世の中には、様々な概念、常識、義務、価値観などなど、私達を守りながらも縛るものがたくさんあるけれど、力いっぱい自由に、楽しみ、お気楽に人生を楽しみましょうよ!

Enjoy Our Life As Much As We can!



テーマ:
いつの間にやら2017も残すところ数日。

いやーーー!速かった!新しい職場に行ってから毎日が毎分?くらいに速かったです。

ええ。生きてますし、急転直下にも落とされていません。

どころか、年明け、ある意味昇進とも言えるポジションに就任して、新しいグループを率いて新しいフェーズにまたトライします。

当然、実力だから?当たり前よ?などと威張るつもりもございません。ただラッキーが重なり、前社、前々社からの後押しや現在の上司や同僚のご協力あったからこそ。自分を褒めるとすれば、すべての出来事や可能性を諦めず、手放さずに丁寧に且つ握りしめて離さなかったことです。

始終、体は酷使してまいりましたが、理不尽な不条理な思いは皆無なので、多少体が辛くても、へっちゃら、無尽蔵にパワーや明日へのやる気にみなぎる毎日の繰り返し。

家の方は息子の受験目前で、年明けてすぐセンター試験、その後、私大の入試が控えてますが、息子もやれる努力は余すところなくやり尽くす毎日をコツコツコツコツと三年間も続けてきたので。

母も私が無職の時はどっと依存していましたが、ミラクルというか、私が残業残業でねるだけに帰宅する日々が続けば続くほど、みるみるしっかりしてきました。


全てが好転しています。

少し前ならば、好転しても好転を信じることなく、絶対に落とし穴ある!と縮こまることが常でしたが、今はもうやるだけ。縮こまる時間すら勿体無い。今日が人生最後の日なら、私は何がしていたい?やはりそれは仕事に追われてヒーヒーしていたい!間違いなくそう思えるので、本当に充実の毎日。その充実と、社会的地位が重なりつつあります。

無職の時にどうありたいか、山内華子としてどんな人生が送りたいか、考えていたんですね。もちろんたくさんありますよ。白装束着る前に白無垢着たいとかww 旅行行きたいとか、人並みにいろんな欲望、煩悩だらけ。でもたった1つに絞るなら、私の人生はどんな人生なら満足か?と自分に問うたところ、それはドラマティックな人生。

毎晩寝る前に

「神様、どうかどうかドラマティックな人生を。そのためならどんな努力も惜しみません」

と祈っていたんです。

かないました。

生きていて、こんなにも人生が様々な彩りや香りを放った一年はありませんでした!!


おい!!なドラマもありましたよ。
先々週インフルにかかって、大学病院の夜間救急行ったんですよ。

ワクチン打ってたからか、あまり酷くもならず、救急に駆け込んだ時は峠を越えていたのですが、聴診器を当てたドクターが「あれ?あれれ?」と首をかしげるわけです。


「僕、本日夜間救急の責任者なんですが、
 循環器内科のエコー担当医なんです。ちょっと心音が気になりますので、エコーさせてください」

と言われるがままにエコーしたら、なんと

通常は3枚で1組の心臓の弁が生まれつき2枚しかないことが判明。

しかもちょっとくたびれてる音がするとのこと。2枚しかない人は100人に2人くらいはいるのですが、若い時はほとんどが深刻な症状は出ず、ある程度年を経てから、最悪の場合、突然死するケースが少なからずあると。

びっくりしてしまいました。

他にも免疫力が弱ったのか、掌蹠膿疱症という治療法がない軽い病にもかかってるし、お腹はいつも具合悪いし。常になんらかの病気に見舞われてるので、え?だからちょっと弱いのか!と膝を打ちました。

で、今、検査中でして。来年早々、検査結果が出て、経過観察なのか手術か決まります。
残念なのが、どちらにせよ、今の状態では激しい運動は避けなければならないこと。一応ボルダリングは大丈夫じゃない?とは言われてますが、やったことない人はわからないけど、上達しようと思ったら結構心臓使う競技なので、自粛。

でも、総じて見れば、偶然にもことが起きる前に見つかったのはすごいラッキー。インフルで駆け込んだたーくさんドクターがいる大学病院で、循環器内科のエコーの先生を引き当てた、これもある意味、ドラマティックです。


