2007-07-13

靴について(目から鱗が落ちた)

テーマ:規格の超簡単説明

適塾内
大阪の適塾の内側からのワンショットです。

最近、靴が会わなくて苦労してました。修理屋さんに靴を伸ばしてもらったり、大きい安い靴を手当たりしだい買ったり、ぶかぶかに履いたりしましたが効果なしでした。

そこで、ある高級靴メールの直営店に行ったところ、合うまで調整すると言われ高い靴を買いました。そのときに店員さんの何気ない一言が目から鱗でした。

「かかとを靴の後方へ合わせて紐をしっかり結んでください」でした。するとどうでしょう。痛みが徐々に緩和されて今では全くありません。靴の紐の意味がやっとわかりました。紐がゆるいから足が前に行き痛むのです。固定するために紐があることがわかりました。

こう考えると、紐なし靴は邪道ということになります。最近思いますのは紐なし靴は1日の時間の1%の脱ぎ履きの便利さのために99%の苦痛を背負い込んでいると思います。紐靴は1日の1%の脱ぎ履きの不便さはあるが99%の快適性があるのです。

今までの靴屋の店員さんは何なのだと思わず言いたくなりました。妥当性確認をせず販売するなんて。。。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-05-12

製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性の確認

テーマ:規格の超簡単説明

東京駅


東京駅の近景です。2006年10月撮影です。町並みの景観破壊はビルの高さのように感じます。統一感がまるでなしですね。個人的な感想ですが大阪の御堂筋がすっきりしているのは高さの統一しか考えられません。

景観設計といえば「製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性の確認」に該当するのでしょうか。

結果の成否は数十年後かもしれません。よく似たものに都市計画があります。永遠に結果が出ないかもしれません。むつかしいですね。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-04-10

設計・開発の妥当性確認

テーマ:規格の超簡単説明
浄土寺
兵庫県小野市の浄土寺の浄土堂(国宝)です。鎌倉時代に重源上人が建立しました。前々から桜が咲いたら来ようと決めてました。

最近は、節約のためリーズナブルなホテルに宿泊します。ホテルでは、最も落ち着きたい場所としてトイレがあります。

しかし、このトイレがたまに苦痛になるときがあります。それは正しく据え付けられていないから落ち着けないのです。両足の膝がアンバランスで座ることが多いです。

それと、困るのがトイレットペーパーの器具に当たり腕の位置が定まらず、痛みさえ感じることがあります。特に前かがみになったときは最悪です。

しかし、実際トイレに座ってみれば改善ポイントはすぐに判明するのですが、設計者やホテル側の人もトイレには座らず妥当性の確認を行っていないようです。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-10

監視機器及び測定機器の管理最終

テーマ:規格の超簡単説明
ボス橋
トルコの第2ボスポラス橋です。支間1090m、橋長1510mの吊り橋です。日本のODA等の援助により建設されました。アジアとヨーロッパとの架け橋です。ボスポラス海峡には第1ボスポラス橋もあります。第1ボスポラス橋はハンガーロープがスキューで桁につながり、第2ボスポラス橋は真っ直垂れ下がっています。

「測角」「水準」部分についての検証方法として、固定点を決めて行う方法があります。

例えば「測角」は、ピタゴラスの定理で決められたポイントを測ることで実施できます。

また、「水準」は、透明ホースに水を入れて両端を持ち上げたときの高さは同じになりマーキングすることで検証できますし、ターン測定することでも検証できます。

建設技術者として、これらは日常行うことかもしれません。要はISOを導入してコストがかかったではもったいないことになります。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-02-07

監視機器及び測定機器の管理その5

テーマ:規格の超簡単説明
水門1

水門2
岐阜の金華山トンネルのエントランス上から長良川の土堤防と大宮陸閘です。水害対策用です。

【工事測量】が、精度を要求される機会が多くなります。もちろん【品質管理】【出来形管理】でも精度は必要なのは当然です。
次に、製品の適合性の実証のために必要な機器として【トータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺】が抽出されました。

これらの機器のうち国家標準がありますのは、トータルステーション・光波測距儀の「距離」測定部分が該当いたします。ですから校正記録が必要になります。

「距離」以外の「測角」「水準」部分については、国家標準はありません。これは「距離」は光等を飛ばして測定するため測定機器の精度を要求されますが、「測角」「水準」については物理的な要因から観測値を導くため国家標準がないのでしょうか。感覚的はそう思っています。

一般的には「測角」「水準」部分も業者の校正記録を添付されている場合が多いですが、ここは検証で対応するのもひとつの方法です。(つづく)

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-07

監視機器及び測定機器の管理その4

テーマ:規格の超簡単説明
湊川
湊川神社の表門です。楠木正成が祀られています。正義と忠誠の大楠公です。JR神戸駅の近くで終電になるとこの前を通ります。夜のライトアップはきれいです。

測定項目として【工事測量】【品質管理】【出来形管理】の3つが抽出されました。
また、必要な機器として【トータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺】が抽出されました。

まず、測定項目について考えてみたいと思います。監視機器及び測定機器の管理でよく見かけますのは、【出来形管理】で機器が必要と書かれている場合が多いです。たまに【品質管理】まで言及されている場合もあります。

