【遠征】今年最後の釣行

テーマ:
6月17日(土曜日)

6月も中盤になりそろそろ受験勉強を本格的にしなければならない時期になりました。なので引退釣行として外房方面に遠征することにしました。

前日の夜から出発し深夜1時頃に勝浦港に到着。今回の狙いは泳がせ釣りでヒラメです。
まずはサビキで餌の確保をします。
開始2投目でコサバが釣れました。
続いて3投目でムツっ子
その後はサバがコンスタントに上がります。

サビキを続けていると、近くで小規模なボイルが起こり始めました。すかさずそこに泳がせの仕掛けを投入すると、アタリがあったものの3分くらい様子を見ながら置いてもフッキングせずサバに噛み跡がついてるだけでした。

その後は泳がせの仕掛けにアタリもなくサバがぽつぽつ掛かるだけ。
日が登ってきてショゴ(カンパチの若魚)が漁港に回っていそうだったのでジグヘッドにワームを付けて投げてみると、流線型の魚がしつこくチェイスしてきます。3投くらいしてようやくヒット!上がったのは

ワームとそんなに変わらないサイズのカマス
100均のワームでも釣れました。

さらにもう1匹追加

その後はサバすらも釣れなくなったので一度竿をしまって仮眠。

仮眠を終えて4時頃に釣り場に戻ります。
そしてコマセを撒いてみるとフグの大群。とりあえず仕掛けを投入すると人生初のショウサイフグ🐡が掛かりました。

しかし、こればかりがしつこく掛かります。
やがて黄色くてフグより素早い魚がコマセに寄って来ました。そしてその中の1匹がヒット!
子気味良い引きを味わったところで抜き上げ。
上がったのは
20cmくらいのショゴ😁

小さいとはいえカンパチはカンパチです。遠征した甲斐のある1匹です。
続けてショゴがヒットするも抜き上げ時にバラシ。その後は日没までサビキはフグ地獄となりました。

気分転換にチョイ投げをすると1投目でピンギスをキャッチ
しかし後が続きません。

日没してフグが居なくなると入れ替わるようにサバの大群が来ました。
すかさず数匹釣って泳がせます。

サビキに集中していると泳がせ釣りの竿のリールからドラグが出ていきます。慎重に合わせるとまずまずの重量感と引き!ドラグが止まりません。やがて無抵抗になったと思って寄せると急に暴れて無念のハリス切れ😱
ハリスが長く切られてた&ヒラメやカレイは経験上、姿が見えるまでは素直に寄ってきたのでおそらくサメでしょう。
泳がせでエイ以外の魚をバラすと悔しいです。

その後はサビキも泳がせもあまり反応がありません。そのまま朝になってサバを数匹釣って雨が降る前に納竿。

釣果はショゴ1匹とショウサイフグ5匹とムツっ子4匹とシロギス1匹カタクチイワシ1匹とサビハゼ2匹とチビカマス2匹とコサバ多数。

本命のヒラメは釣れませんでしたがショゴやショウサイフグ、ムツといった東京湾ではあまり見られない魚と出会えて良かったです。釣り納めとしては十分でした。

受験勉強が本格化してきたので釣りとこのブログを長い間お休みします。少し長々しい記事を最後まで閲覧していただきありがとうございました。志望校に合格できるように頑張ります!

AD