご満悦。
お寿司を食べた総計は、20皿。ビックリマーク

少し気持ちが楽になったのか、顔の表情も少しだけ解れていました。


帰りにスーパーへ寄りたいんだけど、大丈夫はてなマーク」って聞くと「良いよぉ」って事で。

近くのスーパーへ寄りました。


いつもは、お金が無いからと色々とカゴへ入れてくる息子に、「ダメビックリマークそんなの買わないビックリマーク」って言ってるんだけど、今日は何も言わずに好きな物を籠に入れさせました。

そしたら、なんか気を使ったのか、いつもみたいにやたらとカゴへいれることはしなかったので、息子と行く買い物のいつもの値段より2千円くらいも安く済みました。( *´艸`)

やっぱり、調子が悪いからなんでしょうね。


帰ってからは、朝よりは喋るようになったけど、私の方が妙に疲れてお昼寝をしました。

夕飯は主人も一緒に食べましたが、何かを言っても「うん」「あ~」くらいしか喋らず。


今日も1日、良く無かったなぁって思いました。




それでも、息子の事は毎日の事なので自分ではそ~んなに気にしてるつもりは無かったんですよ。


そして、入浴後はパソコンで美容ブログの書きこみをしてました。

そしたら、段々と胸が苦しくなってきて。はてなマーク

来るかはてなマーク でも少しすれば治まるだろう」って思ってました。

ところが、ドンドン痛みと苦しさが強くなってきて、「いつもは2~3分で終わるんだから」って思って胸を抑えながらPCを続けてたんだけど、「ヤバイビックリマークダメだビックリマーク」ってなって、慌てて布団に横になりました。


傷みと苦しみはMaxになって、真っ直ぐに寝て居られなくて手足を丸めて丸くなって「痛いビックリマーク痛いビックリマーク・・・・」


初めは、いつもの事だ的にTVを見てた主人ですが、異常に感じて直ぐに私の薬入れをもって来ました。

主人には、「発作が起きたらこの薬を飲ませてね」って頼んでおいたので、主人はその薬を持って「これかはてなマークこれで良いんだろうはてなマーク」って私に見せるんだけど、私の目にはパッケージが見えなかったんですよ。
粒が並んでるのは見えてるんだけど、どんなパッケージをしてるのか、やたらと光ってて見えなかった。


私は息子を呼んでくるように主人に頼んで、息子が来てこの薬で間違いないって事で、苦しんで半開きになってる私の口に、薬を入れて水を流しこんで飲ませてくれました。

この薬は直ぐ効くから」って言ってくれた言葉が、すごく大きく聞こえてそれで気持ちが安心出来ました。
Max2錠まで飲んで平気な薬だから」って2つ目も飲ませてくれました。


すると、何分経ったか判らないけど、スーッと痛みと苦しみが取れて、発作が治まりました。


この頓服を飲んで治まるんだから、心筋梗塞じゃ無くてやっぱりパニック発作だったんだなぁって思いました。



久しぶりです。
こんな強くて長い発作は。


仕事が忙しくなって、発注に頭がパニックになってる時期だし、身体も疲れてるし・・・・


あ~~、来月12月はもっと忙しいのに、耐えられるんだろかはてなマーク



今日は、足と腕が筋肉痛です。( *´艸`)
















日曜は、風が強くて寒い予報が出てました。

冬装備を持って無い息子。
そして、前日に出掛けた後から鬱の状態が良く無い息子は、今日は家の中に居るように言って、久々に主人と2人の登山になりました。

息子が一緒だと、長くても3時間までしか歩けないので、今回は「4時間がMaxってことで探して」と主人に頼んで見つけてくれたのが『丹波天平』。

『たばでんでいら』と読むようです。読めない~~。にひひ


主人は以前に1人で登った事があるけど、その時は小雨が降るような天気で、景色は何も見えなかったし記憶もあまりないってことでした。


道の駅、『たばやま』に着いたのは、ちょうど9時でした。
ここに車を停めて、少し山梨方面へ歩いた右手に小学校があるんだけど、その裏手に登山口がありました。


9:23 開けたら閉めましょう。





今回歩いたのは、黄色い線の所で右から左へぐる~と一周しました。






登山道は、登り始めから中々の急さです。

9月の終わりに硫黄岳へ行って以来、ほとんど山歩きをして無い私には、途中で心が折れそうになるほど、『登りは続くよどこまでも』でした。あせる






日差しはあるものの、風が強くてすごく冷たかったので、フリースの帽子の耳当てだけじゃ首周りが寒くて、ソフトシェルのフードを被って、手袋もウールじゃ指が痛くなって来たので風を通さない温かいほうに替えました。






ほとんど平坦な所は無くて、下りも無くて、とにかく登って登って・・・・・

10:46 木の種類が代わって周りが見えるようになったこの頃には、「このまま歩いて大丈夫かなぁ。」って自問自答するくらいに足が疲れていました。






でも空が真っ青で綺麗だったので、気持ちが少しだけ明るくなりました。11:03







11:19 2時間登り続けてやっと頂上に着きました。






名前の通りに、だだっ広い平らな所でした。






木がすごく揺れてるので、風の強さが判ってもらえると思います。

足もとがザクザクすると思ったら、霜柱があちこちに出来ていました。


寒いので、ダウンを着てお昼ごはんを食べたのですが、疲れ過ぎてて食欲がありません。ダウン
菓子パン1個と、おかきを少し食べて温かいコーヒーを飲みました。


本当に疲れてて、登りだけでここまで疲れを感じたのは初めてかも・・・ってくらいでした。
今までは、ここまで疲れる前に心が折れて撤退することはありましたけどね。

ちょっとヤバイなぁって思って、「ピストンで帰ろう」って主人に言ったんだけど、「この先は40分位平坦な道だから大丈夫だよ」って事で、予定どうりに周回することにして11:55くらいだったかなぁはてなマーク 出発しました。


