大阪遠征

テーマ:

友達にチケットがあると誘われてV6坂本昌行主演の「NO MAN'S LAND」

を観にいってきました!

私はちゃんとした舞台を観るのが初めてです。(高校の時授業の一環でみた

のが最後)

一度観てみたいなと思い、大阪まで日帰りで行ってきました!


大阪に行くのは久しぶりです。劇場は梅田ですがすっかり忘れてしまっていました。

梅田に着いて、真っ直ぐ劇場へいきました。

小さいホールだったので(500~600席くらい?)20列目でしたが、結構近め。

行ってみてちょっと驚いたのが、わりと大人の女性が多いこと。

ジャニーズのファンっていうと10代20代の若い女の子、きゃぴきゃぴ!っていう

イメージだったので・・・

友達に言ったら「坂本君のファンだからね」との事。納得、坂本君はジャニーズ

でももうだいぶシニアですもんね。


初舞台はとにかく驚きと感動でした!

背景や場面はずっと変わらず、出演者も4人だけだったんですが、生ってすごい!

と思いました。

マイクを使わない生声で1時間半、長い長い台詞をかむことなく(私は気付かなかった)

目が離せませんでした。

内容的には重くて救いのないものだったのですが、戦争というものについて

考えさせられます。

死体と間違えられ、体の下に地雷を埋められて劇中まったく動けない役の人

が、最後の最後の瞬間に起き上がって、暗転・・・鳥肌がたちました。


千秋楽だったのでカーテンコールも何度も出てきて、手が痛くなるまで

拍手しました。

この終わった瞬間が映画とはまったく違うところですね。

特に言葉はなかったのですが、さっきまで演じていた俳優が今目の前にいると

いうのが信じられない気持ちでした。


一緒に行った友達は坂本君が大好きで、3回目だったそうですが(^^;)

一番初めと最後ではアドリブなどが増えて、ちょっと違ってたっていうのも

すごいと思いました。

進化するんだな~生の劇って。


ちょっと残念だったのは、俳優さんたちの顔が見えなかったこと。

思ったより目が悪くなってるみたいです(><)


でも大阪まで行ったかいがありました。おもしろかったよ~

AD