バカ、クズ、卑怯者、超利己主義者、センス欠如者、偽善者、当ブログの趣旨に賛同できない者の、当ブログの閲覧を一切禁止する!


タイトルイラストby和也

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月26日(日) 00時34分34秒

2017-3-25

テーマ:ブログ

 

 バイト出勤。

 

まあまあ美形な総務のバイトから給与明細を渡され、タッタ14万だった。

 

これでも、勤務日の少ない2月の給与にしては、良い方なのだ。

 

 UQモバイルからメールが来て、データ残量が無くなりそうなので、チャージしろとの事だった。

 

キャンペーン中で、2年間は1GBの契約でも2GB使えるはずだと思い問い合わせたところ、追加の1GB分については自分で購入し、その料金が課金されない、という仕組みだという。

 

こういうややこしいルールを作るから、携帯やスマホは嫌なのだ。

 

 また、最近、スマホでやたらに動画広告を目にするが、これがデータ通信量を食っているような気がする。

 

見たくもない広告を有料で無理矢理見せつけられている訳で、実に腹立たしい。

 

動画広告を張り付けて来る業者に対する不買運動を起こすべきだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年03月24日(金) 23時53分17秒

草津旅行

テーマ:抑鬱旅行記

 

 東京駅から、草津直行の高速バスに乗る。

 

着席しようと思ったら、隣の若い女子が、後ろに座っている友人と席を交換してくれというので渋々了承。

 

その女子がベレー帽を被っているのに若干ムカついた。

 

 ホテルは古いが広々していて快適であった。

 

テレビで詐欺師丸出しの籠池理事長の証人喚問を見入ってしまう。

 

大浴場と露天風呂に入湯。

 

湯は強酸性で、浴効はかなりありそう。

 

ニキビや水虫やアトピーなど、この湯に毎日使っていれば治ってしまうのではないか。

 

春休みか卒業旅行か知らぬが、阿保学生が一杯いて狭苦しかった。

 

5時半から夕食。

 

見知らぬ中年女性から、私が浴衣を左前に着ていると指摘され、慌てて着直す。

 

伊東園ホテルグループの、いつもの旨くも不味くもないバイキングを大量に食す。

 

 貸切露天風呂を予約し、贅沢な気分で入湯。

 

 

 翌朝、8時前に起床し、朝食バイキング。

 

学生割引週間だったらしく、若者だらけ。

 

女子だけだったら良いのだが、青年も多くて居心地が悪かった。

 

またしても貸切露天風呂に入湯し、堪能する。

 

 送迎バスが満員との事で、一時間ロビーで時間を潰す。

 

バスターミナルから歩いて「湯畑」へ。

 

吹雪が吹いて来た。

 

 草津熱帯園へ行く。

 

巨大なドームが温泉の熱で温められていて、熱帯の動植物が展示されている。

 

換気されていないらしく、湿度と共に動物の臭いがまとわりついて来る。

 

巨大なワニ達が腹ばいになってジッとしている。

 

巨大ヘビや巨大蜘蛛たち。

 

狭い柵の中に、豚が入れられている。

 

私の所に駆け寄って来て、「ブヒブヒ・・・フガフガ・・・」と何か訴える。

 

豚の目線を追ったら、野菜を細切りにしたエサが売られていたので、購入し豚に差し出したら、物凄い勢いで貪っていた。

 

熱帯の鳥などをみているうちに、1時間経ってしまい、マイクロバスでバスターミナルに送ってもらう。

 

帰りのバスも満員。

 

席が前後になってしまった夫婦にこちらから提案して席を変えた。

 

運転手の真後ろの窓際の席で、そこそこ広く快適であった。

 

 

 予算・・・

 

伊東園ホテル草津・2食付き8250円

 

交通費・高速バス往復6740円

 

草津熱帯園入場料1000円

 

お土産・花豆饅頭1520円

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年03月22日(水) 02時19分41秒

2017-3-21

テーマ:ブログ

 バイト非番日で昼過ぎまで寝込む。

 

一日中大雨で、バイト先まで長距離チャリ通勤せずに済んで良かった。

 

 大学時代の友人・松木に会いに行くために外出。

 

人身事故があったとかで、電車が止まっていた。

 

仕方なく駅を出て、ATMに金を下ろしに行ったり店で靴を見たりして駅に戻った。

 

 東京駅で待ち合わせ、新丸ビルの「ソバキチ」とかいう店に入り、蕎麦を食べながら話し込む。

 

大混雑していて落ち着けなかったが、飲み物も取らずに蕎麦を食べるだけだったので、こちらもあまり良い客ではなかった。

 

松木は大手企業のドイツ支店長の職を辞し、日本に帰って来ていた。

 

で、パトロンに出資してもらって小さい会社を買収し、4月から社長に就任予定という。

 