初めは確かに平坦な道だったんだけど、段々に登って行くようになりました。
すると、ドンッ
来た~ビックリマーク
両足の太もも内側が、激攣りしちゃいました。メラメラ


痛くて痛くて、「ヴ=====!!」と声が出ちゃうほど。

それでも止まるともっと激しく痛くなるので、少しずつ足を動かして登って行きました。
本当に痛くて、涙まで出て来ちゃったほどでしたが、しばらく歩いてると緩やかな道になって、やっと治まってきました。



12:44 サヲウラ峠に着きました。





ここは、『三条の湯』と『飛竜』への分岐でした。
祠もありましたよ。






ここからは、や~と下りになります。
コースタイムは1時間なので、14時には下山出来るかなぁはてなマークってこの時点では思ってたんですけどねぇ。






下りの道は、狭くてけっこう急です。






所々では土砂崩れがあった跡なのか、階段みたいな板が端っこから少し見えてるだけのような所もあったし、道が判らないような所もありました。

1番スリリングだったのは、ココですね。

黒い線の所が道らしきところです。
思わず連続で写真を撮っちゃった。












私が通る時に主人が撮った物です。
この傾斜ですごく怖かったです。






少し進むと、岩がゴツゴツしてるところに出ました。
ここは虎ロープが渡してありました。13:16





少しこんな所を歩くと、今度は葉っぱがすごく積もった道でした。




ここがまた狭くて肩幅くらいしか無いから、何度もストックが踏み抜けてしまいました。


14:05 山王沢に着きました。

この先は、高水三山の惣岳山から御岳駅へ出る道に良く似てました。
判るかなぁはてなマーク ( *´艸`)

やがて動物除けのドアを抜けて畑道を歩いて、14:31 登山口を出ました。





ここからは舗装された道を歩きます。
もう足はガクガク・・・。



14:45 やっと車道に出ました。
右側の道を降りて来ました。




ここから『道の駅たばやま』までは10分位だったかなぁ。


もうこの山は絶対に来ないビックリマーク」って私が言うと、「俺も次は無いな」と主人。

主人は疲れた訳では無く、下山道がスリリングだったからって言うのと、山頂が展望の良い所じゃ無かったからのようですけどね。


予定より1時間近く遅れて車に戻りました。

すっごく疲れたし、攣った足が痛かったですねぇ。
主人が「良く頑張ったなぁ」って褒めてくれました。ドキドキ
でも、何をどう言っても歩かなきゃ帰れ無いのが山だものね。


結局、休憩時間を除いて約5時間歩いた訳で、疲れる訳ですよねぇ。

歩いてる時は、途中休憩無しで(写真を撮る時に止まっただけ)歩き通しでこれだけ時間が掛かっちゃったんだもの。
コースタイムがちょっとキツくなってるのかも知れ無いですね。

あ~でも、登りはゆ~くりだったのにコースタイムで登れたのよね。
やっぱり、道がデンジャラスだったからかなぁはてなマーク




温泉は、道の駅の『のめこい湯』に入りました。
以前に1回だけ入った事があったんだけど、全く記憶が無かったんですよ。

ここのお湯は、名前の通りにトロミがあってなめらかなお湯でした。
肌が、のめっこく なりました。( *´艸`)

いつまでの期間か判らないけど、露天風呂を改修工事してるんですよ。
その分、料金が半額になってますよ。
¥300です。
しかも1組にソフトクリーム1個をサービスでもらえます。

露天風呂なんて無くても、十分に楽しめるお風呂なので、今がチャンスですよぉ。チョキ

ただ、食堂は17時で終わっちゃうので、「夕飯をここで食べよう」って思ってる人は要注意です。
私達は、タッチの差で食べれませんでした。ドクロ




さ~て、久々にガッツリ登山して大満足。
お腹が一杯になりました。

来週は、息子を連れてまた永山ハイキングコースを1時間ほど歩いて来ようかと思ってます。
寒くなると鬱が悪化するんですよ。
私もイマイチ調子悪いけど、息子は重症なのでかなり辛そう。
でも、ヒッキーしてると筋力がドンドン落ちちゃうし、精神的にも良く無いので1時間位は歩かせないとね。

























飯能ハイキングコースは、先週主人が行って来て良かったと言うので行く事にしました。

私と息子が先週行った永山ハイキングコースと似た感じだって言うから、安心して普通の服装と靴で行ったのですが、主人が言う『ゆるゆる』は私には全くゆるゆるでは無かったです。(^^;)

美杉台の近くのごみ処分場周りに出来た工業団地の中を進んで行くと、駐車場と登り口がありました。

下の地図の黄色い線の所を歩きました。





駐車場の右手から登って行くと茜台自然公園があって、そこには木の棒で出来た杖が置いてあったので、借りて歩きました。











永山ハイキングコースと似たところだって聞いてたのに、階段が出てきましたよぉ。





早くも、この登りで息苦しくなって来ちゃったし風はすっごく冷たいんだけど、じんわり汗も出て来ちゃいました。


けっこう登って行きます。
永山ハイキングコースのような平坦な所とは全然違って、登山要素ありありなんですけど。

永山ハイキングコースと同じようなところだって主人が言うから、普通の服装と普通の靴で来ちゃったけど、登山靴の方が良かったって思う所が多々ありました。






それでも、こうやって片手をポケットに入れたまま歩けるんだから、やっぱりゆるゆるなのかなぁ。( *´艸`)


ここを登って降りて、また登ったら頂上だから」って言葉を3回くらい聞きながらにひひ 「まだぁ~」とか言いながら歩いてると、周りの眺めが良くなりました。
そして頂上に到着~。





