熟女猫の毛深い手の上で

貫禄ある熟女猫・花沢花子の話。

*コメントありがとうございます(≧▽≦)
 お返事コメントの代わりに訪問させて頂いています。
 初めての方も、お気軽にコメントください(*^_^*)

*花沢さん他界に伴い、ブログ更新頻度↓中です。

テーマ:
花沢さんの四十九日の法要を、回向院(市川別院)さんでしてきました。

まずは5月4日の葬儀のことから。
その日は強風吹き荒れる日で、雨の無い台風のようでした。


嵐を呼ぶ女、花沢花子!
最後までカッコイイ!

回向院さんには、カフェがあったので(←珍しい!)


お別れをして(個別葬ができます)、お骨上げまでの間、自然豊かな境内を眺めながら、


ウチに来た初日限定でストーカー猫だったことや、獣医さんにマンチカンに間違えられたことなど沢山思い出話をしました。



立派な本堂に入ると卒塔婆があり、どなたかのお葬式があるのかと思ったのですが、「愛猫花子」という文字が。

そ、そういえば受付時に依頼した!
私達は嬉しいけれど、何も知らずにお参りしに来た人は、びっくりするでしょうね(^▽^;)


本堂に卒塔婆を立てて頂いただけでもありがたいと思っていたのですが、供養(合同のもの、途中で名前を読み上げて頂けます)のお経も、本堂であげて頂けました。


人への配慮から、慰霊堂の前で行われると思っていたので、すごく嬉しかったです。私達の他に2組参加していました。

今まで、実家でワンコやウサギを飼っていましたが、見送れたのも供養したのも初めてです。ワンコは幼稚園から大学まで兄弟のように一緒にいつもいた存在だったこともあり、年単位でのペットロスに陥りました。


その経験があるのと、今回はやるべきことをやれた納得感があるので、ひどいアルジロスにはならずにすんでいます。

本当に、去り方まで優しい、立派なご主人様でしたキラキラ


そろそろ征圧し終わった頃かな?ヒマになったら夢に出てね


四十九日の法要も、同じく回向院さんでしてきました。

慰霊堂のそばに、猫さんがいました。
久々の猫さん(≧▽≦)

驚かさないようできるだけ離れたところをゆっくり歩いていたら、逃げるどころか近づいてきて


花沢さんは、口ではなく背中で語る派でした。
ごくたまに口で語る時は、何かしてほしいときだけ(笑)


免疫のない、かわいい「にゃー」に、「連れて行ってー」だったらどうする?
「喜んでо(ж>▽<)y ☆」と妄想が膨らむ私達。


そ、そうでしたか。これは失礼しました

AD
コメント(50)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。