ネコに学ぶ21世紀を生き抜く法

ネコをモデリングして

幸せに21世紀を生き抜く方法を学びましょう


テーマ:
新猫美~(ビーちゃん)を見ていると
つくづく思います。

小さい時にしっかり遊んでもらっていないと
どんな大人になってしまうのか。
小さい時に遊びやら、戦いやら(勿論遊びの中で)を
身につけてこないとどんなことになるのか。

ビ~は遊びという事を知らない。
じゃらして見ると全くどうしてよいか分からずに
とにかく怒ってみる(あ~かわいそうだ)

人間とコミュニケーションを取りたい、
触ってほしいと思うのにどうして良いのか分からず
引っかいてくる。
攻撃をしてくる。
ビーにはこれ以外のコミュにケーションの
取りかたがわからない。

うちの子達とのあまりの違いに、心が痛む。
かわいそうに・・・
「ビーは最悪の状態で育てられた子だね」という私に
「そんな子は沢山いるんじゃないの」

そうですね~。
私が一番恐れている所です。

ただ猫を飼って、あるいは買って
家に置いておく。
自分が家にいる間も全く猫に構ってやらない。
構い方を知らないので放っておく。

猫の買い方、餌の与え方、トイレのしつけ、
それらが大事な事は分かります。
しかし猫本はそんなことばっかり書いてある。

猫の人格や猫の気持ちを尊重して対等に付き合うことが
どんなに大事かという事はほとんど言われていない。

子育てだって同じ事だけれど。
何が大事って、
ここが一番大事なのに。
餌を与えれば良いってものじゃないのに。

生まれた時から、声を掛け
一緒に遊び、一緒に様々なことをして
互いを尊重しあうことを覚え、
コミュニケーションを取ることを覚えるのだ。

近くへ鳴きながらよってきて、その挙句に
どうしていいか分からずにシャ~!といって
爪を立てるビ~を見ていると
本当にかわいそうになる。

いつになったら心から甘えられるようになるのだろう。
び~はそれを求めているのにそれが出来ない。
人間の罪の深さをしみじみ感じます。

ビ~は我が家へ来て良かったと思う。
(思い上がりだろうか?)
もしこんなに引っかくだけしか愛情表現(ともいえないかも知れない)
を知らない子が、他の家へ言ったら即、追い出されていたかもね。

しかしあわてず、ビ~の気の済むように
過ごさせてやってゆこう。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「主任のこと怒った?」と息子が二階から降りて来て言う。

「うん、ビーに喧嘩売ってたから。どうして?」

「言いつけに来たぞ。お母さんに怒られたって」


猫って凄いね。

自分が悪さをしているのも重々承知だし、

それを怒られたのも当然分かるし、

その上に言いつけに行く。


笑っちゃいます。


しかしシュシュは大丈夫。

今では押しも押されもしない、私の一番かわい子ちゃんだという

自覚があるので、決してすねたり「こんなうち出てってやる!」

なんて事は言いません。


要するに信頼関係が出来ていれば

怒ったって大丈夫。(実は反省したりしているのです)

しか~~~し、ビー様にちょっかいを出す事は面白くて

幾ら怒られても止められないのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ったくもう!


と怒りまくった私としてはまあ、引っ込みが付きませんが、

猫、又増えちゃった。


詳細はこちら

  ↓

http://gomomma.blog97.fc2.com/blog-entry-225.html


引っ越した先のアパートを追い出される羽目になり、8年間も一緒に暮らした愛猫と

別れなくてはならない90歳近いおばあさん・・・


そこまで聞いたら猫もおばあさんも可愛そうになってしまった。


冷静に考えれば『何故ペット可のアパートに行かなかったの?』と分かるのにね。

しかし受けてしまったものは仕方ない。

これからの生活を大事にしてあげよう。


ところでビーちゃんそろそろ『ウ~~~』とか『シャー!』とか

やめて一緒にあそぼうよ~~。

時々『にゃ~』なんて言える様になったのね。

良かった良かった。

しかし先は長そう。


そんなビーちゃんはカリカリ一辺倒。

『この子はこれしか食べませんの』そうしたのはあなたでしょう。

とにかくうちの生活に慣れるまではビーちゃんの食事は

変えないことにします。

それにしても寂しい食事だ。

カロリーメイトーを一生食べ続けるようなものだものね。

私の作るご飯を早く食べられるようになると良いね。


私の作る猫ご飯の講習会です。


猫の食育講座・恒例の猫の会のお知らせ

「猫の食育講座」ってなにそれ?と、思われた方、


食育講座とは

APNA(ペット食育協会)がお勧めするペットへの食事方法です。

たとえば

○手づくり食が良いと聞いているけれど、面倒じゃないの?

○うちの子は手づくり食を喜ばない。どうしたら食べてくれるの?

○ペットフードを与えていれば栄養は充分取れているのでは?

○フードと手づくりを半々で与えているけれど、これで良いの?

こんな悩みを抱えている飼い主さんにお勧めです。


どんなことをお話するかと言うと・・・・

難しいことは全くありません。


♪5分もあれば出来てしまう超簡単猫ご飯の作り方

(今回は実演つきです)

♪どんな物を与えたら良いか、特に猫の好きな食材は?

♪何よりも猫達が喜んでくれるご飯を作りましょう。

♪そして目的は猫達に健康で幸せに過ごしてもらう事。

これが飼い主の健康にも繋がります


是非一度手づくり食とはどんなものか、

それを食べている我が家の猫の目がどんなに輝いているか等を見てください。


実は3年ほど前に我が家の猫が原因不明の病に倒れました。

残念なことに1匹は帰らぬ猫となりました。

その時から猫の食事をすっかり変えてみました。

今では全く病気知らずで、獣医さんにもご無沙汰しています。

食費も時間も節約でき、猫も喜ぶ手づくりご飯とはどんなものか

是非一度参加して、実際に見てください。


講師はペット食育協会(http://apna.jp/ )上級インストラクターのもんまさなえです。




《猫の食育講座詳細》


日時:2009年5月17日 10:30~12:30

場所:鎌倉市浄明寺5-11-29 門間

参加費用:¥3,000.-

定員:4名(2名より開催いたします)


お申し込みはshushu_nyan@yahoo.co.jp

あるいは090-5311-9341へどうぞ。







さて!勉強の後は恒例の《猫の会》です。

今回は一年で一番気持ちの良い季節を大いに満喫しましょう!と言うことで

猫庭で猫と一緒にパーティですよ~。

5月17日 13:30~


お昼を持参されても良し、お茶だけでも良し。全く自由です。

猫さんを連れて参加の方もおいでの予定です。

参加費¥500.- 2,3人分のおやつかおつまみ等をお持ちください。

気楽に楽しく猫と遊び、様々な猫情報を交換いたしましょう。

お申し込みは

shushu_nyan@yahoo.co,jp

あるいは090-5311-9341もんままでどうぞ。


にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃー










AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。