第4セクターの乗りバス・乗船日記

大型時刻表に掲載されている、全ての地上・海上を走る乗り物の完乗を目指している第4セクターの記録です。

第4セクターへの質問・問い合わせ・意見などは、
dai4sekuta@gmail.com まで。


テーマ:

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

年も改まり、いきなりのバス業界のビッグニュースといえば、両備・関東バスが共同運行するドリームスリーパー東京・大阪号ではないかと。

全席個室となり総勢11人乗り、運賃は新幹線のグリーン車越えの二万円・・・。

 

とりあえずは18日に両備バス門真車庫で行われた、開業式のご報告をば。

 

 

門真市駅からは約1km離れた場所に、門真車庫はありますが公共交通機関は付近にありませんので、念のため。

定刻に式は始まりました。

まずは主催者の両備バス松田副社長の挨拶。

ちなみにこのドリームスリーパーⅡのプロデュースをしたのは、松田副社長だそうです

今回全席個室、そしてゼログラビティーシート搭載と、自分が考えていた理想のバスを作ることができた。バス業界は運賃のダンピング等で消耗戦になってはいるが、バス業界はここまでできるということを、世に発信していきたいとの、力強いお言葉でした。

続いて、来賓の門真市長の挨拶。

実は両備さんと私は、浅からぬ関係がありまして・・・

昔こちらで洗車のアルバイトをしていました、当時は一台洗って500か800円だったかな??、先ほど聞いたら今も変わっていないそうでww

っと、松田副社長の苦笑いをとってから、門真市は大阪モノレール延伸が決まり、さらに阪神高速淀川左岸線も延伸され、一大交通接点となりうる場所。そういった門真市にこのようなバスが走ることは、大変意義深い・・・、とお話しされました。

その後、両備バス恒例の担当運転士さんへの鍵の授与。

そして運転席への無圧クッションの贈呈。

そして定番の花束贈呈と続き

テープカットと同時に、バスは出発していきました。

では、肝心の乗っての感想は、次に続いたりします。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

両備が開発したドリームスリーパーとか、新たにJRバス関東・西日本JRバスが運行を開始する、個室調のドリーム号が話題になっていますが、究極に快適な夜行バスは???。

そんなお話をば。

 

JR九州バス・中国JRバスが季節運行する、広島~鹿児島間の夜行高速バス「鹿児島ドリーム広島号」。

南九号に乗車した後は、こちらで広島まで戻ることにします。

鹿児島中央駅前にある、南国交通バスターミナルが鹿児島側の始発地になります。

改築前はお世辞にも綺麗なバスターミナルとは言えない状態でしたが、改築後は高層複合ビル化され、白を基調とした綺麗なバスターミナルに生まれ変わりました。

主力となる、福岡線の桜島号や鹿児島空港リムジンバスの発車も無い時間帯、稀に空港からの到着便と、霧島温泉ホテルの送迎バスがやってくるのみといった、閑散としたバスターミナルに、本日のお宿中国JRバスの641-3954号車がやってきました。

では車内の様子。

フェイスカーテンと全席コンセント付き、中央トイレの車両。

運転士さんが降りてきて、「本日は第4セクター様だけですので、お好きな席にどうぞ」

っということで、5Aを占拠することにしました。

夜行で俺様貸切は、両備大阪の季節運行東京~大阪線と、フジヤマエクスプレス以来ですから、都合3回目になりますか?

一通り放送で説明があってから、九州道須恵PAにて中国JRバス乗務員と交代しますとの放送が・・・、ってJR九州バスの運転士さんとは気が付きませんで・・・。

溝辺PAにて就寝前の休憩23:35~50.

朝の開放休憩は、宮島SA6:45~7:00まで。

五日市ICで山陽道を降り広島高速4号線経由で広島BCへ、終着の広島駅新幹線口には定刻到着でした。

 

さて、一番先に書いた話ですが、個室も結構なんですが、やはりある程度の設備であれば、空いている方が快適性が上がりますね。

究極は、俺様貸切夜行バスなのではないかと思う次第ww

公共交通機関での快適性は、専有面積に正比例、乗客数に反比例の関連性があるんでしょうと、思ったものでした。

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん福岡~鹿児島を結ぶ高速バスはと問われれば、西鉄・南国等4社共同運行の「桜島号」を思い出すと思いますが、都市間ツアーの時代から、鹿児島市内に本社を構える南九州観光バスが一日一往復ながら、高速バスを運行しています。

そんな地味で目立たない高速バスの実態はどうなのよ?、と第4セクターがやってきたのは、博多駅筑紫口近くにある、九州内での移行組の牙城たるバスストップカフェ。

おしゃれなカフェの一部を区切って、バスラウンジと名称を付けて待合室としているものですね。

西日本新聞によると、月の運営費は100万円だそうですが・・・、まあカフェの運営費込みの値段でしょうが。

ラウンジ入口に係員がおり、こちらで名前を言ってラウンジの利用受付をしてもらい、待つことしばし、発車15分前に鹿児島行きのお客様はバス停の方へ移動してくださいとの放送が入り、200m程離れた東総合庁舎バス停へ移動。

まあ正直、よくもまあここのバス停が空いていたな・・・、お隣の西鉄のバス停は一日一本が発着するのみといった、路線維持目的のバス停だから確保できたんでしょうけど。

筑紫口の観光バス乗り場を占拠していた時代に比べれば、本当に路線バスらしくなりました。

乗車したのはこちらのバス。

横4列、縦12列、中央トイレ付きの車両。

まあ外装への突っ込みはおいておくとして、床の跡から見ると、改造前は3列独立シート車ではなかったかと思われます。

前後のシートがハイバックとノーマルと違いがあるのはご愛敬といったところではないかとww

乗客は若い人が多いのと、インバウンドの小グループが乗車して、約20人前後と平日にしてはまずまずの乗り具合。

開放休憩は、宮原SA19:30~50の一回のみ、桜島号はたしか2回ではなかったかと。

 

桜島号は定価5450円で、web早割10なら座席限定ながら2200円で販売。

一方の南九号は発車30分前まで空席があれば平日割2900円となっているんですが・・・、まあ正直言って、安かろう悪かろうを地で行っているのがなんともはや・・・。

一昔前の都市間ツアーでも、こんな経験は第4セクターはしたことがないと書けば、読んでいる皆さまは想像に難くないかとおもいますね。

 

南九州観光バスは、サンマリンツアーが運行する、サンマリンライナー福岡~宮崎線の営業譲渡を受け、いま拡大路線をひた走っているわけですが、老婆心ながらもう少し足元を固めないと、何かが起こりそうな気もするんですよね・・・。

 

っということで、鹿児島中央駅前には約10分の早着でした。

第4セクターは、次の利用はないことは、はっきりしていると思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。