1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-25 19:27:59

好きな人に好かれる方法とは?

テーマ:愛される人のモテマインド
好きな人に好かれる

なんて素敵なんでしょうね。

たくさんの男性に好かれなくてもいい。
ただ一人の、大好きなあの人から好かれればいい。


そう思ったことありませんか?

ありますよね。
女性だったら、そう願わずにはいられないと思います。


でも現実はどうだろう?

まる彼は別の女性を思っている。
まる友達以上の関係になれない。
まるどうしても振り向いてもらえない。
まる付き合えたのに、彼の愛が感じられない。
まるもう一度彼とやり直したい。

などなど、やり切れない思いばかり。


でもやっぱり、ここから一歩進みたい!
彼に好きになってもらいたい!


そう思う方は、ぜひ特別プレゼントをゲットしてくださいね。


続きは、恋愛力アップメールマガジンに登録なさった方に
ブログ読者特別プレゼントとしてPDFファイルにて、
あなたのメールアドレスにお届け致します。

こちらの登録フォームに、あなたのメールアドレスをご登録ください。
すぐにメールにて特別プレゼントをお届け致しますウィンク

ブログ読者特別プレゼントの中身は・・・題して、

「恋愛偏差値10アップ!男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」

■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■「私は彼から愛されてない?」 不安・苦しい・つらい・・・
■恋愛依存で彼から距離を取られてしまう
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」― 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
■小悪魔的恋愛ルール

などなど



このアメブロの恋愛記事の中でも厳選されたものです。
ブログ以上に恋愛の深い話をしていますので、
じっくり学びたい方はぜひ手に取ってみてくださいね。

こちらの登録フォームに、あなたのメールアドレスをご登録ください。
すぐにメールにて特別プレゼントをお届け致しますウィンク

※※注意※※
⇒今、携帯でご覧になられてる方は、こちらからご登録ください。
⇒登録は、PCのメールアドレスでお願いします。
 プレゼントがPDFファイルのため、携帯だとご覧頂くことができません
※1字でも間違えるとプレゼントのご案内ができません。慎重に半角英数で入力してください。
 迷惑フォルダに届く場合もありますので、迷惑フォルダもご確認ください。
⇒メルマガ内では有料サービスをおススメさせて頂く場合がございます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-24 19:19:53

我慢をやめると望むものが引き寄せられる不思議

テーマ:愛されない女・モテない男
子どもの頃、私たちは我慢を覚えます。

赤ちゃんの頃は、泣けば
欲しいものすべてが与えられました。

お乳は与えられたし、おむつは替えてもらえたし、
かまってもらえました。


でも、成長するにつれて、
いつでもどこでも自分の好きなものが与えられるわけではない、
自分が好きなことをできるわけではない、
ということを覚えていきます。

「我がままであってはいけない」
「自己中心的であってはいけない」
「他人のことを考えて行動しなくてはいけない」


特に、日本人はこの感覚を強く持っています。

この考え自体は私は賛同しておりますし、
日本人特有の美徳だとも思っています。


なのですが・・・


あまりにも自分のことを後回しにすることに慣れてしまっていて、
自分のために何かをすることが難しくなっている方もたくさんいます。



自分がやりたいことをやること、
自分が好きなものを欲すること、
こういったことは「我がままだ」という信念があったり、

親が我慢しながら生きている姿を見て育ち、
「自分もあのように生きなければならない」
と無意識に信じるようになり、
自ら幸せになる道を捨ててしまっている
という方もいます。


自分を我慢させ、犠牲的に他人に尽くしながら、
「私はこうしなければならない」
という潜在意識に縛られていて、

でも、これは本当にやりたいことではない、
これは本当の私じゃないと思い、
苦しみを抱えたまま生きる選択を自らしているのです。



ですが、自分が本当は何をやりたいのか、
本当は何を欲しているのか、
あまりにも考えていないため、

「じゃあ、あなたは何がしたいの?」
と聞かれると分からない。


「これはしたくない」
「こういうのは嫌だ」

というのは自分の中から出てくるけれど、

「何がしたい」

というのは出てこない、
ということもあります。



これは、小さい頃から親や周りの大人たちが、
誰も自分に喜びや楽しみを与えていなかったため、
「親や周りの大人の価値観や生き方」を参考にして、
これが当然かのように信じ込んでしまっているためです。


なので、「自分の本当の気持ち」と向き合うことを
あまりしてこないと、
自分が何を求めているかは分からなくなります。


「他人にこうして欲しい」
「彼にこうして欲しい」
というのはあっても、

「“自分が”何をしたいのか」は我慢ばかりをしていたら、
分からなくなります。


なので、こうした価値観を持っていると。、
自分が好きなことをやることは我がままで自分勝手だ、
というように思ってしまい、

好きなことをやってはいけない、
欲しがってはいけない、
言いたいことを言ってはいけない
贅沢をしてはいけない

と自分に厳しい「禁止」をかけてしまいます。





このように自分に我慢を強いていると、
周りで好きなことをやってる人、
欲しいものを得ている人、
言いたいことを言ってる人、
贅沢している人に対して、
怒りや恨みの気持ちが出てきます。



