吃音知っていますか?

言葉が円滑に話せない。

個人差が大きい。

吃音症であることが分かり易い人もいますが、全く気付かれない人も多くいるのです。



〈ツレの吃音の特徴〉

・吃音の調子に波がある。滑らかなときも、言葉の半分くらい発せないときも。

・「おはようございます」が言い難い

・人の名前が言い難い

・日によって言い難い音がある。例えば、あ行の音。

・周りの人には気付かれないことがほとんど。





あいさつ、名前を言うのが苦手な人が世の中にいるんです。

知ってますか?



苦しんでいること知ってますか?





ツレの吃音とうつとのお付き合いは時々やりづらいけど、

ツレとこどもちゃんと楽しい日々を送っています♡



吃音症をもっと知ってほしい!

吃音症の人とその人に関わる方々ともっとつながろう!

をモットーにブログを書いていこうと思います。








  • 31 May
    • 吃音という字

        こんにちは。どうしても書きたいことがありましたので、更新いたします。   ツレと1ヶ月前くらいにフと話したことなんですが。             当事者のツレからすると「吃音」という名前に違和感があるとのこと、確かに言われてみると私もどうしてこの名前にしたんだろうって疑問が湧いてきました。       「吃音」や「どもり(吃り)」って言葉、私はツレと出会うまで全くもって知りませんでした。 きっと、「吃音」、「どもり(吃り)」という文字が見えたり聞こえたりしてもスルーしていたと思うのです。その言葉に全く馴染みはありませんでしたし、症状を連想させることも全くなく想像できないのです。       私は「どもる(吃る)」という言葉も知らなかったわけで、「吃」って文字も、もちろん知りませんでした。         言葉や名前って人に認識してもらうためにあると思うのですが「吃音症」という正式名称に「吃」を使うのは何か違和感を感じがします。           私のように「吃音」の「き」の字も知らない人がいる一方で、当事者の方からすれば「どもり(吃り)」は正に差別用語。「吃」の字を見るのも嫌だっていう当事者の方は少なくないと思うのです。   ツレも、3月までいた職場で、「どもり」と、吃音当事者のご高齢の方をバカにする職場スタッフの人を見て、どれだけ心を痛めていたか。職場スタッフの方が、当事者の方が帰った後に「今日の⚪︎⚪︎さん、どもりがひどかったね。笑」とバカにしていたそうです。   当事者は、「どもり(吃り)」に対する言葉に含むまれる差別(バカにされる)に苦しんでいるわけです。         なのに、正式名所に「吃」を入れる。 「吃」という感じを分解すると、「口がほしがる」という意味になります。正に当事者の気持ちを訴えているのかもしれませんが、その言葉の意味が切なすぎて、感情的な言葉というか。     少なくとも医療現場で使う用語としての「吃音」は、正しくないと思うのです。医療はなるべく客観性が求められます。只でさえ人の体のことで感情的になりやすい医療の現場で、感情を含んだ字を採用するというのは、違うのではないかと思うのです。           昔々、「認知症」は、「痴呆(意味:愚かな人)」や「ボケ」と言われていました。しかし、今や「認知に問題がある病気」としての病名をつけているのです。   昔々、「統合失調症」は、「精神分裂症」と名付けられ「精神が分裂する病気」と人格否定されるような名称でしたが、「感覚の統合が困難になる病気」として病名を付け直しているのです。             こうやって、病名というのは、主観や人の感情を揺るがさないように客観的な名称にする、もしくは改められています。           「どもり(吃り)」は差別用語として認められているのにも関わらず、なぜ正式名称に入れたのでしょうか。ちょっと考えると「どもり(吃り)」の認知度が高いからということになりますが、差別用語の認知度が高いからといってそれを踏襲されるのは??な感じがします。       そもそもです。「どもり(吃り)」という言葉をさらに考えてみるとなんですが、、   「どもり」という言葉はまずまずの認知度はあるとおもうのですが、「吃り」という言葉・漢字の認知度は半減するのではないでしょうか。「どもり」という言葉が使われる場面というのは、日常の会話の中で「あいつはどもりだ」のような「聞く」言葉であって、読む言葉として「吃り」を使うことは少なく、「どもり」という言葉を使っている非当事者でも「吃り」という漢字があることは認知されてはないではないかということ。ただ単に、吃音に対して敏感にならざるをえない当事者が「吃り」という漢字を知っているくらいで、世の中一般的には「吃」という字は、認知度が格段に低いと思うのです。     「吃音」という名称をつけられた方は、知恵を絞って認知されやすいようにと名付けてくださったとは思うのですが、よくよく考えて見ると、余計わかりにくくしている名称のような感じがします。         吃音症の学会ができましたよね。「吃音・流暢性障害学会」って、ツレと私とで話をしていたのですが、吃音って「流暢性障害」だよねってこと。   もちろん、流暢性障害には、吃音以外も含まれるので、吃音と限定するならわ「発話流暢性障害」とか「発語流暢性障害」とか、これだったら、吃音のことを全く知らなかった私でも並べられた漢字を見るだけで連想できますし、何より、差別的な意味合いが全くないので客観的に疾患を捉えることができると思うのです。   医療従事者が、連想できる名称にするってことも大事だと思います。医療の現場では、「誤嚥」やら「褥瘡」やら「胃瘻」やら、難解な言葉で溢れています。沢山勉強しなければならない医療従事者のためにも、わかりやすい文字を採用することは、吃音の認知度を高めることへの第一歩になるように思うのです。           「どもり」から「吃音」へ変更し、差別を回避したハズなのに、「吃」は採用。認知度は下がるだけで、非当事者に「吃音」と言っても「??」ってなって説明しなければいけない始末。なのに、なぜか差別的意味合いを含む文字だけが残るという顛末になってしまったような。。       なんかおかしい!!と思ったので。

