Hatsumihomeサンフランシスコとベイエリアの家とライフスタイル

ベイエリア全域で活躍中のリアルターから見た家、ライフスタイル、広範囲に仕事をするのでそれぞれの街の特徴、お店の品揃えも街によってずいぶん違うもの。不動産情報を中心に気ままに綴るリアルターのブログ

サンフランシスコ、ベイエリア不動産売買、賃貸
に関するお問い合わせは

Hatsumi Takahashi  高橋初未

H2H GLOBAL JAPAN, LLC

T.Okamoto & Co.

にご連絡くださいませ。

ウェブサイト:  
www.h2hglobaljapan.com

Facebook

メールアドレス: hatsumihome@gmail.com

電話 010-1925-381-6572(日本から)
    925-381-6572(アメリカ国内)
Skype: hatsumihome
050-5539-2104


NEW !
テーマ:
{D83B76CA-F0FB-4E41-9C5C-99C5C984C822}

{DF934996-DBDE-4B6E-B653-5CCB9DC2E102}

{B8084C9D-69EE-4A41-974C-F48C0113A261}

{E0F5ACEC-1230-4395-98E0-6091119C5A17}

{92D68A0E-C120-4A37-B874-8958C7E37B0C}

{D3263D06-7935-42E2-BB11-A20913980D12}

{EB9C59C3-F922-48F2-9C68-0BC0908CC532}

ハイキングクラブで今日はアンティーオーク市にあるBlack Diamond Regional PreserveのMine tours(炭鉱跡地ツアー)に行ってきました。

今日は天気も良く日差しが照り返しがすごいけれど、炭鉱跡地の中は寒いのでジャケットが必要。

ヘルメットをかぶって炭鉱ツアー。

1850年代から1900年代のはじめ頃までは石炭は重要な資源で炭坑堀が盛んに行われていたのため。ブラックダイアモンドの石炭はサンフランシスコなど周辺の市にとっても欠かせない光熱資源。

この地は1860年ごろに開かれたので、ちょうど日本でいう江戸時代末期にあたり、なぜか戊辰戦争と重なってしまう。

炭鉱夫は子供もいて8歳ぐらいから働いていたとか。炭坑内は寒くて暗い環境でその頃は手作業の炭坑堀。 当時の厳しい環境が伺えます。

石炭から石油に資源利用が移行すると石炭の需要はなくなり廃坑になり、現在ではコントラコスタ郡の管理するパークして保存されています。

90分ツアーはローカルの歴史を垣間見る興味深いものでした。



 





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。