◆お知らせ(その1)◆


$Koozy Official Blog  「Koozy日誌 ~Happy & Smile~」


Koozy Official Website
"Koozy54.com(コージー・ドットコム)"



『写真詞集』制作のアーティスト・プロフォトグラファーと
して、活動中でもあるKoozyのオフィシャルウェブサイト。

Koozyの活動・過去作品等が、紹介・掲載されています。


また、月刊ウェブ写真展 「Monthly Koozy」 も連載中!



----------------------------------------------



◆お知らせ(その2)◆


Koozyが本名で書いているもう1つのブログ

「Reborn to happiness ~1000のコトノハ~」


「1000のコトノハ」 毎日21時に連載中!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-25 18:04:17

チェコ・ポーランド出張(その1)

テーマ:旅行

こんばんは。
 
現在、出張(仕事の撮影)で
チェコとポーランドに来ています。
 





 


チェコへは日本からの直通便がないため、

トランジットでベルギーのブリュッセル経由です。

 
 



ブリュッセルで5時間以上の
トランジットの空時間があったので、
束の間の観光がてら、
ブリュッセルの街中まで行ってきました。
 
 







 
ヨーロッパに来るのは10年以上ぶりですが、
やっぱり街が美しいです。
 




そして、ブリュッセルの名所、小便小僧。


 






それと、ゴディバ本店。








あと、ベルギーに来たので、お約束で

ベルギーワッフルを食べました(笑)
 





 


1時間半程度の観光でしたが、
ベルギーをちょこっと
堪能できて良かったです(^-^)
 
 


続けてチェコのプラハですが、ここからお仕事です。



※ここでの掲載写真は、仕事以外の撮影写真となります。




プラハは街が美しいことで有名だけあって

(街が世界遺産)、やはり街中がかなりキレイです。








近代的な作りのビルがなく、
昔ならではのヨーロッパの
建築様式の建物ばかりで、
それが均一的な美しさを
保てている秘訣なんでしょうね。



旧東欧側だからか、同じヨーロッパでも
西側とは街の景観が違う感じがします。



しかし、プラハの街を歩いていて、
ふと感じるのですが、
ドラクエの街感満載です(笑)









どこかに武器屋とかありそう( ̄▽ ̄)





また、プラハは芸術の街で
世界的に有名ですが、仕事後に、

本場のオペラを鑑賞しました。
 




 
 
席が若干失敗して、
柱がすぐ目の前にある席でしたが、
それでも一流のパフォーマンスは
堪能することができました。
 
 
 
全部チェコ語での公演ですが、
英語の字幕があって、
何となくのストーリーは分かりました。
 
 
 
昔、ニューヨークのブロードウェイで
ミュージカルを観た時、
当然、全編英語での台詞と歌で
意味は拾えませんでしたが、
それでも感動すると言うか、
心に強く響くんですよね。
 
 
 
今回のオペラもそこに
共通する部分がありましたが、
言葉を超えた本質的な感動って、
こう言ったことを言うんでしょうね。
 


 

最後にチェコで食べた食事の一部を。




グラーシュ(チェコ風ビーフシチュー)





チェコ風ローストポーク






チェコビール



  
次回以降、ポーランド編へと続きます。 




(~その2へ続く)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-20 21:29:13

PASMOを紛失 ~日本人の素晴らしさ~

テーマ:出来事

こんばんは。

 


5月も下旬となり、初夏の季節に入ったからか、

すっかり夏の気候になってしまいましたね。

 

 

今日も東京の日中は、30℃近くになりましたが、

明日はもっと暑くなるようです。



私としては、真夏の気候が大好きなので、

暑くなるのは、すごく嬉しい限りです(^-^)
 


そう言えば、私事ですが、つい先日、
外出中にPASMOを紛失しました。
 
 


ちょうど出張前のタイミングで、
ガッツリとチャージをした直後に
紛失してしまうと言う大失態を
犯してしまいました。。。
 
  
 
しかも、気づいたのは紛失した翌日で、
恐らくどこかで落としてから、
丸1日以上経ってからです。
 
  
 

気づいてからすぐに、

利用停止の手続きをしましたが、
落としてから1日以上経っているし、
中身のチャージ金額は誰かに

利用されてしまっている覚悟でいました。
 
 
 


