思い通りにならない人生

テーマ:

今年の9月で 58歳になりますが、


子供を3人無事に育て上げてきて孫も4人いて


周りから見ればすごく幸せそうに見えるかもしれませんね。


でも自分の人生をふりかえってみると


子供の頃からいつも  死にたい!  とそんなことばかり考えていました。


死ねば楽になる・・・と逃げ道ばかり考えていました。


両親は、いたのですが、貧しい生活で母親は、いつも父親の文句ばかり


言っていました。


それをいつも聞かされて育ったので父親の事が、嫌いだったし


母親の力が、ものすごく強かったのです。


そんな両親なら離婚をすればいいのにといつも


思っていました。


家庭の中は、暗くて家族の会話なんてなかったです。


その頃のテレビといえばホームドラマが多くて


私は、自分の家があんな家庭ならいいなと思っていました。


そんな中で私は、小学生の頃に母親のする内職を手伝いながら


「何か楽しい事がないかな?」


と聞いた事があります。すると母親は、


「人間は、苦労する為に生まれてきているんだよ」 ガーン


と話してくれたのを覚えてます。


その時は、子供心に大きくなったら私が、一生懸命働いて


両親を楽にさせてあげたいと思っていました。


そして母親が、している内職をいつも手伝っていました。


そして高校を卒業して就職をしてから


家に生活費をいれるようにしました。


でも家庭の中は、相変わらず暗くて両親の仲は、よくなかったのです。


私は、会社務めをしながら自分の青春時代を過ごしました。


会社の先輩に恋をしてそれが、成就しなくて


今の主人とお見合いをして結婚して・・・


そして子供を3人授かって一生懸命子育てをしました。


まわりからみればもうこれで充分幸せな人生を歩んできたと


思うだろうけど私の心は、満たされないままでした。


すきでもない人と結婚をしたという後悔がたってしまいました。


そんな私の後悔を夫は、知ってか知らずか・・・


夫は、家庭をかえりみないで毎日ギャンブルにのめりこんでいました。


私は、子供3人と一緒に  死にたい!


  とそんなことばかり考えていました。


今までに何度も死にたいと思っていたのに


それが出来なかったのです。しょぼん


自分の中でもう少し生きてみようと


そう思う心の繰り返しで今まで生きてきました。


そして子供の頃から働いてきて今また60歳近くになっても


働かないといけないという現実・・・


人間は、生ある限りは、労働をしないといけないな!


と思い知らされます。


でもいったい私は、何のために働いているんだろう?


と思うことが、あります。


私は、いつ人生を終えてもいいと思っているのに


これからも働かないといけないという  ギャップを背負っているのです。


そして姑が、元気で長生きをしている以上は、


これからもそれに付き合わないといけないかと思うと


私の人生っていったい何処まで 苦労を背負っているの?


と思ってしまいます。


姑にも夫にも息子夫婦にも束縛されない・・・


そんな人生を夢みているのですが、


思うようにならないのが、人生なんでしょうね。



AD

コメント(4)