最近、ひとり稽古のことを書いていません。

仕事のピークが重なり、久しぶりの会社泊などしてしまい、心に余裕がありませんでした。

しかし、“手遊び”的にできる、無想会の首里手の突き=螺旋の突きだけは、スローで軌道づくりを時々やっていました。

今日も地下鉄で、周囲に不審者扱いされないよう気を付けながら、スローでこの螺旋の突きをやっていましたが、その時にふと思いました。

実は私、この螺旋の突きの手首スナップを一時間違って稽古してしまい、先月末に気づいて以来、修正中。そのためのスローでの稽古ですが、いざ、少し速く突こうとしても、まだ今一つしっくりきていません。

広背筋で肘を下に引き落とす動きで、結果として肘を肋部に沿わせて前に送る。この時に、手首は掌打ちの時のように手の甲側に反った形でスナップしています。

この動作をなるべく、スパッと弾ける感じでやりたいのですが、もったり感が残ります。たまに速くできても、その次の第2のスナップ(手の平側に反る)と連続してやろうとすると、繋ぎに悪さが。

これはもう、ひたすら反復して身体が勝手に動く境地を目指すしかないようです。

しかし、考えるより反復、と思いつつ、やはり考えてしまうのが、オタク性の身の悲しいところです。

今日は、最初の肘操作+手の甲方向へのスナップを無意識に何も考えずに、スパッとできるようになれば、その後にスムーズに繋がるはずと考え、どうすればそれが実現するか考えていました。

その時、ふと思い出したのが、師匠の南風さんブログの少し前の投稿「股関節カックンについて」。

ここで紹介されているのは、股関節を抜いてスパッと動くための身体意識です。

膝を外に張るナイファンチ立ち、撞木立ちのあの状態は、股関節を抜けば、常時外に向けて張っていた膝が、支えがなくなって一気に開きます。

この一瞬の弾ける動作を、神速の踏み込みに応用するため、
・前から縄で自分を引っ張っている人がいる。
・後ろから自分を押している人がいる。
・自分はガマク操作でなんとか堪えているかわ、この堪えを抜くと、一瞬で前に飛び出してしまう。

・・・と、そんな身体意識。

ここまで高度なことは、いまの私には到底できませんが、発想そのものは、螺旋の突きの第1スナップに使えるのではないかと思いました。

即ち、「広背筋を使い肘を下げて前に送り正中線に激突させ、同時に手首は掌底打ちのカタチよろしく手の甲側にスナップする」という動作を、外から押さえて邪魔している人がいると考えるのです。

引き手の際、無想会の突きは手首を手の平側に折って畳んでいます。突きでは最初のスナップで(肘を正中線に激突させつつ)この手首の畳みを解放するのですが、この邪魔人は、それを外から抑え込んで妨害しているのです。

さらに、肘を広背筋で前に送ろうとする動作も、やはり押さえて妨害しています。

自分は、この妨害を跳ね返そうと、必死で押さえをはね除ける方向に力を入れています。
そのため、ある瞬間に、この空想の邪魔人が消えると、突きは押さえが外れて一気に飛び出す!・・・はずなのです。

とまあ、そんなことを妄想しましたが、やってみても、そんなに上手くはいきません(笑)。

一回、本当に螺旋の突きの最初の動作を邪魔する負荷を体に掛けてみたいものだな・・・

そう思った時、ふと思い至りました。

沖縄空手 那覇手で使われる鍛練具「握り甕(サンチンガーミ)」で、肘や手首に掛ける負荷って、これなんじゃなかろうか?!と。

握り甕を、腕を外旋させて持つあの状態は、力を抜けば肘が正中線に激突しに行くもの。
力を抜けば肘が正中線にぶつかりに行く状態でひたすら耐える鍛練は、逆に肘が正中線にぶつかりに行く瞬間力を養うものだったのではないか?

そして手首は、握り甕の口に手の平(掌)を置き、小指と親指で縁を握るあの手のカタチは、螺旋の突きの最初の手首スナップの際の手のカタチによく似ています。

甕の重さに耐えて手首を(手の甲側に折る方向に)ホールドする鍛練によって、手首を手の甲側に折る最初のスナップを鍛えていると言えないだろうか・・・?!