しかし、PASMOを再発行してみて
チャージ金額を調べてみると
中身の金額は1円も使われていなく、
全くの無事でした。
 
 
 


再発行の手数料は少しかかっていますが、

半分諦めていたお金だけに
何だか得した気分ですね(^^) 
 
 
 

ちなみに私、3年前にも同じく
PASMOを紛失したことがあります。。。



この時も中身のお金は今回と同様、
1円も使われておりませんでした。
 
  
 


落としたPASMOは誰かに拾われているのか、
どうかは分かりませんが、こうやって見ると、
やっぱり日本人って、民度が高いなと思いますし、
捨てたモンじゃないですよね(^-^)
 
 


 
仮に私がよく行く東南アジアとかで
同じようにモノを落としたら、
秒殺で100%アウトですからね(^_^;
 
 
  


・・・と言いつつ、実は来週から出張で
また海外に行くので、モノの管理には

一段と気を付けたいと思います。
 
 




 


それでは、素敵な週末を
お過ごしください!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-05-15 22:35:54

JBCH(日本臨床ヒプノセラピスト協会)ベーシックインストラクターになりました

テーマ:ヒプノセラピー(催眠療法)

こんばんは。


 
先週金曜から今日までの4日間、
JBCH(日本臨床ヒプノセラピスト協会)の
ベーシックインストラクター講座を
受講させていただきました。
 
 
 
そして本日、JBCHのベーシックインストラクター

となることができました。
 
 




 

私自身、自身が運営するサロンで
これまで5年以上に渡り、
プロのヒプノセラピストとして、
現場の最前線でセッションを
やり続けてきました。
 
  
 

世間一般からは非常に誤解と偏見を
生みやすいデリケートな分野であり、
決して簡単でもないのですが、
 


(提供する側の人間に、
良くないやり方や経験もほぼなく、
おかしなことをやっている輩が
多々いるのも事実ですが。。。)
 

そんな背景があるからこそ、
目の前のクライアントさんに対して、
人一倍誠実かつ真摯に、
そして1人1人と真剣かつ全力で
向かい合ってきました。
 
 
 

その分、本当に色々な難しい問題を
抱える方々であったり、

様々な難しいケースとも
直面させていただきました。
 
 
 

本当に親しく身近なごくごく一部の方にしか
お話はしておりませんが、

私自身もある重い過去を経験していたりも

しております。
 
 
 

ヒプノセラピストとしてのこれまでの
現場で向かい合い続けた経験もですが、
そんな自分だからこそ、

伝えられることがあると思うので、
これからこの新たな役目をしっかりと
全うしていきます。
 
 
 


先ほどもお話しましたが、
非常にデリケートな分野でもあるので、
とにかく正しい内容を正しく、
そして、本当に必要とする方々にとって、
1つの大きな道すじとなるような学びを
提供していけたらと思います。




それでは、素敵な夜をお過ごしください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-11 18:46:55

苦手意識と幅広い理解

テーマ:人間心理

こんにちは。
 
若干、久々の記事となります。
 


 
気づけば、GWも終わっていますね(^_^;
 
 
 

私はと言うと、GW中も特にどこかに出かける訳でもなく、
仕事中心の生活をしていました。
 
 

今月これからガッツリ予定が入っているのもありますが、
その前に終わらせた作業もあって、

日常業務以外の空いている時間は、

極力PCと向き合っていて、

ずっとうちのサイト関連の作業をしていました。

 




  
 
これからリニューアルするうちのサイトがあり、
サイトの大枠はちょっと前に、
プロのデザイナーさんに作ってもらいました。
  
 
 


私の行う作業はサイト内の掲載情報を
修正や微調整するだけで、
   

「2~3日で終わるかな」
  
 
というくらいの認識でいましたが、
実際にその作業に取りかかったところ、
結局、微調整では済まず、
ガッツリと大々的にページを加えたり、
修正する必要が出てきました。
 
 
 


私の依頼通りに作ってもらったので、
大枠を作っていただいたデザイナーさんは、
全然悪くないのですが、契約上の諸事情もあり、
続きの作業は私が行うことになります。
 
 
 