今日は風が強いから空気が澄んでいたのか、スカイツリーまでハッキリと見る事ができました。
富士山も雪を被ってる所だけですが見えましたよ。


頂上は広くて、手作り感満載のベンチが3か所、テーブル付でありました。





これは箱になってて(正面の写真撮り忘れたぁ)登頂記念の記帳ができるように、中にノートとボールペンがありました。


少し休んで下山は、カモシカ新道をつかいました。
こちらは、けっこう急な下り坂で、何度も足を滑らせました。


ガーッと下って行くと道路に出たのでもう直ぐかなぁはてなマークって思ったけど、また山道に入ってしまいました。


でもこんな気持ち良い道でした。






ススキがいっぱいあって綺麗な所もありました。






少し歩くと、赤根が峠に着きました。










ここから少し登ると、見覚えのあるフェンスが見えました。

登って来た時の道と合流しました。
そこからは、来た道を戻って下っていくだけだったんだけど、もう足が疲れちゃって太もももふくらはぎもパンパンになっちゃいました。


車に戻って時間を見ると、まだ9:50でした。
出発したのが何時だったか覚えて無いけど、家を出たのが8時過ぎてたから、歩いてたのは1時間半ちょっと位かなぁ。


アップダウンがけっこうあって、標高が低くて短時間で歩ける割には、眺めも良いし楽しめる所でした。


息子に「ここならまた来ても良いって思うはてなマーク」って聞くと、「うん、だね」って言ってました。にひひ


ここなら、私一人でも息子を連れて来れる距離だし、良い所を見つけてもらったと思いました。


あ~でも明日、筋肉痛になりそうだわぁ。( *´艸`)















9月の最後に硫黄岳へ行って以来、体調不良と台風だなんだと天気が悪かった事もあって、10月は1度も山歩きが出来ませんでした。

週間予報では、11月3日も曇り時々雨ってなってたのが、11月に入ってから予報が変わって晴れ マークが付いたので「山へ行かれるぞビックリマーク」って喜んだんだけど、何せ丸1か月も空いてしまった後だから、登山靴を履いて行くような山は無理です。

なので主人には1人で好きな山へ行ってもらって、私と息子と2人で永山ハイキングコースへ行きました。


青梅鉄道公園の横の駐車場に車を停めて歩きだします。






今日は、矢倉台展望台まで行こうと思います。

8:57出発


矢倉台展望台




今日は良い天気で晴れ 日差しが暑いくらいでした。

明日・明後日と青梅産業祭りを永山グラウンドでやるので、その準備の人の車で駐車場はいっぱいでした。

歩き始めはグラウンドを見降ろせるのですが、白いテントがいっぱい並んでてお店がいっぱい出るのが判りました。


子供が小さい頃は何度か行った事があるのですが、地元の商店街のお店があって焼きそばや大阪焼きなどの露店が少しあって、体力測定なんかもあって、まあまあ楽しめるお祭りでしたよ。
もう20年も行って無いから、今時がどんなかわかりませんけどね。にひひ



今日は息子も行くのを嫌がらずに家を出てきたせいか、歩き始めから良く喋っていました。

引越しの時にゲーム類を全部捨ててしまった・・・・・とか
フィギュアを売れば良かったのに、「おかんが早く片付けろってせかすから、知り合いの子に全部まとめてあげちゃった・・・・・」とか。
売ってたら10万は下らない金額だったはずなのに勿体ない~。


その後は、政治の話から歴史の話まで。
私は、政治や歴史事は全く判らないんだけど、息子は世界の動きの歴史なんかも良く知ってて、どこの国がどうだからこの国ではテロが起きてるんだとか、日本で言うと江戸時代以降の事を順を追って話してくれたりして・・・・私は「へ~、へ~、・・・アッその名前は聞いたことがある」とか、時々答えるだけでほぼ聞き役でした。にひひ


永山ハイキングコースは、見どころっていうような所は無いので、ゆっくり歩きながら話をするのは丁度良いところです。


所々、高い木の葉っぱが色づいてはいましたが、紅葉が綺麗っていうほどでは無かったですね。


私達がゆ~くり歩いてるものだから、後ろから来て抜かして行った人が、トイレがある所まで行って戻って来て(その先へ行くと登山要素がでるので、そこで戻って来る人が多いんですよ)通り過ぎて行くって言うのを何人も見ました。

そのくらい今日はのんびり歩いたんだけど、トイレの所までくると息子は「疲れた~、もうイイんじゃねえ」って言ったんだけど、その先の坂を息子は登った事が無いので、「もう少し、ここを登ると休憩できるから」って言って、矢倉台展望台まで登って行きました。





大きくて真っ白な可愛いワンちゃんがいたので、写真を撮らせてもらいました。わんわん


ここは1箇所が開けてて、遠くのビル群までも見えました。
スカイツリーらしきものも見えたような気がしたけど、定かではありません。


ストック無しにこんな急な坂を登ったのは初めてです。( *´艸`)
坂を登るまでは全く疲れて無かった私の太ももですが、この坂で一気に疲れてしまいました。

息子も「太ももが痛い~」だって。

私は毎日、お医者で教えてもらったリハビリ体操をしてるし、仕事でも動きまわってるから、ヒッキーしてる息子よりは筋肉を使ってますからね。
息子、真剣にヤバイくらいに筋力が落ちてますね。

12月になって私が仕事疲れから登山が出来なくなっても、永山ハイキングコースへは来て歩き続けた方が良さそうですね。


今日は、ペットボトルのお茶を1本持っただけで来てるので、あまりゆっくり休まないで帰ることにしました。



10:00 来た道を戻ります。


10:00




帰り道も息子の話は止まりませんでした。

どんだけ溜まったものがあったんでしょうねぇ。にひひ



紅葉してたら写真を撮ろうと思って、スマホをずっと手に持って歩いてたのに、結局は鉄道公園の近くの木が1本だけ綺麗に色付いてただけでしたね。







10:58 車に戻りました。

せっせと歩いていれば、1時間半も掛からないで往復できるコースなのに、約2時間かかりましたね。
でも、息子といっぱいお喋り出来たし、久々に山の中を歩けたし。
暑くて汗ビッショリになったけど、気持ち良い2時間でした。



