Happy*Smile*Planet

きぼうあふれる みらいのたねから あふれでる七色のひかり

ここは、宇宙のあそび場*地球*

すべてのいのちが輝きをはなつ 奇跡と豊かさあふれるよろこびの星♪

こんにちは、しあわせ遊び人の爽歌♪です^^

ある日、唐突に遊び場地球を創ろうと思って、遊び人に転職しました♪

いろんな関わりの中で、
いろんなわたしが顔をのぞかせるけれど、
根底にあるのは、

”地球って美しい♪”

”いのちの響宴って素晴らしい♪”

という地球讃歌。


*Happy*Smile*Planet*


の3つを基盤に、すべてをこめて生きています♡



世界のみーんな、地球を旅するなかま⭐︎⭐︎⭐︎^^


全ての”わたしへ”

ここに居てくれてありがとう♪

************************

*My Happy Smile Work*

*アニマルコミュニケーション&ヒーリング
*ライアー演奏
*クリスタル販売
*樹のワンド製作・WS
*魔法あそび
*その他、地球が喜ぶことならなんでも♪


全てのお申し込み・お問い合せはコチラからお願いします♪♪


*一緒におしごとしたいひとも募集♪*

面白そうと感じてくれた方がいたら、なにかが生まれる可能性があるので、
業種に関わらずとりあえずご連絡ください^^

一緒に人類と交信できる森を創ってくれるひとと、
めっちゃ自由な人類の群れを、いのちそのままの響きで生きてくれる仲間もゆる~っと募集♪

気まぐれに遊びながら地球♡旅をしているので、どこかで出会ったら遊んでください^^


それではみなさん、すてきな地球旅を♡

テーマ:
お散歩してたら、羽をもらった(*^^*)
{AD483AE1-7FF9-4D16-9839-8FF208A82FA0}


ひとつの扉がしまって、いくつかの扉が色濃く開いた。


この頃は、一見同じときを生きているようで、ますます自分という個の選択の世界を体験している。

その中で、様々な価値観が「大きな流れ」を形として理解しようと試みるけれど、「流れ」は純粋に存在するのみで、どこにもよらないし、ほとんどは、毛細血管みたいな、大きな流れの一部を表現しているにすぎない。

わたしにとって、現実を生きることとスピリチュアルを生きることは、どちらか片方に切り離せることではなくて、現実があるから「スピリチュアル」という概念を認識したし、スピリチュアルがあるから「現実」という概念が生まれた。

それは、わたしにとっては全く呼吸のようなものだから、吸うのも吐くのもリズミカルに、無意識の領域でおこっている。

時々、どちらかにふれて(あ、わたしって呼吸をして生きてるんだ!)と体全体と頭で感じながら、次の瞬間には手放して、ただひたすらに、与えられた「わたし」というトキを生きている。

何万光年も先の星の瞬きが地球に届いたその一瞬みたいな、光の瞬きの連続が、今、ここに在る「わたし」という存在のようなもので、脈々と続く分裂と核融合の化学反応の塊が「わたし」という存在のようなもので、宇宙に流れる音楽の中で、ある音を任された音符みたいなものか「わたし」という存在のようなもので、全く実態をもたないのに、確かに触れられる氣がして、「わたし」という全てを巻き起こしているものが「いのち」というものなのかな、と。