【出来形管理】は構造物を基準値と比較して測定するもので大幅な誤差が許されるものです。一例をあげればコンクリートのボックスカルバートの内空幅は-30mm、基準高さは±30mmなどです。(施主により異なる)

これでは、cm単位で良いということで精度という考えは無いに等しいです。このために校正や検証を行う必要があるのか、ということです。

土木工事の【出来形管理】で、mm単位の精度を要求されるのは、しいて挙げれば橋梁の長大スパンの測定くらいだと思います。

では何故このような状況でも、校正や検証に目が行くのかを考えますと、結局は【工事測量】において精度が要求されるため校正や検証を行う必要があると思います。(つづく)

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-06

監視機器及び測定機器の管理その3

テーマ:規格の超簡単説明

新橋


明治5年に開業した旧新橋駅の復元されたものらしいです。場所はこの位置だそうです。きれいすぎますが。。。

製品の適合性を実証するための必要な機器としては、トータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺などが考えられます。その他に温度計、張力計、箱尺、RI計、膜厚計、貫入試験器、トルクレンチ、スランプ測定機器、アンカー等の引張に関する機器、注入等の圧力管理に関する機器、騒音振動関係の機器など挙げればいくらでも出てきます。

では、数多くある機器のどれを対象とするのかですが、もちろんすべての機器について正常に動作するように管理を行うのは当然ですが、製品の適合性を実証するために必要な機器としては、顧客に対しては一般的には施主のフィニッシュである合否判定基準の【出来形管理】やその元になるスタートでの【工事測量】が重要になります。【工事測量】【出来形管理】ではトータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺が最も利用が多くこれらを対象機器にされたらよいと思います。

【品質管理】では多くの監視・測定機器が考えられます。【品質管理】でもトータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺くらいにして、その他の機器は工程内での施工がスムースに行われていることで確認ができるため対象機器からはずされたほうが実情にあっていると思います。

ですから、【工事測量】【品質管理】【出来形管理】という3つの「製品の適合性を実証するための監視及び測定項目」と、【トータルステーション、光波測距儀、セオドライト、トランシット、レベル、鋼巻尺】が「製品の適合性を実証するために必要な機器」として抽出するのが妥当と考えられます。

もちろん機器はすべてを対象にしても良いのですが、企業として余分なコストのかかることまでは不要と思います。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-11-10

監視機器及び測定機器の管理その2

テーマ:規格の超簡単説明

公会堂

中之島中央公会堂です。事あるごとに伺います。今回はある資格の継続教育としてのセミナーでした。

建設業の監視及び測定項目として代表的なものを説明します。


最初に、【工事測量】があります。これは、最も重要なものです。設計図どおりに道路中心線や所定の位置に構造物を作るための測量です。測量は日々行われるもので重機などで測点が毎日動いたりしますので大変な作業になります。工事測量はズバリ目的のポイントを出すため誤差という考えはなくなります。


つぎに、【品質管理】です。これは施工途中における材料の寸法検査や、基礎コンクリートの高さの検査など重要な工程内検査があります。さらに地盤の沈下や地すべりの動態観測などの監視も行われます。基準値や誤差をもとにチェックします。


最後に、【出来形管理】があります。これは最終製品の長さ、高さ、厚さ、幅などを測定して基準値との誤差を測るものです。

以上の、【工事測量】【品質管理】【出来形管理】という3つが「製品の適合性を実証するための監視及び測定項目」になると考えられます。それでは次に3つの項目について「製品の適合性を実証するための必要な機器」はどういうものがあるのでしょうか。また検討してみます。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-03

監視機器及び測定機器の管理その1

テーマ:規格の超簡単説明
岐阜城
岐阜城です。道三が偲ばれます。よくこういうところに作ったと関心します。現在のものは鉄筋コンクリートで作られてますが、それでもすごいですね。飛行機から見えるランドマークでよくアナウンスされます。

建設業の監視機器及び測定機器の管理について考えてみたいと思います。

規格では、まず監視及び測定項目を明確にせよと言ってます。建設業の場合はよく最終検査の出来形検査に目がいきがちです。

それでは具体的にどのような項目が考えられるでしょうか、また検討してみます。最近アップの頻度が極端に長くなりブログの維持の難しさを感じています。ホームページも同様に継続は難しいですね。しかしスローでも続けて行きたいと思っています。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-09

設計開発最終

テーマ:規格の超簡単説明

アンカラ


トルコの首都のアンカラ市街です。観光コースには組まれてないことが多く寄る機会がありよかったです。インスタンブールよりは雑然としていました。

今まで、極力7.3設計開発は避けたほうが楽であるという観点で述べてきましたが、これは決して推奨しているわけではありません。あくまで企業の身の丈にあった内容にしてくださいという意見です。


私はコンサルを行うときに何か7.3設計開発があるかさがします。企業様は何故か7.3設計開発を除外したほうが喜ばれるのですが、細かいことでもあれば加えるようにします。

これは除外されたときでも7.3設計開発をコンサルで行っていますから企業様は将来必要になればいつでも対応できるようにして、不要なコストがかからないようにするためです。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。