      20
      7
      テーマ:
  • 12 May
    • お久しぶりです。

      ずっと更新できずで、お久しぶりです。   どうして更新していなかったかというと、、   昨年末、ツレとの喧嘩が絶えず、、       昨年末のある日、ツレがこのブログを久しぶりにふと見たのです。     ツレには話さないでいたことを書いていたのでショックを受け、しかも、当時、メンタルもだいぶ落ちていたため、このブログの情報が追い打ちをかけたようでした。   以前書いたバーベキューの記事などをはじめ、私との喧嘩の中で嫌味をこめて記事のことを言われ、ツレのダメージになっていることは明白でしたので、アメーバ限定記事とさせていただきました。               本当に、ツレにとって住みにくい場所でした。               というのも、実は今年3月末に引越をしました。 やっと落ち着いてきたのですが、私の体調が優れなかったりでパソコンから遠のいていました。             吃音のない私からすると、ツレの行動は「なんで?そうなるの?」という行動がとても多い。 でも、そこに「吃音」を入れると、「そうか。しかたがないね。」に変わる。     あそこに住んでいた2年間、毎日がこれの繰り返しでした。             久々に、ヤフーの検索バーで「吃音」を検索していたら、悩み相談の記事で、定職につかない夫さんのことを相談されている方がいましたが、夫さんのその言動、わかるなぁ。奥さんの悩み感もわかるなぁ。と一人納得してしまいました。   吃音ってなんなんでしょうね。当人のツレもわかりません。もちろん私はもっとわかりません。           さてはて、2年間のツレさん、メンタルギリギリでした。 昨年の今頃は、家で横になっていることが多く、「うつ」が忍び寄ってる感満載で、私も家にいるのがいたたまれないし、何よりもぼうやちゃんマンにツレの姿を見せたくなくて、何もないあの場所をウロウロしていました。       ツレの性格は崩壊し、治療で打ちのめされている私をさらに打ちのめすというわけのわからない、ルーチン。(といっても、治療のことを愚痴らなければそんなことも少なかったのですが、愚痴ったらいなや斬られまくってました。)           ツレの性格がなぜ崩壊したか、それは職場環境。 職場の人を心から嫌っている様子でした。 吃音×ツレの性格×職場の人の性格×職場をとりまく条件 これらが複雑に絡み合って。 吃音の調子も人生最高に悪いしで、ツレも吃音様様に追い打ちをかけられていたわけです。     そんな2年間を過ごしたわけで、ツレの吃音に対する捉え方も2年間で変わりました。そして、それは私にも影響しています。           また書くかもしれませんし、またお休みするかもしれません。できる限り続けるつもりではありますが、私も前のような気持ちで吃音のことを書けられないというか、なんかどう書いていいのか地盤が揺らいでいます。         それではまた。    

