近頃ネットを眺めていて、

気になる事があります。

 

いろんな方が様々な情報を発信し、

多種多様な意見を述べていらっしゃいます。

それを拝読するのはとても楽しいし、

新しい事を知る切っ掛けをいただいたり、

また時に学ばせていただいたり。

中には読みながら、

「うんうん、そうなんだよね!」と

強く共感同意したりするものもあります。

 

自分が良いな面白いなと思ったものは、

他の方にも知ってほしいと思うのは、

当然の人の心の動きのひとつで、

TwitterではRT Facebookではシェア

そしてこのアメブロでは

リブログという機能ができた事でも

明らかでしょう。

 

けれど、最近の傾向として

私が気になってるのは、

 

自分の意見の代弁として

他人の書いたものを使うこと

 

が、あまりに乱用されているということです。

 

先ほども書いたように、

ネットを眺めていれば、

「そう!私もそう言いたかったの!」

という記事に出会うのは

しょっちゅうあることですし、

それを紹介したいという善意は素敵な事です。

 

けれど、自分の持つ、

何かに対する不満や嫌悪を

自分自身の言葉で語るのではなく

「誰かの書いたもの」によって代弁させる行為が

あまりにも多いように思います。

 

 

勿論、時には、うまく言葉にできなかった思いを

適切に表現しているブログ記事などに出会って、

それを紹介したい!という事は、当然ある事だと思います。

しかし、四六時中そればかり繰り返しているのは、

なんだか私には少し違う気がします。

 

まるで、小学生の子どもたちが何かを言う時に、

「お母さんが言ってた!」とか、

「先生がそう言ってたもん!」という、

あの雰囲気に似たものを、なんとなく感じるのです。

 

そう、平たく言えば、

「他人の意見に乗っかる」行為をすることにより、

自分を傷つかない安全圏におきたいかのように

感じられるのです。

 

 

これは、何もネットだけでなく。

普段の生活の中でも、

昔からそのような人はいたでしょう。

さらに言えば、

漫画やアニメやドラマなど創作の世界でも

ひとつの作品に1人はそのようなキャラが

出てきたように思います。

 

つまりそういう人は

社会の中に一定数はいたということです。

 

 

しかし、ネットというもの、

そしてSNSというものが浸透し、

私達は「意見」を述べるという事について

新しい局面を迎えました。

ここでは、誰もが「発信者」です。

 

 

そしてその発信したものは、

一度ネットの海に浮かべてしまうと

削除してもなんらかの形で復元されたり

削除する前に魚拓を取られていたりするなど、

もはや二度と言わなかったことにはできないのだと

(またはそう考えるほうが無難なのだと)

私達は学んでいる最中です。

 

 

そう、「無難」。

 

非難されたくない。

 

無意識にあるそういう思いが、

私達から「主語」を奪って行き、

「自分の言葉で語ること」をせず、

「他人の意見を使って代弁させること」を

乱用させてしまうのではないでしょうか。

 

 

それは、例えば、過去に私が書いたような、

「高次の存在が言ったのであって、

私が言ったんじゃないんだから」と、

伝える者の責任を初めから丸投げするような

そんな姿勢と同じではないでしょうか。

 

 

勘違いをしていただきたくないのですが、

私は、シェアやRTやリブログが

ダメだと言っているわけではありません。

良いものはどんどんシェアしたいのは当たり前ですし、

自分と同意見のものを拡散したいと思うのも

当たり前の感情です。

ご存知の通り、私自身もメモ代わりに、

TwitterのRTやFBのシェアを

非常に多用するタイプです。

 

 

私が今ここで問題だと感じているのは、

一見自分で語っているようにみせかけて、

他人の言葉を四六時中使う行為なのです。

 

 

私はこう思います。

 

もし、私達がプロであるなら、

良いものを広めたい思いとともに、

その良いと思うものを、

自分自身の言葉で語る重さも

引き受けていくべきではないだろうかと。

まして、何かに対する反対意見を述べる時には。

 

 

2016年の今、日本は、

感情的同調同意というものが、

大変な力を振るっています。

その巨大な力はいっそ恐ろしい程です。

このような時だからこそ、

逆に「私が」という主語が、

とても大切なのではないだろうかと感じます。

 

そこにその人の「実態」が、

隠れているような

そんな気がするのです。

 

 

僻み、嫉み、被害者意識を

美しい言葉で書き換えても、

他人の言葉を借りて代弁させてみても、

私達のみすぼらしい心と

浅ましい姿をより際立たせてしまうだけ。

 

