仕事が終わってからダウンタウン・ヒロのマーケットに行ってきました。
{61F2BFF6-79EF-4D02-B9D2-2E1316E055F6}
 
水曜と土曜は大々的なファーマーズマーケットが開かれている場所。そのほかの曜日も小規模ながら野菜やらフルーツなどが売られています。
 
そこから少し離れた所にあるここ↓
{66FE1F07-6F83-4515-8F23-B32DF95252DD}
 
ダウンタウン・ヒロのKTAにある真正面のオープンマーケット。
{AC723A96-DF11-40E2-B0FF-4F4B4B680C61}

 

 

 

ここは昔から蘭やアンスリウムが売られている場所です。

どれも切り花で、アンスリウムは3束で5ドル。どれも良心プライス。

{709FA6ED-AAB3-46D5-BB3B-730BF6D9110F}

 

 

今日の目的は、お墓に持っていくブーケ。

大概、下に写っている左側のはお墓に供えるもの。これで5ドル。

{E40A5DDB-D1BF-47D4-BBF2-72ED04A1CB0F}

 

 

ブーケも買ったし、車を走らせようと周りを見てみると・・・。

すごーい! 壁一面に描かれた花束。なんだか涙が出そうでした。

{E34B4175-6DA5-45CD-8606-42B9AFD54D13}
この建物ではかつて、エビスガワ・シスターズ(エビスガワ姉妹)の花屋さんだった所です。ご高齢になって惜しまれながらも閉店しました。私たちの結婚式に使う花やレイもここから注文をしたのを覚えています。
ここに、誰かが私たちに思い出が永遠に続くように描いてくれたのでしょうね。
 
ちなみに今この場所は野菜などの倉庫一部として使われています。
 
 
さて、ホノリイビーチ近くのアラエ墓地に行ってきました。
オーシャンビューで風が気持ちがいい、ここがお墓とは!と思わせる一等地です。
 
選んだブーケはこちら。

 

{4B019597-8C3F-4063-B5C7-52F197B8B646}
昨年のサンクスギビング翌日に亡くなった、大好きで仕方がないアンティのお墓にお供えしてきました。
 
ハワイ島には夫と夫の兄弟しか身内と呼べる人はおらず、こうやって親族のような気持ちで今もお付き合いをしてくれて、お花を持って行かれるお墓があるのは、今の仕事をしているからこそのご縁だと思います。
本当に、出会った方々に感謝です。いろんな経験や出会いをいただいています。
 
このアラエ墓地はずいぶん古くて、アンティのお墓のお隣は1918年と彫られていました。他のお墓にも漢字で大正4年と書いてありました。
お墓には漢字で日本の苗字が多く、今の世代の家族のために後になってローマ字で苗字を掘り足しているのも多いです。
 
お墓の土地、ずいぶんとまだ空いていましたよ。お墓を撮るのは良くなかったかな。。。ごめんなさーい。

 

{FDC7CE3B-3DEF-45FA-BE7B-F891EE9258A9}
海と大空とマウナケアの裾野の大地。ハワイ島に生きて今は眠る方々。
お墓までもがダイナミックで、ハワイ島らしいな!と思ってしまいました。
 
仕事先のオーナーが、そこに住む人との会話に笑ってしまったんです。
 
Aさん(90歳) 「あー、もう体がしんどい。なんにもする気にならないから、ベッドで横になりたい。」
 
オーナー 「MAKE(マケ=ハワイ語で死ぬこと)になったらいくらでも寝られるんだから、今は起きていなさいよ!!!笑」
 
こういう会話がすらっと言えて、お互いワッハッハ!と笑える関係って堅苦しくなくていいな。
私、こういうとっさの時のジョークがうまくないのよね。
日本でこんなことを言ったら、またあーだこーだと問題になるのかな?あー、やだやだ。
これもまたハワイの”気楽にいこうよ!”的な感覚なんだろうね。
 
Take it easy!
 
ハワイ島でノンビリ暮らし
 
 
 
 
 

 

AD