こんにちは、しもじんです。

 

中小企業、特に、きもの、ジュエリー、寝具、美容などの高付加価値を提供する

専門店において、現在社員の育成と定着、そして次世代のお客さまづくりは

大きな課題となっています。

 

そこで、PR現代 では、次世代の顧客と社員育成を実現する

「助成金活用連動型 人材育成プログラム」

の導入をおすすめしています。

 

これは、厚生労働省が推奨する「助成金制度」を利用しながら、

人材を育成と定着を図り、かつ「次世代のお客さまづくり」のための

仕組みづくりを行うものです。

 

4月となり、2017年度の助成金制度も明確になりました!

 

 

当社では、「基礎制度」と「スペシャリスト育成制度」という

2段階の仕組みづくりを提案し、昨年度は10社がその活用と研修をはじめています。

 

 

1:「基礎制度」は、厚生労働省が推奨する「キャリア形成促進助成金制度」

   の中でも、特に3つの制度活用をおすすめしています。

 

<これを活用しますと>

●人事評価制度の改善で、50万円~130万円が受給可能。

 

●社員が自主的にセミナーや研修会に参加できる社内制度を作り、

 受講する制度で、50万円が受給可能。(研修内容は社員の自由選択制!)

 

●社員自身に今後のキャリアや会社への期待などをヒアリング(1人30分ほど)。

 キャリアコンサルティング制度を設けると、50万円が受給可能です。

 

 

「基礎制度」づくりは、弊社総務部の佐藤省二と専門の社労士事務所がサポートします。

中小企業の場合、1、2、3共に各50万円の助成金が出ます。

 

 

2:「スペシャリスト育成制度」は、ジュエリー、ウェブ、きものの各業界において

最近特に重要な「専門分野のスペシャリストを育成するため」の仕組みです。

 

1.ジュエリーの修理、リフォームの業績向上を図る「3Rコンシェルジュ」

 

2.ウェブからの集客、増客を図る「ウェブマスター」

 

3.きもの需要を活性化する「たんすコンシェルジュ」育成

 

などのコースがあります。

 

 

「スペシャリスト育成研修」や仕組みづくり、「企画・広告・ウェブ構築」は

当社の専門プランナーがサポートします。

 

 

活用しないのは、とてももったいない制度です。

 

「基礎制度」と専門店ならではの「スペシャリスト育成制度」で、

社員の育成・定着と、売り上げの安定成長を、ぜひ図ってみませんか?

 

 

詳しい内容はこちらからご覧いただけます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

助成金活用連動型「人材育成研修」「企画・広告・ウェブ構築」

<無料相談会のご案内>

 

・助成金申請の条件

・活用できる制度メニュー

・おすすめプラン

など、個別にアドバイスいたします。

 

◯日程 2017年 5/25(木)、6/22(木)、7/26(水)、8/9(水)

    10時〜18時  ご都合の良い日時をご予約ください。

○会場 PR現代 ○担当:総務部  佐藤 

 

お申し込み、お問い合わせはこちらから。

どうぞご利用ください。

 

「助成金活用連動型 人材育成プログラム」を活用し、

人材の定着・育成を図りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

専門店のマーケティング、販促情報誌

月刊『next』5月号の特集は、

「改正 消費者契約法 特商法 適応策」です。

 

6月には「改正消費者契約法」が、

12月には「改正特定商取引法」が施行されます。

 

4月25日発行の『next』では

法令を守り、安心信頼される専門店づくりのための適応策を紹介します。

 

今回の法改正は

ますます巧妙になっている不当な販売事業者から消費者を保護し、

規制の抜け穴を解消するために施行されるものです。

 

消費者保護の傾向に合致した正攻法の専門店が勝ち残るチャンスと捉えましょう。

 

今更ながら、法令(企業コンプライアンス)を遵守し、

さらに信頼性の高い専門店(ストアブランド力)の確立が急務です。

 

「社員、顧客、地域から強く愛される専門店」が

生き残る時代です。

 

その適応策については、

月刊『next』をご覧ください。

 

<月刊『next』5月号 主なコンテンツ>

 

1 改正 消費者契約法 特商法 適応策

2 「改正 消費者契約法 特別商取引法」施行間近!法の規制強化をチャンスに!

   さらなるストアブランドの確立を目指そう! PR現代 下島仁

4 社員、顧客、地域からさらに信頼される専門店へ!

  ご存じですか? 改正・消費者契約法 改正・特定商取引法◆対応ガイド◆

  編: PR現代 マーケティング室(監修・平澤慎一 弁護士)     

 

10 和道経営の会 定例研究会

  「おしゃれ劇場クリニック〜人が変われば店が変わる〜」開催レポート

 

12  トピックス

  「サダマツ」(東京都目黒区)

        「フェスタリア ビジュソフィア ギンザ」オープン

         自分だけの星を見つけられるHOUSE OF STAR

  「ウメショウ」(岐阜県瑞穂市) 写真スタジオ「衣舞」岐阜六条店オープン

  「京ろまん」(奈良県奈良市)「第22回きものパーティー翔」開催

 

16 専門店ならではのウェブ運用最適化策 売れるウェブ活用術10  

  ウェブ最前線 ここが違う! ウェブで成果を出せる店・出せない店

         PR現代 ウェブ戦略チームリーダー 神山有史

 

18 連載 ウェブマスター養成講座 6 サチコ ウェブマスターへの道

  

22 プロモーショントピックス/真珠チラシ効果測定レポート

  高反応「真珠・大感謝祭」チラシで真珠一番店へ!