 

強力なその力の波は、

良くも悪くもどちらのものも

乗せて動いていくでしょう。

 

 

世界を美しく変えて行く波を

どうせなら作っていこうではありませんか。

 

 

自分の姿を直視して。

誰かに責任を被せないで。

 

しっかりと大地を踏みしめて。

世界を洗う波に流されぬように。

 

 

いつも明るいものに

顔をむけられるように。

 

 

 

 

 

新しい視点と気づきの為の霊視セッション

 

Spiritual Healing Salon ハヌル

まる料金等(公式HP)

まるお客様の感想

まるお問い合わせ・お申し込み

○*Facebookページ

 

クリック応援お願いしますラブラブ 矢印矢印にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

AD

 

現在、月に一度づつ、

ヘイズ先生のトート講座に

参加させていただいている私。

トートどころかマルセイユもわからんちんな私でも

これがとても為になる講座なのです。

 

 

 

 

※先月(2016年6月号)のムーの実用特集は

ヘイズ先生の水晶球霊視でした。

付録に先生監修のこんなのがついてたり!

過去に私が参加した水晶球霊視講座の様子は

コチラ→★★★

 

 

ぜひいつか機会があったなら、

個人鑑定を一度お願いしたいと思っていましたが、

いくら講座でお目にかかっているといっても、

大変お忙しい方ですし・・・・・。

なかなかそんなチャンスはいただけないだろうと

諦めていたのですが、

Twitterやmixiで、個人鑑定申し込みができる事を知り、

勇気を出してお願いをしてみたところ、

今回ついに鑑定をしていただく機会に恵まれました。

 

 

しかも図々しい私は、

占星術での鑑定もお願いしました!

初心者向けの「はじめてさんの占星術」講座を

開催させていただいている私ですので、

こうしてプロの先生の鑑定を受けることで、

勉強させていただきたいと思ったのです。

 

 

そしていよいよ鑑定タイムの始まりです。

 

 

 

向かい合った私と先生の机の上に、

私のバースチャートを印刷した紙が置かれます。

 

 

開口一番。

ヘイズ先生の口から出た言葉は、

 

「ハヌルさんのホロスコープって、

霊能者や占い師に特徴的なホロスコープなのよね」

 

 

霊能者や占い師に特徴的!?

 

それもね・・と先生は言葉を続けます。

 

「きちんとプロとしてお客さんがついて、

長期間それを仕事とする人の特徴なの。

占い師はじめまーす!三ヶ月でやめました!なんて

そういう人はこういう配置は持ってないのよ。」

 

本なんかには出てないんだけど・・と言いながら、

こういう配置があるか無いかを見れば、

占い師の面接に来ても

長続きするかしないかがわかるのよ、

と教えてくださいました。

(どれがそれにあたるのか知りたい方は

ヘイズ先生の鑑定を受けるべし!)

 

 

「まず月から見ましょうね。

ハヌルさん、小さいころかなり辛かったでしょう?

次水星、金星・・・うん、

30歳過ぎるまでずっと辛かったと思うよ。」

 

「これだけ集中して星が固まってて、

オポジションになってるでしょ?

やっぱり”変人”なのよ。」

 

 

変人・・・!

自分が変な人なのは超自覚あります!

 

 

「そう。これね、

今ハヌルさんはそうやって社会生活を送れてるから

出来たんだろうと思うんだけど、

35歳くらいまでの間に

社会との間で自分を再調整かけることができなければ

気が狂ってたよね。

狂人として生きるか変人として生きるか。

今の様子を見ると出来たから変人で生きてる。」

 

 

ヘイズ先生がおっしゃるように、

神経過敏で過剰な性質を持っていることは

自分でも強烈に自覚があるのです。

 

そして恐らくその性質が、私に、

見えない世界を観せている扉であろうことも。

 

そこの部分が、

先生がプロとしての資質とおっしゃった部分と

重なっているのは確かで。

 

「ハヌルさんは、普通の仕事は無理ね。

変人は変人として生きることが

結局健康で安定する生き方になるのよ。」

 

 

「56~8歳の頃には、

かなりいろいろが落ち着くし、

その頃に素敵な年上の

資産家のパートナーができる可能性があるわね。」

 

と・し・う・え・の!