「私は我慢しているのに、我慢すべきなのに、
 あの人は自由にやっている!」

というように、恨み、妬み、嫉みの気持ちが充満し、
余計に自分が惨めになってしまう、
ということも起きてしまうのですね。



ですが、それらはすべて「他人が決めた基準」です。


たとえ、親の価値観や生き方であっても。
あなたと他者はまったく違う存在なんですね。


なので、まずは自分と他者の生き方を切り分ける必要があります。



たとえば、お父さんは外に他の女性がいた。
お母さんは、とても悲しんでいたけれども、
強くお父さんに何かを言うことはなかった。
ひたすら我慢して、家を守ろうとしていたお母さん。

そんな中で育った女性に、
大人になって恋人ができた。

女グセの悪い人はイヤだったので、
そういうことはない人が恋人だけど、
とても束縛してきたり、機嫌が悪いと怒鳴られたりする。
時に、叩いてもくる人と付き合うことになった。


という状態でも、
「我慢しなくちゃ」
とだけしか思えなく、耐えようとしてしまう。

彼の言うとおりに私が出来れば、問題ないんだ。
私がちゃんとやれば大丈夫なんだ、

と何とかして関係を続けようとするけれども、
彼と付き合っているのも苦しい。


というように、彼女はお母さんの生き方から、
男性との付き合い方を学び、それを信じているわけですが、
自分とお母さんの人生は違う
ということを知る必要があるし、
お母さんと自分を切り分ける必要もあります。

そうして、自分は本当はどういう付き合いをしたいのか
というのを真剣に考えることが大切なんですね。


自分が本当に望むことに正直になってあげてください。

それには、自分が本当に何を望んでいるのかを「知る」
ということが、とても重要になります。




我慢というのは、それ自体が

「私は、自分が望むものを自分に与えてはいけない、
 自分が望むものを受け取る価値がない人間です」

といった世界に対するアピールになっていて、
現実はそのように出来上がっていきます。


あなたは認識を変える必要があります。


自分を愛することは我がままではありません。

自分を喜びで満たすことは我がままではありません。




あなたは、この世界にたった一人しかいない
かけがえなのない存在です。


価値ある人間だからこそ、
自分の心からの願いを叶えてあげることは、
自分を優しく認めて、受け入れてあげることです。


自分で自分を幸せにするために、
自分が望むものを受け取ってもいいし、
願いを叶えてもよいのです。

あなたはそうする価値のある人間だからです。


このように自分を尊重し、愛で満たされて初めて、
あなたを大切に扱ってくれる人達を引き寄せてくれるのです。




ちょっとした小さなことから始めてみてください。

会社の帰りにお花を買って部屋に飾るとか
アロマで心と身体をリラックスさせるとか、
好きだったお料理に打ち込んでみるとか、

こんな小さなことでも、自分を満たすことで、

「私は大切にされる存在なんだ」

という実感が得られます。

この実感の積み重ねを大切にしてください。



人生を変えるには、
まずは自分で自分のことを愛することから始まります。


あなたは今日、自分に何を与えてあげましたか?



関連記事
花愛を得られないのは愛を否定しているから
花彼が欲しいのにできない。なんで?どうして?
花裏切れた経験がある?恋愛がうまくいかない



桜恋愛力アップメールマガジン
登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」― 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。
down   down   down
http://love-solution.com/register/ameblo.htm

※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※携帯アドレスの方は、入力間違いが多いですので気をつけてください。
すぐに返信メールが届かないなら、迷惑メールに入っているか、
メルアドの入力間違いだと思いますのでご確認をお願い致します。

携帯アドレスの方は、入力間違いが多いですので気をつけてください。
すぐに返信メールが届かないなら、迷惑メールに入っているか、
メルアドの入力間違いだと思いますのでご確認をお願い致します。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-07-24 10:06:57

嫉妬が強すぎる彼氏と本物の愛情

テーマ:彼に不満・関係悪化
彼の嫉妬が強すぎて、何か変だなと感じる。
だから彼と別れるけれど、
彼が「どうしても別れたくない」としつこいし
かわいそうな気がして、復縁するけれども、
やっぱり問題が起きてしまう。



