ゆるくないべさ Vol.2

「この道を行けばどうなるもの・・・」でもないんです。行けばわかるさ。ただのヨタ話。

NEW !
テーマ:

味の中一
札幌市東区苗穂町3丁目4番27号

飛べない小動物です。跳べない脚で走ってみます。(笑)
カゼニモマケルのが普通なのですが、今日の風爽やかで清々しいもので、ホッカイドーの夏っていいもんだわ。内地の夏はささやかな出張経験で体験したことしかありませんが、よくもまああの中で生活が成り立つもんだと驚くことしきりです。

そんなわけで、ホッカイドーの生活の中には夏でも温かい食べ物が寄り添っていてくれるのですから感謝この上なく、一人静かにラーメンです。



新聞広げた父さんが「いらっしゃい。」と歓迎してくれます。


なんですが、無駄に歳を重ねていく途中の自分のようないい加減な人生もあるのでしょうが、清潔な料理着、清潔な厨房。長く続けるにはただひたすらという部分も間違いなく必要で、天才は99%の努力と1%の閃き的な話を思い出させてくれます。


自分を含めた大体の人はただひたすらってところが足りないわけで、だからと云って存在を否定されるものではないはずです。


空を見上げれば、明日のイベントの練習のようです。
5機の飛行機が変態編隊を組んで自由に空を飛び、ある瞬間交差するのを見るに、旅客機があの距離まで接近すればニアミスで大変なことで、精神・肉体・食事・技術・教育の反復。よほどの訓練を積んでいることでしょう。



個々人の思いは色々とあるのでしょうが、某国からとある国の軍隊が撤退すると、欲深い国が覇権を試み自分のモノにしようとしています。ティルトローター機が危ないという理由で騒いでいらっしゃいますが、どんな機種であれ事故は起きているわけです。もちろん、安全で事故が無いことの方が喜ばしいのです。ただ最新鋭のティルトローター機が配備されて、不都合や危機感を感じ、気に入らないのはどこかの隣国だろうしそれに踊らされている方々も多々いらっしゃるのも事実だろうと思うのです。

そんな昭和から平成の時を超え生き続ける苗穂町に泰然自若、ぶれずにこの味を守っているところに感動せずにはいられなんです。

バンダナの兄ちゃんがラーメンを拵えていました。もしかして免許皆伝?昭和の継承者として、その時が来れば、苗穂の平和のためにいただいてあげようじゃないですか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ラーメン 東区」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

十割そば ひまわりの種
札幌市中央区北三条西26-3-6 girasole円山 1F

面白い屋号です。ハム太郎かと思った。(失礼)(;^_^A
インバウンドは減少傾向でバス会社もそれを見据えてか増車しなかったようです。異邦人に頼った経済的な意味の活性化は一時のモノで、風が吹けば桶屋が儲かる的なものだと思ってしまうんです。だからといって、内需といえば身を削り働けど、富めるのはマネーゲームに奔走する一部の方たちで、小市民たちは、自信の労働もも消費も「コスパ」化され浮かび上がる術を失っている感があります。



NETもなくケータイもなくポケベルもなかった時代があったわけで、其れは其れはいい加減な時代だったもんです。当時は、ホッカイドー時間というのがあって、要は約束の時間に遅れても当たり前。しょうがねえな。またかよ。20~30分くらいなら大目に見るか。(笑)とインベーダーゲームに興じるといった、おおらかさがあったもんです。


だからどうだということでもないのですが、インバウンドにも似たうだつの上がらないサラリーマンがふと目に入った暖簾をくぐり「ホホー、なかなかいいんでないの。」(≡^∇^≡)と思わさる蕎麦です。
地元に愛される蕎麦は間違いなく理由があり、灯台下暗し。根っこを張る。そんなところがあるわけで、金銭だけの価値観にとらわれず、幸福度といった指標を大切にし、マスコミ報道に踊らされず、本当は世界の中で十分に裕福な国の一つなのだと確かめることも、大切な事だろうと思うのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

らーめん来斗
札幌市西区八軒7条東4-4-22

でっかいどーホッカイドーの夏というのはこんな天気が良いのだと思います。夏の内地の会議のお達しを見るだけで、どうにもこうにも汗ばんでしまって思い込みというのは恐ろしいといいますか心と体は密接に関連性があるわけです。

扇風機の羽が絶賛回転中の店内。これくらいで、清々しくなれる熱いラーメンを嗜む風情というのも情緒を大切にする日本人のごくごく一部としてはうれしからずや。



なんてのか、ヒトのエゴというのはとどまることを知らず、熱いバトルをおりなす年配者同士というのはいささかみっともないもので、座布団がもらえないだろう「それじゃ野球ができない。」「どうしてですか?」「ミットもない。」というやり取りを想像してしまいます。
人はいくつになっても謙虚でいるべきなんだろうと心に刻む次第です。



ルーツといいますか遺伝も同じく、カモメはカモメ、面倒くさい60を過ぎたオッサンたち、自分は大変だ忙しいと叫ぶことが好きなアンチャン達、と和して同ぜず、しれーっと「じゃお先ー。」

