お花とはなそう

花に関する色んな話です。主に花卉流通に関する内容が多いかもしれません。

今までこのブログでは私がどこの誰なのか告知していませんでしたが、そろそろオープンに致します。ご興味のある方は当店のホームページをご覧ください。  フルーロン花佳のページ!


テーマ:

おはようございます。

 

またまた久しぶりのブログ更新。

 

今日の札幌はとっても暖かく、昨日から蝉も泣き始めました。

 

母の日も無事に終わり、チョット一息つけるこの時期ですが、時間のある今しかできない事が沢山あり、日々本当に忙しい日が続いています。

 

そんな中、数日前にショッキングな連絡がありました。

 

予想はしていましたが、まさか本当に連絡が来るとは・・・。(^^ゞ

 

組織って怖いですね。まさか本当に予想通りになるとは・・・・。

 

いずれお話が出来る日が来るかもしれませんが、今はまだ怖いのでやめときます。(笑)

 

さてお話を戻しますが、今しかできない事の一つに、先月急に調子が悪くなった私の大切な仕事道具、東芝ダイナブックR631ですが、電源を入れたとたんシャットダウンしてしまう現象が多発していました。ところがコンセントをつないだままだと問題なく使える。でもこれじゃ、モバイルノートの意味がありません。

 

 

画面表示を見て原因が分かりました。バッテリーの寿命です。

 

そこでバッテリーの交換をすることに。

 

ウルトラブックに限らず、最近のモバイルPCは本体の中にバッテリーが内蔵されていて、簡単には交換できません。なので、通常はメーカーにお願いするのですが、価格がそれなりにします。

 

以前からSSDの容量も少なくてちょっと不満だったので、どうせ自分で中を開くのであればサポートを受けられなくなるし、SSDも容量の大きいものに変えちゃえ! ってことで、同時に作業することにしました。

 

作業の必需品。ルーペ(老眼鏡よりもアップで見られる優れもの)、絶縁手袋、工具などなど。

 

まずは裏のネジを外しますが、真ん中のネジだけが特殊なネジになっています。

 

 

このパッキンを外すと

 

 

こんな六角形のネジです。特殊な工具が必要。

 

 

ネジは3種類あるので、ちゃんと外したところのネジが分かるように分別してネジを保管する。

 

 

外すとこんな感じ。

黒くて大きな部分がバッテリー。昔(20年くらい前)にリブレット20と言うモバイルPCを分解したときは、ハンダ付けでクロックアップしたり、小銭をCPUに張り付けて冷やす工夫したりしたものですが、今回は性能的に十分満足しているで当初の目的通り、バッテリーとSSDを交換します。

 

 

ウルトラブックのSSDは通常のSSDと違い、かなり小さいです。一番右が今回交換するmSSD。かなり小さいのがわかると思います。今までは128GBでしたが、これを512GBに変更します。

 

 

シリアル隠しても意味ないですが・・。(;´Д`)

これが今までついていた東芝のmSSD。

 

 

このネジ2本を外すと簡単に外れます。

 

 

こんな感じに浮き上がってくるんですね。慎重に外して新しい物と交換します。

 

 

これで完了。

 

 

次にバッテリー交換。

 

 

とこうなります。滅多に開かないので軽くほこりなどをクリーニング。とおもったけど、予想以上に綺麗でした。

 

 

無事新しバッテリーも装着完了。ここまでの時間は10分くらい。

実はここからがちょっと大変。ケースを元に戻すのですが、メチャクチャ薄くできているので慎重にやらないと割れます。

それも無事に終わり、作業はすべて終了。

 

 

取り外したmSSDはもったいなので、しばらくは念のためにバックアップとしてそのまま置いておきますが、その後はこうしたアダプターを利用して通常のSSDとして使います。

 

 

見た目は小さいけど、コネクターはちゃんとSSDです。 なんか色々と使えそう。(^^ゞ

 

 