 

24 トピックス/第31回「実践人東京地区研修会」開催

   「森教学の実践を目指して」山口秀範 氏

   日本人として偉人に学ぶ生き方と家訓を持つ大切さ

 

26 5月 ウェブ検索月間トレンドキーワード ほか

 

 

専門店のマーケティング、販促情報誌

月刊『next』の詳細はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

AD

社員との面談を行うときや

社員から話を聞くとき、

相談や悩みを打ち明けられた時

気をつけている4つのことがあります。

 

 

これまで、

よかったとき、よくなかったとき、

また先輩などから注意・指摘・助言を受けた経験から

これは大事にしなければならないと思っている

社会人生活28年の中でつかんだポイントです。

 

 

それは、

1:傾聴→2:共有→3:参画→4:実現 の4つです。

 

 

1:傾聴:心込めて聞くよう努めること。

     (忙しい時これがなかなか難しい)

2:共有:なぜそう思っているのか、なぜそのような考えに至ったのか、

     問題を一緒に考えてみる。

     思い(目的)を共有する。

3:参画:その思い(目的)を達成するための取り組み方、土俵を共有する。

4:実現:課題を解決する、変化をもたらすアクションを起こす。

 

この

1:傾聴→2:共有→3:参画→4:実現

を意識したコミュニケーション大切にしたいです。

 

きちんととできているわけではありませんが

もっとしっかりやれるよう

今後も強く意識していきたいと思います。

 

 

また、所作としては

気さくな雰囲気や真摯な姿勢、長時間は行わない、

笑顔、目を見て話を聞くなども

大事にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

AD

今年は2名の新人(女性社員)が入社し、

今週から新入社員研修がはじまっています。

 

昨日は私が担当し「マーケティング」についての研修を行いました。

 

おもなプログラムは下記のような7項目です。

 

1:マーケティングとは何か?「市場創造」である

2:製造業のマーケティングと小売業のマーケティングの違いは何?

  それは、市場創造と、顧客創造の違い。

3:専門店におけるマーケティングの究極の目標は「生涯顧客づくり」

4:お客づくりは5段階で進む「客づくりの5段階システム」とは?

5:PR現代のマーケティングは「小売広告」に集約される

6:いま求められる「マーケティング3.0」のチカラ

7:最後に、なぜ「マーケティング」は必要なのか?

 

月刊『next』で紹介した事例店をもとに

具体例を交えて行いました。

 

最後は、今日学んだことの整理と

マーケティングをこれからどんな仕事に活かしたいかのレポート提出。

 

それぞれ編集やウェブ、広告に注力したいとの思いを強めたようで何よりです。

 

「マーケティングって何か面白そう」

「大学での授業よりわかりやすかったです」との

声(お世辞?)を聞いてやってよかったと思いました。

 

 

 若い感性を活かして

これからの市場創造・顧客創造につながる仕事に

思いっきり取り組んでほしいです!

 

さぁ、共に頑張ろう!

 

 

 

 

 

専門店のマーケティング・販促情報誌 『next』4月号発行発行しました。

 

今回の特集は

「自店の理想とするお客さまづくり」を目指して。

 

店舗の立地自体を変えた事例、店舗コンセプトから変えた事例、

ホームページやSNSを有効に活用している事例、

そして最初は小さな金額でも商品を利用しているからこそリピートしてくださる

リペア、リフォームによるお客さまづくりの事例を紹介しています。

 

理想とするお客さまを顧客にするにはまず、

自店のターゲットを明確にすることが出発点でしょう。

 

しかもそのターゲットについてはその年代や所得だけでなく、

ライフスタイルや人格にいたるまで明確にして

「誰にどんな価値を提供しどう社会に貢献するのか」

それをわかりやすく魅力的に伝えることがますます重要度を増しています。

 

 

主なコンテンツ

 

特集 お店の理想とするお客さまづくりを目指して

 

問題提起「私ファースト」の顧客戦略へ

 

クローズアップ 丸十(大阪府東大阪市)

     「京都西陣・天音菴(あまねあん)」

     1周年記念パーティー 和文化の楽しさを世界に発信

 

事例1  みさ和(兵庫県揖保郡太子町)

     「大塚呉服店」―JR大阪駅のファッションビル「ルクアイーレ」に出展

     コンセプトは“きものが着たくなる呉服店”

 

事例2 MOTTOTTI(マトッティ)(兵庫県神戸市)

     ホームページから海外のお客さまがメンズブランドを購入

     SNSでパリコレ情報を発信

 

事例3 タニダ(埼玉県熊谷市)(JMG分科会事例紹介)

     地元で長年培ってきた「修理」に信頼

     困りごとの解決をアナログとデジタルで発信!

 

専門店ならではのウェブ運用最適化策 売れるウェブ活用術9

     PR現代 第4回「ウェブ・ソリューションセミナー」開催レポート

     成果が出るウェブサイト活用のポイントは「S・T・P」

 

連載 ウェブマスター養成講座 5 サチコ ウェブマスターへの道

  第五話:三つの壁

 

私の健康法 (株)丸上 代表取締役社長 上達 功 氏 ほか

 

お申し込みは こちらからご覧いただけます。