私家版里山図鑑

おもに、宮崎県南部平野部の里山に生息する生き物・・・昆虫・鳥などの図鑑を目指しています。

今まで掲載した記事の索引です。ご利用下さい。
私家版里山図鑑 
 
私家版里山図鑑
 (2014年4月30日の記事まで更新しました)           

同定には万全を期していますが、間違っていた場合はコメント等にてご指摘下さい。

ランキングに参加しています。おかげさまでただ今、昆虫写真部門の第1位を獲得しています。
これからも頑張ります。ぜひポチッと押してください。お願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
NEW !
テーマ:
サトクダマキモドキ 黄色い三齢幼虫 直翅目ツユムシ科

7月13日、この日は先日紹介しました初登場のシマササグモのほか、もう一種珍しいものを見つけました。
サトクダマキモドキの三齢幼虫・・・これだけでは別になに、って感じなんですが、その体色が黄色い個体です。

いろいろ調べて見ましたが、手元の書物でも、ネットでもあまり載っていません。
背中に一対の黒点があるところから、これがサトクダマキモドキの三齢幼虫だと言うことまではわかりましたが、「黄色」というところでこれ以上はわかりませんでした。

どなたか情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
どのくらいの頻度で黄色い個体が発生するかなど、おわかりでしたら、ぜひご教授下さい。

1
撮影日 2016/7/13 撮影場所 宮崎県串間市

2
撮影日 2016/7/13 撮影場所 宮崎県串間市

【これまでのサトクダマキモドキの記事もご覧下さい】
2010年12月10日「サトクダマキモドキ ♂ 」

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

過去の記事を見るには、下のバナーをクリックしてください。
私家版里山図鑑 

私家版里山図鑑
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
タテハモドキ 稲刈りの終わった田んぼで吸蜜 鱗翅目タテハチョウ科

2016年夏、当地の稲刈りは最盛期です。
中には刈り取りがほとんど終わったエリアも合って、その辺りをちょっと散歩してきました。

やはり今の時期目につくのは、すっかり夏型のタテハモドキです。
数頭、飛んだり吸蜜したりしています。

でも刈り取りがすんだ田んぼ周辺は、思いの外タテハモドキの好きな花がないみたいです。
稲刈りがしやすいように、農道やあぜ道を、稲刈り前にきれいに切ってしまうのですね。

でも今日出会ったタテハモドキ、それにも負けず、風に揺れる花に掴まり丁寧に丁寧に吸蜜していました。

1
撮影日 2016/7/26 撮影場所 宮崎県串間市

2
撮影日 2016/7/26 撮影場所 宮崎県串間市

3
撮影日 2016/7/26 撮影場所 宮崎県串間市

4
撮影日 2016/7/26 撮影場所 宮崎県串間市

5
撮影日 2016/7/26 撮影場所 宮崎県串間市

【これまでのタテハモドキの記事もご覧下さい】
2009年12月1日「タテハモドキ 夏型」
2009年12月2日「タテハモドキ 秋型」
2009年12月28日「タテハモドキ」
2010年4月6日「タテハモドキ 越冬個体」
2010年10月5日「タテハモドキ 求愛」
2011年4月28日「タテハモドキ 越冬個体 2011年初撮り」
2011年8月27日「タテハモドキ ようやく再会」
2011年8月30日「タテハモドキ 吸蜜」
2011年10月11日「タテハモドキ 秋型になりました」
2011年12月15日「タテハモドキ 秋型 2011年12月14日撮影」
2012年3月29日「タテハモドキ 越冬個体 2012年初見初撮り」
2012年7月21日「タテハモドキ 夏型と出会う 2012/7/21」
2012年9月14日「タテハモドキ ♂ 夏型」
2012年9月15日「タテハモドキ ♀ 夏型」
2012年10月7日「タテハモドキ 2012年秋型」
2012年11月11日「タテハモドキ 秋型 日なたぼっこ」
2013年4月8日「タテハモドキ 2013年初見初撮り」
2013年6月5日「タテハモドキ 吸水」
2013年9月5日「タテハモドキ 斑紋」
2013年10月2日「タテハモドキ もう秋型?」
2013年11月14日「タテハモドキ 2013年秋」
2014年4月29日「タテハモドキ 2014年初見初撮り」
2014年8月22日「タテハモドキ 「撮っていいよ!」」
2014年9月29日「タテハモドキ ~ゆく夏を惜しんで」
2014年10月28日「タテハモドキ 芸術的な吸蜜」
2015年3月17日「タテハモドキ 2015年初見初撮り」
2015年4月25日「タテハモドキ シロツメクサで吸蜜」
2015年8月13日「タテハモドキ 夏型 吸水活動?」
2015年10月12日「タテハモドキ 秋型 セイタカアワダチソウで吸蜜」
2015年10月25日「タテハモドキ ミゾハギで吸蜜」
2015年12月11日「タテハモドキ プチ越冬~一日目」
2015年12月12日「タテハモドキ プチ越冬 その2」
2015年12月13日「タテハモドキ プチ越冬 その3」
2015年12月14日「タテハモドキ プチ越冬 その終焉」
2015年12月15日「タテハモドキ プチ越冬 まとめ~そして、再会?」
2016年2月14日「タテハモドキ 2016年2月の出会い」
2016年4月23日「タテハモドキ 噂をすれば・・・ 」

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

過去の記事を見るには、下のバナーをクリックしてください。
私家版里山図鑑 

私家版里山図鑑

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ササグモ 出のう クモ目ササグモ科

今月14日に紹介しました「ササグモ(♀) 卵のうを守る」ですが、今朝、無事卵のうから子グモが出てきました。
卵のう(卵嚢)から子グモが出てくることを出のう(出嚢)と言うのですが、いわゆる「蜘蛛の子を散らす」状態がそれに当てはまります。

ずっと前に、ちょうど他のクモでその状態(蜘蛛の子を散らす状態)を体験したのですが、今回のササグモの場合は、蜘蛛の子が数的には少なく、ちょっと拍子抜けでした。
それでも出のうの様子が見られたのは幸いで、嬉しいことでした。

その中の一頭が出てくるところを写真で紹介します。(写真は6枚です)
それぞれの写真の赤い丸の中に、今まさに出てくる子グモがいます。
写真の中の子グモが小さくて見づらいかもしれませんが、何しろ体長は1mmほどなので、そこのところはご容赦下さい。

最期の写真は、卵のうを俯瞰で見たところです。
新しい蜘蛛の糸が張り巡らされ、そこに出てきたばかりの子グモがいます。

1
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

2
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

3
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

4
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

5
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

6
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

全体はこんな感じです。
7
撮影日 2016/7/25 撮影場所 宮崎県串間市

【これまでのササグモの記事もご覧下さい】
2009年12月22日「ササグモ」
2010年11月6日「ササグモ 捕食」
2012年6月5日「ササグモ カマキリを捕食」
2013年6月4日「ササグモ セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシを捕食」
2014年7月26日「ササグモ ヤマトシジミを補食」
2016年4月7日「ササグモ まったりと? 」
2016年6月8日「ササグモ(♂) 求愛 」
2016年7月14日「ササグモ(♀) 卵のうを守る 」

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

過去の記事を見るには、下のバナーをクリックしてください。
私家版里山図鑑 

私家版里山図鑑
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。