孫の代まで豊かにする資産づくりと相続のハナシ。

私たちは、長生きリスクにさらされています。
ゆとりある老後を過ごし、孫の代まで「円」と「縁」をつないでいくためのプランを考えるブログです。


テーマ:

ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

 矢印矢印




vol.244


このブログにお越しいただいた
あなたに心から感謝します 



「お金の不安」「相続のリスク」
から家族を守る

相続アドバイザー
マネーバランスドクターR

ナウこと今井絵美です


「相続」というと、

遺産をどう分けるか

とか

相続税をどうするか

ということに関心が向きがち
ですが


実は地味に負担が大きく
相続人を振り回すのが


財産調査や相続手続


相続が発生して
どう分けるか話し合おうにも


どんな財産が
どれくらいあるのか分からない


ということはよくあります。


それでは分割協議は
できません。


そこで財産調査の
必要がでてくるのです。


相続人であれば


銀行などの金融機関で
残高情報や取引履歴を取り寄せたり


役場で不動産の課税台帳を
取り寄せたりすることができます。


ただこの作業、言うのは簡単ですが
実際は骨の折れる作業なんです。


なぜなら、銀行も役場もフラっと
相続人が窓口に行って

「○○を出してください」

「はい、どうぞ」


というわけには行かないからです。


どうなるかというと…



「被相続人様がお亡くなりになった
 ことがわかる除票か除籍、
 被相続人様が生まれてから亡くなるまでの  
 戸籍・除籍謄本、お客様と被相続人様の
 関係が分かる戸籍、お客様の印鑑証明
 をご準備ください。さらに…」


といったことを言われるのです。


「そうか…結構面倒なんだな。」



と思いつつ、平日にしか役場は
あいてないので、会社を1日休んで
いろいろと書類を取り揃えました。


そして、先日の銀行で無事に
残高照会などの書類を出してもらうことが
できたのです。
めでたしめでたし…♪


ではありません。



亡くなった方の取引銀行は
あと3つ。
他にも投資信託もあります。


そして
不動産も役場に照会をかけてみないと
分かりません。


何か窓口で照会手続きをするたびに

・被相続人が亡くなったこと
・自分と被相続人との関係
・法定相続人が誰なのか(手続きによっては不要)

これらを証明するための
膨大な戸籍を提出しなくては
いけないのが現状です。


これでは手間も費用も
かなりかかります。


「コピーじゃだめなの?」



と思う方もいるでしょうが
戸籍類は原則は原本提出が必要と
考えてください。


一部窓口では、原本を提示した上で
写しを提出することで、
原本を持ち帰ることができる場合も
あります。


ただし郵送でのやりとりだと
一度は原本を送る必要がでてきます。

もし、戸籍を1セットだけで進めるなら
その原本が手元に戻ってくるまでの
10日~2週間、
他の手続きは進みません。



「最初から戸籍をたくさんとって
 おけばいいのでは?」


という疑問もあると
思いますが、戸籍なら1通450円、
除籍なら750円。
(+定額小為替1枚につき100円)


亡くなった方の生まれてから亡くなるまで
の戸籍・除籍が何通になるかは
人によってことなりますが、5~6種類という
ことはざらにあります。


自分の戸籍や住民票、印鑑証明なども
あわせると、1セットで5000円くらい
かかることも珍しいことではないのです。


あまり気軽に何セットも取り寄せたくは
ない金額ですよね…。


しかも最終的に
何の書類が何通必要になるのか、
最初に取り寄せる段階で正確に予測するのは
困難です。


しかし、ご安心ください。



そんな窓口で一回一回
相続関係を証明する手間を省ける新しい
制度が始まります。



それが


法定相続情報証明制度



です。



大まかな流れはこんな感じです。

被相続人の生まれてから亡くなるまでの
 戸籍を一度集める

法定相続情報の一覧図を作成する
 (自分で作成するか専門家に依頼)

↓↓こんな感じものを作成します。




法務局の登記官が内容確認して
 法定相続情報の証明書類を発行

↓↓で作成したものをベースに証明書が作成されます




この法定相続情報の証明書は何通でも
無料で発行してもらえるとのこと。


これがあれば、窓口毎に一から
法定相続情報の証明をしなくても
よい、ということになるようです。」


最初にちょっとがんばれば
あとが楽、という感じですね。


この新しい制度は
5月29日(月)からスタート
します。


新しい制度をうまく活用して
相続手続にかかる負担を軽減させましょう


よく分からないという方はお気軽に
相続アドバイザーナウまでお問合せくださいね。



家計のこと、相続のこと
「まだ早い」ではなく

元気な「今(ナウ)」こそ
あなたに必要な準備を始めませんか


最初の一歩はぜひナウにご相談くださいね

ちょっと聞いてみたい・・・という方は、



★今日のまとめ
●法定相続関係証明制度をうまく活用できれば相続手続の負担は軽減する


ほいじゃ今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。
先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