ちなみにこのサイトは、Wordpressと言う
作成ソフトを使って作っていますが、
Wordpressは私にとっては

超苦手なソフトでもありました。
 
  
 


過去に何度もWordpressでのサイト作成に挑戦し、
その都度、途中で行き詰まり、諦めることになった
私にとっては鬼門のソフトでもあります。。。
 
 
 


ただ、今回はどうしても無視できないので、
超苦手なのを承知の上で、必死でWordpressと
毎日のように必死で格闘しました。
 
 
 
 


結果的にサイトを新たに作る並みの作業量に

なりましたが、それだけ向かい合ったおかげか、
Wordpressをだいぶ使いこなせるようになりました。 
 
 
 
 
元々はサイト内の文字を修正する程度の作業の予定で、
Wordpressの基本的な動作くらいしか、
やる予定はありませんでしたが、
思わぬ形で鬼門を克服することとなりました。
  
   
 
 
 
ケガの功名とは、正にこのことですね(^^)
 



 

自分が苦手だと思いこんでいることでも、
避けられない状況と対峙することになり、
必死で向き合えば、誰しも少々のことは
乗り越えられます。
 

  


やらざるを得ない状況になれば、

やるしかない訳ですから

 

 


ひとまず今回の件のおかげで、
これまでやりたくてもできなかった、
別件のサイトの作業も行えそうです。
 



その可能性が見えてきただけでも、
これから色々なことができそうだとも感じます。

 
 


 


ちなみにですが、その別件の作業、
私自身が行うことも可能なのですが、
私にとっては本業の作業ではないので、
使える時間にも限りがあります。
 
 
 
 


そうなると、誰かに作業を依頼することになりますが、
この時、依頼する側が中身をしっかりと
理解していることがすごく重要なんですよね。
 
 
 
 

依頼する側が中身を理解できていないと、
ザックリと抽象的な依頼しかできず、
後々色んなミスマッチが生じます。
  
  
 
 

私自身も過去に何度も色々なプロの方に

サイト作成をお願いしてきましたが、

依頼する相手を間違うことも多々あり、
何度も失敗もしてきました。
 
 


  

依頼する側が中身がしっかりと理解できていれば、


「サイトを作ってください」


というザックリとしたお願いだけでなく、





「誰に?」




「どの作業を?」




「どこまで?」




お願いするべきか明確にできますし、
ミスマッチや失敗もグンと減ります。





自分の専門外だから、
 
 
「知らなくてもいいや」
 
 
と考えていても、巡りに巡って、自分の下に
跳ね返ってくることも多々あるので、
分野を超えて何事も貪欲に学ぼうとする姿勢が
やっぱり大切ですね。





私自身はGWはどこに行く訳でもなく、

Wordpress漬けになりましたが、
その分、今後につながる大きな収穫もあったので、
とりあえずは良かったです(^^)





ちなみに、今回の作業の発生したサイトは

まだもう少し作業が必要なので、
完成までにはもうちょっとかかります。。。
  
  
 
 

慌ただしくなる今月のこれからですが、
何とか今月中に完成させたいと思います。
 
 
 


今回は私のここ最近の日常をお題に、
苦手意識や幅広い分野との向き合い方が
いかに自分の可能性を変えるかについて、
お話させていただきました。





それでは、素敵な新緑の季節をお過ごしください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-03 23:49:06

1200人が教えてくれたモノ

テーマ:セラピー

こんばんは。
 

GW真っ只中ですね。
 

 
私は世間の休みとは関係のない
生活をしておりますので、
GW中もセッション等々を行っています。
 






 
ちなみについ先日、私の行ってきた
個人セッションの件数が
1200件を超えました。


(ヒプノ以外のジャンルも含む) 
 

 


私の行うセッションは、30分とか1時間でなく、
基本的にロングセッションで、1件あたり

3~4時間かかります。
 


 
長いケースだと5時間超えとかになります。
 
 
  
それだけの長い時間かけるので、 
扱うケースもなかなかヘビーなケースが

多いです。
 
 
 

私と同様のジャンルやスタイルで
この件数よりも遥かに多くの件数を

されている方々も多々いらっしゃいますので、
私自身、まだまだなところがあります。
 
 
 