明後日の日曜の私は仕事がお休みです。

明後日も息子は山へ行くって言うかなぁはてなマーク
たぶん「行ったばっかりだからイイよぉ~行かない~」って言うんだろうなぁ。


陣馬山へお蕎麦食べに行こうかはてなマークって言えば行くかなぁ。( *´艸`)

でも、今の私は陣馬山へピストンにしても、ちょっと辛そうだしなぁ。
連休最終日だから、遠くは行きたくないし・・・・


どうしようかなぁ・・・・・・











久々のカラオケ 

テーマ:



金曜の夜に、都内でシドのライブがあるからと、仙台から出て来た娘。
日帰りは無理なので、我が家へ泊りに来ました。

帰るのは日曜って事で、次の日の土曜は息子も一緒に3人で実家へ行きました。(主人は仕事)

ご飯を食べて、息子はおじいちゃんに髪をカットしてもらって・・・・

暇だねぇ~

実家にはカラオケのマイクがあるので見てたんだけど、演歌とか昭和初期の歌しか入って無くてつまらないなぁって思ってたら、おばあちゃんが「お小遣いあげるから3人でカラオケ行ったらはてなマーク」って。

娘が直ぐにカラオケボックスを検索。

車でなら近い所に、フリータイムで¥800飲み放付きって言うのがあったので即電話。携帯

3人じゃ予約は出来ないけど、今なら2部屋空いてるとの事。
即効で行きました。DASH!14時半から20時までの5時間半音譜


3人でカラオケ行くなんて・・・・十数年ぶりくらいです。

3人ともアニソン大好き。音譜

連続でガンガン歌って、アッと言う間に5時間半は過ぎました。

息子は、いっつも裏声でキーの高い歌を歌います。

娘は、ちょっと低めの声なので、GLAYが丁度良いんですよね。

私にはGLAYはちょっと低くて、TOW-MIX とかMOVE とか林原めぐみとかを歌いました。


カラオケ自体がもう何年も行って無かったので、曲は覚えてるけど歌えないとかいうのが何曲もありましたねぇ。

シドの眩暈とか、英語の部分とかは覚えて無いと口が回らないとかね。


でも、楽しかったですねぇ。

途中でお腹が空いたけど、カラオケでは食べたくない子供達だから、スープを飲んで空腹をしのいで、帰りに「仙台には無いから食べたい」ってことで、埼玉県発症のうどん屋さんへ行きました。( *´艸`)



結局、おばあちゃん家には2時間ちょっとしか居なくて、ちょっと可哀想だったけど良い休日になりました。


   









前回ブログを書いた時の検査結果が1週間後に出たので見てきました。

ドクターがビックリするほど肝臓の数値が悪かったんです。
何でココを受信したんだっけ? 胃だよなぁ。 胃カメラもエコーも異常は全く無かったんだよなぁ。  この数値だと即入院ってものだよ。 直ぐに再検査をしますからね、結果は午後には判るので電話で聞いてください。数値が上がってたり変わらなければ病院を紹介しますから」って言われました。

ドキドキして、入院になったらどうしようあせるって、頭の中を色々な事がグルグル回ってて午後の診察時間まで落ち着きませんでした。

時間になって電話をしてみると、「少しだけど数値は下がってます。直ぐに入院だとかってことは無いので、来週また来てください」と言われますた。 ホッ~~~

でも電話だと、診療内容に関する事は言えないので、B型肝炎やC型肝炎についてがどうだったとかの話は来週って事になりました。

なのでその後の1週間も、不安な気持ちで過ごしました。


そして1週間後の今日、受診をした時に「BもCも大丈夫でしたからね。でもまだ数値は正常値より高いので今日も検査をします。肝臓の薬も飲んでおきますか。    ピロリ菌をやっつけるのは、肝臓が良くなってからだね。」ってことで肝臓の薬が出ました。

胃もまだ不調が続いてたので、胃薬も処方してもらいました。

検査数値だけでなく、薬をだしてもらえた事で治療が始まった訳で、安心しました。
それに、今日の血液検査の結果は更に数値が下がってるはずだとも言ってたので、ほんとホッとしました。


ところで、私は何かあると直ぐに下痢をしてしまうんですよ。
ちょっと考え事をして不安になっただけでも。(今日の診察が不安だったかなぁ)

昨夜は何が原因か、全く自覚は無いのに突然にお腹が痛くなって「来るなぁ」って思ったから直ぐにお腹の薬を飲んだんだけど、5分おきくらいに4回の下痢。

仕事中だったから冷汗ものだったんだけど、ちょうど(❓)暇な日だったので店長から早上がりだと言われて喜んで帰宅しました。

帰りは駅まで主人に車で迎えに来てもらおうと思ったんだけど、携帯のそばに居なかったのかメッセージが既読にならず、バスも出たばかりだったので仕方なくゆっくり歩いて帰って来ました。
歩きながら息子にラインして主人に伝えてもらって、主人が迎えに来てくれたので少しだけど車に乗って帰れました。


家に着くと、だるさと気持ち悪さで横になったんだけど、手を見ると真っ白ビックリマーク
死人のような土気色をしてました。

今月の初めに吐いて不調がはじまったけど、この手の色はその前から時々なってたものです。

血液検査では貧血は無いって言われたし、主人が手に触ると「冷たいなぁ」って言うんだけど、自分では体は汗ばんでるし手も冷たいって感覚は無いんですよねぇ。


山へ行くと、歩いてて体は汗が流れてるのに手が冷たくて血の気が無くなるって言うのは良くあるんです。
夏でも手袋することは良くあるんです。

でも最近は、日常生活やパソコンをやってて静かにしてる時にもおこります。
冷たいって感覚が無いのに血の気が無くなってる事が多いんですよねぇ。
私は自律神経失調症だから、血の巡りが悪くなってるんですかねぇ。