こうやって、助けてくれる人に出会うことで、自分も人を助けていかなきゃ。命はそうやって使っていくものなんだなと、日々実感が増していきます。


人生捨てたものじゃ有りませんよ。

努力はきちんと大きな大きな花を咲かせます。


アラフィフだろうと、キャリアアップは実現できます。言わずもがな、多少の無理を強いる努力と引き換えに。

でも、たくさん泣いたし苦しんだし悔しい思いもしたし、もうダメだと数え切れないほど思ったけれど、こんな「今」が来るならば、そんな日々はまーーーーーったく無駄じゃなかった、むしろ必要だったんだなと思えます。
そして、これからまた責任が重くなるから予想もしない苦労に出くわすでしょうし、数え切れないほど悔しさを味わうかもしれませんが、今まで持ちこたえた力がは何よりも信じられますので、また立ち上がる自信も備わっています。

だから、さぁやってこい!2018!
へこたれず、来た波を乗りこなして、行けるところまで行ってやる!

そんな所感の2017年末。

良いお年をお迎え下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
やだすっかりブログをほったらかしにしてたら、季節は秋の足音がっ!!

もう誰も読んでないかもww

何をしてたかって、そりゃもうこんなに一生懸命、転職活動したことないほどさせていただきましたよ。ご存知のとおり、いつもいつも糊口をしのぐことを優先させてきたがために、派遣社員でとりあえず職を得て、そこからの努力で契約社員になるものの、ご時世の流行りで会社側に有期雇用契約から正社員になることもなく、しかしながら、ここ5年余りのキャリアはたとえ契約社員だとしても、自分の中ではかなり重要で且つビジネスの最先端モデルに携わっていた自負もあったものですから、今回の転職活動は食えなくなるまで、ギリギリまで、納得いく仕事を探そうと。

まだ前社にいる頃に声がかかった職は、前職と同種のイベント関係で、しかもマネージャー職だったので、今までと年俸が一桁上がって、これは色めきました。海外の上司との面接が二回、受かると思ってないので、もうシャカリキ、何でも言ってやれえ、で、なんと最終選考まで進み、終わってみたら面接七回。かかった時間は三ヶ月弱。

で、最後の最後で振り落とされ。
これはガックリきましたねぇ。そこの会社に出入りしているベンダーさんも仲良くしている方々だったので、未来予想図、描く毎日だったので。

で、その後、バケーションシーズンに入ったためか、全然、動かず…これはまた派遣からスタートか?しかし、息子の大学入試が目前、経済的に整えておかねば、我が家、火の車、大炎上。

で、8月半ばになり、チラホラと面接が入り始め、残念ながら、イベントのスキルよりも、バックオフィス、アドミのスキルにフォーカスした仕事ばかりだったのですが、こちらの方は若い頃から体で覚えた仕事です。とても自信がありました。

しかし、しかしながら、こんな何でもできる便利なおばちゃん、どこでもいける!!と挑んだものの、落ちたんですよ。

はて?おかしいな。確実にいけると思った会社に…で、ちょっと面接のやり方を変えてみようと。バックオフィス系の面接に行くと、私、慣れてる仕事だけに、自分が何が出来るかの説明はしても、どうそれをそこで活かせそうか、活かしたいか、そういう情熱的な姿勢や提案をしていなかったなと。


で、その時点で五社だったか六社だったか面接が入っていたのですが、その面接全て、私が提供できるサービスについてプレゼンテーションしてみました。

そしたら次々と合格通知が。およよ!と思って、その中で二社、二次面接に進むことを決めました。1つはCMもやってる、誰もが知ってる大手企業。ここは以前、コンサルティングファームで働いていた頃にお仕事をさせていただいた企業で、当時のクライアントだった専務が現社長。とても安心、且つ、やり手の企業です。もう一社は小さな日本オフィスですが、優良な米系ファンド企業で、そこのマネージャー職。

どちらも、私がやってきたバックオフィスオペレーションの体系化に興味を示してくれて、自分でもびっくりするほどトントン拍子に最終選考も受かりました。


最終的に決める時点で、大手企業の方にしました。ファンド企業はそれより給与を出してくれるとまでご提示いただいたのですが、よくよく自分の今の実力や今後のキャリアパスを考慮すると、もう少しばかり、広い場所であっちゃこっちゃの部署の方々と丁々発止することが、さらにキャリアに厚みが持てるかなぁと。もちろん福利厚生や給与体系の厚みに魅力があったのは間違いないですが。