・・・と、思いつきのままにここまで書いてきましたが、この発想は変ですね(笑)。

肘は、力を抜くと甕が落ちる方向に身を任せれば、肘が正中線にぶつかる。
手首は、甕が落ちないように耐えている方向に身を任せれば、スナップできる。

つまり、この妄想では、重力に任せた甕の落下が、前者ではアクセル、後者ではブレーキということになります。

甕の果たしている役割が、真逆ですね(笑)。

整合性、取れてませんね。

まぁ、そもそも、首里手では握り甕を使うという話は聞かないので、この妄想は、スタートの時点で“筋悪”ではあったのですが・・・。

今日の妄想は、書き切る前に破綻してしまいました。

ここまで読んでくださった方には、平にお詫びもうし上げます。

でも・・・握り甕のあの腕を外旋させたホールド鍛練は、腕を内旋させる動作の神速化を果たすための「ゴム輪」づくりである・・・とは、言えそうな気が、しなくもありません。
AD

楽しかった

テーマ:
某フォーラム主催のセミナーでのパネルディスカッション、無事終了しました。

感想は、楽しかった!です。

一時間にわたる長帳場。
パネリストは、座長を覗けば三人(うち一人が私)。
果たして時間が持つのかと少し心配でしたが、やってみると、一時間でちょうどよかったという感想です。

著作はたくさん読ませていただいていたものの初対面だった座長の先生と、それなりに息のあった(そして少しスパイシーな)やり取りがてきたことが、「楽しかった」という感想を抱かせてくれたように思います。

今日は、午前の別件中間報告もうまく運び、よい1日でした。

めでたし、めでたし。

「昔の名前」の使い方

テーマ:
今日は、某フォーラムが主催するセミナーで、パネルディスカッションのパネラーとして登壇します。

テーマは、2013年頃、ちょうど妻の大病が発覚する前年に、私が意欲的に取り組んでいたもの。

今回再び私に声が掛かり、こうして登壇する運びになったことには、一瞬の感慨を覚えます。



当時、このテーマの専門家として知名度をあげようと、私は、あの手この手を使い奮闘していました。
その奮闘は奏効し、専門誌メディアに少し登場。そこを起点に今回のセミナーを主催する某フォーラムからも声がかかり、講演をしたことがありました。

しかし、その後2014年の夏に、妻の病気が見つかり、闘病生活を供に過ごす日々の中で、名前を売り出したばかりのこのテーマの仕事は、ほとんど引き受けないことになりました。
新規テーマで不確実性が高いため、時間制約のある人間が引き受けるのは、リスキーだからです。

2014年後半、2015年、2016年と、この3年間、大きな話が来てもすべて断ってきました。その間、当該テーマそのものは、世間でそれなりに注目を集めるようになっていったのを、少し寂しく横目で見つつ。

競合コンサルの活躍も、昨年あたりからは目に付くようになっていました。

そうした訳で、さすがに2013年に頑張ったメディア露出の効果ももう無かろう、も思っていたところに今回の話。

「昔の名前」で再び声が掛かったことに、少し驚きつつ、ありがたいと思いました。



しかし、ありがたいことだと思いつつ、ほぼ3年間、実務を控えていたこのテーマで、パネルディスカッションのパネラー登壇をするのは、ありか、無しか。

内容的には、対応可能です。
このテーマの根幹は、3年程度で変わるものではなく、またその後の動向も一定程度ウオッチして、自分としての見方を持っておいています。

しかし、私の今の所属チームのミッションとは合いません。しかも、私自身も、別テーマで新たに分野開拓をしているところ。

一方で、私が仕事を断ってきた3年間、同テーマの比較的簡単で少額の業務を引き受けてきた後輩がいます。
2014年のまだ妻の病気を知らぬ時の私とコンビを組んで、このテーマの仕事を回した経験を元に、火を消さずに守ってきた若手。
いまはチームも違うので、一緒に仕事をすることはほとんどありませんが、時々アドバイスをしています。

最初は、経験もスキルも足りないと、少額の簡易な案件ばかり引き受けていましたが、今年度からはそろそろ拡大路線に、という気配も出てきたところ。

考えるまでもなく、登壇するなら、私ではなく、この若手です。



一ヶ月前、この話がきた時にこの若手に話を伝えました。

「どうする? やってみる?」

答えは、「やりたいけど、まだ無理です」。ただし、その後に「でも・・・」と提案が続きました。

当人曰く、
当意即妙のパネラー対応は無理。しかし、出たい、ここで売り出したい。
だから、パネルディスカッションのコーナーで、パネラー自身のショートプレゼンのセッションを設けてもらい、自分はそこでプレゼンしたい。

そして・・・「ディスカッションのセッションは、お願いします。」

なかなかいいアイデアです。

資料を用意してのプレゼンなら「できる」という自信がある、だからそのセッションを事務局側に作らせてしまおう。
まだ自信の無い、台本無しのディスカッションは、おっさんコンサルタントに任せてしまおう。