事前に作っておいたブートUSBを使ってOSのリカバリーをして終了。

 

購入したときと同じ状態でSSDの容量は4倍。バッテリーも新品に。

あとは必要なソフトを入れてすべて完了予定。

 

作業自体は20分くらいで終わったのでメチャクチャ簡単でした。

 

さて、今日は娘の引っ越し第一弾。千歳まで行ってきます。

 

やらなやらなくちゃいけないスケジュールはまだまだ続きます。(^^ゞ

 

ではまた。

AD
いいね!(26)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月21日に東京で開催されるお花の国際セミナーのテーマは

 

即!役立つ花き日持ち性向上対策の最新技術とは?
~切り花、鉢物の品質管理の先端技術をオランダのプロに学ぶ!~

と題して開催される。

なんとこのセミナーは無料

ただし、先着100名なので、早めの申し込みをお薦めします。

もちろん僕も参加します。

オランダでのお花の品質管理はどのように行っているのか?

また、最新の品質向上テクニックとはどんな物なのか?非常に興味があります。

 

申し込みはこちらのホームページからできます。

http://www.jfma.net/topics/internationalseminar20160621

 

あっ、それとなく僕の名前もありますが、気にしないでください。(^^ゞ

今回はオランダの先端技術を学ぶセミナーですので・・。

 

私が話す内容は日本の花店がどんな水揚げをして、どのような管理をしているのか?と言うのを、当店の日頃の作業内容を事例として報告させて頂きます。

 

とは言え、一応、日本代表としてお話しさせて頂きますので、日本国内としてはおそらく最新の品質管理方法ではないか?と思われる内容もご披露する予定。

 

 実は日本の技術だけじゃなく、スペインの技術やらアメリカの技術が混じってたりします。お花の品質管理に国境は有りません。花に良い事はなんでもやってみるのが私の主義。

 

ってことで、当日は色んなお話を30分でお話し致します。って、むりだよね。30分じゃ。 (笑)

 

なので、私の話はご期待しないでください。(*^^)v 

 

オランダのプロに学ぶ日持ち性向上対策の最新技術セミナー、是非お楽しみに。

 

AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは最近買った便利商品のご紹介から。

 

3月に引っ越した息子のアパートはアンテナが無く、テレビを見るためにはケーブルテレビ会社と契約しなくてはいけませんでした。

 

事前に調べなかったこちらが悪いのですが、息子はテレビを持ってなくて、今までもパソコンにチューナを付けてみてました。

 

ケーブルテレビとなるとそのチューナーが使えません。そこで、札幌の我が家のブルーレイレコーダーと神奈川の息子のパソコンをネット回線でつないで視聴する事が出来る優れものを購入。

 

これを使うと、なんと海外でも日本のテレビが見れちゃいます。もちろん、録画も可能だし、録画した番組も見れます。

 

面白いのが、このケーブルにつながっているポチっとした部分。(この横に本体がある)ここからリモコンの電波が出ます。パソコンの画面上にもリアルのリモコンと同じものが表示され、それをマウスで操作するとブルーレイレコーダーがちゃんと動く仕組み。

 

これを使うと、移動中に携帯で自宅で録画した映像も見れるし、もちろんiPadでも見れます。

問題は、息子が見てるときは、自宅の人間は同じものを見るしかないので、チョット不便。

その時はテレビを別のチャンネルにしてみれば良いだけですけど・・・。(^^ゞ

 

ところが、最新のブルーレイレコーダーはこんな装置つけなくてもネット回線で見れるらしい。

 

時代はどんどん変化していますね。

 

変化と言えば、ここ数年でお花の品質保持剤も随分と変化してきました。色んな商品が出ているので、何がどんな効果があってどう使えば良いのか?どんな花に効果があるのか?非常にわかりにくくなっています。

 

そこで今回、帯広の生花組合からの依頼で、品質保持剤の正しい知識と使い方についてたっぷり2時間講習してきました。

 

