新しい福祉システムNDISを理解するシリーズです。

オーストラリアで障がい児を育てている人、もしくは障がいのある家族を面倒見ている人に向けて送っています。

 

NDIS準備編~ 11記事上げています☆

① NDISがやってくる 1 《予想外の展開》

② NDISがやってくる 2 《今までとどう違う?》

③ NDISがやってくる 3 《人生のゴールは何ですか?》

④ NDISがやってくる 4 《一番最初のプロセス~申請の仕方は?》

⑤ NDISがやってくる 5 《合理性と必要性》

⑥ NDISがやってくる 6 《管轄を意識する》

⑦ NDISがやってくる 7 《客観的な視点でケアを考える》

⑧ NDISがやってくる8 《サポートカテゴリーを理解する》

⑨ NDISがやってくる 9 《ファンドの管理・3つの方法》

⑩ NDISがやってくる 10 《常に最新情報にアップデートすべし》

⑪ NDISがやってくる 11 《誰が誰?NDISで必須の単語集》

 

そしてNDIS実践編。「NDISがやってきた」シリーズ始まりました。

 

① NDISがやってきた 1 《想定外の連絡と引き寄せ?》

② NDISがやってきた 2 《ミーティングの強い味方》

③ NDISがやってきた 3 《インフォーマルサポートと提出したもの》

④ NDISがやってきた 4 《衝撃的なプラン》

⑤ NDISがやってきた 5 《ジェットコースターな一日》

⑥ NDISがやってきた 6 《あっちこっち振り回された話》

⑦ NDISがやってきた 7 《どっちにもいけず身動きが取れない》

 

 

だんだんと泥沼化してきたこのNDIS実践編シリーズ笑

どれだけ読んでる方がいるのかわかりませんが、どんどん続きを書いていきますね。

 

前回までの話で、私の状況はにっちもさっちもいかなくなってきていることがお分かりいただけたかと思います。

 

 

⑥では意味不明なオペレーターに当たってしまい、90分も話したのに全然解決せずに時間と気力を無駄にしましたが・・・

 

この時ようやく、サポートコーディネーターさんが私の代わりにNDISとやり取りができるように登録はしたので、一歩前進!

 

ここで私はサポートコーディネーターさんに問題を丸投げしました(笑)

 

もう疲れちゃったんだも~ん。

 

ということで、翌週にサポートコーディネーターさんがNDISに電話してくれ、早速報告のメールがきました。

 

 

そこに書かれていたことは、また目を疑うような内容だったのですが。。。

 

まず、サポートコーディネーターさんもNDISとのやり取りに1時間はかかったようで。

そこで判明したという、いくつかの問題が!(まだ問題あったんか~い)

 

1.プランマネジメントで申請してプランマネジメント用費用もプランに組み込まれているにも関わらず、カイのプランがNDIAマネジメントとして設定されている

 

2.サポートコーディネーターが話したNDIAオペレーターによると、カイは以前から州の障がいファンドを使っていたから、どうやらほとんどのファンドがIN-KINDという内部ファンドとしてロックされている可能性が高い

私は実際にファンドにアクセスできない!

 

3.サポートコーディネーションもこのIN-KINDの内部ファンドになっている可能性があって、だから私の選んだサポートコーディネーターには連絡がいってないのかも

私の選んだサポートコーディネーターを使えない可能性がある!

 

4.カイのこのケースをもっと上層部に持って行ってもらうように依頼済み

 

 

おかしい・・・何からなにまでおかしい・・・・

プランが正しく表示されないだけの問題だけではなかったようです。

 

1.はプランマネジメントの為の費用として金額がちゃんとプランにも載ってるのに??

一体どこでどうなってNDISマネジメントになってしまったのか???

 

それで、なんでほとんどのファンドがIN-KINDにロックされとるんじゃ~!

 

※IN-KINDとは後程説明しますが・・・政府の各部門同士の取り決めでファンドを内部でやり取りしてサポートを提供するということなので、ファンド額はプランに載っているものの、NDIS利用者本人はタッチすることが出来ないのです。

 

3.だからサポートコーディネーターさんに連絡行ってなかったのか?

彼女のサポートを利用できないって、超困る!!