今はフッと、そんな氣がしていて。

いのちから溢れる全てが奇跡みたいで、また、「当たり前」のように流れるトキが愛しくて。

毎日ね、本当にたくさんの奇跡みたいなことを体験して、本当にたくさんの愛に支えられて生きているな、と実感するけど、いつだって原点は、
{6F42FFBE-95C9-45E8-B8FF-0349D79CDE72}
雨上がりのアマガエルに出会うとなんでか嬉しくなる氣持ちとか
{947E057F-6656-40BB-83EB-53228A037A9D}
散歩道の植木がある日突然トトロになっていて笑ったりする驚きとか
{8BF3389D-7AFC-4236-94C6-2536A8B0665F}
花を咲かせながらふくらみかけのゴーヤがとっても賢明で可愛くて、愛しさが溢れたこととか
{1919ECB0-2FEB-42D5-BB8D-BB1B8F2034D2}
目の前の空が自然界のキャンバスになって、美しい輝きを写し描いていたのを目の当たりにした時とか
{4F1FC225-85AF-4340-9208-9804C787F5CD}
スイカたべたいなーと思ってたら、手作りの小玉スイカをいただいて、思わずその人とスイカに感謝する踊りをひとりでひっそりと踊ってしまった時とか(*^^*)

しあわせの種は、世界にたくさん溢れていて、その種を、手渡してくれる存在がこの世界にはたくさんいて。

いろんなね、「基盤」となりそうな考えが、この世界には溢れているけれど。

人間、という感情豊かな存在は、本当に、地球に、宇宙に、愛されている、愛しい愛しい子どもたちみたいないのちなんだなぁ、って。

シンプルな、その、根拠のない深い確信が、わたしをつくり、わたしを生み出し、まるで、星の一瞬の瞬きであることを知りながら、奇跡のいのちを遊んでるような。

{FAB927A3-E600-458A-BCEE-C9D1825CC09B}
先日、わたしが新潟で乗った巨大な海ガメは、「近代文明」を表した亀だそうで。

左目に天使、右目に平和の鳩がいるの(*^^*)

すごいよね!

抜群の安定感とやさしい表情、丈夫な甲羅を基盤として持つ近代文明の海亀さんが見ている世界は、天使と鳩なの♪
{5E74462B-5285-4BBC-8EA4-E30343FB21A7}

大きな流れに乗りながらも回遊して遊ぶ亀は、わたしたちをトキを超えて運びながら、優しく守り続けてる。

大海原を泳ぎきり、道標のように瞳に灯された世界にわたしたちを運んでいく。

この、瞬きのような文明の中で育まれ、磨かれた、それぞれのいのちの輝きをのせて、亀は大きな流れを回遊する。

マヤ暦での時間を外した日である今日、ひとつの大きな分離が終わり、大きな流れの中で合わさったような氣がした。

それがなんなのか、ほんの一瞬の小さな瞬きなわたしにはまだわからないけれど(*^^*)


浮かぶ様々を愛しさと共に感じて、また、祝杯のような日々を生き、大切な今を、宇宙の瞬きに放っていくんだろうな、と。

この間使った魔法の杖を創る道具を磨きながら、そんなことを思った今でした♡
********

{A6D5E3B9-61A5-40B1-8CAF-E0D5795DEC99}
無数にあるトキの中から、わたしたちはどの瞬間を選び
{E42FD113-77DD-4C4E-A795-D655BFA7285E}
誰と、どんな場所で、どんな風に、どんな体験をして生きるのか♪

{D784FB7E-0C7A-4962-9094-2E2F6643BB98}

それぞれの宇宙の起動装置は入れられて、創造の大きな流れが蠢いている。

{14C572DB-8F9C-4CEA-9DD0-4523ED79E994}

小さくて大きな、いのちの愛は広がって、こころのままに、自在なトキを創りだし‥‥‥

{B20BC407-652B-44F4-8FFC-13DBC5AFB16C}

それぞれの、復活の音色が宇宙に、地球に、響き渡る。










♡(*^^*)

⭐︎おまけ⭐︎

懸命に闘い、進み、世界を創ってきてくれた、すべてのいのちへ。
ありがとう♡の宇宙ラジオ♪

Neil Young「Heart Of Gold」


Queen 「We are the champion」


スキマスイッチ「全力少年」



そして・・・はじまる*^^*

ONE OK ROCK 「Wherever You Are」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
選挙の投票日、わたしは地元をはなれ、新潟に地球♡旅に出ておりました^^
{F23C2827-35E7-434B-8FDC-918B8563DB9E}