それにしても、転職活動を本腰入れる前は、こんなにしっかりとした職を得られる自信もなく、また一から出直しかな?と考えていたのです。正直なところ。どこの会社でも、やってる割に報われないことが多く感じていて、本懐より雑多なことに悩まされることが多く、アンラッキーな経験もたくさんしてきたので、そうそう上手く人生が回ることが信じられなかったから。でも、今回の転職活動は、それなりに蓄えもあったし(でも底をつきましたよ)、今まで結構、経済的に追い詰められても何とかくぐり抜けてきた経験もあったので、とにかく納得するものにはねられるなら仕方ない、と腹くくっていましたので。

途中、軽い認知の母がどすーーーっと依存してきて、悲鳴あげたりもしましたよ。病院いって、去年もやりましたがお薬を変えてもらったり。母の介護についても、とことん考えました。出来ることとそうではないこと。このまま背負って生きていけば、もし私が高齢になって理性がなくなってきたら、息子に寄りかかることを期待してしまいそう、それはどうしても自制したい。息子はもう大学に無事受かれば、社会人への道筋も明確になり、これからどんどん手を離れ、羽ばたいていきます。私も経済的に面倒をみるのは、彼が社会人になるまで。あと数年たてば、自由になることは可能です。そこで、母の介護にどっぷりとなると、満足に働けなくなるかもしれないし、いつまで続くかもわかりません。

冷たいかもしれませんが、関係が近いだけに、どこかで線引きをしないと、どこまでも期待されるのが介護。そして、それが想像するよりも重荷になり、日々、暗澹たる気持ちでズブズブと沼に引きずりこまれます。

私にはそこまで介護に身を投じる優しさはない。


そういう気持ちを認めて、もしもの時に母を施設に入れることも考え始めたら、とても気が楽になりました。

とりあえず、すぐにでもないし、もしかしたら一緒に暮らすのかもしれませんが、そう考えることによって、すごく楽になったことだけは確かです。


新しい職場で働き始めて、いつの間にかあっという間に一カ月たちました。前の職場に比べたら格段に責任は重いのですが、煩わしい人間関係に振り回されることなく、仕事ができる環境、ポジションです。そして、明日から新しいオフィスで働くのですが、今まで働いた、面接いった会社の中で一番かっちょいいオフィス!!聞くところによると、ニューヨーク本社と同じデザインらしく。

いやーー、ハッピーだなぁ!!

人生、紆余曲折ありますが、アラフィフにしてキャリアアップすることも可能なんです。報われずに涙する日も、持って行き場のない怒りを持て余すことも、人からバカにされ謗られる日もあっても、努力が花咲く日もきます。だから、決して諦めないこと、上手くいかなかったら、違う努力をすること、一足飛びの夢を叶えようとしないこと、自分を過信しないこと、世の中は自分が知ってるより大きくてチャンスも落とし穴もたくさんあること、色んなことを知って、明日に挑みましょう、繋げましょう。

私も素敵なポジションを手に入れたからといって、どうだ!へへーんなんて思わずに、コツコツコツコツ努力を重ねます。


さてさて、プライベート。

息子は着実にコツコツと志望校に向けての勉強をしつつ、かといって、追い詰められずに、ノンシャランとしています。

ユーリカは私が無職の時は朝晩お散歩してイチャイチャするのが普通の生活になっていたので、サミシンボウになっています。

転職活動中、料理がストレス解消行為になっていました。

勝手に架空の主人を設定して、プロカノ料理としてFacebookやらにあげてます。

一昨日は、栗や鶏や野菜の炊き込みご飯、おでんの巾着は中身から手作り、鶏とレンコンのつくねバーグ、ガリシア風タコマリネ。

{D180C08B-236C-4705-B359-B7E2E8015024}


秋はお野菜が美味しいですね。しばらく週末しかろくな料理できませんが、年末まで走り抜けまーす。

ブログも前みたいに週刊ではあげられませんが、生きております。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
御縁ってすごいですね。
ブログすっかりご無沙汰で、なかなかネタがまとまらず書けないのですが。

リプログさせていただきます!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。