モケモケ髪に朗報?

テーマ:

残暑厳しい折でございます。
盛夏は過ぎたとはいえ、まだまだ汗とは縁が切れない季節です。

最近、髪の毛を伸ばし始めて、この湿気で髪型に収集がつかなくなって
悩んでおりましたところ、発売前の優秀なヘアオイルを
モニタリングさせていただきました!

クラシエ ディアボーテ クリスタルラグジュオイルセラム


9月2日(金)発売のハイダメージ向けの高機能オイルセラムです。

 


私、ヘアケアはわりと好きなのですよ。
シャンプーやコンディショナー、トリートメント、アウトバストリートメント
はけっこう気を遣っています。インバス・アウトバスのケア製品、自分の髪質、
そして天気やオフィスの環境とマッチングするものを探すのが
なかなか難しいもので、何種類か使い分けたりして。


でもですね、アラフィフともなれば、肌も曲がりますが、髪の毛も曲がり角。
経年劣化によるうねり、くせ、パサつきが隠せません。
特に汗をかいたり、昨今訪れている台風による湿気、またオフィスや公共施設、
交通機関の冷房などで、正しいケアをしないと、モケモケになってきます。
エイジング、恐ろしい。

で、髪の毛が落武者みたいにバサバサしていたり
モケモケしてあっちこっち向いていたりすると
いくら白髪染めをしようと、綺麗にお化粧をしたり身ぎれいにしても
汚らしいオバサンに見られてしまいます。
結ぶって手もありますけれど、綺麗な髪の毛を結んでいたら
それはヘアスタイルですが、質の悪そうな髪の毛を結んでいたら
どうしようもないのでまとめてる感出てしまいます。


なので、髪の毛を健康に綺麗に保つこと、かなり力を入れておるです。

私の髪の毛、一見少なそうに見えるのですが、美容師さんに言われるのは
細いだけで、人よりは多い、みっちり生えています。
そしてくせ毛です。
それだけに湿気を含むとあっちゃこっちゃ向いたり、まとまりが悪く
モケモケしやすい。


ということで、今回モニタリングさせて頂いた
ディアボーテ クリスタルラグジュオイルセラムでケアしました。

夜、お風呂上りにしっかりとタオルドライして、余分な水分を乾かします。
そこに毛先を中心に塗布。
そして低温ドライヤーでゆっくりと、乾かします。
それだけだとくせ毛のままですので、その後、低温のヘアアイロンで
伸ばします。
手間かかるって思われるかもしれませんが、
きちんと正しい手間や時間をかけないと
せっかくバカにならないシャンプーや何やらでケアしても
そのケア製品の実力が出ませんしね。


で、どんな感じかって、ブラッシングすると綺麗な艶が。
毛先もはねません!
かといって、べたつき感やぺしゃんこ感もなく。


でも。。。このスタイリング、一晩寝たらまたモケモケが。。。
と半信半疑で寝たところ、翌日もまとまってる。
あっちゃこっちゃ向いていません。

で、台風の中、出勤。さすがにこんな湿度が高い日には、
スタイリング崩れるんだろうなーって思っていたら、
あら、会社に到着してブラッシングして整えたら、元通り。

いつものうねったモケモケが見当たりません。

おおおーーー。これ感動。


ということで、9月2日はドラッグストアにゴーですよ!

クラシエホームプロダクツのキャンペーンに参加中[PR]

AD

まRIO

テーマ:
いやーーー台風すごかったですねぇ??避難勧告出ていたの知らないで
出勤して、帰った方がいいのかなーと思いつつ、高層階から外見ると真っ白で
「すごい」って事だけはわかるのですが、どのくらいすごいのかと
地上階に降りて、見て、諦めた。幸い被害は無かったです。
 
 
にしても、リオ閉会式、良かった!!
私達世代、あの長野五輪で心に深い傷を負っておりますからね、
どんなんだろうか。。。と思いつつも、世界へ向けて見応えがあるものは
期待していませんでした。
内輪ウケみたいな演出、閉会式の司会が何故?なキンちゃん、
あと、「。。。。放火?」な伊藤みどりの聖火点灯(え、ひどすぎますか?)。
その深い傷がようやく癒えましたヨ。
 