    矢印矢印
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

 矢印矢印




vol.251


このブログにお越しいただいた
あなたに心から感謝します 



「お金の不安」「相続のリスク」
から家族を守る

相続アドバイザー
マネーバランスドクターR

ナウこと今井絵美です


WBCが終わりましたね・・・


躍進を続けていた侍ジャパンにとっては
悔しい結果となりましたが

手に汗握ってテレビの前で
応援するのが楽しかったです


野球といえば,名将野村克也監督の
名言で好きな言葉があります。



「勝ちに不思議な勝ちあり
 負けに不思議な負けなし」



勝った試合の中には
負ける要素があったけども
運がよくて勝てた,
という試合がある。

 
 「いや~あれでよくも勝てたもんだ」
 

という試合ですね。
 
一方
負けた試合の中には
運が悪くて負けた
という試合はない。


そこには運などではない
負けた原因が明確に存在する。


さらにいえば
勝ったからといってもその内容
すべて正しいということは
ありえない。
そこには負けに繋がる要素が
必ず存在する

 
負けた原因に向き合って改善する

勝っても慢心せず改善点を見つけ出す
 

その姿勢が,次の「勝ち」に繋がる
という教訓です。

 
この教訓は野球だけに限った
話ではないですね。



家計の話に勝ち負けはないですが
失敗(=しくじり)から学ぶ
という姿勢は同じです。


また
今まで何とかなったからといって
これまでのやり方すべてが正しい
というわけではありません。



ただし
自分の体験から学ぶにも
限界があります。
だってそんなにしくじってばかり
の人もいませんよね。


そのときに役に立つのが
他人のしくじり体験です。


あなたが今悩んでいることは
100%過去に同じように
悩んでいた
方がいます。


その人がどう乗り越えたのか

又は

その悩みを放置した人は
どうなってしまったのか


それを知ることが改善の
近道だと思いませんか



では,他人のしくじり情報は
誰がもっているのでしょう



それは
その分野のプロ
決まっています。



マネーバランスクリニック®では
1000組以上のご家庭の
家計決算をした経験から
たくさんの生きた事例
もっています。



また,私自身は
法律事務所で12年勤めた経験から
多重債務に苦しんだ方の
自己破産や
債務整理
100件以上担当しました。



負けに不思議な負けなし。


家計のしくじりには
必ず
その結果に至った
原因があります。



それを解決できるのは
たくさんのしくじり事例を
知っている家計のプロ
です。



ぜひ自分一人で抱え込まずに
マネーバランスドクター®ナウに
ご相談くださいね。



ちなみにしくじりといえば
4月からこんな連続講座を
受け持たせていただきます。


「しくじり事例から学ぶ相続対策」(全6回)



私自身も相続アドバイザーとして
500件近くのご相談をうける中で
しくじり事例に触れてきました。


その中から,多くの方の教訓となるような
事例をピックアップして
余すところなくお伝えします。



6回講座の構成は以下の通りです。


4月 きほんの「き」を知らないしくじり相続
5月 遺言書を巡るしくじり相続
6月 実家の不動産を巡るしくじり相続
7月 認知症・介護を巡るしくじり相続
8月 離婚・再婚・養子縁組がもたらすしくじり相続
9月 借金と生命保険がからむしくじり相続


6回講座のお申込はコチラから↓



家計のこと、相続のこと
「まだ早い」ではなく

元気な「今(ナウ)」こそ
あなたに必要な準備を始めませんか


最初の一歩はぜひナウにご相談くださいね

ちょっと聞いてみたい・・・という方は、



★今日のまとめ
●他人のしくじり体験を知ることは改善の近道
●しくじり情報を持っているのはその道のプロ


ほいじゃ今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。
先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