ただ、ここまでをふと振り返ってみると、
たくさんの件数積み重ねてきたなと
しみじみ感じます。
 
  
 


人相手のことを、これだけの件数
やってきて言うのは何ですが、
私元々、人は好きではなかったし、
人を相手にするのは
相当苦手だったんですよね。 
  
  
 

ただ、自分が選んだ仕事と言うことで、
好き嫌いとかではなく、とにかく

食らいつくように続けてきました。
 
 
 



すると、気づけばこの件数、
積み重ねていました。
 
 
 


これだけの数を積み重ねてみると、
好きでなくても苦手でも、
経験を積んできたからこそ、
見えてくるモノがたくさんあります。
 
 
 


今では法律上NGとかでない限り、
基本的にはどんな相手が来ても、
対処できるだけの経験と技術も
持ち合わせるくらいになりました。
 
  
 

やっぱり苦手だろうが、好きではなかろうが、
継続は力ですね。
 
 
 
 


ただ、何よりも私のもとに来てくださった

多くの方々がいてくれたからこその
結果でもあるので、まず第1に

関わってくださった皆さまに感謝です(^-^) 
 
 
 


色々と私自身の状況もこれから

変わっていく予定ですが、
今やっている個人セッションも、
可能な限り、今後も続けて
やっていきたいと思います。
 
 




 

それでは、素敵なGWの夜を
お過ごしください!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-29 00:27:13

切れるはずのないロープ ~自分の中に火を点してみる~

テーマ:小話
こんばんは。

 

 

GWに突入しましたね。

 

 

今年のGWは休みの取り方によっては、
9連休になる方もいるみたいですね。

 

 

ちなみに、私のGWは普段と何も変わらず、
仕事です(^^;

 

 

 

ただ、来月下旬に仕事ではありますが、
しばらくの間、ヨーロッパに出張があったり、
中旬に東京でも数日間研修があったりします。

 

 

それらもあり、私のスケジュールの関係上、

5月の半分くらいは通常業務が行えないので、
GW期間中と言えども、休んでいる場合でなく、

貴重な営業日でもあります。

 


 

通常業務以外にも、片づけなきゃいけない

目先の仕事もあるので、 研修やら出張前までに、

サクサクと終わらせたいと思います。

 

 

 

 


さて、本題に入りますが、今日はちょっとした

小話をしたいと思います。

 

 

 


このお話、有名な非常にお話でもあり、
私も結構前から知ってはいて、
たまに人にお話させていただくことも
ありました。




それが最近、色々な偶然もあり、様々な場所で

お話させていただく機会も多々あるので、

今回はこの小話を基にした記事を
お届けさせていただきます。
  

 
 

-----------------------------

  
   

あるサーカス団に招待された方が、

偶然見かけた1つの光景にまつわるお話です。

 

 



そのサーカス団の団長に招待されて、
知り合いのAさんはサーカスのショーを
観に来ました。

 

 

 

ショーの中で、ライオンであったり、トラであったり、
クマであったり、ゾウであったり、
様々な猛獣や大きな動物が出演して、
見事な芸を披露してくれました。

 

 

 

そして、ショーの終了後、
Aさんは招待していただいた
お礼を言うために団長のもとに
行きました。


 
 
「本当に素晴らしいショーでしたね!
 お招きいただき、ありがとうございました」
  

 

 

 
すると、団長は嬉しそうに

 

「それは良かったです! 

 せっかく来ていただいたので、
 サーカスの内部を案内しますよ」

 

と言って、サーカスのバックヤードの案内を

してくれました。
  
  
  
そこには、サーカスで使った機材であったり、
リラックスしている出演者であったり、
出演していた動物たちがいます。
  
  
  
もちろん、動物たちは猛獣も多くいるので、
その大半はオリの中に入っていたり、
太い鎖でつながれています。

 

 

しかし、Aさんはあることにふと気づきました。
  
   

  
それは、先ほど出演していた巨大なゾウだけ、
オリに入れられている訳でもなく、
鎖でつながれている訳でもありません。

 

 

右足に細いロープが1本結ばれているだけです。
 

 
  

巨大な大人のゾウなので、
ゾウの体格からすると、まるで片足だけ
糸で結ばれているようなモノです。

 

 

