今回の勉強会は、総入れ歯について発表しました。


総入れ歯は歯を失った方が美味しく食べるための大切な道具です。


『快適な入れ歯』作りには、使い心地を確認し微妙な調整を繰り返してじっくりと育て上げる患者様と歯科医師の共同作業が欠かせません。


よい総入れ歯が、何の留め具もないのにストンと落ちてこないそのわけを知っていますか?


1つの理由は唾液にあります。


唾液は総入れ歯の義歯床と粘膜の間にあって、いわゆる表面張力によってピタリと入れ歯をくっつけてくれます。
そのためお口が乾きがちな方は外れやすくなります。
唾液にはこんな効果もあるんですね。


もう1つの理由は、よい入れ歯の縁は柔らかい頬の粘膜に覆われると空気が入り込まないため、いわば吸盤のように働くことです。



総入れ歯をお使いの方は、こんな症状が出ていませんか?


*外れやすい
*食べ物が噛みきりにくい
*食べ物が挟まる
*調整後もまたすぐ痛くなる
*入れ歯があたって傷ができる


総入れ歯のお悩みや不満といえば、圧倒的に多いのが『痛い』『噛めない』ですが、同じ痛いといっても原因は様々です。

どうせ合わないと、諦めないで、是非ご相談くださいね。





AD