とにかく、まずは肝臓の治療をしてからですね。
血圧がちょっと高めの148だから、それも気になるし。
ピロリ菌の退治もあるし。

しばらくは、2つのお医者へ通院ですね。



今度の日曜は、登山は無理でも軽く散歩程度くらいはしたかったのに、しっかり雨が降るみたいで歩けそうにありません。

来月は、山歩きしたいよぉ~~~。




























体調不良で連休はお家。

テーマ:
先週の日曜日、山へ行く為に高速道路を走ってる時に、私は突然気持ち悪くなってリバースしちゃいました。ガーン


前の週から胃の具合がちょっとだけ悪くて、かかりつけのお医者で胃薬を処方され「痛み止めを長く飲んでるせいかも知れ無いから、痛み止めはしばらく飲まないように」って言われました。

私は痛み止めを飲んでいないと、日常生活にも支障が出るほどの痛みが出ちゃうんです。
山を歩く為には痛み止めは必要だったので、なんの戸惑いも無く飲みました。

更に、朝起きた時に喉が痛くて鏡で見ると真っ赤だったので、市販の風邪薬も飲んでしまいました。
これが悪かったのかなぁはてなマーク



リバースが始まるまでは、元気だったんですけどね。
1度リバースすると、もうダメですね。しょぼん

一口お茶を飲んだだけでもリバース、リバース。。。

登山口の駐車場に着くまでに、3回もリバースしちゃったんですよ。
もう出る物は無いって感じでした。



何故、途中で引き返さなかったか・・・って、後部座席で眠ってた息子に後で言われたんだけど、前の週は私と主人とでテント泊だったので息子は山歩きをしていません。

2週間空くと次の山行が辛くなることは、私自身の経験で良く判ってます。
だからどうしても息子には山歩きをさせたかったんですよ。
登山口まで行ってしまえば、私が山へ入らなくてもそれを理由に嫌がる事も無いだろうと思ったんです。

それに2人が山を歩いてる3~4時間は、ゆっくり1人で寝て居られるから、その方が回復するだろうとも思ったんです。


思った通り、息子は私が行かないって言っても嫌がる事無く、主人と2人で出発しました。(義理関係なんです)


私はシートをフラットに倒して横になりました。
すると5分もしない内に眠ってしまったようです。

パッと目覚めると11:30だったので、途中で買ったゼリー飲料をゆ~くりと飲んでから、精神科の薬だけを飲みました。
あと2時間は帰って来ないだろうと思ったので、気持ちを落ち着かせる薬も飲んで(すごく眠くなる薬)また直ぐに眠りました。



何時だったか覚えて無いけど、車の窓を叩く音で目覚めたら、主人と息子が帰ってきてました。

ゆるくて眺めが良くていい山だったようで、行かれなかったのが残念でした。


目覚めた時は、気持ち悪さは無かったのですが、麓まで降りる山道で再び気持ち悪くなってリバース。
お腹の中が空っぽになりました。



麓まで降りて平坦な道を走ってる時は平気だったんだけど、息子がサービスエリアのうどんが食べたいと言って寄った時にゼリー飲料を買って来てくれて、お腹が空だったので美味しく食べたんだけど・・・・高速で走る車の中でまたまたリバース。しょぼん
全部でちゃった。



何とか家へ帰り着いて、息子が布団を敷いてくれたので転がるように横になりましたが、吐き気は止まらず何度もトイレへ。
でももう出る物がありません。

やっと落ち着いたので、市販のお粥をゆっくり食べたけど、その後にリバースは無く、夜は睡眠薬を飲んで普通に眠れました。ぐぅぐぅ



翌朝も市販のお粥を食べれたので、横になってれば大丈夫だって思ったんだけど、2時間ほどでまた激しい吐き気に襲われて、リバースはしなかったものの油汗が出てくるほどだったので、フラフラしながらかかりつけのお医者へ行きました。

順番抜かしで先に見てもらえて点滴を打ってもらったら、帰りはスッキリして帰る事が出来ました。

ドクターの勧めで、胃腸科で胃カメラ検査をすることになって午後から行ってきましたが、胃カメラとエコーの検査をしたけど、どこも何も悪い所は無いと言われました。

神経性胃炎と診断されました。



神経性・・・・胃が痛くなり始めた頃は集中力が全く無くて、鬱の状態があまり良く無かったので、仕事のミスが続いてたんですよねぇ。


高校生や20代前半の子達と働いてる私。
全く同じ動きをしてるので疲れて仕方なくて、今年になってから働く時間を1時間削ってるし、暇な時は早上がりをするようにしてるんだけど。


私は『秋の雰囲気』が苦手なんですよね。
鬱やパニックの状態が悪化するんです。
今年もそんな時期が来たんですね。


そんな訳で、痛み止めを飲まない日々が続き(仕事の時は動けないので飲んでます)痛み自体がストレスになってるようで、胃の痛みが全然良くなって来ないうえに、火曜から膀胱炎になってしまいました。ドンッ

仕事中だったので、近くのドラックストアで薬を買って来て飲んではいたんだけど、全く良くなる気配が無く、またかかりつけ医に薬を処方してもらいました。



金曜までは本当に体がキツクて、仕事も20時で早上がりをさせてもらってたんだけど、金曜は忙しくて早上がり出来る状態じゃ無かったので、本当に辛かったです。

ところが土曜になると、胃の痛みはまだ少し残っているものの、膀胱炎の方はすっかり良くなったようでした。


連休は良い天気だから山へ行きたいとは思ったけど、食べ物も消化の良いものしか食べて無かったし、胃がまだ少し痛むので山は諦めました。


この時期は、長野県などでは紅葉が始まってます。もみじ
暑くも寒過ぎる事も無くて、登山には最適な時期での晴天の連休。

主人に「1人でテント泊へ行って来て良いよぉ」って言うと、喜んで地図やガイドブックとにらめっこをしてました。ニコニコ


主人の今の職場は土曜も仕事だから、日曜に私や息子に合わせた登山しかしてない主人。
主人には、「準備体操にもならないなぁ」って感覚らしいです。

たまには自分のレベルにあった、自分が楽しめる山へ行かせてあげたいって思ったんです。





・・・・っと言う訳で、バスの本数が少なくて車が無くては不便な所に住んでる私は、この連休はヒッキーってことになった訳です。

まあ25分も歩けば電車の駅に行かれるんだけど、特に出かけたい所も無いし本来がヒッキーな性格だから、家に居られる事はとても心地良い時間なんですよ。( *´艸`)