 

 

サポートコーディネーターさんも怒り気味で、最後にこう書いてました。

 

1について、これは内部レビューを申請して直してもらって!

 

あとはプランナーに地域のQuality Managerの連絡先を聞いてクレームを出しなさい。

 

カイのプランが承認されてもう数週間経ってるのに、誰もこれらの問題についてあなたに説明しなかったなんて到底受け入れられない

 

Unacceptableって言ってましたー。ほんとあり得ないですよ。もっと言って(笑)

Quality Managerってどんな人か知らないけど、NDISのやり方に問題がある時に調査する人っぽいです。

 

 

サポートコーディネーターさんは、非常にわかりやすくメールにこれらの問題をまとめてくれていたので・・・・

 

そこに、「こんなことになってるなんて、私一体どうしたらいいの?!涙」というショックと悲壮感を漂わせたコメントをつけて(笑)、

 

LACプランナーさんに、このサポートコーディネーターさんのメールをそのまま転送。

 

メールも送ったし、あとは相手の出方を待つしかないですね。

 

 

 

+++++++++++++++++++++

 

 

◆ちなみに、サポートコーディネーターさんが言ってた「内部レビュー」とは?

 

もしNDISの決定が間違っていると思う場合、内部レビューを申請することができます。

そこでプランを再度見直してもらい、訂正が必要だと認められればプランを訂正してもらえます。

 

内部レビューを申請しても、必ず訂正が認められるとは限りません。

明らかな単純ミスだったりすれば別でしょうが。

 

内部レビューをするのは、プランを決定したNDISなわけですから・・・。

 

内部レビューの際には、自分の訴えを裏付ける証拠なども提出した方がいいですよ。

 

 

NDISサイトに載っている内部レビューに関する説明はこちらをご覧ください。

 

Internal Review of a Decision

 

 

+++++++++++++++++++++

 

 

さて、このメールをLACプランナーさんに送った翌日、いつものようにNDISのポータルサイトにログインしてみたところ。

 

ん?んんん???

 

今までのカイのプランの他に、もうひとつ見慣れないプランがそこに・・・・?!

 

古い方をクリックしてみると、プラン自体はそこにあるんですが、金額がゼロになっていました。

 

新しい方をクリックしてみると、古い方のプランと全く同じ金額がそこに。

そして、「プランを表示する」というボタンをクリックすると・・・・

 

 

出た!ついに!!

 

正しいプランが表示されていました~ 祝

 

 

やはり前日に送った

 

「Quality Managerに言いつけてやる」とか

「内部レビューだ!」とか

「上層部に問題を伝えておいた」

 

的な内容が効果があったのでしょうか(笑)

 

そして多分テクニカルサポートチーム、カイのプランをどうしても直せなかったんでしょうね・・・・

 

直せないから新しいの作ったみたいです(笑)

 

内部レビューの手続きもしなくてすみました。

 

 

 

とにかく、これでやっとカイのファンドを使い始めることができる!!

 

長い・・・長い闘いだった・・・・(遠い目)

気づけばカイの最初のプランが承認されてから、約一か月経っていました。

 

 

でもついに!!やっと!!無事に正しいプランが手に入って、嬉しくて小躍りしていた私だったのでした。

 

 

 

Happy Danceコアリズム

 

 

 

続く

 
 
 
 
 
今日も内容と関係ない写真シリーズですが 笑
{6268DD7E-2178-4207-9EDE-1DCCC21DBECC}

 

少し前に教えてもらったこのアイス。

普通にスーパーで買えるのですが、変な添加物など極力入っていなくてなかなか良いです。

 

原材料:

洋ナシジュース、ラズベリーピュレ、ストロベリーピュレ、パッションフルーツジュース、濃縮エルダーベリー

あとはFood Acid

 

いろんなシリーズがあって、写真はないんですが、グリーンのアイス。

これが見た目に反してカイも気に入ったんです。

 

私が作ったグリーンスムージーアイスは食べなかったのに・・・笑

 

もちろんアイスだし、100%健康にいいっていうわけではないですが、スーパーで買えるチョイスとしてはかなり優秀だねという話になりました。

 

いいもの教えてもらった~♪

 

 

ウェブサイトもありました☆

 

Proud & Punch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD