いつもありがとうございます。春待月六花です。

 

さて、5月26日の4時44分頃に旧暦早苗月(さなえづき)の新月を迎えます。

今月も、出雲の神々からの新月の言の葉とヒーリングをお届けいたします。

image

画像は、このところ多大なるご協力をいただいている須世理姫神様。

 

★新月メニューあれこれ★ 

* 神様のご指名ができます
* 複数の神様から言の葉及びヒーリングを受け取ることができます。(お申込フォームの数量欄にてご指定ください)
* お客様の願意をお知らせください
* 次の新月まで使用可能なヒーリングエネルギーの設定(言の葉とセットでのご提供)

 

 

言の葉は、いつものとおり出雲の神々から託していただきます。

 

お客様の願意に対して、神々より言の葉にて、ひと月間の指針をいただきます。

言結びヒーリングは、願意を叶え、指針をより活用できるように、神々とお客さまの結びつきを強化し、よりよいサポートを受け取ることが期待できます。

 

まず、言の葉は5月26日4時44分頃から配信を開始致します。

そして、遠隔ヒーリングは言の葉をくださった神様にサポートをいただき、5月27日22時以後にご自由にお受け取りいただけるように致します。
ヒーリングの受取り方は自動返信メールでお知らせしますので、ご確認をお願いします。

後程、ひと月間有効なパスワードとなる言の葉をヒーリングのフィードバックと共にメールにてお送り致しますので、以後のひと月間は、お好きな時にご利用ください。
パスワードのお届けは5月29日頃から順次送信の予定となっております。
尚、言結びヒーリングは言の葉セッションと一緒にお申込をお願い致します。

 

セッション料金等の詳細はリンクこちらのお申込ページにてご確認くださいませ。

 

さて、今月は早苗月。こちらは皐月の別名です。、皐月という呼び方は、早苗月が短くなったものという説もあるようです。

 

早苗というと、思い出されるのは田植えの風景でしょうか?

6月には、伊勢神宮の別宮である、伊雑宮でも「御田植の神事」が執り行われ、今年の豊作を祈ります。他にも住吉大社や、香取神宮などを始めとして、ご神田のある神社で、豊作を祈っての御田植のご神事が執り行われるそうです。

豊穣を願い、魂の大地にを早苗を植え、実りを手にしましょう。
出雲の神々が新月の言の葉と言結びヒーリングで、豊かな実りに向けてのサポートをしてくれます。まずはしっかりと早苗を植えましょう。

 

気になる神様がいらっしゃる方はぜひご指名をなさってみてください。なんとなくでも、気になるなあって神様は、お客様へと託したい言の葉をお持ちのことが多いです。神々のあふれ出る愛情を知らず知らずのうちにキャッチしているのでしょう。

 

もちろん、神様おまかせでも、濃い愛情と情熱のこもった言の葉を託されることは間違いなしです(笑)

 

早苗が根付き、ぐんぐんと成長を始める旧暦早苗月の新月の言の葉と言結びヒーリングで、黄金色の実りを手に入れてくださいませ。

 

たくさんの皆様とご縁をいただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

たまのを 春待月六花

 

いつありがとうございます。六花です。
久々に社長はんスイーツをブログにアップ。
お誕生日の女子スタッフの希望で、深江橋のパティスリーZAKIのケーキをご相伴に預かりました。
 
{2398A145-2B49-44CE-8E2D-9FDA80ADFE2B}
チョコケーキ。オーソドックスなケーキが実は好きです

 

 

{21ED9315-587D-4DE4-9A4E-21CB9EA067A6}

 

そして、ナポレオンパイの上だけ(笑)
カスタードクリームもイチゴもおいしかったです。
 
なんかまだ、ロールケーキが支給されそうな気配が漂っておりますが、そちらはだりんのお持ち帰りにしよーっと。

それではまた。
 
六花

 

続きまして、riekoさんが受け取ったメッセージをリブログしますニコニコ
{BE50FE33-408F-4F2F-95A9-12AF8B875074}

目的達成を目前にしての逃亡、離脱…
いやもうね、ほんまに何度もやってきましたよ。
その度に次こそは!と新たに思うのですが、また同じことの繰り返し。
で、今また新たに次こそは!と思っておりますが、言挙げをできていないわたくしがここにガーンガーン

なぜかというと、その場しのぎの、耳あたりのいい言葉を口にできぬよう、内在神と同居中のちっちゃい大国主さんに、舌の先をチョキンと切られたから(笑)

本当に肚を据えたら、言挙げできるぞとニヤリとされましたキョロキョロキョロキョロ

くっそー。
圧迫感と威圧感がハンパなーーーい(笑)
愛が大きすぎてヘロヘロでーーす。

それではまた。

六花