教室集客の教科書〜1ヶ月で30名の生徒さんを集めた方法とは?〜

教室のための集客法をご紹介!生徒の9割がネット経由で入会している教室のヒミツとは?生徒数を5倍にした集客の方法をお伝えします!

NEW !
テーマ:

日本語の文字ひとつずつには「意味」があります。

 

 

そしてその意味を現象化させる「力」があります。

 

 

 

文字が組み合わさっている言葉は、意味が組み合わさっています。

 

 

 

そして言葉が持つ力によって、現実が生まれます。

 

 

 

あなたは、どんな言葉を使って望んだ未来を現実化させますか?

 

 

 

 

こんにちは、五次元ライティング研究家の増地 崇志です。

どんな思いで払いますか?

お金などを“払う”「はらい」という言葉は、元をたどると神社などで邪気を“祓う”「はらい」から来ているそうです。

 

 

いずれにしても平仮名で表示すれば「はらい」なので、漢字の違いに関わらず、そこには同じ現象化の力が表れていると考えます。

 

 

 

「はらい」という言葉には、

 

 

「引き合う場で伝わるもの」という力があります。

 

 

 

 

「引き合う」というのは“支払う側”と“受け取る側”という関係性のことを表しています。

 

 

その「場」ということは、お会計をする「レジ」のことだったりします。

 

 

 

そして大事なのは、そこで「何を伝えるのか?」ということです。

言葉に乗せる想いが大切です

言葉には現象化させる力がある、とこれまでお伝えしてきました。

 

 

このときに「どんな想いでその言葉を言うのか?」によって、エネルギーの方向性が変わります。

 

 

 

 

例えば「大丈夫」という言葉を、安心の気持ちから「大丈夫」と言うのか、不安な気持ちから「大丈夫?」と言うのかでは、起こる現象が変わります。

 

 

 

 

 

前者は「大丈夫」という言葉を使って、さらに「安心」できる現実を創り出します。

 

 

逆に後者は「大丈夫」という言葉によって、さらに「不安」になる現実を創り出してしまいます。

これは「はらい」も同じです

お会計をするときに「いいものを提供してくれてありがとう」という感謝の気持ちから支払えば、相手に感謝の想いが伝わります。

 

 

逆に「お金がなくなってイヤだな」という気持ちから支払えば、相手にイヤな想いを伝えることになります。

 

 

 

そして「いいものを提供してくれてありがとう」という感謝の気持ちから支払えば、またつぎに支払うときにも「いいものを提供してくれてありがとう」という現実を創り出します。

 

 

 

これってつまり「つねに豊かに支払える状況」を創り出すと言えます。

 

 

 

 

逆に「お金がなくなってイヤだな」という気持ちから支払えば、またつぎに支払うときにも「お金がなくなってイヤだな」という現実を創り出します。

 

 

 

これは、あまり豊かな状況とは言えなさそうです。

 

 

 

 

 

いつでも豊かでいられるように、感謝の気持ちで支払いたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

日本語の文字ひとつずつには「意味」があります。

 

 

そしてその意味を現象化させる「力」があります。

 

 

 

文字が組み合わさっている言葉は、意味が組み合わさっています。

 

 

 

そして言葉が持つ力によって、現実が生まれます。

 

 

 

あなたは、どんな言葉を使って望んだ未来を現実化させますか?

 

 

 

 

こんにちは、五次元ライティング研究家の増地 崇志です。

読まれる文章を書くためには?

僕は長年、ネット上で文章を書いてきました。

 

 

そして、どうすれば多くの方に読まれるのだろう?と考えてきました。

 

 

 

 

そのひとつの答えというのが「空(くう)」なんですね。

 

 

 

 

この文章もご覧いただいているように、わりと余白を取るようにしています。

 

 

 

それは、意識的に「空間」を取ろうとしているからなんです。

 

 

 

理由は、読み手に「創造の余白」を持っておいて欲しいからです。

空っぽだから、何でも受け容れられる

「くう」という言葉には、

 

 

「引き寄り、生まれ出る」という力があります。

 

 

 

空っぽであるからこそ、さまざまなものが引き寄せられ生み出せる力に満ちています。

 

 

空っぽだからこそ、力に溢れています。

 

 

 

 

「空間」とはまさにそうで、空っぽのスペースがあるからこそ、人や物を受け容れることができます。

 

 

 

 

また「食う」も、食べることで体内に栄養を引き寄せて活力を生み出しています。

 

 

そして「食う」ためには、それを受け容れられるだけの“空腹”な状態が必要になります。

 

 

空腹であるからこそ、栄養を受け容れる力に満ちています。

 

 

 

 

 

そのように「空」に満ちた力を引き出すために、僕は文章に余白(空)を設けています。

相手に空を明け渡す

僕は、クライアントさんなどにアドバイスをする立場ですが、あくまで主体なのはクライアントさんご本人だと思っています。

 

 

 

クライアントさんが主体的に考え、何をしたいのか?

 

 

そのお手伝いをする立場であって、こちらが答えを押しつけることはすべきでないと思っています。

 

 

 

であるならば、つねに相手に「創造する余地=空」を渡しておかなければならないとも思います。

 

 

頭の中に創造する空間があるからこそ、主体性が生まれます。

 

 

 

 

あなたの頭の中には、無限の思考空間が広がっています。

 

 

そこには、創造を受け容れるエネルギーに満ちています。

 

 

 

 

あなたは、あなたの人生をどのようにクリエイトして行きたいですか?

 

 

「空」はそのクリエイティブを、いつでも受け容れる準備を整えて待っています。

 

 

 

 

あなたが創り出したい未来を、クリエイトしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

日本語の文字ひとつずつには「意味」があります。

 

 

そしてその意味を現象化させる「力」があります。

 

 

 

文字が組み合わさっている言葉は、意味が組み合わさっています。

 

 

 

そして言葉が持つ力によって、現実が生まれます。

 

 

 

あなたは、どんな言葉を使って望んだ未来を現実化させますか?

 

 

 

 

こんにちは、五次元ライティング研究家の増地 崇志です。

オーラがある人

有名な方だったり、魅力的な方だったりと実際に逢ったときに「オーラがある」と感じたことはありませんか?

 

 

 

そこには「人気」が関係ありそうです。

 

 

 

 

「にんき」という言葉には、

 

 

「強い圧力のエネルギー」という力があります。

 

 

 

 

「人気」とは、まさに人の気(エネルギー)ですから、強いエネルギーを放っている人は人気者と言えそうです。

 

 

 

そしてそのような人を惹きつけるエネルギーがあなたから放たれるために「にんき」と口に出すとよいと思います。

 

 

 

 

言葉には、現実を創り出す力があります。

 

 

「にんき」と口にするほどに、あなたから強い圧力のエネルギーが放たれて行きます。

 

 

 

それが「人気」のエネルギーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。