 
ロープは切ろうと思えば、すぐに簡単に
引きちぎることもできるはずです。 

 

 

 
明らかに違和感がある光景でもあるので、
気になったAさんは団長に聞いてみました。

 

 

 

「このゾウは細いロープ1本だけでつないでいて、
 引きちぎって、逃げ出したりしないんですか?」

 

 

 

 
すると、団長はこう言いました。

 

 

 
「大丈夫ですよ。だって、コイツはここで生まれて、
 生まれた時から今日までずっとこのロープだけで、
 つないできましたから」
  

 


  

Aさんは一瞬、「えっ?」と思いましたが、
すぐに全てを悟りました。

 

 

 


このゾウは子象の頃から、ずっと このロープで

つながれていました。

 

 

 
その頃はまだまだこのゾウも、ヤンチャな盛りでもあり、
ロープによって自由を奪われていることが
嫌でもあったので、当然のように毎日

ロープを引きちぎろうともしました。

 

 


ゾウは暴れまわり、何度も何度も
ロープを引きちぎろうとしましたが、
何度引っ張ってもロープは切れません。

 

 


この頃は体格が今とは比べ物にならないくらい
小さくもあり、力も弱かったので、
このロープだけでゾウをつないでおくことは
十分にできました。

 


 

 

それでもロープで自由を奪われていることが

嫌だったゾウは必死で暴れまわり、

これでもか!と ロープを力いっぱい引っ張りましたが、
結局ロープは切れませんでした。

 

 


 

やがてゾウの中である1つの思いが
芽生えてきました。

 


 

 

「・・・このロープは自分には、
 絶対に切ることはできない」

 

 

 

 

子どもの頃に芽生えたその思いをずっと抱いたまま、
ゾウはこの細いロープ1本だけで、
大人になった今も変わらず、
つながれ続けています。

 


-----------------------------

 

 




 

・・・以上が、今回の小話となりますが、
このお話を聞いて、あなたは何を感じたでしょうか?

 

 


このサーカスのゾウの思いこみと似たモノは、
人間でもある大人のあなた自身の中にも、
1つくらい何かしらあるかと思います。
 
 


 
 
切れるはずのない

あなたをつないでいるロープ
 
 
 
 



・・・。

 


 


・・・もしかしたら、今のあなたであれば、

切ることができるのかも知れません。 

 

 

 

 


必要なのは、

 

 

 

自分を越えてみる勇気

 

 

 

 

自分の中に火を点してみる

1歩目の行動

 

 


 

 

 

今回はあえてこれ以上、詳しくはお話しません。
 
 
 
 
ここで今回の記事を終わらせていただきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 


それでは、素敵なGWをお過ごしください(^-^)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-21 08:51:00

春の北陸出張 ~富山とミラノ、金沢のあの有名な門~

テーマ:旅行

おはようございます。


気づけば、もうGW間近ですね。



つい先日まで真冬だった気がしますが、
いつの間にか初夏に差し掛かってもきましたね。



今週ですが、北陸の方に2日間
出張に行ってきました。




初日は富山(立山)での撮影で、
2日目は金沢で仕事の打ち合わせです。




初日の富山へは18日の早朝便で行きましたが、
ちょうど春の嵐が全国を吹き抜けていた
タイミングでした。。。





飛行機が飛ぶかどうか怪しい部分もありましたが、
無事に飛んでくれました。




富山での仕事は立山での撮影です。




立山はなかなか高い山々でもあるので、
上の方に登ると、やっぱりこの時期でも
真冬の寒さです(^^;





そんな訳で、春本番の時期ながら真冬の装備で

標高2450メートルの位置まで行きました。




ちなみに、この日は嵐の後は、全国的に夏日で、
東京は30℃くらいになっていたようですが、
ここは高い山の上だけあって、0℃でした。




目的地は「雪の大谷」と言う巨大な雪の壁に
囲まれた場所(道?)です。







何となく写真や映像でこの光景は見た覚えはありますが、

この場所は実は最近まで私は知らなくて、

今回の依頼で初めてその存在を知りました。




この雪の壁、高いところだと、
高さが19メートルもあるみたいです。





よくこんなモノ作れますね。





しかし、率直にこの場所に行ってみて感じたこと。。。




・・・平日なのに、異常なくらい、観光客が多い




しかも、ほぼ中国人。。。




ここにいた人の9割くらいは外国人だったと思います。





何だか海外に来ているみたいでした。




しかし日本人の私ですら、つい最近までこの場所を

知らなかったのに、物珍しい光景だからか、
向こうでは有名なんでしょうかね?