正社員5人をそのまま引き継ぎ、さらに1人ヘッドハンティングしたそうで、6人も養うのはさぞかし大変であろう。

 

さらにドイツ人の奥さんも日本に移住して仕事を手伝うとの事で、私の出る幕もなさそうで、残念というよりホッとした。

 

近く展示会を催す事になり、私も一応関係者として呼ばれたので、立ち位置は分からないながらも何となく仕事を手伝う事になりそうである。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017年03月16日(木) 23時11分55秒

シャセリオー展 草間弥生・わが永遠の魂展

テーマ:美術館巡り

 

 バイト非番日で、久しぶりに美術館へ行く事にした。

 

上野・国立西洋美術館『シャセリオー展』。

 

京成上野から石段を昇って公園に入るも、相変わらずいくつかある美術館の見分けがつかず、迷ってしまった。

 

1時間程鑑賞。

 

六本木に移動しようとJR上野駅に入るが、日比谷線とは別の改札らしく、窓口でスイカの入場料分をキャンセルしてもらい駅を出て、しばらく歩いてやっと日比谷線の改札に入った。実に面倒臭い。

 

 新国立美術館で、草間彌生『わが永遠の魂』展。

 

会場一杯に、ドギツイ色彩が広がっている。

 

絵画というより、派手な模様である。

 

何故か微笑ましく、周りの観客も皆半笑いのような表情を浮かべている。

 

いわゆる現代美術、前衛美術と明らかに一線を画しているのは、強烈な色彩感覚である。

 

草間氏は90近い老婆であるから、もっと薄味を好みそうなものだが、若者でも胸やけを起こすようなギラギラした世界を創造している。

 

結局は似たような絵ばかりなのだが、それぞれに付けられたタイトルが素晴らしい。

 

「闘いのあと宇宙の果てで死にたい」

「開花の季節に涙するわたし」

わたしは漫画家になりたい」

「心の中の陽光」

「幻の世界へ行こう」

「生命の置き場所」

帰宅後、カニカマチャーハンと、エノキ・シメジのスープを作る。 素晴らしすぎるできであった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月15日(水) 01時29分07秒

2017-3-14

テーマ:ブログ

 

 バイト非番日で、午後1時前に起床。

 

雨で寒く、一日中在宅に決定。

 

3時間かけてカレー作り。

 

大玉ねぎ5個をスライスして1時間弱火で炒めて使用。

 

ルーはジャワカレーとゴールデンカレーを半分ずつ使用。

 

肉は豚の細切れ。

 

素晴らしい出来。

 

 部屋に掃除機をかけた。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年03月14日(火) 02時11分21秒

2017-3-13

テーマ:ブログ

 バイト後に帰宅する際、小雨が降っていた。

 

雨具を着るのが面倒なのでそのまま走っていたら、雨脚が強くなって、家に着いた頃には全身ズブ濡れだった。

 

 『失われた時を求めて』・集英社文庫版 11巻読了。

 

つまらなくてつまらなくて大あくびの連続ながら、何とかここまで来た。

 

後2巻頑張りたい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月10日(金) 19時16分57秒

湯西川旅行

テーマ:抑鬱旅行記

 急遽年休を取得し、逃げるように温泉旅行へ出かけた。

 

東武の駅で、「まるごと鬼怒川 東武フリーパス」というのを購入。

 

往復で、駅から湯西川温泉にバスで行く場合は、この切符を使った方が安いらしい。

 

鬼怒川までの特急券と同時購入して5150円。

 

窓口で特急券を買う際に座席指定出来るのだが、なるべく空いている席を選んだつもりが、運転室の前の席で狭かった。

 

しかも、通路を挟んだ隣が子供連れの大家族で、うるさくかった。

 

 鬼怒川駅でバスに乗り換え、ホテル前のバス停まで直行。

 

巨大でかなり高級そうなホテルであった。

 部屋は15畳の和室で、一面ガラス張りで、雪を被った渓谷の景色に圧倒される。

 

ホテルで自転車を貸してくれるそうだが、散策するのが億劫になり、豪華な部屋でジッとしていた。

 

温泉に入湯。大浴場は結構混んでいた。

 

一度体を拭いてホテル備え付けの作務衣を着て、露天風呂に移動しなくてはならないのが若干不便だった。

 

源泉かけ流しの、少し硫黄臭のする湯だった。

 

 5時半から夕食のバイキングに行く。

 

今日は満員で2部制だったので、早い時間で予約しておいた。

 

会場が巨大であるため、端の席なら空いていた。

 

いつもの代わり映えのしない、可もなく不可もない料理を、いつも通り大量に食す。

 

川魚を串に刺して塩焼きしたのが珍しかった。

 

囲炉裏状の所に刺してあったものの、冷めていた。

 

