14日は、1人での活動でした。


福島は、早朝に粉雪が舞い日が出た後もしばらくの間は氷点下でした。




今回は、保護枠がないため保護は諦め、給餌のみと決めていました。


(緊急用に捕獲器は積んでありますが…)




給餌ポイントにある「お水」は、陽があたる場所に置いてあっても溶けないままでした



こんなに寒い所に、"あの子達"は必死に生きている…


福島は風が強いことで知られています。


気温が低いうえに風が強いので、温度計に表示される数値よりも体感温度はかなり低く感じられます。




この日は、太陽が出ているのに、1日中粉雪が舞ったり止んだりしていました。






お腹を空かしいてる"あの子達"が待っている給餌ポイント全てに、「美味しいご飯」を届けました。













全ての作業を終えた頃、綺麗な夕焼けが目に入って来ました。




こんな長閑な場所なのに、無人の町だなんて…切なくなってしまいました。




そろそろ東京に帰ろうと思い常磐道のインターに向かい車を走らせたのですが…


どうせなら給餌ポイントの様子を見てみようと思いとあるポイントに寄りました。




野生の勘とでもいうのでしょうか…





この日初めて猫さんに会いました


この写真だと分かり難いかとは思いますが、まだ幼い子でした。




保護枠がない今。


この子を保護することは出来ない。


でも…悩みました。




この極寒に耐えられる体力があるのか?


野生動物に襲われたら太刀打ちできないのではないのだろうか?


飢えや病気で苦しませたくない…


今、目の前にいるこの幼子を、見捨てるなんて出来ない。




で、出した結論は、保護でした。


受け入れ先が見つかるまで、私のもとで責任を持ってお世話をすると決めての保護。






そして、この子は、日が暮れ薄暗いなかで無事に緊急保護できました。




◆仮名「チョコ」 ♀ 生後6か月前後  エイズ・白血病共に陰性









・柄ー長毛の三毛?

・瞳ーイエロー&グリーン

・尻尾ー長くてモサモサ


保護後、避妊手術・血液検査・検便・駆虫・爪切りなど初期医療済み。


今回、保護枠が無かったが、子猫さんだったため緊急保護。


白・焦げ茶・ゴールドと変わった毛色をした長毛の三毛さん。

綺麗と可愛いを併せ持った不思議な魅力をしています。


この子を保護したエリアの仮名は「宝石シリーズ」にしていますが…

この子を保護した日が「バレンタインデー」だったので、仮名を「チョコ」にいたしました。

この仮名は、「福島被災動物レスキューRAIF 」の代表「みーちゃん」が考えてくれました♪

ビター、ミルク、ホワイト。
色々な魅力を持ったこの子にピッタリの仮名だと思います。


獣医師による見立てでは、「チョコ」は、生後半年前後です。

震災後生れとなりますので体調が落ち着きましたら里親様を募らせていただきます。


チョコ」に、ビビッ! と運命を感じた方がいらっしゃいましたら、下記までご連絡をくださいラブレター

  ↓

福島被災動物レスキューRAIF」  raif.fukushima@gmail.com




今回も、「ケビン君」の里親様である「Sさん」に「チョコ」を動物病院に連れて行ってもらいました。


いつもすみません、今回もありがとうございました!!!







皆さま いつも温かいご支援とお気持ちを
ありがとうございます。

今回保護出来ました「チョコ」も
皆さまが託して下さった
「美味しいご飯」があったからこそ 生きてこれました。

皆さまから振込んでいただいたご寄附によって
適切な医療処置を受ける事が出来ました。

1匹 そして 1匹と 少しずつでも 確実に
"あの子達"を保護し幸せに そう願い 活動を続けています。

今後も 引き続き ご協力を何卒宜しくお願いいたします。




・・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・







保護についてご報告お願いです


福島被災動物レスキューRAIF 」ですが、無理に無理を重ねて保護っ子さんの受け入れをしてくださっていましたが本当にもう限界です

保護は、一旦中止せざる得ないことになりました。


福島の夜は、氷点下になります。


凍えて誰にも看取られず亡くなる子が出てしまうかも知れません。


助けてあげたい。


今まで必死に頑張ってきた"あの子達"を1匹でも多く助けてあげたいです

保護っ子預かりボランティアさんが、1人増えると1つの命が救えます


どうか保護っ子預かりボランティアのご協力をお願い致します。







《SOS》保護っ子預かりボランティアさん

保護っ子の「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」不足しております。


どうか、"あの子達"に生きるチャンスをください!


「預かりボランティアさん(FH)」については、「福島被災動物レスキューRAIF 」にお問い合わせください。

詳しくは下記のリンク先をご覧ください、ご協力をお願いいたします。




●「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」について

http://raif.exblog.jp/19138172/


里親様を募っている猫さん情報

(保護っ子情報は、コチラ ←クリックしてください)


お問い合わせ先

raif.fukushima@gmail.com




・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・ネコ・・・・・・・・・




いつも温かい応援とご支援をありがとうございます。

引き続き"あの子達"のために、ご支援ご協力をお願い申し上げます!!


"あの子達"の命を繋ぐ大切な給餌用フード不足しています。

どうか、保護出来るその日まで命を繋ぐ「美味しいご飯のご寄附をお願い致します


●ドライフード

  総合栄養食であれば何でもOKです。

    カビ・虫対策で、6袋位の小袋入りが助かります。

    大袋であれば、1袋2.5~3キロ入りor7キロ入りだと有難いです。
  商品例  
   一か月で約2.5トンが必要です。

  
●「パウチ」
   冬は湯せんして温かいまま、お届けしてきます。 商品例


●「焼きカツオ」
  これも給餌日だけの嬉しい「オヤツ」です。 商品例


「給餌用フード」以外で、下記の物資が必要となりました。

出来ましたら、ご協力をお願いいたします。


定点カメラ   20台
カメラ用SDカード    40枚

防護服(Mサイズ)    20




【送付先】
支援物資の受け入れ先ですが「ヤマト運輸 営業所」となっております関係上、御支援いただける場合は申し訳ございませんが ヤマト運輸の利用 をお願いいたします。
通販元から直接、送っていただく場合も ヤマト運輸を選択してくださるようお願いいたします。

 住所    〒279-0042
        千葉県浦安市東野1-18-29
         ヤマト運輸 035-124 浦安東野センター止め

 宛名    : RAIF (090-3406-8111)
 上記電話番号は伝票用ですのでので、電話でのお問い合わせはご遠慮願います。

お問い合わせはメールにてお願いいたします。  raif.fukushima@gmail.com






"あの子達"の医療費などのご支援

http://raif.exblog.jp/  ← こちらをご覧ください





できましたら1人でも多くの方に、「フォスターホーム(保護っ子預かりボランティアさん)」と「里親様」を募っていることを知っていただきたいので「拡散シェア」をお願い致します






ランキングに参加しています

"あの子達"のことを、ひとりでも多くの人に知って欲しいので、

1日1回 「ポチッ!」 として頂けると、助かります♪

  ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

AD

コメント(1)