ずいぶん前から決まっていた地球♡旅。
しかもね、今回素敵すぎて、「新潟で遊ぼう♪」という呼びかけ企画だったのです。
最高じゃない?「遊ぼう♪」のリアルな呼びかけ。

なので当然、今回の参議院選は期日前投票でした♪

でね、選挙期間から、新潟地球♡旅までを終えて、自分の中でひとつ、胎に決まった「主張」があったのです。
ずっと自分の中では当たり前すぎたから、よーくよーく、耳をすまさなければ氣づかなかったの^^

わたしね、「戦争」に対して、ずっと特別な想いがありました。
「戦争」って須らく、わたしが本当に本当に大切に思っている、「いのち」の虐殺を含むから。

「いのち」の虐殺と虐待は、わたしが本当にきらいなことで、わたしの憎しみの種が生まれた原因でもあり、それを育てる栄養でもあって。

でね、その世界を本当にたくさん見てきてある日ふと思ったんだけど、

何かを主張する時に「賛成」と「反対」で主張すると、必ずエネルギーって衝突しあうんですよ。
これは多分、なんらかの、ひとつの法則に由来しているんじゃないかな?と思うんだけど。

真逆のベクトルで引っ張り合って、それでバランスが保たれているものの矢印の向きを変えると、主張の強さの分だけ強い力でぶつかり合う。

どんなにすてきな意見を言っていても、どんなに正しく見えることを伝えていても、どんなに真実に近いことを示していても。

それに「賛成」と「反対」の尾ひれがついた瞬間。
そのエネルギーを、自分とは逆の意見の方向に向けて発し始めた瞬間。

エネルギーは調和することなく、ぶつかり合う。

もう一度いうけど、これは、ひとつの法則だとわたしは感じています。

でね、中立派っているじゃない?
これも見てきて体験して感じてきたんです。
それが、ある概念の成長に対して、どのような影響を及ぼすのか。

そうしたら、中立派の導くエネルギーは、すべて多数派に流れていました。
これも法則だと思うんだけど、「どちらの意見にも属さない」という「主張」は、あるがまま、「反対」と「賛成」の成り立ちを受け入れるということ。

つまり、自己主張をしない中立派が世界にいることで、多数派のエネルギーが強くなったように「錯覚する」。

わたしは、こういうエネルギーの在り方に、ずっとうんざりしてました。

だってさ、「革命起こす!」「変容させる!」「変える!』って言いながら、肝心のところをやんないで、表の部分だけをわやわやとやってるだけだから、なんにもかわんないんだもん。笑

でね、今回の選挙で「三宅洋平さん」という東京都無所属から立候補した候補の方の「自己主張」を五感全部で聴きながら、わたしがしたい「自己主張」について考えてみた。

「戦争に賛成も反対もできない、でも中立でもない。楽しいことしかしてないけど、見て見ぬ振りもできない。その”わたし”が、この世界で戦争について「主張」することって一体なんだ???」

って。真剣に考えた^^


そうしたらね、新潟地球♡旅で思いっきり遊んだ後に分かったんだ。


「わたしは、戦争はやりません。だってつまんないもんヽ(=´▽`=)ノ」


わたしの中にある氣持ちは、これだけだった(*^^*)