仕事内容によっては、撮影先と直交渉して、
営業(公開)時間外に撮影したりもしますが、
今回は特にそんな手配もせず、
観光客と丸被りの時間帯に行って撮影しましたが、
まさかここまで人がいると思わず、
若干失敗しました。。。





ただ一応、目的とする依頼された画は撮れたので、
何とかギリギリOKってところです。



(上記の写真は、仕事の写真とは全く関係のない画です)





撮影後、夕方に富山市内に戻ってきて、
この日は富山で1泊しました。




私は富山に来たのは今回が初めてでしたが、
初めて見た印象として富山市内は
すごく街並みがキレイです。
  
 
 

トラム(路面電車)が街の景観に妙に馴染んでいるし、
どこかヨーロッパの街並を彷彿とさせます。
  




 

 
 
私が過去に行った街で言えば、
どことなくイタリアのミラノに
雰囲気が似ている気がします。
 
 
 
 
それと、かの有名な(?)富山ブラック(ラーメン)
 
 



 

実際に食べてみましたが、想像以上にやたら黒い。
 
  







・・・そして、やたらしょっぱい( ̄▽ ̄)




「減塩」とかよく耳にするご時世に
真っ向から反論する塩分濃度の高さです(笑)




最近はラーメンはたまにしか食べませんが、
食べる時は大体スープまで飲み干すのを
私はモットーとしています。




・・・ただ、このラーメンに関しては、
それは敵いませんでした。






翌日は金沢にて仕事の打ち合わせがあり、
その準備もあったので、夜は大人しく
ホテルで作業していました。
 
 



ただ、せっかくの魚の美味しい場所に
来ているので、名物の富山湾鮨を
テイクアウトして作業しながら食べました。






魚はやっぱり美味しいですね♪
 
 
 


何はともあれ、この街、気に入りました(^^)






そして翌日は金沢へ。




金沢も来るのは、実は今回が初めてです。





今回の滞在時間中はほぼ仕事だけでしたので、
金沢駅前くらいしか見ていませんが、
この街もすごくキレイですね。






有名な金沢駅のこのデカい木の門とか。



やっぱり、和のテイストの強い
歴史の深い場所だけあって、
京都に限りなく雰囲気が近いです。





今回の金沢の滞在に関しては、
ほとんど観光的要素ゼロでしたが、
また時間ある時にでもプライベートで
改めて来たいと思います。







そんな春の北陸への出張でした。




それでは、今日も良い1日を、

そして、素敵な週末をお過ごしください!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-04-16 23:11:13

自分が変われば

テーマ:小話




自分が変われば 相手も変わる


心が変われば 態度も変わる


態度が変われば 行動も変わる


行動が変われば 習慣も変わる


習慣も変われば 人格が変わる


人格が変われば 運命が変わる


運命が変われば 人生が変わる




 
 
非常に有名な言葉ではありますが、 
私のセッションを受けたクライアントさんや

私の講義を受けた受講生さんに
セッションや講義の流れの中で、

最近、上記(写真)のこの言葉を
お話する機会が多いです。
  
 
 
今日のヒプノのセッションを受けたクライアントさんにも、

これからの1歩を踏み出していく上で
正にこの言葉がピッタリな状況だったので、
セッション後、1番最後にこの言葉を

贈らせていただきました。
 
 
 

これは今現在の私自身にも当てはまることですが、
何をやっていくにせよ、より良くなりたければ、
相手云々と言うより、自分次第なんですよね。
 
 
 


自分が変われば、やがて人生は変わりますから(^-^)




今日はいつもとは少し違ったテイストで

シンプルな記事をお届けさせていただきました。




それでは、また明日からより良い1週間を

過ごしていきましょう!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-04-14 17:23:42

判断力と柔軟性とリーダーシップ

テーマ:実践

こんにちは。
 


 
4月もほぼ半分近く経ちましたね。
 
  
 

