「壁の目」 森村 誠一

テーマ:


2

ある男が逆ナンしてきた女性を逆上して殺してしまいます。

被害者との関係がバレずに男は7年間捜査の手から逃れていました。

しかし、この男が有名な小説家になってしまったことから忘れたはずの

犯罪が再び目の前に突きつけられます。


自分の犯罪の一部始終を壁の穴から覗かれていたかもしれないと

いうことがわかったのです。

それを覗いていたとしか思えない小説が発表されたからです。

でもそれが真実なのか想像なのかわからないので男はあせります。


あせっておかしな態度をとってしまったばかりに、罪が暴かれていきます。

やっぱり罪は、罪。完全犯罪と思っても隠し切れないのでしょうか。





AD