悲惨なこと、つらいこと、たくさん見てきてます。
戦争経験者で、手足を失った退役軍人のおじいちゃんたちに可愛がられて育ちました。

でも、それでも。

わたしの中にある、本当の、シンプルな胎の氣持ちは、

「楽しくないことはやらない!だって、つまんないもんヽ(=´▽`=)ノ」

これだけだった。
まるでこどもみたいな、自己中心的な主張だけど‥‥

わたしが”わたし”といういのちとして決めて、主張したらいいのは、「賛成」でも「反対」でもなくて。

これだけだった。


でね、これに氣がついた時、わたし、笑いがこみ上げてきちゃって。笑


だって、こんなに自由に生きているのに。
{E43C0413-F414-4A71-A7A6-965E277EE968}



いのちを目一杯生ききる!って、覚悟を決めて、地球に今、立っているのに。
{BE44B420-1F31-45E6-A67D-FF8052159371}



まだ、まだ、こころのどこかで、世界に遠慮していたんだな、って氣がついて。


まだ、誰かのご機嫌を損ねないように、変だと思われないように、「日本」という国から、村八分に、されないように。


本当に言いたいシンプルな言葉を、我慢していたんだな、って。


「わたしは、戦争はやりませんヽ(=´▽`=)ノ」


この言葉を言える時代に、今、生きているのに。


堂々とそう言える、憲法という「ルール」に守られながら、わたしは今、ここにいるのに。

守られているのに、言えてなかった。


「わたしは、戦争はやりません♡」


不謹慎だと思われるのを恐れていたのかも。


「わたしは、戦争はやりません」

反論がくるのを、恐れていたのかも。


「わたしは、戦争はやりません♪」


お前になにができるんだ!って言われるのを怖がっていたのかも。


だけどさ、わたしは確信があるよ。


わたしが、「やらない」って本氣で決めたら。

わたしの世界から「戦争をする」という選択肢は消滅する。


世界は相変わらずあるがまま、流れていくけれど、わたしは「戦争をやらないと決めたいのち」として、この瞬間から流れていく。


ただ、それだけのことを受け入れたら。

それだけで、わたしの世界の「戦争」についての項目に、大きな変化が起こっていく。
{CF5C60DC-9D1F-4C90-A00A-E3E5436772E7}



結局は、人生は表現で、人生はアートなのだから。


なにを描くか。
なにをやって、なにをやらないのか。

それはすべて、「いのち」の自由で。
その自由に、本当には、誰の判断も入り込むこともできないんだ。


たくさんの抑圧。
たくさんの支配。
たくさんの脅迫。


そうして「いのち」をガチガチに閉じ込めたところから覗き込んだ「自由」は、自分の中に広がっている。

だって、自分という「いのち」の責任は、「自分」にしかとれないのだから。
求めても、すがっても、他のだれも、本当の「わたし」を生きることなんてできない。

そうして、それを受け入れたなら。

あとはただ、それを生きていくだけなんだ。

{DC35501A-8FC2-4507-9FFC-8D7176FE2246}


「YES・NO」の世界から、「DO it NOW!」の世界へ。


ようこそ♡

いえいヽ(=´▽`=)ノ

***********************

そんな訳で、なんだか急に「やるか、やらないか」の世界にきてしまったので、ただでさえ感覚由来の決断が、さらにおそろしくシンプルになりました。笑

具体的にわたしの「やるか、やらないか」を一例として出してみると、

♡やること♡
楽しいこと
喜ぶこと(地球、いのちetc.♪)
笑えること
自然界的なこと
動物のこと
いのちといのちのコミュニケーションから生まれること

×やらないこと×
覚悟のない人にいのちを使うこと
循環のないテクノロジー・表現の支援
森、草花、動物の絶滅・破壊に繋がる未来を選択している地球に存在すること


これまでかなり色んなコミュニティに出没していましたが、今後は♡やること♡リストから逸れている場からは、一切居なくなります^^


「戦争」について、あと、「原発」についてフォーカスし始めた時に、「こんなところまで繋がっているんだなー」と、今の”わたし”という存在を生かしている仕組みとの癒着具合に愕然としたんだけど^^;

もうね、いのちのレベルで、「わたしが生きるのは自然と動物と人間、いのちみんながニコニコな地球=Happy*Smile*Plnaetだわ」って、なんかよく分からないレベルで深く納得しちゃってるから。笑

やり方なんて、知るか〜ヽ(=´▽`=)ノ

だけど、決めた!