 

「結婚はあんまり良くないけど、

恋愛はいいから良いパートナーには出会えるわよ」

 

と・し・う・え・の! ←クドイ

 

変人として生きても、

結果オーライなら有り難いではありませんか。

58以降の人生は結構長そうですし!

 

 

ここで次はトート・タロットの登場です。

ホロスコープでは

私の資質等を解析していただいたので、

今度は質問として

”今後の仕事について”をお願いしました。

 

「ハヌルさん、

自分へのダメ出しがかなり強いね。」

 

普通だと思うんですけど・・・。

 

「いやいや、このカードが出るってことは、

相当強烈に自分へダメ出しを

しているという事なのよ。」

 

うーん、”自分の程度”を知っていたら、

そりゃダメ出しせざるを得ませんもん!

 

「仕事はこの先も成り立っていくし、

お金の無駄遣いもしない人だから、

大丈夫だと思うよ。

”そんな変な物にお金使うの?!”

というような物事にお金を使う人だけど、

基本的に慎ましいタイプだから、

この先、仕事で大きいお金が入っても、

多分変化しないから大丈夫。」

 

「ただ、講座等の開催については、

世間がハヌルさんに対して、

なんといって声をかけたらいいのか

戸惑っている感じね。

あなたに声をかけたい人はいるけれど、

”失礼になるのではないか”とか、

”迷惑がられるのではないか”、とか、

”断られたらどうしよう”とか、

そういうことを考えてるみたい。

だからハヌルさんの方も、

私はこういう事なら声かけてもらってOKと

アピールすることが必要」

 

 

私、会場の用意と事務受付をしていただければ

基本的に大抵の事は断りませんよーー!

遠隔地に行くのも大好きですー!

皆さん、怖がらないでください!!

見た目は東北のなまはげっぽいですけど!

悪い子はいねがーとか言いませんからっ!

スピリチュアルのプロとして

お仕事をしていくためには、とか、

霊視をするために必要なことは、とか、

スピリチュアルの基本用語講座とか、

そういう講座やお茶会は大好物です!

↑全力でアピールしてみました

 

「自分で主催するより、

自分より若い方やハヌルさんのファンの方に

主催をしてもらって呼んでもらう方が

うまく行くと思うわ」

 

 

・・・私のファンの方なんて

いないと思うのですが

お茶会や講座など何かご希望があれば、

お気軽にお声かけくださいお願い

 

 

 

 

今回、実は・・・

ヘイズ先生を霊視させていただきました。

 

 

 

※ヒルデガルド・フォン・ビンゲン

神秘家であり、40歳頃に

「生ける光の影」(umbra viventis lucis)の

幻視体験(visio)をし、女預言者とみなされた。

医学・薬草学に強く、ドイツ薬草学の祖とされる。

また作曲家であり神秘主義の為の言語を生み出すなど、

中世ヨーロッパ最大の賢女とも言われる。

(wikiより)

 

ヒルデガルドの名前は知っていましたが、

まさか、私の霊視と共通項があるとは

びっくりです。

 

 

ヘイズ先生はやはり、非常に独特な方で、

他の方では起こらない現象が起こりました。

それは「突然ホワイトアウトする」というものです。

例えば、Aという事について

お伝えしようと話しをし始めると、

いきなり頭が真っ白になり、

自分が何を話そうとしていたのか、

一切わからなくなってしまうのです。

それも到達点がわからなくなるのではなく、

出発点のAというもの自体が脳内から消えてしまい、

一体何を話そうとしていたのか

瞬時に記憶喪失にでもなるかのごとく

まるきりわからなくなってしまうという現象です。

 

これは講座やお茶会などで

先生とお話をさせていただいている時にも

軽いものがしょっちゅう起こっていて、

あまりにもそれが多いので、

私は痴呆症でも始まったのだろうか?と

内心本気で疑いはじめていたのですが・・・。

よく考えてみると、

これまで他の方では

こんな風に起こった事はないのです。

少なくとも頻度と激しさが

まるで違います。

 

今回リーディングの後、

お話をさせていただいている時に、

はっきりとこれは

「見えない何か」の影響だと思いました。

その「何か」が、私の意識を

瞬間的にショートさせて

軽い前後不覚状態を生み出すのか、または、

私の容量を超えた

大きいエネルギーに接触してて、

私の方が瞬間的にシャットダウン状態を

起こしているのかもしれません。

 

 

が。

 

このことは

先生からの質問には含まれていないものですし、

私側の話なので、

その「何か」を特定するための

霊視等は行っていません。

(自分の謎や疑問が解きたいからと、

相手の了承を得ずに霊視するのは、

やはり失礼な事ですから)