なんて、都合のよい発想(笑)。
でも、お見事。こういうガツガツ感、嫌いじゃありません。

事務局にこのアイデアをぶつけるとあっさりOK。

パネラープレゼンのセッションが新たに作られ、その後にディスカッション、という構成になりました。

プレゼンを若手コンサルタント、ディスカッションをおっさんコンサルタント、と担当を分担することも快諾。

言ってみるものですね。



そのセミナー本番が今日です。

お互い出張等が重なり、後輩のプレゼン資料は、私は初期のバージョンしか見ていません。確定稿を見るのは、セミナー開始の一時間前。

どんなプレゼン資料が出てくるか、楽しみです。

若手に場を与え、大きな箱で名前を出して言いたいことを言わせる。その後始末は、後段のディスカッションでおっさんが引き受ける。

こういう仕事も、いいですね。

連絡帳

昨夜、息子の連絡帳を見ると、先生からメッセージが。

「昨日今日と2日続けて算数ノートを忘れました。昨日の連絡帳にも書いていたことなので、お父さんの方でも忘れないよう確認をお願いします」

昨日時点で連絡帳に忘れ物しましたよ、と書いておいたのに、今日も忘れるのでは困ります。連絡帳はちゃんと観てくださいね。
・・・ということ。

読んで、ヒャア!ごめんなさい!と思ったのですが、まてよ・・・

私は、連絡帳は毎日帰宅と同時に確認するようにしているので、通常見落としはありません。二学期の半ばまでは時々連絡帳の確認が不十分なこともありましたが、秋以降は、「完璧」と胸を張れるくらいに、連絡帳確認には意識を持って取り組んでいます。

ならば、なぜ?

答えはすぐわかりました。

「昨日の連絡帳」を確認すべき夜、私は会社に残って朝まで仕事をしていたのです。

息子のお迎えや、夕食(作りおきしておきました)、宿題の確認を、田舎から来てもらった父(じいじ)にお願いした日です。

晩飯は・・・、
風呂は・・・、
着替えは・・・、
宿題は・・・、
朝飯は・・・、
学校に行くときの服は・・・、
朝の集合時間は・・・、

と、息子の世話に必要なことは、すべて父に伝えたつもりでしたが、連絡帳のことを私は忘れていたのです。

上記のことに手一杯の父が、「息子には言われていないが、連絡帳確認というのもあるよな」と、閃くはずもなく。

これは、私の落ち度です。

しかし、息子からじいじに、「これを見てね」と連絡帳を出してくれれば・・・

そのことを息子に話すと、息子は、
「連絡帳ケースはちゃんとじいじに渡したよ。でも、連絡帳は読んでくれなかった」

なるほどね。

小一の息子としては、連絡帳ケースを渡せば、後は保護者の領域。勝手に連絡帳を取り出して、中身を見てくれると思っていたわけです。

一方のじいじは、普段そんな習慣はないので、同じ連絡帳ケースに入っている「音読と計算記録カード」に気づきます。「これが宿題を書くカード」かと、これだけ取り出し、これに息子の音読と計算練習の記録を書き、「うむ、これでよし」。

まぁ、そうなりますよね。

息子も、父(じいじ)も、悪くありません。

やはり、責めを負うのは、私のようです。
連絡帳に、先生宛のごめんなさい気を付けますメッセージを書いて息子に持たせました。

父(じいじ)を頼るのは、今度なるべく控えるつもりですが、それでもお願いするときは、次は連絡帳確認のことも伝えようと思います。

日本空手協会の中先生が、中国武術と交流し、その様子がYouTubeにアップされる。
いい時代になったものですね。

中国武術(八極拳)の肘を体験する中先生。
 
この肘、なんか見覚えがあるな・・・と思い出したのが、剛柔流の久場先生の「撃砕」の肘打ち。
やはり剛柔流は、首里手に比べて、今日の中国武術に近いですね。

しかし、その一方で、その剛柔流も、やはり生粋の中国武術とは、技の質感が違うと感じます。

剛柔流が中国武術の影響を濃厚に受けたのは間違いないものの、靴を履かずに裸足で稽古したり、巻き藁を突いたりする等、中国武術ではあり得ないことをしています。

剛柔流もやはり、首里手とは程度が異なるとは言っても日本武道化しているんですよね。


 
 

 

無事終了

テーマ:
報告資料出来は今一つか?
と不安を抱えたまま迎えた今日の関西出張でしたが、非常に生産的な議論を交わすことができました。

一緒に行った後輩(仕事するのは三年ぶり?)も頑張ってくれました。

3月末までの道筋がしっかり見え、まずは一段落。ほっとしました。

息子の世話を一晩、父ひとりに完全にお願いするのは、やはり負担が大きすぎるようです。

まだ一人で寝られない息子を寝かしつけるには、父も二階の寝室で一緒に寝る必要があります。しかし、二階のベッドはどうも父には会わず、寝付けず疲れだけが溜まってしまいます。

今朝五時半に帰宅すると、父は一階で寝ていましたが、眠りが浅くて4時頃に目指してしまったとのこと。

私と息子が家を出た時も、疲れて寝たままでした。

70歳の父に、重すぎる負担をかけてしまったようです。

やはり、この手(父に息子を一晩任せる)は、封印しなければいけません。

反省です。

なんとか

テーマ:
なんとか終了。

しかし、我ながら不甲斐ない出来映えです。

果たしてこれで、今日の中間報告は「持つ」 か?