わたしは自分の行動として、「戦争はやらない」し、「原発の存続にはエネルギーを注がない」。

わたしの「Do」はすべて、♡楽しいこと♡喜ぶこと♡笑えること♡自然界的なこと♡そして、いのちといのちのコミュニケーション♡に使う。

これがわたしの自己主張♪

きっとね、本当の「自己主張」って、誰かを納得させるためにあるんじゃなくて。
自分自身に、芯から語りかけ覚悟を決めるためにあるんだと思う。


「本音はけんかしない」♡


これは、自分を生きる覚悟を決めたいのちだけが使える魔法。

わたしは、厳重にしまってあった自分の「主張」を丁寧にホコリ叩いて外にバーンと出したから。
あとは自分の「Do」を生きるだけだ^^

わたしは、”わたし”のいのちを目一杯生ききる。

これは、「すべてのいのちを信頼する」ことへの挑戦でもあって、本当は、「最初からずっと調和していたんだ」ということを再び知る旅の仕上げでもある。


みんなは今、どんな地球を見ているかな?

どんな日本をみているかな?

どんな日常を生きている?


わたしは美しく楽しい、豊かな地球を遊んでいるよ。
豊かな水と大地と森と海、どこまでも清らかな空に、個性的な生き物たちが共にある、素晴らしい日本を見ているよ。
感情にふりまわされたり、深く感じて感動したりしながら、アップダウンの激しい”わたし”の人生の波乗りを目一杯楽しんで、日常を生きているよ^^


きっと”あなた”といういのちが見ている世界も、とても美しく素敵なんだろうな。


開けたフタは閉じずに開けたまま、日常を楽しんでいく。

扉から出てきたものに心動かし、目一杯楽しんで、そうしてただ見送って、いのちを深めていきていく。

だって、人生に現れるいのちの豊かな豊かな隠し扉は、きっとこんなもんじゃないんだからね♡


陸海空も自由自在に♡

{511E26CA-9F6B-4BA1-9F66-4419AC00FB39}


地球といっぱい、遊びますヽ(=´▽`=)ノ

⭐︎おまけの宇宙ラジオ⭐︎
新潟地球♡旅をしていた時に、自然豊かな場所を訪れ、そこを去ろうとする度に流れてきた一曲。
小田和正さんの「たしかなこと♪」。

帰宅してから、改めて聴いてみたら、どれだけ、自然界や地球、そしていつもわたしたちと共にある存在たちが、これを伝えたかったのかっていうのに思い至って。
オリジナルはないので、COVERでお届けしようと思ったら、ネットワークが壊れて、もう一度音源を探しなおしたら、唯一つながったのが下の動画でした。

歌はなくて、歌詞と映像だけの「たしかなこと」。
みーんなの声がつまっているから、最後まで、ぜひみてほしいな^^
そして、もしよかったら。
声なき声に耳を澄ませてみてください。
地球が、自然が、宇宙が今。

あなたになんていっているか^^




そして二曲目♪
大好きな曲、「What a wonderful world」♪
BBCの映像と共にお楽しみくださいヽ(=´▽`=)ノ


豊かな地球、愛しい地球。


ありがとう♡


⭐︎おまけ追加⭐︎

いのちの名前ー平原綾香さんVer,



素晴らしき地球♪
素晴らしき、人生ヽ(=´▽`=)ノ


LOVE♡
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日、10日は選挙です(*^^*)

大人のみんな、一票を投じる先は決まったかな?