 

 

 

 

 

ヒルデガルドについては、

正直いってこれまでは、

文字の上の人という感じだったのですが、

このことを教えていただいてから、

ヒルデガルドが実際に生きていた人だったのだなぁと

強く感じるようになりました。

 

そしてヒルデガルドの幻視について、

いろいろ知りたくなってきました。

こんな本お勧め!というものをご存知でしたら、

ぜひ教えてくださいませませ。

 

 

 

 

 

新しい視点と気づきの為の霊視セッション

 

Spiritual Healing Salon ハヌル

まる料金等(公式HP)

まるお客様の感想

まるお問い合わせ・お申し込み

○*Facebookページ

 

クリック応援お願いしますラブラブ 矢印矢印にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

AD

 

 

昨日、名古屋で開催されました高橋桐矢先生の、

ルノルマンカードのグランタブロー講座

参加してまいりました。

 

 

 

 

 

近年日本で人気が出ているルノルマンですが、

36枚を全て使ったグランタブローで

答えと解決法を探っていく事を行う方は

ネット上で見ていても、

まだまだ少ない印象があります。

 

 

実際のところ、タロットカードを使うように、

とりあえず3枚使って占ってみたり、

1枚引きでオラクルカードのように楽しんだりする方のほうが

今はまだ主流なのかもしれません。

 

 

そんな中、

グランタブローの実践体験講座が

名古屋で開催されるという事で、

ワクワクしながら向かったのでした。

 

 

 

 

午前と午後の2回開催のうち、

午後の部に参加させていただいたのですが、

いただいた資料もわかりやすく、

各カードについての口頭説明についても、

 

「(このカードは)現代では”Eメール”などですね」

 

「(別のカードを指し)これは、

現代では飛行機でも良いでしょう」

 

と、すべて実際の生活に密着した物事で

解説をしてくださいました。

 

参加者する側も、

遠くは大阪からご参加の方もいらっしゃり、

どなたも楽しみながら、

しかし一言も聞き漏らすまいと

真剣にカードを見つめます。

 

 

 

そしていよいよ実占です。

 

 

 

 

上の画像は私が実際に展開した

グランタブローの写メです。

これは私所有のカードで、

参加者はみな一人ひとり

それぞれ違うカードを持ってきていました。

中にはキラキラと華やかなカードや、

朴訥でクラシカルな雰囲気のカードもありました。

桐矢先生も多くのカードをご持参くださり、

参加者はそのカードをお借りして

実占をするチャンスもいただけたのです。

 

36枚全てを使うのでこれだけの枚数を

一度に並べることになりますが、

私もどうにか読む事ができました。

 

2時間前には、へどもどしながらでないと

読めなかったグランタブローが、

桐矢先生のお話をお聞きしただけで、

「まるでいっちょ前の占い師」にでもなったかのように

スラスラと読み解きを行えたのですから

驚きです。

 

 

もちろん、それは私だけではなく、

参加者全員が互いの前に並べられたカードについて

口々に忌憚のない意見交換を行っておりました。

本当に素晴らしいことです。

 

 

 

 

(私のキーポイントであるカード。)

 

 

 

 今回の講座の素晴らしい点は、

実際のテクニックを速習させていただけた事ですが、

中でも、36枚の中に現れる「結果」だけではなく、

その展開の中で「いかに願望を実現するか」という

願望成就のためのルートを視覚化する事を

お教えいただけた部分が、

本当に有難く思いました。

 

 

さらにおまけで、

桐矢先生が自ら作られたルーンストーンと、

ジオマンシーのストーンを見せていただけました。 

 

 

 

ピカピカ光り輝いて、

とても美しかったですよ!

思わず私も作成したくなってしまいました。

 

 

ジオマンシーについては、

桐矢先生が御本を出されていますので

興味が湧いた方はぜひお読みください。

 

 

 

タロットとは、

また一味も二味も違った風合いを持つ

ルノルマンの面白さに、

すっかり虜になった私なのでした。

 

 

桐矢先生、どうもありがとうございました!

 

 

新しい視点と気づきの為の霊視セッション

 

Spiritual Healing Salon ハヌル

まる料金等(公式HP)

まるお客様の感想

まるお問い合わせ・お申し込み

○*Facebookページ

 

クリック応援お願いしますラブラブ 矢印矢印にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

AD