1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-13 20:26:19

地震からもうすぐ3ヶ月

テーマ:熊本地震
当時の話は、少し休憩。


あれから3ヶ月近く。


余震もだいぶ少なくなり
ぱっと見、熊本は地震前と代わり無いように
なりました。

Yahoo!ニュースでも
地震の話題は、ほとんど見かけません。

だけど、一番被害があった益城町や阿蘇は
手付かずな状態です。

熊本市も、まだまだ
ブルーシートの家は沢山あるし、
ブロック塀が倒れたままがほとんど。

避難所生活の人も沢山います。


どうか、忘れないでほしい。
まだまだ大変な方が沢山います。

そして、復興支援で県外から
来て頂いている方、
本当にありがとう。

復興支援と書かれた県外ナンバーの
車を見ると
涙がでます。

神戸の支援車両に横断幕がありました。



「あの時はありがとう」



頑張れ熊本ではなく
あの時はありがとう。


涙が止まりませんでした。


こちらが「ありがとう」なのに。


本当にありがとう。




さて、近況。

娘は毎日元気に高校生活を楽しんでいます。
‥のように見えますが
心はまだまだ傷ついていると思います。

夜は私と一緒にリビングのソファーで
寝ています。
余震があると、すぐ起きて
いつでも避難できるように
靴下を履いて、スマホを充電して、
再び眠ります。

私は、
どうにかこうにか仕事に行ってますが
毎日の小さい日常が、全てが
戦いです。

PTSDになってしまったようで
カウンセリングを受けさせられましたが
正直、私は
カウンセリングとかが苦手で
「知り合いでもない貴方に何が分かる」
って思ってしまう(-∀-`; )

精神科受診を勧められてますが
拒否してる最中です。


あの熊本城だって、ぼろぼろでも
崩れず踏ん張ってる。

あの姿は、何よりも熊本人の心の支えだと
思う。


熊本人は、地震に負けん。

どんなに傷ついても
絶対に倒れない。


私も負けない。


自分で、必ず元に戻るから。うん。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-05 15:13:42

本震

テーマ:熊本地震
眠りについてすぐ。


1時すぎ。





例えようの無い轟音とともに
激しく家が歪みました。


ソファーの上にいる娘は
激しい揺れで
どんどん移動してしまう。


娘に覆い被さり
大丈夫だけんね、
収まったらすぐ避難所行くからね

必死で被さるものの
色んなものが
直撃してしまう。


娘の足に
鈍い音。


棚が直撃。


私の背中にも
神棚のものがガツンガツン落ちてくる。


昨日、父親が固定した食器棚は
再び倒れ
大きな音を立てる。


付けっぱなしの電気が
全て消えた。



大きな揺れが
収まった。



娘に、
避難所行こうか、
と声をかけると
何も言わず、頷いた。



家族の安否を確認し
準備していた持ち出し袋と
毛布を持って
娘の手を握り
家を出た。


娘は、何もしゃべらなくなった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 17:14:33

地震後家に戻る

テーマ:熊本地震
配給されたご飯を有り難く頂き、
一時間位横になり仮眠。

とはいえ、数分おきに余震で
飛び起き。

それでも一睡もしてなかったので
だいぶ楽になり
家に戻りました。

とりあえず、リビングとキッチンは
両親が片付けを終わらせてくれていて
床一面にあった割れ物は無くなっていました。
倒れた食器棚はガラスが割れてたので
ガラスを外し、プラスチック?みたいな板を貼り
修理し、倒れないように天井と壁に
釘で打ち付けてあり
「これでもう大丈夫だけんな、がははは」
父親は大満足。

ダイニングテーブルも脚が折れていたのを
接ぎ木みたいなので修理。


ただ二階の私達の部屋は
まだ手付かず。
恐る恐る二階に上がってみると、
棚は全て倒れ、蛍光灯も割れて
片付けるにはまだまだ大変そう。

私はまだ二階にいるだけで怖かったので
しばらくは二階は放置することに。

ひとまず明るい内にお風呂。

と言っても、ガスが止まってたので
水で頭を洗い、水でざっと身体を洗いました。
真冬じゃなくて良かった。

そして、非常用持ち出し袋の準備。


もう今さら持ち出し袋を準備しても
しょうがないかなと思いながらも
安心感を求めて。

とりあえず2~3日分の着替えや、
タオル、ごみ袋、目についたものを
旅行用バッグに詰め込みました。
近くのコンビニが営業してたので
買い出し。

とはいえ、店内はほぼ空っぽ。
食べ物や水はほぼありません。
とりあえず、残っていたお菓子やジュース、
レトルト食品を買い、
急いで家に。

娘と私は、しばらくは
リビングで寝ることに。

夕方につれて、恐怖でいっぱい。
だけど、大丈夫大丈夫と
自分と娘に言い聞かせながら
二人で、抱きつきながら過ごしました。
いつでも、外にいけるようパジャマじやなく
普段の格好で。

夜になると娘が楽しみにしていた映画が
始まり、録画をしながら観賞。

ちなみにコナン。

コナンを観てる間も地震速報は何度も流れ、
娘は文句ブツブツ。
せっかく録画してるのに、
地震の字幕が入る‼(`Δ´)
って。

ま、しょうがないよ。

なんて会話しながら
ソファーでうつらうつら。

コナンが終わったけど、
電気とテレビは着けたまま就寝。


明るいままでなかなか寝付けなかったけど
12時過ぎには娘の寝息が
聞こえ始め、
私もいつの間にか眠っていました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。