今日は暑かったけど、扇風機をしまったり夏掛けを洗濯したり、雑巾がけしたり・・・・
録りためてあった番組を一気に見ちゃったり。
充実した1日でした。音譜


明日は、パソコンで美容ブログの記事を数個まとめて書いちゃおうかなぁなんて思っています。
あっ、私が持ってる美容ブログ『コスメ試してみました左矢印クリックするとブログに飛びます。 もしよかったら覗いてみてくださいな。(^^)



こんな好きな事だけをしてる2日間を過ごすと、仕事へ行くのが嫌になっちゃいますね。
それがまたストレスになっちゃうのよねぇ。

ストレスに弱い私です。^^;



来週の天気予報は、曇り時々雨くもり雨
あらら・・・来週も山へ行かれ無かったら、せっかく復活の兆しが出てた私の体、また1からのやり直しになっちゃうわぁ。ガーン












今年5月にテント泊して以来、4か月ぶりで今年2回目のテント泊をしてきました。

足の具合や体力的にテント泊ザックを背負って5~6時間歩く事は困難なので、日帰りも出来る所でテント場まで2時間以内で行かれる所・・・って考えたら、2年前にも行った事がある硫黄岳になりました。

駐車場がある桜平からオーレン小屋まで、コースタイムは1時間弱。
テントを張って休んでから頂上を目指しても、16時にはテントに戻って来れるって予定で出発しました。

駐車場は真ん中の所へ停めました。
着いたのは7:40頃だったけど、8割くらい埋まってましたよ。


8:11 登山口を入りました。
黄色い線の所を歩きます。





登山口からは下って、川の所のトイレに寄って、ここからはしばらく急なコンクリートの道を登ります。

今回の登山では、ここが1番キツかったかなぁ。^^;