人は年を重ねようと変わることが無く、屋号を変えてデビューしようと変わることなく、それをアイデンティーティーと呼ぶのかどうかは、しばらく付き合ってみないとわからない。

一番謎の多い動物は人間なんだろうと、ハシブトガラスがゴミステーションをあさりながらつぶやく夏の日です。(頭部のすぐ横を通過。怖かった。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

らー麺ふしみ  
札幌市中央区南15条西18丁目3−15

ちょいとした山登りで眼下を見れば採石場。環境保護だ何だとエアコンの利いたRC造のビルあたりで会合をしているのもなんだかなあ。という感じです。今の道路や構造物は、こういった自然にある資源を採取して成り立っているわけで、クマの棲み処がどうだとか、共生だとかを語ったところで、見えずらいところに現実ってもんがあるわけです。

そんな面倒くさいハナシは置いておいて、汗をかいたからには塩分補給が必要という現実が待ち受けているわけでラーメンです。ヾ(@^▽^@)ノ



三連休最後。そりゃ、家族みんなで食事といったら「ラーメン」という選択肢もありでしょう。
口々に「おいしいね。」。団らんにおいしいものがある。それがいいんです。



帰宅後、表に出れば、幼少の頃水鉄砲で一緒に遊んだ隣の姉妹が見事に美人へと成長されておりました。美人に挨拶されたら照れちゃうじゃないですか。(●´ω`●)ゞ

綺麗な子は大きくなっても綺麗。
うちのボンズはそれなり。(笑)
旨いラーメンは旨い。

理屈じゃないんだな。面倒くさいことを考えず思考停止も良かぁないけど、休みの日くらいお気楽がいいかもしれません。

最近は、麺ヤワメが好きです。理屈じゃないです。(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

銭函天狗山 536.7m

西に向かえば手稲山山頂は雲の中・・・。
「登らねばならん」と言い切られてもなかなかいつもというわけにも行かないので、「たまには」という枕詞でも付けといて、海の日だから海を見に行こうかとゼニテンです。

この山しばらくぶりです。どうかクマやマムシに出会いませんように。



今日は女子率高かったわけで、後ろ姿じゃガールかおばさんかわからないわけで、お先にどうぞと振り向いた姿に昔のガールだとわかってしまう始末で、流行りというものは均質化を伴うものだと思います。


そんなことはどうでもいいような良くないようなわけですが、標高こそ藻岩山並み。でも、なかなかのものです。


湿った土、急こう配、ガレ場、ロープつたい。断崖絶壁。


うーん、この岩は火成岩っぽい?ということは、いつの時代か噴火があってマグマが固まって隆起して・・・などとこの山の生い立ちに興味を持ってしまうのも、ブラタモリの見すぎかもしれません。


たまには山登りもいいもんです。


崖っぷちに立てば、今のシゴトのような感じです。落ちないようにしがみつくことも大事だということを知る瞬間もあったりするんです。(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

煮干しらぁめん なかじま
札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル 1F

ここの一杯は飲み干してしまっても良い。いやいや、飲み干さねえと如何のです。チュルンとワンタントッピング。
シアワセ。(*^▽^*)



何でも丁寧がいいわけです。
我が身を振り返れば、いい加減な事ばかりしているもんですから、当然の報いが来るというものです。(笑)



まったく関係ありませんが、リニューアルした回るお寿司屋さん。職人さんが握らなくなったのね。何処でもコストダウンの要求はとどまることを知らず、非力なパワーしか持ちえない箸で持つとことごとく握りが崩れてしまうんです。頑張れすし飯握りロボちゃん。


おいしい一杯のラーメンを作るのは大変なんだろうなぁ・・・。いやいや、回るお寿司屋さんだって頑張っているんです。ただ目指しているところが違うだけです。

おいしいラーメン。おいしい炙りエンガワ(今日一番旨かったお皿)。

我が身と世の移ろいを知るには、ゆっくりとした日もいいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

餃子茶屋 あおぞら銭函3丁め
小樽市銭函3丁目509−6

まったく関係ありませんが、どでかい自治体東京の知事選挙にドクター中松が出ていないのがきになってしょうがない。そんなモヤモヤした気持ちを忘れさせてくれるような好天です。



お天道様も罪なことをしてくれるもので、「週末はほとんど雨。」の法則、だったわけで、山登りに向かい移動中、少々仕事の野暮用で呼び出され、山を諦め。挫けず自転車と洒落込もうじゃありませんか。程々の距離のところにでかくておいしい餃子。

ありきたりですが、モチモチッとした厚めの皮。ヤサイニンニクたっぷりでジューシーな餡。上手に焼くもんです。



お爺さんもおばあさんも、アンチャンもネエチャンも皆が好きなジャンボ餃子。(=⌒▽⌒=)
わざわざ自転車にのって行くオッサンも好きです。≧(´▽`)≦



走行65㌔。腕も脚もヒリヒリどころじゃなく、ビリビリしてきやがりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シャカリキ
札幌市豊平区平岸2条3-2-22