フローラライフ、クリザール、パレス化学などなど、様々な品質保持剤について、なるべく細かくご説明してきました。バケツの洗浄方法、ハサミやナイフの抗菌、切花栄養剤の重要性と種類のついてなど、かなり初歩的な部分からお話ししましたが、皆さん本当に熱心に聞いてくれました。

 

昨年、全国6つの花市場で行ったアンケート調査で、バケツの洗い方について、と言う項目があったのですが、驚いたことに、洗剤を使用しない花店が70パーセント以上いるのです。つまり水だけで洗っているのです。これでは見た目の汚れは落ちるかもしれませんが、バクテリアは確実に残っています。ほかにも驚くべき結果がいくつもあったのですが、つまり、花の品質を良くしようという気持ちはあっても、実際にどうやれば品質が良くなるのか?と言う部分がよくわかっていない花店が多いのです。

 

こうした結果も踏まえ、今回は様々なお話をさせて頂きました。

 

質問もたくさん出て、皆さんが品質保持に対して確実に興味持って頂けた事を実感しました。

 

講習会終了後は帯広名物の屋台にて役員の皆様と反省会。ここでもお花の品質の話で盛り上がりました。

 

やっぱりこういう機会は必要だなぁーと思いつつ、帯広のおいしい夜は更けていったのでした。(^^ゞ。

 

品質保持剤はここ数年本当に様々な商品が出ています。ですが、知識をきちんと持たないと、時間やお金の無駄になる場合もあります。時代の変化に頑張ってついて行って下さいね。上手に波に乗れれば、お花の品質は格段にアップしますので。

AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日書いたブログがなぜかすべて消えました。

きっとアップしちゃいけないってお告げなのでしょうね。だから、そのネタはやめときます。

ここ数日、いろいろとありまして本当に悩みました。結果的に決断したのですが、正直今も悩んでいます。夫婦で営む花店なので、僕一人では決められない事も多々あります。夫婦で話し合って決めたことなので、その件に関してはもう終了。頭を切り替えることにします。

さて、写真のブラーバ君は先日かみさんの誕生日にプレゼントしたものです。ルンバはかれこれ10年くらい使っているのですが、我が家は無垢のフローリングなので以前からかみさんが欲しがっていたこれをプレゼントしました。

で、早速使ってみたのですが、これが素晴らしく良いのです。

驚くほど静か。全く動いている音がしません。もちろんルンバと比較しての話ですが・・。

これで床はいつもピカピカ。奥様の家事もチョットだけ楽になったかな?

そうそう、もう一つ画期的な物も買いました。それは次回に・・・。
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回ご紹介したユリですが、その後こんなのばかりでした。







こんなユリを販売していたら、ユリ好きは確実に減ります。

ダメ!絶対!

品質の悪い花はその理由を解明し、改善しなくてはなりません。
(品質向上実証事業はこうした理由解明、改善がテーマ)

もし解っていて出荷しているとしたら、それはもうどうしようもないのです。
解っていて競る市場があり、解っていて売る花屋があるのです。犠牲者は消費者。
悲しい現実。でも、変えていかなくちゃね。

変えると言えば、キーボード変えました。エルゴノミック キーボード。変えたというか、昔に戻したと言うのが正しいかも。
なれるとこのキーボードは非常に楽に打てます。



一応Windows10対応なので、ショートカットキーも中々楽しい。価格も安くほんと有難い。

さて前回の続きですが、最近思うことが色々とあります。その一つが 販売と生産のバランスが大きく動いていると言う事。

花き業界は1998年以降、下降の一途で、生産者も花店も減り続けています。ところが、ホームセンターとスーパーの取扱量、売り上げは伸びています。

ここ最近はスーパーの売り上げは少し低迷気味ですが、専門店や路面店に比べればよい方です。その為、物日(お盆、お正月、母の日と言った繁盛期)には圧倒的にホームセンターやスーパーにお花が集められます。