 
最初に流れたイメージ映像も新旧選手織り交ざって美しかったし、
その後のショー、個人的にはえーけーびーとかえぐざいるとか
そっち系が出てきたらどうしようと思っていましたが
今時の演出家ぶつけてきたか。
日本発のLEDを使った青森大の男子新体操のパフォーマンスは、
ここ数年、ひそかに鹿児島実業の男子新体操ファンなので、
やっぱ来たか!!と嬉しかったです。
ご存知ない方のために、リンクを貼り付けておきますネ。
強豪ではないけれど、毎年毎年、小ネタ満載の演技をしてくれる
他に類をみない、高校新体操男子です。
 
 
 
でもって、やっぱり安倍MaRIOですよね!
アヴェ・マリアっぽくもありますね。
未来を知っているドラえもんがMaRIOを送り出してくれるのも
良かったですね。オリンピック親善大使だもんね。
キャプテン翼も何で?と思ったらブラジルでは
大人気らしいですね。
君が代は聖歌隊で、リオのキリスト像に敬意をはらったのでしょうか?
全体的な音楽はサンバでしたね。
 
MaRIOのアイディアは本当に良かった。
世界の反応が良かったら突然、「俺が提案した」と言いだした
老害と言われる元首相がいて、笑ったけど(誰も信じないよ)。
欲をいえば、土管から出てきた
安倍MaRIOの扮装あと10秒ほど脱げなければ良かったけど、
あれ、脱げちゃったんだろうねー。
観客席に各キャラクターの説明書が配布されていたそうで。
そういう細かいサービスがとっても日本的です。
 
 
いやー、色々ケチがついた2020東京オリンピックですからねぇ、
ハラハラしながら見ていた日本人の方々、けっこういるかもしれませんが
総じてオッケーどころか、やるじゃん!すごいじゃん!!でしたね。
都知事も面白そう、思い切ったことをやってくれそうな小池さんに代わって、
あのケチな銭ゲバハゲじゃなくて良かったと思うのは私だけ?
威風堂々として、小池さん、かっこいいと思いました。
 
 
9月になったらパラリンピック。いつもさほど話題に上りませんが
今回はさすがに注目されるのでしょうか?
オリンピックもさることながら、パラリンピックの盛り上げていきたいものです。
何はともあれ、様々なゴタゴタもありつつ、
リオでの選手の頑張りと閉会式で盛り上がった勢いを繋げていきたいものです。
 
そういえば、息子が学校の先生がこぼれ話としてくれた話をえらく腹落ちしたと
教えてくれたのですが、歴史を振り返ってみると、国などの様々な集合体は
勃興→興隆→繁栄→最盛→衰退→滅亡の6拍子を繰り返しているそうで。
いわゆる滅亡のメカニズムのことですが、日本は今どのあたりにいるのでしょう。
バブル以降、衰退し続けて滅亡期を迎えたような気がします。
今、様々な局面で形だけの縦社会が壊れ続けたり、永劫とされていたものが
そうではなくなったり、また、新たなことを掲げて訴える集団が現れたり。
一億総勢が、内容はさておき、問題意識を持って、
「考える」ようになってきた、幕開けのように感じています。
このメカニズムが真理なのであれば、勃興や興隆あたりで
思いっきり生きてみたいなと、リオから日本へ旗が渡される様を見ながら
思いました。
面倒くさくてバカバカしい事もたくさんある日本ですし、
上述の「俺が提案した」って言ったみたいな老害みたいなのがのさばって、
どうにも動きづらいところもありますけれど、
独自の良い文化や性質を遺したり伸ばしたりしながら、
少しずつ進化していきたいものですネ。
 
 
さてさて、息子は今週から学校。
いきなり試験だわ、その後、文化祭だわ、でもって修学旅行があるわで
なかなか秋はせわしいです。
その後、ぐっと受験モードに染まっていくのでしょう。
私もウカウカしていられない。全力でバックアップしていかねば。
 