早くもバテて時計を見るけど、まだ10分しか歩いて無いビックリマークってな感じ。
大丈夫かはてなマーク私。


それでも、夏沢鉱泉まで40分掛からないで行かれました。
ここで登山届を出しました。





主人がトイレに行ったりして、5分位は休憩したかなぁ。

コースタイムが短い山へ泊りで行くって言うのは、時間に余裕があるから気持ちにも余裕がでますね。
せっせと歩かなくても良いんだもの。

歩きだすまではすっかり忘れていた登山道だけど、歩いて見ると色々と思いだして思い出話をしながら歩きました。

足は元気なんだけど、左肩が痛くなってきちゃってちょっと辛かったです。
パッキングの仕方が悪かったのかなぁ。


それでも9:52にはオーレン小屋に到着しました。
トイレに寄ったり登山届を書いたりしてる時間を除けば、コースタイムで登って来れた感じです。

テント場には5張くらいがあったけど、ここのテント場は広いですからね。
好きな所を選べました。


テントを張って、早いけどお昼ご飯用のパンを食べて、11:15に硫黄岳を目指して出発。
天気はまずまず。
時々青空も見えて日差しが暑かったです。


11:46 ヒュッテ夏沢に着きました。





爆裂火口が良く見えてます。

小屋の営業は8月25日で終わっていました。
なのでココのトイレは使えません。
オーレン小屋に戻るまでトイレは無いので注意です。






ここを登れば森林限界。
眺めが良くなりました。





左下に見える青い屋根は、ヒュッテ夏沢。
夏沢峠です。

空には黒っぽい雲も出てきました。
この日は上空の風が強かったようで、雲の流れがとっても早かったです。






こんな道を歩いてると、常念岳の登りを思い出します。
でもここの石は、平らな物が多かったですね。


ふと下を向けば、オーレン小屋らしき建物が見えました。






登るにつれて、火口に近い所はロープが張られてて近づけないようになってました。

確か、前に来た時はもっと近くを歩けたと思うんだけど。
登山道らしき跡もハッキリ残ってます。
ロープの位置が変わったのは最近なんですね。




13:00 頂上に着きました。
ガスは多いけど、周りの山も火口も良く見えます。






赤岳・横岳・その下の硫黄岳山荘も良く見えます。




稜線がすっごく綺麗で、歩いて見たいなぁって思ったけど、横岳まで往復で2時間はかかるし、登りがけっこうキツそうに見えるので諦めました。


良く見ると、赤岳の下の方にも小屋らしき物が見えます。
赤岳鉱泉はてなマーク 行者小屋はてなマーク


今日はオーレン小屋まで戻るだけで良いので時間に余裕があります。

爆裂火口の横を奥の方まで歩いてみました。





迫力がありますよねぇ。

ゆっくり見学して13:39 赤岩の頭に向けて下山開始。

岩場を降りると直ぐに目の前に赤石の頭が見えてきました。


はてなマークはてなマーク 「なんか前に来た時と違うように見えるけど。」

主人は、「同じだろう」って言うんだけど、すごく広く感じたし左側のところが、すごく凸凹しちゃってる気がしました。


2年前も同じ所から写真を撮っていたので比べて見ました。









上が2年前で下が今回のです。

遠くて良く判らないけど、やっぱり白い部分が広がってるように見えます。
左側の凸凹してる所は判らないけど。


2年で風化がすすんだんでしょうね。


13:59 赤岩の頭に着きました。
この頃は、下からガスがドンドン上がってきてました。





ここまでは森林限界を超えてて眺めが良かったのですが、ここからの下山は樹林帯に入ってしまいます。

しかも、私にはけっこうな急坂に感じました。
それが長く長く続きます。

こっちは登りには使いたく無い道だな」って主人。
私も同感です。
全く周りが見えない樹林帯で、これだけの登りが長く続いてたら心が折れそうだもの。にひひ


途中から疲れがピークになっちゃって、ゆ~くりゆ~くり歩くのがやっと。
もう泣きたくなるほどに疲れちゃいました。しょぼん


14:55 今夜の我が家が見えてホッ。音譜






隣のテントとは離れてて、テーブル付の快適な我が家です。ニコニコ


テントの数はだいぶ増えて、12張りまでになってましたが、その後もどんどん増えて最終的には18張になってました。

それでもギューギューにはなって無かった広いテント場です。




暗くなると冷えて来て、フリースとライトダウンを着たけど、そ~んなに寒いって感じでは無かったです。



早くに眠ってしまって21時に目が覚めちゃったので、睡眠薬を飲んで再び寝ましたが5時間効果の睡眠薬だから、2時にパッチリ目覚めちゃいました。目


その後はウトウトしてただけで5:30頃にはお腹が空いたので、起きて朝食にしました。






下山は1時間半の予定なので、のんびりのんびりテント撤収をして、7:50頃だったかなぁはてなマーク下山を開始しました。

歩き始めると、ドンドン登って来る人がいます。

今日は良い天気ですからね。
夏沢鉱泉には8:35ころに着いたのですが、桜平に何分頃着いたかは忘れちゃいました。^^;

ゲートを過ぎて駐車場へ向かうと、路駐が何台もありました。
駐車場の周りも中も満車状態で、私達が来たのを見て「出られますかはてなマーク」って聞いて来た人、ラッキーでしたね。



温泉は、前回も寄って縄文の湯にしました。




全く記憶が無かったんだけど、内風呂・露天風呂・サウナ・水風呂があって、内風呂にはジェットと打たせ湯も付いてました。

お湯は少し温めで私好みだし、水風呂も冷たすぎずに気持ち良いし、温泉は若干のトロミがあって肌がツルツルになりました。

こんな温泉が家の近くにあったら、毎週入りたいくらいに思いました。温泉



帰りは直ぐに高速に乗らずに、国道をずっと走ってきたんだけど、道の駅での収穫も無くちょっとつまらなかったです。


山梨県の石和付近に来たら渋滞が始まりました。

大菩薩峠の方から奥多摩へ抜ける道に行っちゃへば良かったんだけど、勝沼インターの方へ向かうと3車線がビッシリ渋滞でほとんど動かなくなっちゃいました。

一か八かで適当に左折して、ブドウ畑の中を通り抜けてブドウの丘って交差点にでました。ホッ

結局、大菩薩経由で帰って来ましたが渋滞に巻き込まれてた30~40分くらいのタイムロスでした。


後で知ったのですが、勝沼インター近くで車が炎上してたみたいです。



高速を使わず、渋滞にもはまったのに意外と早く帰ってこれて良かったです。

久々のテント泊、楽しかったです。音譜

















昨日の深夜に台風は通過してしまい、今朝5時に目覚めたら良い天気だったので山へ行く事にしました。

ところが、深夜に目覚めて眠れ無かったという息子を5時に「もう少し寝なさい」って言ったら7:30になっても起きて来ません。
起こしに行っても、中々起きてくれません。
後で聞いた話なんだけど、5時に寝る時に眠れ無いからって睡眠薬を飲んじゃったらしいんですよぉ。
5時間は効く睡眠薬を飲んだのに2時間半で起こされてるんだから、目が覚める訳無いですよね。
それでも行きたくない素振りの息子を見ないふりして、8時過ぎに「行くよビックリマーク」と連れ出しました。


この時間からなので、展望が良いちょっと遠い山へは行かれません。
埼玉県で家から近い所には、蕨山・棒の峰とあって次に武川岳があります。
武川岳へはしばらく行って無いので、今日は武川岳にしました。

コースは、げんきプラザの建物の裏側から登るコースにしました。
ここは、登り始めは子供達がオリエンテーリングで歩くような所なんですが、途中からは地図上では破線コースになってる所です。

初めて武川岳へ行った時に、地図が無くてげんきプラザでもらった地図を見たら、このコースだったので1度だけ歩いた事があるのですが、あまりにキツくて私は頂上まで行かれ無くて敗退したんですよねぇ。

そんなコースを、色々な山を経験した今に登ったらどうなんだろうはてなマークって思ったのもあります。



げんきプラザでトイレを借りて、9:36に出発~。あし





意外と急な登りです。
今日は大雨の後で山の中はグチャグチャだと思ったので、歩き方が下手で靴の吐き口まで泥だらけにする息子には、スパッツを装着させました。
思ってたほど、グチャグチャして無かったですけどね。^^




所々に、こんなのがありました。










書いてあることは小学生向けみたいなのに、山経験者の私はキツイ~って思いながら登りました。にひひ







展望台と書いてあるここで、オリエンテーリングは終わり。
ここから先は、破線コースの登山道です。




この岩の右側から裏側へ回りこんで進みます。


10:01 車道に出ました。

ススキがい~ぱい。
もう秋ですねぇ。





この道の斜め前から再び山に入りますが・・・・・すごく急です。あせる











初めて来た時に、こんな所を登ったんじゃ敗退する訳だわぁ・・・なんて思いながら歩きました。
アキレス腱がビンビン伸びてる感じだもの。


10:40 見晴らし台に着きました。
見晴らし・・・って言っても、木が成長しちゃったからかちょっとしか見える範囲が無かったですけどね。


ここまではガンガン登って来たけれど、この先はガーッと下ります。










写真を撮ってる余裕が無かったので、場所がどの辺だったか覚えて無いんですけど、道幅が肩幅位しか無いような狭い所もありました。
そんな所で登山道を見失って、ちょっとだけど横の山腹を歩いちゃったんですよ。
そしたら、息子が足を滑らせて倒れてしまいました。
ちょうど岩がボコッて出てる所で心配したけど、指の関節辺りを5mmくらい切ってお尻を打っただけで済んだから良かったけど、最初にも書いたように睡眠薬でもうろうとした足取りだったので(睡眠薬を飲んでた事は、この時点ではまだ知りませんでした)これを見た私は、「頂上は諦めて最初に見えた分岐から下山するよ。危なくて無理だわ」っと言いました。


