第4セクターの乗りバス・乗船日記

大型時刻表に掲載されている、全ての地上・海上を走る乗り物の完乗を目指している第4セクターの記録です。

第4セクターへの質問・問い合わせ・意見などは、
dai4sekuta@gmail.com まで。


テーマ:

今をさかのぼること数か月前、バスタ新宿で西鉄はかた号を待っている第4セクターの目に飛び込んできた一台のバス。

日本中央バスが運行する金沢行き夜行高速バス、なんと新車のエースが止まっていました。

こりゃ乗車するしかあるまいと、狙いをつけてから数か月、ようやく乗車する機会がありましたので、アップいたします。

 

金沢駅東口を一番最後に出発するのが、日本中央バスの群馬・東京行き。

まあはっきり言って、群馬以外乗客はいなさそうなのでこのダイヤでも問題ないんでしょうが。

エアロバスには、行先がペイントされているのですが、エースのこちらの塗装の方がシンプルでカッコいいと思うのは、自分だけではないと思いますww。

では車内はと言いますと・・・

後方トイレ仮眠室付き縦10列。

その為ごらんのとおり、ちょっとシートピッチが狭いのが玉に瑕。

ただエアロバスから若干(本当に若干)リクライニング角度が深くなって寝やすくなりました。

日本中央バスは、乗車券を購入した時点で座席が指定されておらず、乗車券には予約OKの文字しかないのですが、乗客が少ない場合はフルリクライニングしやすいように、前後の席は空けてくれる配慮をしてくれます。

乗車した日は、金沢から7人の乗車で富山からの乗車無し。

開放休憩は有磯海と越後川口SAで各15分づつ、高崎駅には20分の早着。

高崎駅からは第4セクターのみが乗車してバスタへGO!

関越道を川越ICで降りて、きっちり川越・さいたま新都心駅を経由し、この時点で60分近い早着だったのですが、首都高5号線の渋滞にはまり、バスタ新宿には10分の遅延で到着。


最近の夜行高速バスは、コンセントやフェイスカーテン等装備が充実していますが、一昔前に夜行高速バスの雰囲気を感じさせてくれる日本中央バス金沢線、第4セクターは嫌いではないですねww

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第4セクターの今スキーシーズン最大の謎が、JAMJAMさんが催行していたスキー場行きツアーバスが、全て路線高速バス化されたことなんですよね。

JAMJAMライナーを販売する日本ユース旅行は、元々スキーツアーバスを主力として販売をしてきて、そこから都市間ツアーに軸足を移してきた会社ですし、スキーツアーを売るのはお手の物?、だとは思いますが、わざわざ路線免許を取得して、バス停立てて・・・、いろいろ縛りもきつくなる路線高速バスに移行したメリットとは??、まあこんな話は、当事者に直撃するのが手っ取り早いのですが、まずは乗車してみましょうということで、白馬八方から名古屋行きのJX102便に乗車してみました。

 

白馬八方バスターミナル直近のローソン駐車場に、JAMJAMさんのバス停は鎮座しています。

やってきたのはこちらのバス。

車内の画像がなくて申し訳ありません。

4列縦11列トイレ・補助席無しの、JAMJAMさん標準タイプの高速バスです。

全席コンセント・ブランケットが付くのはありがたい限り。

 

八方到着までに、3人程が乗車していたのですが、若い人ながらスキー帰りとは言えない感じですね・・・。

みそらのと五竜で、初老の男性が一人づつ乗車し、白馬47スキー場で、スノボのみを抱えた若い女性2人が乗車、運転士さんがお帰りなさいといっていたところを見ると、夜行便利用の弾丸スキーツアーのようですね。

 

開放休憩は、梓川・恵那峡の2カ所、名古屋駅西口には10分の早着でした。

 

さて、なぜ路線化したか?、その答えはいるんですよスキー客以外の所要のお客さんが。

その為の路線化だったのではないかと愚考する次第ですが・・・、果たして真相は如何にww。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

で、インバウンド誘客の先進地域といえば、先ほど書いた昇龍道の沿線に位置する飛騨高山、そして長野オリンピック後から、地道にオーストラリアにターゲットを絞り込んで誘客を進めてきた白馬村があります。

 

今までの成田空港からの直行高速バスに加えて、2016年冬からは羽田空港から直行バスを運行と、まあアルピコ交通・白馬村攻めてきているなww

っということで、年末のとある日に乗車してきた次第で。

うん??、自動券売機の料金表に白馬の文字があるということは、直近で自動委券売機で切符を購入できるということですか?。

自分は発車オーライネットで事前に予約決済をしていたのですが、そうと分かれば直前発券だったのに・・・。

 国際線6番乗り場がバスの発車場所。

さすが羽田空港、季節運行ながらやることはやっていて好感度アップですねww

乗車したのはこちらのバス。

無駄に豪華な3列シートトイレ付き、全席USBポートが付いた優れもの。

乗客は第4セクターと、海外のTV取材のクルーがおり、計5人で出発。

こちらのバス、国内線ターミナルは経由しないということで、横羽線空港西から首都高へ。

途中湾岸線連絡道を経由して、C2から中央道経由となっています。

開放休憩は、談合坂と安曇野SA各15分づつ、運転士さんは2名乗車なのは、折り返し時間が短いための処置だとか。

白馬八方バスターミナルにはほぼ定刻の到着。

運転士さんによると、朝の羽田発はカンタス航空の到着便を受けて、夕方白馬発は中国人向けのダイヤ編成だそうですが、年末時点では乗客が二ケタいった日はないそうで・・・。