サバイバルというものは時代背景が違ったりするわけで、なぜかあちこで火山が噴火して恐竜が闊歩する時代を描いたマンガもあったりしますが、石のお金と物々交換の時代はもはや終わり、「金」と「銀」のレートの違いを上手い事利用されてこの国から持っていかれちまったということを嘆いてみてもしょうがないわけで、結局は私利私欲といっった価値観が世界を席巻し、隣国が覇権主義を増長させようと、「話し合うぞ!」という手段しか持たないことに賛否両論があることもしってはいるのですが、あっちも大変。こっちも大変で、このホッカイドーは公共事業で生きているという現実を認めざるを得ない今日この頃です。

もちろん「経済成長:GDP。」が右肩上がりが悪いということはないのですが、違う指標で推し量ることもありなんだと思う今日この頃で、あずましくない事の多さといったら・・・。

そうはいっても、あずましき世界がヒラギシにはあったりします。



まあ異論を承知で、たくさんが欲しいわけではないので、こんな小さなシアワセがたくさんあるといいんです。


交差点で横に並ぶレクサス。ポルシェ。
まさに走る住宅ローン。(風呂・トイレなし)(笑)

価値観の数は人の数だけあるんでしょう。それでいいです。

洗剤主体のネットワークビジネスやら、ハナシに乗らなけりゃ「夢が無いな・・・。」と蔑まれることなんぞ大きなお世話で、いまだにそんなことやってるのか?昭和で終わったのかと思っていた。(笑)

まあまあ、人口減少という中で消費の減少。それでも「そんなことはない。やればできる。」的に抗う事を求められる。欲が渦巻くこの世の中で、成長があれば衰退がある。山に上りきったら下ることしかできない。

上りも下りもなく、いつでもただそこにある。そんな一杯こそ大切な価値観なんだと思っちゃったりする、『麺スクナメ。ニンニクスクナメ。ヤサイスクナメ。』
この日、凹んだ価値観しか持ちえないオッサンにとって、なまらいい塩梅であったのはいうまでもないんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そば畑
札幌市南区川沿1条3丁目9-51

ラベンダーが咲き誇り夏を謳歌する季節です。歳を重ねればそれなりに丸くなり声を荒げることもないんだろうな・・・と思いきや、まあ・・・朝からサファリパークで、いったい、どうしたもんじゃろのう。声を荒げた年配者の主張。後から聞いてみるとたいした事でもなく、まあまあ。・・・
きっと、みんないくつになっても認めてほしいんだろうなぁ。コドモかよ。(´・ω・`)

そんなわけで、自分的に「旨い。」と認めてしまっちゃう蕎麦との出会いは清々しいものです。



それもこれも、半年くらい通っている歯医者さんのおかげです。
外側はピンとカドが立ち、プリッと良ーく締められた蕎麦の食感。でもちゃんと中まで火が通っている。噛みしめれば、口に広がる蕎麦の香り。
しっかりと噛むことができて良かった。o(^▽^)o



「自分が、自分が・・・。」と頑張らなくとも、実直にやっていれば花が咲く時もある。でも、いずれは枯れる。


あと20~30年くらいしか生きていないんだから、丸くおおらかに人生を謳歌できないものかな。ま、人間模様も勉強になりますが。

もちろん、今日の蕎麦はなまら勉強になりました。蕎麦の出来。つけ汁の味の濃さ。仕立て方。
他のテーブルのお客さんにサーブされたかき揚げ食いたいっす。

街に向かう河川敷の通りで左側に見える大友運送の看板の文字が沁みる夜です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

羅阿麺館
苫小牧市有明町2-7-1

とりあえず選挙が終わり、にわか政治評論家が聞いた事がある持論を展開するのかと思えば、今度は一都一道二府四十三県の一番人口の多いところの首長に、「元」行政を司った方や、何度も美しい女性を奥様にしていらっしゃるタレントさんが立候補するとかしないとかにぎやかなもので「まつりごと」そのものなんだろうと思うわけです。



いつの世の中でも転換点というのか曲がり角はあるもので、「曲がった事のない街角を曲がれば、それはもう旅なんですね」というのはけだし名言で人も自治体もこの国も旅の途中なんでしょう。


旅の途中で「先に食券を・・・」と言われて、券売機を目視で探せどそこにあるのは、母さんの笑顔で・・・人券売機です。労働を機械に委ねていないところは、雇用を生み出しているわけで其れは其れでいいことです。(笑)

やたらと元気な厨房。古式ゆかしい野菜の甘み。程よい加減のモヤシの炒め具合。きっとこの系譜は時代の変遷の中でビミョーにシュート回転をしつつも緩やかなカーブを描き、時代に合わせた変化をしながら生き続けてきたしこれからも生きていくんだろうと思います。

急な曲がり角よりも、緩やかに変化していく。知らぬ間にそれを受け入れる。それもいいのかもしれません。何でも「急」な変化や行いは軋轢を生むものだと思うんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。