それなのに、今月2回目の記事更新。。。
 
  
 
 
・・・はい、すみませんm(__)m
 
 
 

目先の仕事に追われ、なかなか更新できずにいました。
 
 
 
 

私が行う最近のセッションで



「一般的なセオリー通りに進めることが、

適切かどうか?」




こう言ったシーンに多々直面します。




分かりやすく言うと、それぞれのメニューであれ、
手法であれ、基本的な手順であったり、
やり方と言うのが決まっています。
 
 
 

私も当然そのような基本線は熟知しています。




そして、通常セッションを進める際は、
その基本線を意識して行っています。
 
 


 

ただシーンによっては、そのまま進めるのが適切かどうか、
迷うケースもあります。




基本線と言うのは、その手法を行う上で

非常に重要となるのですが、その方にとって

1番適切なやり方を考えてみて、



「アレンジを加えた方が良いかな?」



と感じる時、私は敢えて基本のやり方からそれて

大胆な変化を付けたアレンジバージョンで、

セッションを行うこともあります。




ただ、誤解ないように言っておくと、
アレンジする時は、私の中で明確な意図があって、
そのアレンジバージョンで行っています。




当然ですが、基本に忠実である方が
良いパフォーマンスを生みやすいのですが、
大事なのは(注目すべきは)、

自分の手法にこだわるのではなく、


目の前の相手にとって、今、最も適切な方法


を実践することです。




それを行うには、判断力と柔軟性が必要になってきますが、
その判断力と柔軟性を発揮するためには、
相手をしっかりと観察することが重要です。




この観察することは専門用語で
「キャリブレーション」とも言いますが、
ただ闇雲に目に見えている部分だけを
観察するだけでなく、言わば「行間を読む」ような
目に見えない部分も感じ取ることを
意識する必要があります。



つい最近まで数ヶ月間に渡り、

私のもとでコーチングを受けていた
クライアントさんの話になりますが、
その方とのセッションは、カテゴリー的には

ビジネスコーチングの依頼でした。 
  
 



その方と初回のセッションの時は、当然のように
ビジネスコーチングの流れ(基本)に沿って行いましたが、
私の方でその方を見てて、ちょっと思うところがあり、
2回目以降は、敢えて違う要素を入れて

変化球で行っていきました。
 
 
 


私も絶対的な自信と根拠を持って
そのアレンジを加えた訳ではなかったので、
このやり方が適切か迷うところもありましたが、
結果的に言えば、そのやり方が功を奏して、
クライアントさんにとっては、良いパフォーマンスを

生むキッカケになってくれたようです。





ちなみに、私自身の今年度のテーマが、
「リーダーシップ」でもあります。
 
 


 
詳しい内容はまだお話できませんが、
これから私が行おうとしている新たなプロジェクトにおいて、

重要な要素の1つが、「リーダーシップ」の強さだと思います。




強いリーダーと言われると、



「オレに付いてこい!」


と言わんばかりに、グイグイ引っ張っていく部分が
何となく連想できそうですが、それ以上に、

私が感じる本当に強いリーダーとは、


いざと言う時に、適切な判断力と柔軟性を
発揮できること



かなと思います。
 
 
 


正に先ほどお話したセッションと同じ要素ですね。
  




判断力と柔軟性を見せることで、

自分に関わっている人たち(部下なども含めて)や、
自分に続く人たちの大きな指針や信頼にも
つながっていきますから、しっかりと背中で

これを見せられる人はやっぱり

「強いリーダー」でもありますよね。





ジャンルを問わず、



「人をいかに育てるか?」



と言った人材育成の領域であったり、




「人の心をいかに動かしていくか?」



と言ったコミュニケーションや

人間関係にまつわることにおいても、

重要な要素でもありますので、

1つの参考になればなと思います。





そして、私も本当のリーダーになるため、

今年度は今お話しした部分に

こだわっていこうと思います。








長くなりましたが、最後までお読みいただき
ありがとうございました。




それでは、素敵な週末をお過ごしください(^-^)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-04-05 22:14:00

チェコ語が読めない ~言葉だけでない会話~

テーマ:コミュニケーション

こんばんは。


 
新年度を迎えましたね。
 
 

