naoちゃんの人生劇場

2009年に上咽頭癌を患い復活しました。
夫サカナ君、高1の一人娘ポル子、そして長男ネ コの「こめたん」の3+1家族です。
新しい命をもらって一皮剥けたnaoちゃんが、
脈絡のない色んなことを赤裸々につぶやく第二章。


テーマ:
こんにちは
1年ぶりのブログです。


この1年綴る事をやめてみるといかにブログに囚われていたかと思い知る反面、無性に書きたくなる時もしばしばありました。


さて、生きてる証しとて1年に一度くらいは書くかもしれないとつぶやいた通りちょっとだけ戻ってきました。



ちゃんと…生きてますよ。



上咽頭癌患者さんの生きる希望のために始めたブログですので、まずは体の事からお話しします。



唾液は、回復しない回復しないと言い続けて8年経ちました。しかし、最近気がついたのです。食事が上手く喉を通らないのは唾液が出ないせいではなく、喉の機能が悪いせいなのだと。唾液はそこそこ少ないながらも出ているようなのです。なのに何故それを実感できないのかと言えば 嚥下が上手くできなくなっている「嚥下障害」だからなのでした。唾液に期待しても仕方がありません。これは一生治る事のない後遺症と諦めました。
それでも唾液は普通の人に比べれば少量。歯医者通いが続いています。一つ治したらまた次に悪いところが出てきます。


今は冬真っ盛り。喉に過酷な日々なのは変わりません。頻度は少なくなったものの喉から痰と一緒にゴロンと塊(要は鼻ク○なんだまって)が出る季節です。
一方、季節を問わないのは鼻水。常に鼻水が出口で待機してますし、食事をすればツーっと出てきてしまいます。答えるのも面倒なくらい「風邪ですか?」と聞かれます。ニコっと「いつもですー」と返します。


耳も相変わらず。右の耳が耳管開放症?のようですが開放というよりはパタっと閉じられてる感覚です。自分の声はもちろん、ヒューヒューとした息遣いや心臓の鼓動が頭蓋骨の中で共鳴しているような自声強調という状態がかなりの頻度で現れます。人との会話は左耳に手をかざして老人のように聞き返しています。
娘の付き添いがあれば開き直っていつも通訳をしてもらいます。


それ以外は体調はすこぶる良く、発熱や風邪なども無く健康体と言えると思います。


薄毛の悩みも随分と解消してきました。
たんぱく質を積極的に摂取し、頭皮をマッサージすることによって最悪のあの頃からは脱したのではないでしょうか。それでも一本一本が細くかなりボリュームがなく貧弱なのは変わりません。



実は昨年末に左の顎の骨の内側に小さなしこりが触れてMRIを受けました。
念のためにです。
結果、顎下腺が腫れているだけではないかと特別、問題は無さそうでした。今も尚しこりが触れます。なんか大きくなってる錯覚にも襲われます。しばらく様子を見てまた動きたいと思います。
こうした心配は尽きないです。その都度疑問は調べて消していくしかないですね。


フラも最低週3日はレッスンしています。
昨年は家庭でも色々とありすぎな1年でした。ただ、やはりフラのレッスンをしている時だけは不思議と頭の中から面倒なことが消えてなくなります。
そうしてあたしはまた立ち直る事ができるのです。


年末は実家へ娘と帰省してきました。昨年の初夏に会った時よりも父の認知症が急激に進んでいました。
ハグしたくても怒りっぽく手を払うようにする事が多く、何とも悲しい帰省でした。
元気な母も80歳前になり確実に老いています。別れる時には涙が出てしまう母。遠くから母の愚痴を聞きストレス解消を助けることしかできません。

現実の介護を目の当たりにして、今のあたしには母のように夫の介護なんてとてもじゃないけどできるとは思えません。


サカナ君は言います。
「俺が病気になったら殺していいから」と。


幾ら体に良い食事を提供しても、夜中に構わずお菓子をいつも食べる人、タバコも止める気のない人が何を言ってるのか腹も立つってもんです。
殺していいって、あたしはどうしてあなたのために犯罪者にならなくてはいけないのでしょうか。それよりも病気にならないように努力すべきではないでしょうか。


おっと、新年に誓った今年の目標は
『夫の愚痴をヨソで言わない』でした。


娘は今年の春から高校三年生になります。大学受験が待っています。
またまたしんどい一年になりそうです。






AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。