来年春の九州新幹線全線開業に合わせ、山陽・九州新幹線(新大阪―鹿児島中央)で直通運転される「さくら」の新型車両が15日、JR姫路駅で公開された。
 さくらは東海道・山陽新幹線で走行中のN700系を基に開発された。最高時速300キロで営業運転し、新大阪―鹿児島中央間の911.2キロを約4時間で結ぶ。8両1編成で、九州新幹線区間にある急こう配に対応できるよう全車両にモーターを搭載した。開業1年後までに29編成を導入する予定で、車両の総投資額は870億円。
 車体のコンセプトは「和のもてなし」。座席には、花唐草や市松など日本の伝統的な模様をあしらい、グリーン車と指定席では手すりやテーブルも木製にした。車体の色は陶磁器の青磁を思わせる「白藍(しらあい)」で、側面には濃いあい色と金色のラインが引かれている。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
〔写真特集〕鉄道博物館の世界
〔写真特集〕成田エクスプレス
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
〔写真特集〕東武博物館リニューアル

「菅効果」V字回復、熱気の両院議員総会(読売新聞)
国も和解協議入り表明=新潟水俣病訴訟で―小沢環境相(時事通信)
地域医療貢献加算、3割が届け出―日医レセ調査4月分(医療介護CBニュース)
世帯収支赤字38%、失業の不安23%…連合調査(読売新聞)
2警察官引きずりで車の男女逮捕 自転車も巻き込み逃走(産経新聞)
AD