おそらく、かなり難しい局面に直面することになるでしょう。

しかし、今の我々にできるのがこの程度なのは事実。ここからどう次に繋げていけばよいか。生産的な議論に持っていけるかが鍵ですね。


・・・さて、孫とおじいちゃんは、二人でどんな風に寝ているのだろうか・・・?

終わらんなぁ・・・

テーマ:
頑張っているのですが、午前1時を越えても、なんだか全然終わる気がしません。

最近、魅力的な提案書を書いて仕事を取ってくることばかりやっていたせいか、風呂敷を畳む仕事に、なんだか手こずっています。

いや、昔からこうだったな(笑)。

さすがに疲れてきましたが、でも、少し懐かしくて楽しい(?)感じもあります。

明日の飛行機の時間までに終わらないと、そんなことも言っていられないわけですが・・・
南風さんの少し前のブログ投稿「簡単に手を棒にする方法」。

ここに出てくる新陰流の「手の踵」は、私も先週末の「刀禅」稽古で教えていただきました。

尺骨の先にあるこの「手の踵」を意識すると、突きというものが以前より少し理解できるようになった気がします。

(1)
先週の日曜日に、息子に、掌底打ちを「手の踵」を使った場合と使わない場合で打ち比べをさせてみました。
威力は段違いでした。
当てさせた場所は鎖骨付近でしたが、「手の踵」で打たせた掌底打ちは、威力の浸透と痛みが凄まじく、舐めていた私は悶絶。息子に「もういい!ストップだ!」と半キレでやめさせました。

体の並進ベクトルが、肘→尺骨→手の踵と一直線に繋がることで、あの恐ろし威力を生むのでしょうね。

(2)
エス隊長に教えてもらったことの受け売りですが、無想会の突きは、まさにこの「手の踵」で標的を捉える突きです。当てる場所は「手の踵」ではありませんが、拳先は「手の踵」の先に乗ります。
小指から畳んで拳を作るのも、畳んだ小指が、手の踵の骨と拳先を結ぶ“橋”を作るためなのではないか、と思います。

(3)
思い出してみると、極真空手創始者の大山倍達の突きも、(無想会とはまた異なりますが)この「手の踵」と尺骨を意識したものに思えます。
突きの際のあの独特な手首の傾きは、肘→尺骨→手の踵→拳頭を一直線に繋げていたのではないでしょうか。

極真空手やそこから派生した多くのフルコン空手流派では、基本稽古で、「手刀鎖骨打ち込み」という手技を稽古します。
あれもまた、手の踵を強く意識した身体操作を修得させるためのものだったように、思えなくもありません。

(4)
剛柔流の型「セーパイ」の最初の貫手も、手の踵を使っているように見えます。
久場先生の教えでは、セーパイのあの貫手は、実際に使う時は人差し指一本拳です。
あの一本拳は、とても痛いし効くのですが、インパクトの際、やはり、肘→尺骨→手の踵→人差し指関節が一直線になっていることで、それが実現されているのではないでしょうか。

(5)
更に考えると、そもそも空手の突きというもの自体が、手の踵を意識して作られた素手の攻撃方法だという気もしてきます。

実は、父親を悶絶させた息子の掌底打ですが、手の踵を当てることを意識しすぎることで徐々に脇が開き、外から振り回すものに変化してしまいました。

手の甲が上になる打撃では、小指側の尺骨&手の踵は、身体の外側にあります。これを当てようとすると、自然と脇が開き、大振りになってしまうのでしょう。

最初の威力が嘘のように消えてしまったので、脇を締めさせようとしている内に、空手の突き式の「手の甲を下に向けて拳を脇に置く」構えが、尺骨&手の踵を体幹と一体化させて突き出すのとても好都合だと気づかされました。

そこで思ったのです。

空手が、手の甲を下向きにして拳を脇に置き、前腕を旋回させるような独特なフォーム(本土武道には類例が少ないそうです)で突きを行うようになった理由。それは、尺骨→手の踵の力の伝達の妙を知った上で、それを最大限に活用するために、尺骨をなるべく体幹に近づけて、体幹の並進運動エネルギーを乗せて突きを放てるようにするためだったのではないか。と。

・・・

朝っぱらから、妄想を垂れ流してしまいました。