さて、TVクルーと一緒と書きましたが、なにやら長野の観光協会から依頼されての取材だとか、どうもこれからは雪が降らない東南アジアでの誘客を強化するための仕掛けのようです。

折り返しのJAMJAMさんの名古屋行に乗車するため、地ビールを飲みつつバスターミナルで観察していたところ、ほとんどがオーストラリアからのお客で、日本人は皆無な状況に驚いてみたり。

一足遅れでやってくる、成田空港からの到着便はさすが4年近く運行しているだけあって、乗客10人前後と乗っていましたね。

最近京王バスが、リムジンバスをバスタで乗り換えての白馬線の連絡切符を設定してきましたが、どうなるのかな・・・。

バスターミナルで見る限りでは、新幹線で長野駅、そして特急バスで白馬といった流れが多いように見えましたが・・・。

まあ何はともあれ、継続は力とも言いますし、成田空港線のように羽田空港線もそれなりの集客になるのかな?、なんて思ってはいるんですけどね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

では、予告通りの会津若松~仙台空港線の乗車レポをば。

ようやく工事も終わり、面目を一新した会津バス若松駅前ターミナル。

おしゃれなカフェやお土産物屋も併設され、きれいなターミナルに変わったのはよいのですが、トイレの改修が・・・、そこ大事な所ですので、引き続きの改善をお願いしたいところ。

仙台空港域に関していえば、会津バス運行の福島行が仙台空港まで足を延ばす形になっています。

乗車券を購入したら、発券ナンバーが35・・・!

まあこのあたりの発券の少なさは、おいおい解明していくわけですがww

乗車したのはこちらのバス。

トイレ付きの標準タイポの車両。

会津若松からは20人前後が乗車したのですが、二本松BSから乗車した2人組の乗客と、第4セクター以外は、福島市内で降車ということで・・・。

開放休憩は、国見SAで10分間、仙台空港にはほぼ定刻の到着。

 

で、若松での発券が極端に少ない理由と思われるのがこちら。

河北新報からの記事になりますが、ちょっとコピペいたします。

 

東北6県のバス会社などでつくる「高速バス東北共通インバウンドフリーパス協議会」は21日、外国人観光客を対象に、各県の高速バスが乗り放題になるフリーパス「トウホク ハイウ東エー バスチケット」を発売した。
チケットは4日間(1万円)と7日間(1万3000円)の2種類。仙台-青森間や盛岡-大館間、いわき-会津若松間など東北各地を結ぶ19社の約60路線が、期間中何度でも利用できる。専用サイトなどで予約し、主要なバス会社の窓口でチケットを受け取る。
初日は名取市の仙台空港ターミナルビルで、バス会社の社員らが、台湾から到着した旅行客約170人にチラシなどを配ってPRした。
同協議会会長で、宮城交通(仙台市)の青沼正喜社長は「東北は観光資源が点在しており、お得な料金で周遊することができる。バス会社が一丸となって外国人誘客に取り組みたい」と話した。

 

なるほど、こういった仕掛けが事前にあったわけですか。

インバウンド客に対して、SUNQパスなどのフリー乗車券が有効なのか、それとも名鉄のように昇龍道と名付けて、有名観光地を結ぶセット乗車券が良いのか意見が分かれるところですが、何もしないよりは何かしたほうが良いのは自明の理、仙台空港へのLCCのさらなる就航、それに伴い東北各都市観光地への2次交通としての高速バスの路線設置が続いていますから、現状さみしい仙台空港のバス乗り場も賑わいが出てくれば良いですね・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12/23~3/13までの金・土・日・月曜日に運行される、会津若松・猪苗代を郡山経由で直接成田空港を結ぶ高速バスが運行を開始しました。

昨今流行りのインバウンド、それもFIT客向けなこの路線、なんとなくですが長野で成功してい、某村と、やり方がかぶっているのかな??、なんて疑問に思いつつ、乗車してきた次第で。

 

成田空港3タミ8番乗り場が始発なんですが、3タミのバスターミナル、もう少しどうにかならなかったのかな?、なんて愚痴の一つも言いたくなるような使いづらいターミナルです。

乗車したのはこちらのバス。

千葉交通N503号車、貸切登録なれど、トイレと全席コンセントが付いた、高速バス仕様といっていい車両です。

2タミから一人乗車してきて、俺様貸切は免れたものの、会津若松までの長い道中乗客2人というのもねぇ・・・

バスは空港道から大栄JCT経由で圏央道へ、友部SAで解放休憩後そのまま常磐道を北上し、磐越道に入りあぶくま高原SAにて2回目の解放休憩。

降車客がいないので、郡山駅とリステル猪苗代は通過との放送があり、会津若松駅には60分の早着でした。

 

なんでも東北地方は、インバウンド客の流入が少なく、このままでは北海道の玄関としての役割に終わってしまうのではないかとの危機感が自治体にあるようですが・・・。

最近仙台空港から東北各地への2次交通としての、高速バス路線が相次いで開設されていますが、LCC需要を狙ったにしろ、ただバスを走らせさえすればインバウンド客が来てくれるほど甘くはないとは思いますが。

 

まあそんな事を考えつつ、次の会津若松~福島~仙台空港線乗車記に続いたりします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。