選挙の話になると、投票率の話になって、若者がいかないっていう話が必ず出るんだけど。
わたしが20歳を迎えて最初にしたことは、年金を払い始めたことと、選挙に行き始めたことでした。

別に理由なんてないよ。

ただ、国が権利くれるっていうからさ、向き合っとこうかって思っただけ(*^^*)

そうしたら、同じ頃、社会で働き始めたわたしに、周りの、もっと年上の大人たちが次々に言うんだ。

「あなたたちの時代は、払ってももう年金もらえないよ」

「選挙に行ってもなにも変わらないよ」

「政治家にコネでもつくらないと。日本はきっとこの先ダメになるよ」


そんな言葉にわたしは、

「いやー。でも今うちのおじいちゃん年金いただいて生活してるんで。じいとちゃんの分くらいは払いたいな。わたしが歳とった時のことはその時考えます^ ^」

「始めたばっかりで諦めてたら、何も変わらないと思うんです」

「一応地方政治家にはゆるいコネあるけど、票集めにくる人のコネなんか要らないですよ。交換条件ほど面倒なことはないし、若者に命令してくるような後援会もっているような人には、実際には大した発言力ないし。」

みたいに答えてました。

今思い返すと本当に生意気というか、自分に関係ない話はとことん聴かない子ども大人だった。笑

当時から、政策についてもその他についても、わたしが興味があったのは自然や動物分野だったんだけど、まぁそこを本氣でやろうとしている議員さんは少ないわけです。
少なくとも、わたしの選挙区にはいたことがなかった。

でも、そこで選挙へ行くのをやめなかったのは、一票で変えようと真剣に思ってたから。
というか、変わるだろうと思ってたんですね。
そのくらい、自分のエネルギーを投資することに対して、よく分からない自信がありました。
 
とりあえず、陰に隠れていたものが表に出るくらいには、実際に変わっていった(*^^*)

そんな感じで選挙権を使い始めて2年後、動物専門学校へ入学しました。
同級生は、高校を卒業したばかりの18歳、19歳の子たち。
そして、1年後、選挙がありました。

当然、20歳になったばかりの同級生たちにきかれた。

「選挙いってる?入れたい人がいないんだけど」

って。

わたしは、

「行ってるよー。一票を、入れてるよ(*^^*)」

って、それだけこたえました。

そうしたらね、同級生たち、

「おぉ、なんか面白そうだね。初めての選挙、行ってみるわ」

って言ってた。

その時感じたのは、たぶんね、年上の大人たちが「若者」ってひとくくりに呼ぶ大人の人たちは、別に他人の長い講釈とか、お説教が聞きたいわけじゃないと思うんですよ。

子どもの頃から、大人の背中をみて育ってきて、はじめて自分たちが大人の仲間入りをして。

「選挙って、自分たちにとってなんなの?」

って、そんな、素直な問いかけを、年上の大人を通して社会に投げかけてみてるんじゃないかなーって。

 

最近はなんでか30代〜70代の方と接することがほとんどなので、自分よりも年下の世代の方たちとの交わりが少し少なめなんだけど、彼らは複雑だけどとても素直だから。

火がつくと本当に、早いですよ。

小学生とか、「鯉さん、なんていってる?」っていう問いかけだけで、鯉と喋り始めるからね(*^^*)

で、選挙の投票率。
調べてみたら、20代は確かに投票率低いんだけど、30代、40代も50パセーントもいってないんだよね。
 
若者に選挙いこうっていう前に、同年代が、まず半数も行ってないんです。

そもそも、たぶん20代の人たちって。
大学とかで住民票移してなくて、行けてない人も多そう。

若者にとかいう前に、まず30、40代が素直に行ったらいいんじゃないかな?と思いました。
今一番、日本の未来を創っていくのに基盤となっている世代だと思うし。

わたしはね、こんな感じなので、どこへ行っても割と子ども扱いされるんだけど。

実際は大人なので、他の人にすすめる前に、まずできることは自分からやるよ。
やり続けるよ(*^^*)

そうしたら、そこにみちができるでしょう。

大人って、大きい人だ。
大きい人の歩いた跡は、当然大きなみちができる。

その、ある意味安全で、ある意味窮屈かもしれない整えられた道を多くの子どもたちは通って、いつかまた、誰に言われなくても自然に、彼らの新しいみちをつくりはじめるんじゃないのかなぁ。

