熟女猫の毛深い手の上で

貫禄ある熟女猫・花沢花子の思うがままの日常と
ものすごくときどき、法律の話

熟女猫・花沢花子。 $熟女猫の毛深い手の上で


家に来るまで&名前の由来はこちら▶「花沢さんが襲来するまで



皆さんのご協力で、「花沢猫かるた」やりました♪→いろは①


*コメントありがとうございます(≧▽≦)
 お返事コメントの代わりに訪問させて頂いています。
  初めての方も、お気軽にコメントください(*^_^*)


テーマ:
暑くなってきたせいか、酸素室のクッションではなく、ダンボール部分にいることも増えた花沢さん。水を飲んでそのまま横になり、この↓状態に



一方、そのころご本人は。



うん。私達も花沢さんのために動くの、楽しいよ♪

・・・5月2日夕方の、この写真が最後になってしまいました。

4月30日の夜、顔をのけぞらせ、口呼吸になり、激しく咳を(カッカッ、と吐きたいけれど吐くものがないような状態です)。緑の酸素ホースを顔のそばにおき、二人で少しでも楽になるよう撫でたり声をかけること数分。容体が落ち着きました。

     *ここからは元気だった時の写真です。

5月2日の夜にも同じことが。このところぐったりと横になっていることが多かったのですが、落ち着いた後は首をあげ、目にも力があったので、ほっとして床に就いた数時間後。

おとん(春風夫)が、物音に気づき、二人で飛び起きました。酸素室で寝ていたはずの花子が、そこから2mほど離れたベッド脇(おとん側←ちょっと悔しい。ほんのちょっとね。)で倒れた音でした。今までとは違い、ひくっ、と定期的にけいれんが。

クッションに乗せ、私は酸素ホースを左手で保持、右手で花子の頭を支え、おとんは体をさすり、ひたすら名前を呼び励まし、苦しい中立ち上がり、足取りがおぼつかないのに、知らせに来てくれたことに何度も感謝し・・・


私達がずっと撫でて体が揺れていたので、それがいつだったのか分かりません。
気づいたとき、既に旅立っていました。


5月3日の午前1時20分ごろ。
7月3日の制圧(うちの子)記念日まで2ヶ月でした。


元気なときはもちろん、この寝こみがちの1か月であっても常に威風堂々と君臨し、シモベを自在に操る見事な治政でした。

苦しい時間は、そんなに長くなかったのではないかと思います。

この1か月、花子が苦しむこと、見送れないことが一番怖かった。
大変だったろうに知らせに来てくれて、2人そろっているときに見送らせてくれて、ありがとう。


熟睡タイプのおとん(私もですが)が、音に気付いて良かった。


時間がたっぷりとれるGW中だったことにも感謝。

2日の昼には、大好きなささみをがっつりと食べてくれてありがとう。
食事量に一喜一憂していたなかで、好物をあげることができてすごく嬉しかった(*^_^*)


肺癌なので、常時咳込んで呼吸が苦しくて大変という事態を一応覚悟していましたが、シモベのひ弱な心に優しい容体で過ごしてくれてありがとう。

病気を教えてくれてありがとう。おかげで、1年以上前から、従来以上に後悔しないように行動ができ、心の準備もできました。

アテレコ遊びをさせてくれてありがとう。


本当は小さくてかわいい女子なのは、きっと分かってもらえているから安心して!


もっと主張してくれていいのに、雰囲気とは異なり、すごく大人しいご主人様でした。

花子は、一度もひっかかず、甘噛みもごくまれで、おっとりとしたとてもいい子で、賢く、こちらの意図することを分かっていたと思います( 親 シモベ莫迦目線ですが)。



数少ないちょっとしたイタズラをしたときも、「だめよ」「やめてね」と数度お願いすればちゃんと分かってくれる、頭のいい猫さんでした。
花子を本気で叱ったことは、一度もありません。その必要がなかったので。

私達は褒めて伸ばす派なので、叱る必要のなかった花子を、ひたすら褒めて褒めて、ちやほやして、図に乗ってもらい、君臨してもらっていました

私達の愛が過大すぎて、花沢さんからのほんのりした好意と差引すると、片想い状態でした(笑)

あなたにお仕えできたこと、本当に光栄で幸せでした。
私達を、立派なシモベ、猫マゾに育ててくれてありがとう。


こんなに、「良かった」「ありがとう」が溢れていても、やっぱり悲しいし、寂しいのは、それだけ、あなたが大切で大事な存在だったから。

ただ、この悲しさ、寂しさも、あなたからのプレゼントと考えれば、悪くはないです(←前向きな変態)。なので、私のことはご心配なく。


春風家に来てくれ・・・もとい、ウチを花沢家にしてくれ、あなたの猫生後半を過ごしてくれて本当に、本当にありがとう!

花ちゃんとのご縁を結んでいただいた保護主さんに感謝。
保護主さん宅に花子の娘&息子ちゃんがいるので、まだDNAが地上に存在している喜びを感じています。

そして、皆さまにも感謝。

ブログを読んで頂いている方、花子を可愛がって頂き、ありがとうございました。沢山の花子への想い、ありがたく受け取っています。こんなにも愛されて、花子は幸せです。


花子に会いに来て、臨時ママもしくはシモベになってくださった方々もありがとうございました。
ママ・シモベのどちらかだったかは、各自の直感にお任せします
ぷぷ


花ちゃん、皆さんありがとう!


うん、そうだったね(*^_^*)

それにしても、ピッタリの日が命日になりました。


仰せのとおりでございます!

*御礼のご訪問、ゆっくりになると思います。のんびりお待ち頂ければ幸いです。
AD
コメント(139)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。