そうなると、セリにかかる花は極端に減ります。

ホームセンターやスーパーは事前に価格を決めて商談をしますが、ホームユース(家庭で飾る)向けの花なので、低価格で仕入れをします。しかもかなりの量を必要としますから、強気で価格調整を迫ります。当然安く仕入れることになります。だから物日であっても店頭に並ぶ花の価格は安いわけです。

ところが、事前に低価格で多くの花が取引されるため、市場で競られる花は極端に減ります。その結果、市場では高く取引されます。

こうした現象が真っ先に起きたのは、ガーデニングの苗ものでした。正直な話、私たち専門店が仕入れる価格と変わらない価格でホームセンターで販売しています。

もちろん、ほとんど利益を取っていませんから、ホームセンターでのガーデニングの利益はかなり少ないと予想されます。

問題なのが、こうした流れが持続することで、多くの花が安く流通されるため生産者の利益が薄くなり、花の生産を辞めてしまうということ。

また、これまで比較的高く仕入れていた花店も販売価格を下げざるを得ない状況になっているにもかかわらず、仕入れ価格は逆に高くなっているので、経営が厳しくなってきています。

結果的に、生産も販売もどんどん減るわけです。

最近の傾向は、花店よりも生産者が減るスピードが速く、どの市場も入荷量の確保に頭を悩ましています。

生産者が減るスピードが更に速くなれば、お花の仕入れ価格は更に高くなります。こうなると先ほどの流れが更に加速します。

お花はまさに高嶺の花になるかもしれません。

これが今の花き業界の現状です。

ではどうすれば良いのでしょう?

そのヒントを与え続けているのが、宇田先生や福井先生です。そして消費拡大の為にアクションを起こしてくれているのが、花の国日本協議会。また、国も花き振興法と言う法律を作ったり、花の普及に対し予算を組んでくださっています。そうした様々な助言やアクション、補助金を有効に利用しなくてはいけません。

自分の店だけで手いっぱいの方が多いのも事実ですが、もう少し広い目で業界を見て、応援、ご協力をお願いしたいです。

と、思う今日この頃。

うーーーん。 今日のブログ、自爆だったな。 (笑)


いいね!(13)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
怒涛の3月でした。気が付けばもう4月。
ブログネタは恐ろしいほど溜まっていますが、文字を打つ時間がありません。(^^ゞ

お恥ずかしい限りです。

時間の使い方が悪いんでしょうね。

とはいえ、今年に入り当店の売り上げはずーっと昨年を上回っています。
忙しくても3人で営む当店。自分の時間が無くなるのは仕方ないです。

しかも子供の引っ越しなど、店の仕事以外でもやることが多い。

先月上の息子の引っ越しが終わったと思ったら、今度は下の娘が来月引っ越すことに。
(-_-;) (-_-;)

まだ二年生の専門学校の学生なのですが、一年生のうちに内定が決定し、在籍中にもかかわらず6月から内定の会社で働くらしい。

どんだけ忙しい会社やねん。(確実に当店より忙しい)
と思いましたが、本人が憧れていた会社なのでそれはそれで良かったのかも・・・。

にしても、あと一年学校があるので、ほとんど行かないのに学費やら教材費はかかります。(-_-;)

当然、就職の規定は卒業しなくてはならないので、ちゃんと学費は払います。にしても、出席日数足りないんじゃね?
とか思うんですが、特例なのでしょうね。

なんでも、一年生で内定が決まること自体かなり稀みたいです。しかも結構な人数が決まりました。

大手企業がこれだけ人材を募集しているわけですから、花屋が募集しても中々来ないわけですね。(^^ゞ

さて、溜まっているブログネタを少しずつ吐き出します。

まずこの画像。









この産地、三回買いました。初回に返品。ロンギフローラムHBでした。

次に別のユリ買いました。オリエンタルHB、同じ感じ。返品しにくかったので廃棄。
三度目の正直で今回このユリ買いました。

もう限界。 二度と買いません。 

この話は終わり。 (-_-;)