今回は、こういったパターンについて
考えていきたいと思います。


まずは、強すぎる嫉妬というのは、
それは相手に深い愛情があるからではありません。

愛情もないことはないのですが、
愛情というより、

この彼の場合、
本当に得たい深い愛情や
彼が本質的に求めているものを
彼女から得たいという欲求になっています。

そしてもう1つ、彼の心で動いているのが、
「僕が本当に欲しいものは得られない」
という幼い頃からの信じ込みです。

この信じ込みから
強い見捨てられ不安とその恐怖を感じています。


そうして、嫉妬となって表へ出てきているのですね。

これは彼はそうとう怖いと思います。
彼女がいないと
自分の存在価値がないような気がしていますから、
それはそれは死に物狂いで彼女に執着します。


彼女も彼女で問題を抱えています。
それは・・・

「彼の嫉妬は愛情からではないんじゃないか」
と感じているものの、
自分のそうした直観よりも、
彼女自身が「愛情」がどんなものかを
わかっていないということです。

この彼女も、幼い頃から
「本物の愛情は得られない」
という信じ込みがあり、
愛情を間違って捉えているんですね。


それが潜在意識に刻まれているため、
「これはおかしい」と感じていながらも、
「私はこんなにも愛されているのかな?」
という喜びもあって、
彼から離れられないのです。

一緒にいるのがつらいのに、
彼が嫉妬してくれるのが嬉しい自分もいて、
そして、彼から離れることに罪悪感もあり、
一緒にいることになります。

ですが、一緒にいるのなら、
「彼をなんとかして変えないと」
という気持ちが出てきます。

彼女の中で起きていることが
ぐちゃぐちゃなのです。





彼も彼で、
「自分を見捨てないでほしい」
と思っているので、
「あなたが変わってよ」
と彼女がかかわってくれるのが嬉しくて、
そこに執着をしていきます。


彼が「どうして僕を愛してくれないんだ」と怒り、
彼女が「別れる」と言いながらも、
彼から愛されている感じを手放したくなくて、
泣きながら彼を受け入れ、
でも「こうしてよ」と彼に要求し、
彼もその要求が愛情のように感じて手放せなくて、
でも、満たされることがないため、
また彼女に嫉妬をする。

という出口のない迷路に迷い込むような
かかわり方を双方がしているのですね。

愛情が2人を結びつけているのではないので、
2人でその迷宮から抜け出せないのです。


ほんのちょっとの嫉妬はいいんですよ。
それは、カワイイものです。
恋愛のスパイスにもなります。

ですが、相手からの嫉妬が苦しくなっているのなら、
それはもう愛情ではありません。



カップルというのは、
学んでるところが同じ人と一緒になる傾向があります。
お互いが鏡なのです。

自分の課題を相手を通して見つけることになります。
そこで、どう対処するのか
というのが大事になってくるんですね。


もし彼女が安定をしていたなら、
状況がちゃんと見れるし、感じられるし、
何が起こっているのか分かるし、
だから、間違ったことは解消できるし、
一人で楽しむこともできるし、
関係を切ることもできます。


「これは愛情じゃないと思うよ」とか
「こういう嫉妬のされ方は私はイヤだな」とか、
「あなたのことは好きだけど、これは間違いなんじゃない?」とか
「えー嫉妬してるの?かわいいなぁ」とか

ちゃんと相手とかかわれると、
ぐちゃぐちゃしてきません。

関係が切れるか、とってもよい関係になっていくかの
どちらかになります。


ただ、今回のようなカップルですと、
根本が愛情でつながっているわけではないので、
どちらかが自分の課題に気づき学ぶと、
関係が切れる可能性は非常に高いです。


自分の課題というのは、
たいていは、幼い頃からある信じ込みによって
起こる不幸のパターンです。

これに、ネガティブな感情もくっついて、
何か引き金になるような出来事が起こると、
いつも苦しい状況になるというパターンを作っています。


この不幸な信じ込みを取り除くと、
「わ~、私ってこんな見方をしてたんだー」
と冷静に状況を見れるようになり、
気持ちもさっぱりして、
本来自分が望んでいるものを得やすくなります。


あなたに覚えておいて欲しいのは、
誰でも「愛される力」があるし「愛する力」もある
ということです。


でも、ネガティブな信じ込みがあると、
それが分からなくなるのです。


ただ、この信じ込みの多くは潜在意識にあり、
ほとんど意識できていません。

あなたが意識できている自分の信じ込みは、
ほんの一部になります。

ですが、恋愛で幸せになるには、
ここに取り組むことが必須になります。



関連記事
花恋愛がうまくいかなくて感情が爆発しそうな人いらっしゃい
花[恋愛相談]彼が尽くす女の言動を取る
花[恋愛相談]彼が私のことを信じてくれないので辛い



桜恋愛力アップメールマガジン
登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」― 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。
down   down   down
http://love-solution.com/register/ameblo.htm

※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>