まだ子どももいないし、今は部下もいないわたしだけど。

そんな風に感じながら、世界を見ています♪

あらゆることは、一石を投じることで、蝶の羽のはばたきで、如何様にも鮮やかに、奇跡のように変容していく。

わたしは、そんな世界に、生きています♡

********
というわけで、前置きがだいぶ長くなったけど。笑

わたしが憎しみをゆるした時の話しをしよう(*^^*)

なんかね、政治が変わらない、戦争はなくならない、っていう人の根源には、憎しみの連鎖は終わらない、がある感じがしたから。

変わるし、終わるよヽ(=´▽`=)ノ

っていうのを書いてみようと思います。


あれはまだわたしが生意氣盛りな子どもだった頃‥‥

わたしは盛大に、人間を憎んでいました。

どのくらい憎んでいたかというとね、もう、どうやったらわたし一人のいのちで効率的に全滅させられるかな?って真剣に考えて、綿密に計画を立てたくらい。笑

そして何故、生まれて数年の子どもが、すでにそれほど人間を憎んでいたかというと、大好きで大切な動物たちが、人間のせいで、ずっと血にまみれているように見えたからです。

どうして、わたしの大切な動物たちを意味もなく虐待して、虐殺するの?
って、そんな風に思ってた。

かなりダークな世界です。
この平和な日本に住んでるのに、わたしの周りはいつも血生臭い話か溢れていて、理不尽な暴力と、カーストみたいな優劣意識と、弱者と呼ばれるいのちが虐げられる世界にわたしは暮らしていました。

当然、その意識はわたし自身の生活に影響を及ぼしていました。

具体的にいうと、虐められたし、理不尽に侮辱されたし、殴られたし、知らない人から突然石を投げられたりもしました。
日本での話ですよ。しかもわたしその頃、中学生くらい。笑

そう在ることで、わたしは、「全滅させたいほど憎い存在。"人間である自分"」を一生懸命罰してた(*^^*)

罰することで、許してたんですね。
自分が存在し続けていることを。

そんなわたしが変わったのは、当時うちにいた、シロというワンコが、こんなことを伝えてくれたからでした。

「人間はこわいわ。でも、信じたい。もう一度、人間のそばで生きたいの」

彼女は出会った時は子連れの捨て犬でした。
保健所の捕獲車が彼女を捕まえるために出動していて、先に輪のついた棒を持った捕獲員のひとが彼女と彼女の子どもを追いかけていました。

彼女を虐待するというか、追い払うのに痛め付けようとする大人もいました。

それを見つけた、子どものわたしのところに、彼女と彼女の子どもは勇氣をふりしぼって、来てくれました。

うちの子になってからも、彼女は近づくだけで全身が震えて、すぐに舌が紫になるほど緊張していて。

子どものわたしが近づいてもそうだったから、当然、大人の男性である父が近づいたら、もう氣絶寸前。

抱っこはできないし、ハグも無理。
唯一、そっとしゃがんでそばにいることができるようになって、少しだけ笑ってくれるようになって。

そんなかんじで、10年が経ちました。
彼女はたぶん、12歳くらい。
そこそこなおばあちゃん。

だけどまだ震えていて、たくさん笑うし、たまーに抱っこさせてくれるようにはなって、仲良しになった方には頭を撫でてもらえるくらいになっていたけど、まだ、初めて会うひとを酷く怖がっていました。

でもね、10歳を過ぎた頃から、中学生から高校生くらいの女の子を見ると、懐かしそうに目を細めることがあって。

シロに、「なんで?」ってきいてみたけど教えてくれず、ただ笑うだけで。

そんなある日、きいてみたんですね。

「シロは、人間を憎んでないの?」

って。

シロがうちに来てから、たくさんの犬や猫たちが捨て犬、捨て猫としてうちに来ては巣立っていって。
みんな、色んな氣持ちを抱えていたけれど、人間に対して前向きだった。

わたしは人間をとても憎んでいたので、なんでだろうってわからなくて。

だから、シロにきいてみたんです。

舌が紫になるほど緊張するのに、こわいのに、どうしてシロはまだ、人間と向きあおうとするの?