    矢印矢印
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

 矢印矢印




vol.250


このブログにお越しいただいた
あなたに心から感謝します 



「お金の不安」「相続のリスク」
から家族を守る

相続アドバイザー
マネーバランスドクターR

ナウこと今井絵美です


2月5日(日)に
に挑戦しました。




ハーフマラソンの走行距離は

21.0975㎞


走ったことのない人には
途方もなく長い距離に感じるかも
しれませんね。


私は目標タイムを設定していました。

それは

2時間以内

でした。


しかし,当然ながら
目標と立てただけでは
達成されるはずもありません。


21㎞を2時間で走るためには
1㎞を5分30~40秒で走る
必要があります。


しかも,5分30秒で1㎞だけ走る・・・
なら簡単かもしれませんが,
それを21㎞

続けられる

ことが必須です。


または,余力のあるときには
1㎞5分,後半は1㎞6分・・・
というペース配分が有効な方も
いるでしょう。


そして,ペース配分を決めたら
そのペースを守れるように
トレーニングをして

本番では1㎞ごとに
タイムを検証していきます。

そうすることで

「予定通りのペースだな」

とか

「少しペースが落ちてきてる
 からもう少し上げていこう」

など

微調整ができるのです。


仮に

スタートのときに時計を見て
次に時計を見るのは
ゴールのとき

としたら
目標を達成する可能性は
高いでしょうか,低いでしょうか。


また,スタートしてから
タイムを確認したのが
残り3㎞のとき・・・

という場合,
調整が簡単でしょうか
難しいでしょうか。


これを家計に置き換えて
考えてみましょう。


ハーフマラソンは誰にとっても
ゴールは

21.0975㎞


ですが,


家計マラソンのゴールは
一人一人違います。


そして年齢が違えば
ゴールにたどり着くためのペース配分
が変わってきます。


65歳定年退職後,
年収300万円の生活をする

というゴールを仮に設定し

そのために
65歳までのあと30年かけて
3000万円の資産を作る,

と目標を決めたとします。

ゴールと目標が定まったら
終わり・・・ではありませんでしたね。

そこから逆算して
毎年の貯蓄計画・運用計画
を作成し(ライフプランニング)


毎年確認する(家計決算)


一年に1回
家計の決算を行うから


「あ,計画よりも使ってしまって
 予定していた積立ができなかった・・・
 来年は支出を少し控えよう」

と微調整ができたり,

「計画よりも蓄えができた。
 決算賞与ということで
 安心して家族旅行に行こう」

と安心してお金を使う
ことができます。


安心の老後,ゆとりの老後の
ためには,

ゴール
(どんな老後を迎えたい?)

目標
(そのためにいつまでにいくら必要?)

家計決算
(ちゃんと実行できてる?)


この3つがそろって
初めて達成できます。


実際のマラソンも,
家計マラソンも,一朝一夕で
劇的な成果を生むものはありません。

日々の小さな一歩を
コツコツ積み重ねることが
大切です。

コツコツが勝つコツ!


ちなみに私のマラソンの結果が
どうだったかというと・・・


2時間9分・・・


惜しくも(ないですが)
目標達成ならず。

日々のトレーニング(備え)
が今一歩足りませんでした。

次の大会でリベンジです。


人生には「次の大会」はありません。
さて,あなたはどうしますか?


今日はこのへんで。



家計のこと、相続のこと
「まだ早い」ではなく

元気な「今(ナウ)」こそ
あなたに必要な準備を始めませんか


最初の一歩はぜひナウにご相談くださいね

ちょっと聞いてみたい・・・という方は、



★今日のまとめ
●安心・ゆとりの老後を迎えるには
 ①ゴール ②目標 ③家計決算


ほいじゃ今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。
先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

    矢印矢印
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

 矢印矢印




vol.249


このブログにお越しいただいた
あなたに心から感謝します 



「お金の不安」「相続のリスク」
から家族を守る

相続アドバイザー
マネーバランスドクターR

ナウこと今井絵美です


昨日に引き続き相続の
裁判手続きに関するお話。


相続に関連する裁判手続きには

・遺産分割調停

・相続放棄

・限定承認

・相続財産管理人選任

などがあります。


これらの申立てを行う
裁判所はどこでもよい
わけではありません。


基本的には被相続人(亡くなった方)