次のネタ。

ここ最近、札幌の花市場は慢性的に花不足が続いています。その一つにカスミソウが上げられます。

そこで、そろそろ本気で輸入カスミも視野に入れてみようか?と思い、三種類の輸入カスミソウをテスト。

産地はケニアです。カスミと言えばエクアドルが有名ですが、ここ最近、ケニアの生産も増えています。

今回テストした品種は世界的に最も多く使われている小リン系の品種、そして中輪系、さらに日本でもっとも需要が多いタイプの品種。(同じ品種ではありません)

今回のテストでやはりいくつかの問題点がありました。そこを改善できれば今以上に品質の向上は可能と思います。

特に日本で流通しているタイプと最も似たタイプのカスミに関しては、入荷の状態も花持ちもまずまずでした。

今後に期待したいですね。

さて本題に入ろうと思いましたが、講演の資料作りがあるので今夜はこの辺で・・・。
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

農林水産省補助事業、「国産花き品質向上実証事業」の27年度最後の会議が終了した。


切花(一部鉢物も)の品質向上について様々な事業を行ってきたが、その中でも品質に対してキチンと管理している、生産、運送、市場、仲卸、花店に与える認証制度はとても画期的なものだったと思う。


 特に生産者は、採花してから出荷までの前処理やバクテリア対策、温度管理や保管日数など、改めて花の日持ちに必要最低限の管理方法を再認識出来たと思う。と同時に、部会や組合など、特に共選産地での品質への意識の共有化もあらためて出来たのではないか。


 私も全国の産地や花店の認証チェックをさせて頂いたが、確実に花の品質意識が高まっている事を実感できた。


 今回の会議の報告で、今期の予想認証件数は生産者が1,943件、市場が11件、仲卸が7件、加工が25件、運送が3件、そして花店が402件、合計2,391件が認証取得予定となっている。


 これらすべての方達が、切花の品質向上に対して意識を高め、消費者に日持ちする良い花を提供するべく努力をして行く


こうした積み重ねを続けて行けば、日本の花き業界は確実によくなると思う。


 農水の補助事業は毎年公募で決まる。次年度はどうなるか分からないが、この認証制度はまだ始まったばかりで認知度は低い。しかし、続けることで業界内はもちろん、消費者にも確実に広がると思う。


 日本の花き業界をV字回復させる為にも、消費者が安心して品質の良い花を買える花き業界にする為にも、この品質向上プログラムは是非続けて貰いたいと思う。(別の団体が取得したとしても)


ここで絶やしてはあまりにもったいない。率直にそうおもう。


 今期、多くの産地が認証を取得した。次は花店の番。少しハードルが高い部分もあるが、この認証の連携が進めば、花店に並ぶ花は今よりも確実に良くなるし、お客様の笑顔は増えるだろう。


ここで絶やしてしまうのは本当にもったいない。

いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
団塊の世代がリタイヤするピークもそろそろ終盤と言われますが、当店は相変わらず送別関連のご注文が多い3月です。

16日現在で昨年対比118パーセント。

ですが、市場は超花不足で仕入れ価格が高騰。バラ関係は驚くほど高いです。

そんな中、とても嬉しいと言うか、有難いメールが本日届きました。

文章もとても素敵だったので、ぜひ皆さまにもご紹介したいと思いました。

チョッピリ当店の手前味噌的な部分も御座いますが、決して当店が自作自演したものではございませんのであしからず。(^^ゞ

このメールは、お花のご注文のやり取りがあり、その追伸として書かれた部分となります。

以下が原文そのままです。

追伸:御社のお花は、昨年入院したときにいただきました。

入院は何度も経験しておりますが、体調によって水を替えるの
が困難だったり、況してや水切りなどは不可能。萎れていくお
花がとてもかわいそうでした。

こちらのマジカルブーケは、そのような心配なしに高温・低湿
の中ずっと綺麗に咲き続けてくれました。「無聊を慰める」と
はよく言ったもので、ともすれば暗くなりがちなベッドの上で
ふと視線に入る元気なお花を見てとても救われました。