 夜遅く、貸切露天風呂に入湯。

 

渓谷にうっすらと残る雪を眺めながら、風流な気分に浸る。

 

 だだっ広い和室で、美しくライトアップされた渓谷を眺めながら、一人布団に入り就寝。

 

 

 翌朝、起床してすぐに露天風呂に入ったら、貸切状態だった。

 

空気が実に旨かった。

 

 朝食を、またしても大量に食す。

 

そばがなくなっていて、補充もされなかったのが残念であった。

 

 部屋に帰り、部屋付きの風呂にも入り、ユックリ髭を剃る。

 

窓の外の渓谷に、イノシシがうろついていた。

 

 昼前にチェックアウトする。

 

粉雪が降って来て寒いので、観光せずに帰ることにした。

 

バスの便が非常に悪いため、帰れなくなったら怖いと思ってしまう。

 

バスで湯西川温泉駅に行き、野岩鉄道で鬼怒川温泉駅へ。

 

鬼怒川温泉駅で特急券を購入し、駅前の店でレモン牛乳とお土産に日光ゆばを購入。

 

特急で快適に帰還。

 

 

 予算・・・

 

ホテル湯西川・・・9330円

 

交通費・・・6500円

 

お土産1200円

 

計・17030円

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月08日(水) 01時44分25秒

詐病鬱か?

テーマ:ブログ

 

 社員だった時に鬱病を発症して自殺未遂を繰り返して退職し、再雇用で復帰後もしょっちゅう鬱で休職している、モッサリした親爺がいる。

 

で、そのモッサリ爺がまたしても「体調が悪い」とかで長期休職になりそうである。

 

最初は私もその人に同情していたが、だんだん詐病を疑うようになって来た。

 

いつも不機嫌でイライラしていて、一緒に作業をするのが若干苦痛である。

 

その爺は極左で、労働組合活動だけは鬱病とは思えない程活発に行っている点も気に入らない。

 

診断書を貰うかかりつけの精神科医も元学生運動家であったそうなので、爺の詐病に加担しているのではないか。

 

で、傷病手当等を詐取し、仕事をサボった時間で左翼活動をしているのではないか。

 

そういえば、ゴミ同僚・乞食カッパハゲの父親も元学生運動家で、下級公務員として定年まで勤めたというクソだ。

 

ああいう、学生運動をやっていたような爺婆共に年金を渡してはいけない。

 

国に楯突いたのだから、日本から追放し、旧ソ連や北朝鮮で、死ぬまで革命活動をやって頂くべきなのだ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年03月07日(火) 03時31分18秒

もう来ねえから

テーマ:ブログ

 

 バイト非番日で、午後12時半起床。

 

一日中在宅に決定。

 

母に材料を買って来てもらって、片岡護シェフのカルボナーラを作り、最高の出来。

 

今日は父が出張で不在であったが、母と二人で食べきってしまい、物凄いカロリー摂取となった。

 

 二月の末に、バイトを終えて帰宅しようとしたら、ちょい悪親爺風の課長(部内ナンバー3)とエレベーターで鉢合わせた。

 

課長は段ボール箱を抱えていて「もう来ねえから」だと。

 

私が驚いていると、「辞める。明日から年休消化に入る」と。

 

「転職ですか」と聞いたら「〈何か〉やりたいと思ってる」とのことだった。

 

課長は確か五十二歳で、割増の退職金を貰えたにせよ今後の人生は長いし、再就職も難しいと思うが、「何か」やりたいというフワッとした理由でサッサと辞めるところが素晴らしい。

 

割と社員やバイトから慕われていたので、結構影響を受ける人も多いと思われる。

 

やはり、幹部社員が何の未練も無く辞めるような職場である。

 

ましてやバイトで、正社員試験に連続で落ちている私こそ、直ちに去るべきなのだ。

 

とはいえ、他に収入を得るアテもないので、グダグダグズグズと居残っている。

 

 そんなことを考えていて、発作的に温泉旅館を予約してしまった。

 

嫌味を言われようがどうしようが、明日年休届を出して休み、旅行に出かけることにした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年03月03日(金) 03時09分54秒

小諸動物園のライオン

テーマ:事件

 

 先日旅行で小諸へ行って、懐古園の隣のホテルに泊まったにも関わらず、園内の小諸動物園に行かなかったことを後悔していた。

 

2,3日前に、その動物園の名物の雌ライオンが、若い女性飼育員の顔に嚙みついて重傷を負わせたそうな。

 

ちなみに村上春樹がそのライオンについて「優しい目をしていて、つらい事があるとナナちゃん(そのライオンの名前)の事を思い出す」などと書いていたという。

 

村上氏の眼力の無さを確認すると共に、女性飼育員の回復をお祈りしたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。