ファンダメンタルなアウトローのFX

政策金利によって為替相場は値動きします。FXを政策金利・ファンダメンタル情報から考えて投資します!

書籍 対象

内容

スマホの方

もっと強くなる、FX投資①

初心者

投資ノウハウ

こちら

※対象は「ファンダメンタル投資」に対してのものです



為替相場が大きく値動きを起こすとき、必ず相応の理由が付きます。為替相場の取引額は1日で200兆円を超えます(BIS調査)。東証一部の約2兆円と比較すれば歴然です。多くのマネーが投じられなければ、相場は大きな値動きにならない訳です

つまり、マネーが動くには理由が必要ですから、その理由を突き詰めるアプローチがFXでは有効です。さらに、マネーが動くメカニズム(動機)を理解する事が必要です。「なぜドル高になる?」を説明できるようになれば、FXを圧倒的優位に進めることが出来るでしょう。



本書はメカニズム(動機)について書いています。マネーがどういう理由で動くのか?マネーが動けば相場も動きます。当然ながら、FX攻略の糸口になります。


このような考え方に共感できる方でしたら、かなり面白いと思います。興味が深まれば、学習を進めていけば良いでしょう。その参考になると思います。



NEW !
テーマ:

PCEコアデフレータ 2014年以降 時系列データ

 

PCEコアデフレータとは、同時に発表される個人消費支出(PCE)の名目値と実質値の差をインフレ率として求めたもので、FRBが金融政策を決めるとき最も重視するインフレ指標であります。ジャネット・イエレンFRB議長が単にインフレと述べる場合、PCEコアデフレータ(前年比)を指しています。

米国はインフレターゲット政策(目標2%)ですから、PCEコアデフレータが2%へ向かうかどうかが利上げのポイントと考えてよいでしょう。インフレが上昇すれば、金利が上昇し、するとドルも上昇を始める。このBLOGを書く基本になっている金利差理論にとっても重要な経済指標であります。

 

コアデフレータは、変動の激しいエネルギー価格を除いたデータですから原油上昇は無関係と考えられますが、そうではありません!

原油が上がればトラックの輸送費は上がるでしょう。工場の稼働コストもあがり、製品価格に波及するでしょう。つまり、コア指数にも波及を始めます。これらを踏まえて、PCEコアデフレータは上昇トレンドを描きつつあり、傾向は現在も続いていると予想されます

 

現在の水準より上昇すれば、インフレターゲットに接近します。すると、利上げが正当化されるわけです。つまりこの経済指標は、利上げが正当化されるかどうかを確認することが出来ます。私がBLOGで大きく取り上げるのも、雇用統計と並んで重要視しているのも、この為です

 

PCEコアデフレータ(4月)21:30
予想 0.2% 前回 0.1%(前月比)
予想 1.6% 前回 1.6%(前年比)

 

今日の予測値です。予想より強ければドルも強く買われるでしょう。前月比が強くてもドルは上昇しますから、こちらも注目です。どんな数字になるでしょう?

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

米ファンダメンタルを確認できる材料がずらりと並ぶ!

 

◎FX 相場観&見どころ

昨日から一転してファンダメンタル重視の相場になるでしょう。非常に材料が多く、FRBが利上げに際して特に重視するPCEコアデフレータが含まれます。さらに米国からは重要データが続きます。ユーロ圏もドイツ・雇用統計、ユーロ圏・失業率、消費者物価指数(CPI)が注目されます。日本も雇用統計によって円が動くでしょう。昨日のような思惑で動くのではなく、データの善し悪しで値動きが起こる、正統派の相場観になり易いです。

 

◎ファンダメンタル動向

米国から今日は多くの経済指標がでます。今週金曜まで重要データの発表が続きます。ドルは経済指標が利上げに作用するかどうかを見定めて修正されます。単に経済指標の強弱だけでは動きません。今日のPCEコアデフレータ、1日のISM製造業景気指数、3日の雇用統計が米ファンダメンタル動向を測るデータとなり、他が付随する格好になるでしょう。

注目のPCEコアデフレータですが、原油が30㌦⇒50㌦まで上がった流れを背景に、強いデータになる可能性が高いです。予想値をクリアできれば、6月利上げの公算は強まるでしょうから、ドルが買われる展開になるでしょう。

 

【韓国】
鉱工業生産(4月)8:00
予想 -0.3% 前回 -2.2%(前月比)
予想 -1.3% 前回 -1.5%(前年比)

【日本】

失業率(4月)8:30
予想 3.2% 前回 3.2%

有効求人倍率(4月)8:30
予想 1.30 前回 1.30


鉱工業生産・速報値(4月)8:50
予想 -1.5% 前回 3.8%(前月比)
予想 -5.1% 前回 0.2%(前年比)

【NZ】
ANZ企業景況感(5月)10:00
予想 N/A 前回 6.2

【豪州】
経常収支(第1四半期)10:30
予想 -195億豪ドル 前回 -211億豪ドル

【ユーロ圏】
ドイツ小売売上高(4月)15:00
予想 0.9% 前回 -1.4%(-1.1%から修正)(前月比)
予想 1.7% 前回 0.7%(前年比)


ドイツ失業者数(5月)16:55
予想 -5千人 前回 -16千人

ドイツ失業率(5月)16:55
予想 6.2% 前回 6.2%

ユーロ圏失業率(4月)18:00
予想 10.2% 前回 10.2%

ユーロ圏消費者物価指数(5月)18:00
予想 -0.1% 前回 -0.2%(概算速報値・前年比)
予想 0.8% 前回 0.7%(コア・前年比)

【インド】
GDP(第1四半期)21:00
予想 7.5% 前回 7.1%(前年比)

【ブラジル】
失業率(4月)21:00
予想 11.1% 前回 10.9%

【カナダ】
GDP(3月)21:30
予想 -0.1% 前回 -0.1%(前月比)

GDP(第1四半期)21:30
予想 2.8% 前回 0.8%(前期比年率)

【米国】
個人所得(4月)21:30
予想 0.4% 前回 0.4%(前月比)


個人支出(4月)21:30
予想 0.7% 前回 0.1%(前月比)

PCEデフレータ(4月)21:30
予想 1.1% 前回 0.8%(前年比)

PCEコアデフレータ(4月)21:30
予想 0.2% 前回 0.1%(前月比)
予想 1.6% 前回 1.6%(前年比)


S&Pケースシラー住宅価格(3月)22:00
予想 5.11% 前回 5.38%(20都市・前年比)

シカゴ購買部協会景気指数(5月)22:45
予想 50.5 前回 50.4

コンファレンスボード消費者信頼感指数(5月)23:00
予想 96.3 前回 94.2

09:20 閣議、閣議後会見
17:30 ビスコ伊中銀総裁 年次報告の講演
19:00 イタリアGDP改定値(第1四半期)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ファンダメンタルの動きなどに関わる情報をフェイスブックに載せています。米利上げ、日本の消費税問題などが為替相場を動かします。その視点からFXにアプローチしていきます。フェイスブックは全員に公開された状態にしています。

 

為替相場が大きく動くときは、ファンダメンタルの評価が修正されるタイミングです!

そのヒントになる情報を掲載しています。

 

リンクhttps://www.facebook.com/outlawfx/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。