って。


それでかえってきたのが、最初の言葉でした。

"もう一度、人間のそばで生きたい"

シロのその言葉と、瞳の奥をのぞいた時に、わたしは自分が恥ずかしくなりました?

人間に捨てられて、追われて、痛めつけられていたのは、この子なのに。

この子たちなのに。

彼らは自分たちを痛めつけた人間を憎むよりも、前に進むことをただ、選んでいるんだ。

そう悟って。

その後、わたしは真剣に彼らの真実も向き合うようになりました。
そうしたら、痛みや苦しみや怯えから、唸って噛み付いてくる子すらそうなんだ、と氣がつきました。
憎しみを持っていても、その炎を自分の内で燃やし続けるということを、続けている子がいなかった。

彼らは、人間の言葉でいうところの、「ゆるし」をとっくに体現していたんです。
わたしは彼らを言い訳にしてたんだ、とその時氣づきました。

彼らは憎んでいないのに。
わたしが、未だにねちっこく、しつこく恨みがましく憎んでる。

大好きな、彼らはゆるしているのに。
人間に、愛を溢れるほど注いでいるのに。

それを受け入れることもなく、ただただ、憎しみを深めていた!

それに氣づいた時、わたしは人間を、何よりもまず、人間で在るわたしを許そう、と決めました。

本当に、こじらせにこじらせた憎しみが深かったので、そっからけっこう長かったけどね(*^^*)

でも、「ゆるそう」って決めて、それに真剣に取り組んだから。

人間が、心底大好きな自分に出会えました。
好きだったからこそ、許せなかったんだな、って氣づきました。

それどころか、いのちってすごい、人間って美しいって感じる自分に出会えました。

ずっと、憎しみに抑え付けられていたからね、一度外に出たらもうなんでもすごいし、美しいし、ビックリすることばかり(*^^*)


相変わらず、フォーカスすれば、わたしの大切な大切なファミリーである動物たちは、酷い目にあっているのだけど。

彼らと共に、ただ、在るがままに愛を溢れさせる覚悟が決まって。

というか、決めるもなにも、勝手にそう成って(*^^*)

今、ここにいる♡


大切ないのちが、傷ついたり殺されたりするのは本当に辛いです。
氣が狂うほど。
憎しみに飲まれてしまうほど。

だけど、飲まれても。
狂っても。
闇に染まりきっても。

ひとは、自分をゆるせるから。

閉じ込められていた愛を、世界に溢れさせることができるから。

わたしはそれを、身をもって知っているから。

政治は変わるし、戦争は終わるし、人類は自然や動物たちと最高にHappyな関係を築き生きていけると。

そんなことを、確信して、今ココに生きています(*^^*)

確信しているから、今、ココに居ます。


きっとね、多様性の世界では、色んな未知があるのだけど(*^^*)


"憎しみは、必ずゆるせる"


よくわかんないけどね、自分が「罪悪感」を手放せた分だけ、大切なものを大切にできる世界にナチュラルにダイブしているような氣がしているんだよ。

その確信だけをココに置いて、わたしは次の地に旅立ちます♪

{BC025639-A29C-47E8-B2AC-C2385DBAC0F4}


********

多様性の世界で、他者の言うことに納得する必要も従う必要もまったくない。

あるのはただ全てのいのちの自由と、自由で在りつづけるという個の責任だけだ。

最高に自由な世界で、あいましょう♡


読んでくれてありがとうーヽ(=´▽`=)ノ


全てのいのちへ
LOVE♡♡♡
{A3043F2C-0DF5-4B17-92B3-E86D3C4D117E}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。