1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-24

ISO審査員業務を辞めました

テーマ:ISOのあり方

仙台市の東北電力の三居沢水力発電所です。水力発電発祥の地だそうです。再生可能エネルギーの見本です。明治時代から稼働しています。おみごと。

2017年2月22日をもってISOの審査業務を終えました。前の審査機関から数えると13年位になります。

辞めた理由は、老々介護に入る前の元気なうちに家内と過ごそうと決めました。

契約は3月までですが、審査依頼も判定委員会も無く、若干の請求書を書けばすべて終了です。いまだにISOのすべてもよく理解していませんし、2015年版も新たに入ってきて、ますます目まぐるしくなると思います。

身の周りの人(とりあえず家内)のために頑張る。今はこれが生きる意味です。それに徹します。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-24

相撲道

テーマ:ISOのあり方
松山市の道後温泉本館です。すぐ近くの湯神社から撮影しました。別のアングルでいいですね。今回は、いつもより高い部屋でつかりました。

稀勢の里が優勝し、相撲道を邁進しています。日本人がもともと持っている感性を素直に発揮されたように思います。磨き上げてほしいです。

与えられた使命を淡々とこなして行くことは本当に難しいと思います。精一杯「道」を極めていただきたいと思います。

最近よく思いますのは、人として生まれ「不平等という平等」の中で人生を全うする。これが人が生きる意味のように思います。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-14

鑑定業務

テーマ:ISOの課題

奥飛騨温泉郷の平湯です。今年初めての雪の体験です。国内で、スノータイヤ車に同乗しては初めてです。

業務展開を考えている中で、鑑定の仕事も舞い込んでくる感じです。技術屋として私的な依頼人への鑑定は難しいと思います。

鑑定は中立と思いますが、クライアントが居て係争になっておれば中立性だけでは成り立たないでしょう。

スタートが争いであり、これも難しいところです。業務のどこにやりがいがあるのか疑問です。

どうしようか迷っています。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-14

塩づけ株

テーマ:ISOの現状

東京のどこかの駅です。関西じゃ考えられない駅員さんのポジションです。大都会は大変ですね。

ここ2~3年この時期は非常に忙しいです。ほんと。常に何かに追いまくられているかんじです。

それはありがたいことですが、少し息抜きも必要かなと思います。流されない何かを持ちたいですね。

10年間に少額の分散投資で買った株が10年たってやっと元にもどりました。苦節10年です。

実際は、10年間で企業も合併等があり20%の利益がでています。一時は40%まで下がり(60%の損)ほったらかしにしてましたが、20%だとやっぱり、預金より良いかと思ってしまいます。精神的にはわるいですけどね。でも極めて少額でたいしたことはないのですが。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-23

オリンピックとレガシー

テーマ:コンセプト

 

愛知県豊橋市の吉田城からの豊川の眺めです。ゆったりしています。いいですね。

オリンピックがレガシーで話題が多くなっています。東京のボート開催がレガシーとして残る仙台では残らない等々です。

確かに1964年の東京オリンピックでも代々木体育館のように素晴らしいレガシーを残しています。

でもよくよく見ますと、オリンピック憲章でも有形無形のレガシーを言っています。つまりソフト面も多くあるということです。

有形はボートレース場が残りますが、無形は東日本大震災の場所での復興開催としての歴史的価値が今後の開催理念を示唆する「レガシー」が残ります。いかがでしょうか。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-06

ISO2015年版取り組みの方向性

テーマ:ISOのあり方

明石海峡淡路島

先月に続き明石海峡大橋からの淡路島の眺めです。国生みの島ですね。

久しぶりにISOの話題です。2015年版の移行審査が後1年ということで、ぼちぼち動き出した企業もあります。しかし動きは鈍いですね。

書店を見ても肝心なところの帳票は出し惜しみしていますね。といって重厚長大な1994年版を思い起こすようなシステムも無駄ですし、静観されているようです。

いろいろと考えはありますが、2008年版の予防処置をリスク・機会(予防)処置に置き換えて、経営ツールのSWOT分析から組織の強みS、弱みW、機会0、脅威Tを抽出し、リスク・機会(予防)処置に挙げれば簡単に終わるように思います。

QMSは品質目標との2本立て、EMSはリスク・機会を取り込んだ環境目標の1本立てが少し違うのでしょうか。
記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-15

人の感性はそれぞれ

テーマ:ISOのあり方
明石大橋

明石海峡大橋ツアーに行ってきました。300mの主塔からの眺めは絶景でした。


なかなかこちらの意図が伝わらないことがおおいですね。

本を貸したつもりが、あげると言ったとか。

気を使って当分メールは連絡待ちと言ったら、プッツンされたり様々です。悩みは尽きないですね。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18

明治維新を旅する5

テーマ:ISOの現状
泉大津
泉大津の町並みです。公道に私物が横断しています。諸事情があって今日まで来ているのでしょうね。珍しい光景です。


先日、天王寺の界隈の一心寺を歩いていたら、東軍招魂碑なるものがありました。西軍に支配された状況で明治31年に建立されています。

また、寺には会津藩士の墓もあるとのこと、感激しごくですね。

卑怯なことはしない。その1点で人生を過ごし曇りも無く澄み切った心、大切にしたいです。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23

明治維新を旅する4

テーマ:ISOの現状
桑名城跡

桑名城跡です。松平定敬の影をたどってみました。ほとんど跡形もなく歴史の彼方へ消えてしまったようです。焼きはまぐりだけが目立ちます。


信念を貫き通す。これは日本人の美徳でもあったのです。例えば、結婚したら一生添いとげるとかです。

しかし、現実は離婚数が示すように困難なようです。結婚は「一生守ります。」との約束は常套句ですが、なかなか難しいようですね。

そこを貫き通すのが「至誠」だと思います。この考えで行くとお互いが理解していれば波風があろうが添い遂げなければならないのです。そうしないと矛盾するのです。

そこを貫き通した結果が、荒城の姿になったのは寂しい限りです。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-06

明治維新を旅する3

テーマ:ISOのあり方
能登島大橋
能登島に渡る奥能登大橋が見えます。今度行ったときは歩いて渡ろうと思います。


日本人の二面性はいつからでしょうか。私は自身もサラリーマン人生の中で本音と建前、裏と表、いろいろと納得しながら生きてきました。

宴会での腹芸や乱痴気騒等々です。この原風景はなにかとダブってくるのですね。なにかと。

維新の歴史の中から浮かび上がってくるのは、勝ち組の方々の行動と非常に似ているということです。

確かに近代の日本を築いた先駆者であり功労者ですが、世俗性もたっぷり吸収して非常に柔軟性に富んだ世の中ができた。思います。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。