・・・と言っても、もう既に4月に入り、
5日経過していますが(^_^;



昨年度(2016年度)は、出張も特に多く、
東京から離れていた場所で、
依頼仕事をする時間も長かったのですが、
今年度はシフトチェンジして
自分のところの仕事を

重点的に行っていく予定で、
東京にいる時間も長くなると思います。




・・・と言いながら、実は来月末にガッツリと
ヨーロッパ出張が入っております(笑)




昨年夏にお話はいただいていたのですが、
仕事でチェコとポーランドに行きます。
 
 
 

最近、正式な依頼をいただき、
来月行くことが決まりましたが、
今、私の方で様々な手配を進めています。





それで、日本から見るとチェコもポーランドも

若干マイナーな国からなのか、
日本のエージェント(代理店)を通して

必要な依頼をすると、相場より明らかに高い

金額の見積が出てきたりします(相場の倍近く)。





日本から見ると、あまり馴染みのない国の手配なので、

そこの手間賃も含めた金額なんでしょうが、
何となくの相場を知っている私からすると、
提示された見積金額を見ると、

「何コレ?」状態です。。。





さすがにその金額で手配するのは嫌なので、
日本のエージェントを通さずに
私から直接現地の手配先に依頼をしました。
 
 
 


当然、こちらからは英語での依頼になりますし、
直交渉になるので色々と手間はかかりますが、
何とか相場に合った金額で手配ができました。
 
 
 


そして、先方よりレターが来ましたが、
当然、全てアルファベット文字で記載されています。



英語を読むつもりで、そこに記載されている

文字を「フムフム」と読もうとしましたが、
なぜだか全く読めません。。。



よく見ると、チェコ語で書かれていました。




「チェコ語、読めない・・・( ̄▽ ̄)」





結局、何となくのフィーリングで
そこに書かれている意味を推測しました(笑)





それでも多分、概ね理解はできていると思います。





かれこれ17年前の話になりますが、
ニューヨーク・マンハッタンに行った時、
私はドミトリー(相部屋)の安宿に
宿泊していました。




その頃の私って、英会話力ゼロに等しい状態でしたが、


(・・・今もそれに毛が生えた程度のレベルですが(^_^; )


なぜか同部屋に泊まっていたノルウェー人と
宿の近所のバーに飲みに行くことになりました。





その英会話力で西洋人と一緒に飲みに
行くことに応じた私も私ですが(笑)、
当然、最初はほぼ会話が成立しない訳ですよ。




しかし、30分後・・・





「・・・ワハハハハ(≧▽≦)」




2人して大笑いです(笑)




お酒が回ってきた部分もありますが、
何だかお互いにすごく楽しくなりました。




シラフでも英会話は成立していなかったので、
酔っぱらった状態だと「英会話」としては
もっとヒドい状態だったと思います。





でも、コミュニケーションとしては、
立派に通じ合えていますし、
お互いに非常に共感し合えています。





何でそんなお互いに「通じ合えた」状態になったかと言うと、

「英会話」と言う言語以外でのコミュニケーションを
無意識のうちにお互いに取り続けたからです。





結局、言語と言うのはあくまで
コミュニケーションのツールの1つに

過ぎないのであって、
コミュニケーションの全てを司るモノではありません。





人って、声と耳(聴覚)だけでなく、
五感全てを使って
、会話しているんですよね。





だから言葉が仮に通じないとしても、

本気で伝えようと言う気持ちがあれば、

ちゃんと相手に伝えることもできますし、
理解することも、共感し合えることもできます。




これはコミュニケーションに関わる
どんなシーンにおいても、
ものすごく大事なことです。






・・・重要なので、もう1度言います。




人って、声と耳(聴覚)だけでなく、
五感全てを使って、
会話しています。





すごく大切なことなので、赤ペンで
アンダーラインを引いておいてください(笑)




ちなみに、私はチェコ語・ポーランド語は
全く理解できませんが、
現地に行けば何とかなると思います(^^)


(・・・と言うか、何とかします)




今回は新年度1発目の記事と言うことで、
コミュニケーションに関わる
重要なお話をさせていただけました。











それでは、既に5日過ぎていますが、
皆さまにとっても、

実り多き2017年度となりますように(^-^)





ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。