      11
      テーマ:
  • 29 Dec
  • 28 Dec
  • 11 Dec
  • 04 Dec
  • 28 Nov
  • 24 Nov
  • 22 Oct
  • 11 Oct
  • 27 Sep
  • 13 Aug
  • 11 Aug
  • 07 Aug
  • 27 Jul
  • 22 Jun
    • 子連れハワイ旅行レポート♡最終日

      最終日は私の大好きなウニのパスタのお店ですアランティーノというイタリアンのお店ガイドブックにも書かれていたので楽しみにしてました。ちょっと早すぎて待ってから。中に入るとこども用の塗り絵とクレヨンをいただきましたハワイのいいお値段のお店に行くと塗り絵はよくあるかんじが、、最後のお食事なのでビールで乾杯パルメザンチーズも削り立てイカスミも大好きそすて念願のウニパスタ最終日なので近くを散策して帰りました次が最後~

      11
      1
      テーマ:
    • 子連れハワイ旅行レポート♡滞在6日目♡後半戦

      夕食は近くのデニーズでたべましたお子様メニューもあってみるだけでも楽しいですこのホイップバターが美味しかったの覚えてます他にも注文したはずですが、疲れて写真撮ってなかったみたいです帰りは夜景を見ながらビーチを散歩しました夜のビーチもほんと綺麗でしたー

      1
      テーマ:
    • 子連れハワイ旅行レポート♡滞在6日目♡前半戦

       セレモニーの後、ツレはお仕事に行ったので、私とぼうやちゃんマンとでショッピングショッピングといえば、もちろんアラモアナショッピングセンターに行ってきましたアラモアナのブランドを横目に行ったのはNORDSTROM。ここは別に調べたわけでもなく、ふらふらしてたら行き着いたかんじです。でも、行ってよかったこども用品もたくさん。ぬり絵のコーナーもあったり、風船もらったり。おさるのジョージコーナーがあったのも嬉しかったここでは絵本を買ったり、こども用の飛行機のリュック(ローリングバッグにもなる!)を買ったり、自分のリュックも買ったり。その後は、近くのWalmartというスーパーマーケットに行ってきましたWalmart内にあったお店でごはん。こどもには、やっぱりうどんが一番ですね。スーパーマーケットでは、お土産などを購入。もちろんABCマーケットより安いのですが、郊外のターゲットで買った時が一番相場が安かったですねー。そしてアラモアナにまた帰って、ドラッグストアに行ったり。ISLAND VINTAGE COFFEE でお茶したり。アサイーも頼んじゃいました。冷たくて美味しかったですそんでゲームセンター。お金は入れず乗せてみただけ。お店の方すいません小腹が空いたのでフードコートのラーメン屋でみそラーメンをぼうやちゃんマンと一緒に食べて帰りましたちょこちょこ食べてばっかりでしたねショッピングはほんとたのしー

      テーマ:
AD

プロフィール

あさの

性別:
女性
血液型:
B型
自己紹介:
OLから看護師に。 ゆったり前へ

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のコメント

アクセスカウンター
http://www.e-creditcard.info/アクセスカウンター帽子の通販

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。