息子はこの事で目が覚めたのか、この後からの足取りはふらつきが無くなっていつもの歩きになってはいたのですが。



10:56 分岐に来ました。





ここでご飯を食べて休んでから下山しよう」って私が言うと、主人が「あと20分で頂上だよ。ゆっくり歩いても30分かなぁ。この分岐から降りると林道歩きが30分になっちゃうよ」「頂上へ行きたかったら、1人で行って来ても良いよ

このやり取りを見てた息子は、「頂上まで行けばいいよ。大丈夫だよ、さっきので目が覚めたから。5時に睡眠薬飲んだのに2時間半で起こされりゃフラフラもするだろうよ」って、ここで初めて睡眠薬を飲んでた事を聞きました。

しかも朝の薬も飲んで来たって言うんですよ。
1日3回の薬だけでも、2時間位寝ちゃうほどに眠気がくる息子なんですよ。
だからいつも山へ行く時は、10時過ぎ位までボーッとしてるんです。

や~と今までフラフラしてた原因が判ったけど、あまりにも馬鹿げたことをした息子に「おバカビックリマーク」と怒鳴ってしまいました。

判断力が鈍るのは、病気の症状だから仕方ない。
見てる私の方が、もっと早くにいつも以上に眠気に襲われてる息子を見て気付くべきでした。


まあ、眠気が覚めた時点で言っても遅いですけどね。


息子が大丈夫、頂上まで行くと言ったので先へ進みました。

所々、平坦な緩やかな所もあったし、破線コースだった所よりは傾斜が緩くはなってたけど、かなり疲れてたのでちょっとした登りもキツかったですねぇ。

予想してた通りピッタリ30分で山頂に着きました。11:28






途中には、どんぐりがい~ぱい落ちてました。
昨日の台風で落ちちゃったのか、まだ青々したどんぐりです。





登山道に敷き詰められてる・・・って言うほどに落ちてたんですよ。
これじゃ、ドングリを食べる動物は秋深まって食べる物が無くて困るだろうなぁって思いました。



武川岳の山頂は、眺めが悪いんですよ。
ちょっと手を広げたくらいの範囲しか見えません。
それでも、今日は天気が良いので遠くまで良く見えました。

息子は、ベンチに座ってアイコスを1本吸い終わると急にお喋りが始まりました。にひひ

まあコレはいつもの事ですけどね。
薬の眠気が取れると、それまで黙ってて溜まってた分を一気に喋り出すんですよ。にひひ

食欲も出てお握りおにぎり3個をペロッと食べてしまいました。


ここで下山道をどっちにするか3人で話し合い。

さっきの分岐まで戻って舗装された林道を30分歩くか。
頂上の横から下山して、10分長く山道を歩いて車道歩きは10分弱って言う方を選ぶか。


すると私と同じく舗装道を歩くのが本当に嫌だビックリマークって言う息子は、コースタイムが10分長くなっても車道歩きが短い方を選びました。( *´艸`)


12:07 下山開始





下の分岐からの登山道は、記憶に残って無いので比べられないんだけど、ここからの下山道はけっこう急だって言うのは主人が覚えてました。





時々平坦な所やちょっと登る所もあるけど、ほとんどがこの傾斜で下って行きます。
でも階段じゃ無いから膝が痛くなる事は無かったです。

新しいストックは、T型になってるので上から握るようにすると、体重が支えられて楽に下れました。



12:52 車道に出ました。




ここには全く道標は無いんだけど、斜め前方の山道に入って行けば良いのです。


少し下ると、目の前に伊豆が岳がドーンッと見えました。
これが伊豆が岳って事は、登り途中の展望台の所だったかなぁはてなマークに表示があったから知りました。






こちらの道も、けっこう急な下りでした。


山伏峠の道路が見える所まで降りて来た時、横に沢があって沢まで行かれそうだったので息子と行ってみました。

息子は何のためらいも無く沢に入って行きましたが、突然うしろに倒れて来ました。叫び
慌てて手を差し伸べて体を支えられたから良かったけど、危なく沢に尻もち着くところでした。

はてなマークどうしたのはてなマーク」って聞くと、「下が粘度だった。足が沈んだぁ~」だって。

私がとっさに出した手にはストックが握られたままだったので、息子は私が支えた「腕が痛い~汗って。

大好きな沢での顔洗いが出来なかった上に腕が痛いとは、残念でした。でも私が支えなかったら今頃ドロでビッショリだったからねぇにひひ


山伏峠へ降りてから車までは5分も掛からなかったように思います。


下山時間は・・・・13:20頃だったかなぁはてなマーク



登りで結構キツかった割には、なんかあっけなく終わった気がしました。


げんきプラザからの破線コースは、初心者にはお勧めできませんけど、初級者だったら慎重に歩けば大丈夫だと思います。
初級者のソロは、一応やめた方が良いかもですけどね。

武川岳は、蕨山へ登る駐車場(名郷バス停)の所から歩きだしての上級者コースも歩いた事があるので4コースを歩いてますが、色々な歩き方を楽しめて飽きない山ですね。



さて、週末はまたまた連休です。
軽~い歩きのテント泊を予定してますが、何だか天気が怪しいんですよねぇ。
どうなることやら。