ブログ「あきゅう」 ~おぎはら鍼灸院日誌~

日本一暑い熊谷市で開業する鍼灸師の日々のつぶやき


テーマ:
本日もご訪問ありがとうございます。

最近、ラジオ体操が健康法として見直されているという話をよく耳にします。

身体をダイナミックに動かす体操ですで、筋肉や関節を刺激し全身の循環をよくする効果が期待出来ると思います。

その反面、当院の患者様の中にもいらしたのですが、腰首などを大きく回したり、反らせたりする動作が影響してか、腰痛や神経痛を起こしてしまう可能性があることにはあまり触れられることはないようです。

もともと腰や首を痛めている方は、ある程度加減して、あまり勢いをつけてやらないようにしていただくのが良いと思います。

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日もご訪問ありがとうございます。

生理前から生理中にかけての頭痛に悩む方は少なくありません。

ホルモンの分泌の影響にもよるのでしょうが、もともと頸椎に問題があったり普段から強い肩こりがある方には特に発症しやすいのではないかと考えています。

当院に受診している方でも、ストレートネックであったり、事故によるムチ打ちの既往があることが多いです。
このような方でも、治療を続けているとその頻度は減っていきます。

最初は、一ヶ月間ランダムに痛みが出ていたものが、生理前、生理中に限定され、そのうち調子が良いときはほとんど頭痛なく一月を過ごせることもあるまでになった方もいます。

ただ、もともと頭痛が出やすい素養があるので、油断するとまた出てしまうこともありますので、コントロールが大事になります。

このように婦人科の分野というのは、鍼灸が比較的効果的なところですので、お悩みの方はお近くの鍼灸院にご相談ください。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日もご訪問ありがとうございます。

昨日は、秩父のほうまで花見に行ってきました。
行く先々で桜が咲いていて、車で走っているだけで気持ちが良かったですね。

ここ最近、足関節の捻挫や、捻挫後に長引いている痛みの患者様が数人続きました。

捻挫のような外傷性の疾患は、あまり鍼灸治療の適応とは考えられていないのですが、痛みを軽減させ、腫脹の消褪を促すための手段としては効果的な治療の一つとなると思います。

特に受傷後一定期間が過ぎても、何となく腫れが引かず痛みがすっきり取れないというような場合は、患部だけの問題ではない場合もありますので、湿布剤や患部の固定などとは違うアプローチとして治療を行うことができます。

良く見かけるパターンとしては、足関節や股関節の位置が狂っている、アライメントの異常というような表現をしますが、ことが多く、この狂いを調整していくと痛みの軽減が見られることが多いです。もちろんその狂いに付随する体全体を整えることも大事です。

先日お見えになった方は、スポーツ選手でしたが、3日前に捻挫し痛みが引かないとのこと。3日目としては腫脹もそれほどひどくなく、その日の治療後には痛みなく練習が出来たとのことでした。

足関節捻挫がクセになり、痛みを抱え続けているポーツ選手も少なくありません。鍼治療も選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご訪問いただき誠にありがとうございます。

だいぶ更新が滞ってしまいました。

言い訳をすれば、あれもこれも・・・ただのサボりです(汗)

昨日は、入学式や入社式と思しき若い方々の姿を多く見かけました。桜も満開に近くなり、また新年度になったのだなという感じです。

春の訪れとともに、患者さんは例年多くなる傾向にあります。

外出しやすくなるのもあると思うのですが、自律神経の調整が難しいこの時期、不調を感じる方が年々増えているように思えます。

肝の気が昇りやすいところに、花粉症も合わさってめまい、頭痛などを起こす方もいらっしゃいました。

お休みの日も、あまり遅くまで寝ていないで、軽い運動などで自律神経の調整を図ると良いでしょう。

久しぶりなので、これだけ書くのにもずいぶん時間が・・・

また、これからも続けていきたいと思います。





いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日もご訪問ありがとうございます。

今日も比較的よくある質問です。

「鍼治療は癖になると聞いたのですが・・・」
と言われることがあります。

「クセになる」というのはあいまいな表現ですが、いわゆる薬による依存症的なものを指して心配される方が多いようですが、その様な依存性や習慣性は起こりませんので大丈夫です。

当院でも、健康管理のために定期的に施術を行う方は多くいらっしゃいますが、それは依存性とは違います。

症状が治まってしまえば、治癒として、また何か気になることがあれば連絡を頂くという方がほとんどですので、心配なく治療においでいただければと思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。


いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。