狭いパーソナルスペースの中で、飲み物や本を手に取るとき
に引き寄せられる鮮やかな色彩のお花には、心がほっこりする
というか、不安が和らぐといいますか、元気づけられた気がし
ます。

贈ってくださった方に感謝の気持ちは伝えましたが、素敵なお
花をアレンジメントしてくださいました「フルーロン花佳」さ
まにも、この場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

拙い文で失礼いたしました。

以上が送られてきたメールです。

決して当店の花がどうのと言うのではなく、この様に入院なさっている患者さんにとって、お花が少なからずちゃんとお役に立っていた事に、僕はとても心が熱くなりました。

昨今、全国の病院で病室へのお花の持ち込みが禁止されている事例が増えていますが、ぜひ今回のようにお花から元気をもらった方もいらっしゃるという実例も広めて頂きたいと思いました。

N様、本当に素敵なメールを有難うございました。

もちろん今回のメールの内容を皆様にご紹介する事は、N様にご了承を得ておりますのでご心配なく。

にしても、久しぶりにお花屋さんやってて良かったなぁーと思っちゃいました。(^^ゞ
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当店は日常的にお花の日持ちテストをしています。

家庭を想定した日持ちテストは自宅で切花栄養剤を使わずにテストします。

店頭では、お客様が見える場所にて、様々な切花栄養剤を使用したり、抗菌剤やマル秘商品などのテストをします。

さて本題。

今回は2月17日にスタートしたオリエンタルハイブリットリリーのテストです。




まだ新しい品種なので、水上がりや日持ちのテストが主でしたが、タイミングよくユリ用の切花栄養剤がサンプルとして送られてきたので、そのテストも行いました。

すると驚きの結果が。


水変え無しで水だけ


水変え無しのユリ専用栄養剤 その1


水変え無しのユリ専用栄養剤 その2

水だけの場合2月29日(12日間)で萎れ始めましたが、切花栄養剤を使用した場合はなんと27日たっても楽しめました。











もちろん、下の方の花は終わっていますが、最後の蕾まで非常に綺麗に咲きました。

ここまで楽しめるのなら、やっぱり切花栄養剤をおすすめする価値はあります。

ただし、葉の薬害は出ます。





どちらの切花栄養剤も葉の薬害は出ました。

これは事前にキチンとご説明する必要があると思いますが、ユリを1か月近く楽しめるのであれば、葉の薬害は目をつぶっても良いのかなぁーと思います。

このテストは、あくまでも 「ユリ専用」の切花栄養剤であり、通常の切花栄養剤ではありませんのであしからず。

また、使用したユリ専用切花栄養剤については、あくまでも当店のテスト資料ですので、公開は控えさせていただきます。

どうぞご了承下さい。

ちなみに、店頭では公開テストなので、見れちゃいますが。(笑


いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のブログはかなり長いです。(^^ゞ

先日の3月10日、福島からあるものが届きました。

 



とても心温まるそれらの品には、お手紙が入っていました。

内容このような物でした。




このお手紙を読んだ後、当時の記憶がすぐに蘇ったのです。

その日、僕は地震に気づきませんでした。そのくらい札幌では大きな揺れは感じなかったのです。

しかしテレビの報道やメールなどで、その甚大さを知りました。

当時のメールを5年ぶりに読み替えいしてみました。すると非常に生々しいやり取りが書かれています。

ちょうど、花キューピットのジャパンカップ北海道予選が近かったこともあり、本部の職員とのやり取りや、年度末で次年度の宣伝の打ち合わせ、お彼岸の仕入れのやり取りなど、いつものメールの内容が、11日を境にまるで一転しています。