AD

2020

テーマ:
昨日はサオちゃんが金取れず泣いていて、ポンポンしてあげたくなりました。
辛いのぉ。サオちゃん。その昔、小学生の息子が「吉田選手と結婚したい」と申しておりましたので(守ってもらいたくて)、昨夜はもう「うちの嫁の試合が。。。」と落ち着かず。それは冗談にしても、女子レスリング界全体を牽引し盛り上げてきた人だけに金メダルという結果は取れませんでしたが、金字塔を打ち建てたのは、この人の他にいない、世界の誇り、誉です。


アルソックのCMは分身以外は全部CG無しの実写だとか、
タックルを研究し尽くされタックルをかましてくる選手だらけになったのでタックルで負かしたとか、
中国でのあだ名が「絶望」だとか、
霊長類最強の女だけに様々な逸話がありますが、最も好きな逸話は、

「女に生まれて良かった。男に生まれたらきっと試合で人を殺していた」

です。ぶっ
リオの涙は今までにない辛い涙だと思いますが、あなたの元気な笑顔、待ってますよ、義母さんは。


小池都知事も五輪旗を引き継ぎにリオ入りしましたが、リオが終われば今度は東京がオリンピックカラーが一層濃くなるのでしょうネ。やはり次期開催国なだけに、日本の選手達も発奮しているのでしょうか、
メダルの数が多い事。


男子リレーの予選も、「ふぅん」と、ながら見してたら、嘘!!なくらい速かったですねぇ。決勝が楽しみです。


男子卓球のユニフォームの下はノーパンの選手のことを日本中がパンツ振り回しながら応援してたら面白いなとか、
体操のヒネリ王子を見ているうちに、さかなクンにしか見えなくなってきたとか、
金メダル取った男子水泳選手がカワハギにしか見えなくなってきたとか、
海で泳ぐオープンウォーター競技の給水が釣りみたいだなとか、
マラソンに三つ子や双子の選手が出場してたけど、争いになったら解説者は見分けがつくのかなとか、
解説での増田明美さんは、どうやって
出場者一人一人のどうでもいい情報を知るの?とか、
やってるのが夜中だから生で見ることは少なかったけれど、4年に1度のこの盛り上がりは毎度格別です。


だから次は東京か!と思うと、ワクワク。
仕事で関わりたいけれど、それが出来ずとも4年後に向けての変化や発展を生で見られるのは、幸運、嬉しい。
若い頃、サッカーワールドカップや長野五輪に仕事で関わった時は、それをチャンスとも思わず、ただただ仕事として捉えていたけれど、もう50、生きてるうちに、こういう社会の移り変わりを目で耳で体で感じることはもう無いかもしれません。
リオで日本選手の奮起が明らかにメダルの数で反映されているのを見ると、国民全体もきっと奮起して、色々良い方向へ引っ張られていくと期待しています。

そしてオリンピックが終わればパラリンピックですね。

パラリンピックの活動やインフラはまだまだ日本では未開の業界で、例えば先日、由比ヶ浜開発の立役者の方とも身体的な障害がある人のビーチでのインフラについてもお話が出たり、また、友人のお母様がご病気で身体が不自由になってしまって、一緒に旅行に行こうとしたけれど、やはりインフラや宿の問題で簡単にいけず諦めたなどという話も聞いたりしました。
日本は障害がある人が通常の行動をするには、比較的整っているけれど「ファン」「娯楽」という意味では、まだまだだって話です。パラリンピックを機に、競技が盛んになることによって、選手ではない障害がある人の「ファン」に対する、幅広いレンジを持つインフラ整備、社会へ・人々の心への定着が進めばいいと思います。
障害がある人の人生も命の重みも
自分達と何ら変わらないという種が、あらためて個々の心に育てばいいなと強く思っています。


勝った敗けたの向こう側にある、スポーツのお祭りの本当の意味をよく考えて開催国として4年間、頑張って楽しんでいこうぜ、日本人。


なんちて。私、何様だ。


でも、こういう機会を得ることによって、
「私って私って」の価値観という名の自己顕示欲を、国とか世界、人としての価値観へ変遷することは良いことですよネ。
日本こそ素晴らしい、日本!日本!の底辺ナショナリズムではなく、参加して良かった心に残る五輪体験が出来る国にしたいなって思います。


もうすぐリオが終わるけど、日本にとっては始まりです。

いろんな事を期待して、がんばれニッポン!


AD