最後の住所地を管轄する
家庭裁判所

に申立てる必要があります。


例えば
広島市でお亡くなりになった
方の相続に関する裁判手続きは
広島家庭裁判所
といった具合です。



管轄の裁判所が
県外など遠隔地となると
裁判手続きは一層大変です。


専門家のサポートを受ける場合、
裁判所がある現地の専門家を
探すべきか
自分の最寄りの専門家に頼む
べきか悩まれる方が多いです。


遺産分割調停で
弁護士に依頼した場合、

調停に弁護士も出廷して
もらうことになるので
自分の最寄りの弁護士だと
期日のたびに日当が発生して
弁護士費用が高くなる可能性が
あります。


ただし、遠方の場合は
電話での調停進行が認められる
場合があるので
そうなると
大幅に日当の負担が
増えることはありません。
(数回は出廷の必要があるので
 ゼロにはなりませんが)


調停の前提として
財産調査(預金残高の照会、不動産の照会)
などを依頼したい場合は
現地の専門家のほうがたくさんの
情報をもっていますし
窓口へのフットワークが軽い分
スピードの速さも期待できます。


現地の専門家か最寄りの専門家か

の判断は
一つの答えがあるわけではなく
ケースバイケースで
判断する必要があります。


ナウはその判断のお手伝い
はもちろんのこと、
相続アドバイザーの全国ネットワーク
を生かして
全国各地の専門家をコーディネート
することができます。


困ったときはぜひご相談くださいね。



家計のこと、相続のこと
「まだ早い」ではなく

元気な「今(ナウ)」こそ
あなたに必要な準備を始めませんか


最初の一歩はぜひナウにご相談くださいね

ちょっと聞いてみたい・・・という方は、



★今日のまとめ
●遠隔地の相続手続きでの専門家選びは手続きの種類、日当などの費用、地の利の有無などを考慮して総合的に判断する


ほいじゃ今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。
先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

    矢印矢印
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログランキングに参加中。

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆

 矢印矢印




vol.248


このブログにお越しいただいた
あなたに心から感謝します 



「お金の不安」「相続のリスク」
から家族を守る

相続アドバイザー
マネーバランスドクターR

ナウこと今井絵美です




例えば、

「相続放棄をしたい」

という方は
最寄りの家庭裁判所に
電話で問い合わせれば


一般的な制度案内や
手続きの流れは
教えてくれます。


窓口に行けば
必要な書式をもらえたり
書類の書き方をアドバイス
してもらえたりします。

裁判所・担当者により
若干の差はあるかも
しれませんが…)



しかし


「自分は
相続放棄をしたほうが
 いいのか」


という質問には
おそらく答えてもらえません。


「弁護士に相談してください」


とアドバイスされるでしょう。


相続放棄したほうがいいのか

というのは
最終的には自分の判断です。

それを判断するための材料が
弁護士などの法的アドバイスです。


裁判所窓口は
法律相談を
する
場所ではありません。


裁判「官」は、裁判において
判決を下しますが


一般の問い合わせなどに
直接対応することは一切ありません。



・遺産分割調停がしたい

・相続放棄がしたい

・限定承認がしたい


など手続きの方針が
固まっている方で


・自分でする時間がある

・専門家費用をかけたくない


という方は
裁判所に問い合わせる
のがよいでしょう。


逆に

・何をどうしてよいのか
 分からない

・どの手続きをとるべきか
 悩んでいる

・裁判所に問い合わせたが
 よくわからなかった


という方は弁護士等の
専門家に相談する必要があります。


弁護士「等」と書いたのは
相続がかかわる分野は多岐に
わたるので

あなたの抱える悩みを相談
する相手が弁護士の一択では
決してないからです。


税理士かもしれないし

司法書士かもしれないし

不動産のプロかもしれなし

生命保険のプロかもしれない


しかも相談すべき
専門家の種類がわかっても
その中で一般の方が

「相続に本当に強い人」

を探すのは至難の技です。


そんなときは
まずナウにご相談を
いただければ

あなたの問題の全体像を
把握した上で

あなたに必要な専門家を

広島において相続各分野の
プロフェッショナルの中から
コーディネートします。


紹介をして終わり、
のコーディネートではなく
問題解決まであなたに一番
近いところでサポートします。



家計のこと、相続のこと
「まだ早い」ではなく

元気な「今(ナウ)」こそ
あなたに必要な準備を始めませんか


最初の一歩はぜひナウにご相談くださいね

ちょっと聞いてみたい・・・という方は、



★今日のまとめ
●裁判所は法律相談をするところじゃない。


ほいじゃ今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。
先ほど押し忘れた方は

こちらからお願いしますsao☆

    矢印矢印
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。