当時の私のブログがこちらです。

http://ameblo.jp/hanabito/entry-10829102474.html

http://ameblo.jp/hanabito/entry-10829963831.html

http://ameblo.jp/hanabito/entry-10831159990.html

http://ameblo.jp/hanabito/entry-10832706633.html

http://ameblo.jp/hanabito/entry-10833694246.html


「花屋の次の時代を考える仲間」とは、Fネクストと言う花店向けの売り上げ向上システムに加盟する仲間を意味します。

Fネクストについてはこちらをご覧ください。
http://www.f-next.jp/

さて、当時の事をもう少し書き留めておきます。

13日にある方から電話が鳴りました。ブログでは某全国チェーン店の社長と書いてありましたが、今は話しても良いと思うので書きますが、花店のチェーン店ではなく、パソコン系の社長でした。おそらく皆さんもご存知の、TWOTOP、マウスコンピューター、フェイス、パソコン工房、iiyama、などのブランドを持つ、ユニットコムのO社長でした。(今は会社名も変わり、O社長も新しいビジネスにチャレンジしています)

 その会社の仙台店の従業員も甚大な被害にあったので、救援物資を届けるためにトラックで向かう。もし薄木さんの知り合いにも物資を届けるなら、一緒に運んでくれると言う内容でした。

 このとき、本当に人脈の有難さを知りました。と言うのは、その前日に私が加盟しているFネクストの長田社長やネクストベリー(Fネクストのシステムを作っている会社)の中前社長が、この震災に関する救援の為のメーリングリストを立ち上げていて、被災したメンバーから必要な物をヒアリングして、全国のメンバーがそれぞれに買い揃えていたのです。

ところが、現地に運ぶ為には、通行許可証が必要だったり、ガソリンが必要だったりと、難儀していました。

そこで、早速O社長にお願いし、全国からの救援物資を大阪に集めました。O社長はガスコンロやボンベなど、かなりの数をご提供下さいました。

 そして大阪から仙台に無事物資が届いたのです。ところが仙台から更に被害が大きかった石巻などへの輸送が大変だったようです。
 
 仙台の花屋さん達が何時間も並んで軽油を確保し、ハイエースで運んでくれたのですが、もちろん仙台の花屋さん達もお店はぐちゃぐちゃで大変な状況だったのです。にも関わらず、もっと大変な仲間たちの為に車を走らせてくれたのです。

 その時の様子もメーリングリストで報告してくれていましたが、今読んでも涙が止まらなくなるほどの様子でした。

 家が流され、水も食料も服も無い状況で本当に困っていた所に迅速な連携で届けられた物資は、少なからずお役に立てたのだと思います。

 その後私たちFネクストメンバーは、希望者を募り、静岡のJAとぴあ浜松物流ガーベラ、JAハイナンガーベラ部会、浜松PCガーベラ部会のご協力でガーベラのチャリティ販売もスタート。



その売り上げ金を募金させて頂きました。

 この時来店下さったお客様の中には、お花の価格よりも多い金額を募金箱に入れて下さった方もいて、本当にあたたかい気持ちになりました。

 その時のほんの小さな手助けが、5年たった今、こうして感謝の気持ちとして福島の方たちが作ったあたたかい気持ちとなって贈られてきたのです。















本当に、本当に心温まる品々です。ですが、お手紙にも書かれているとおり、まだ多くの方が避難所生活をしていたり、復興への活動は進行形です。

支援は決してお金だけではありません。一人一人がいつも 3.11 を忘れずに、どんな応援が出来るのか?を考えて進んでいければと思います。

それを考えると、先日の福島講演をドタキャンした私の罪は重い・・・。

本当に申し訳ございませんでした。m(__)m m(__)m

この大堀相馬焼 本当に素敵ですよ。 つながりのボールペンもチョーかわいい。なみえ焼きそばはまだ食べてませんが、B1グランプリ優勝ですから、期待して食べます。

岩手、宮城、福島のFネクストメンバーの皆さま、有難うございました。 m(__)m
いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。