CURRENT MOON





ニュージーランド&南太平洋諸島での撮影コーディネイト&フリーライター(カウリ・メディア・プロダクション)

癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に
癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に 癒しのためのセッションと実践できるセラピストの養成を占星術アロマテラピー☆フラワーエッセンス☆サトルアロマテラピーと共に

各詳細や日程はホームページをご覧ください

↑ここをクリックするとご覧いただけます


リーディングセッションについてはここをクリック

認定占星術アロマセラピスト養成コースはここをクリック

認定サトルアロマセラピスト養成コースはここをクリック

ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座はここをクリック

これまでのメディア掲載情報はここをクリック


NZフラワーエッセンス認定プラクティショナー

認定占星術アロマセラピスト

認定サトルアロマセラピスト

認定ルナアロマセラピスト

AIAHS認定アロマセラピストの各養成コース開催中。

そして香りを、波動を「体感する」ワークショップを開催中。


with much AROHA from kauri holistic healing

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
April 29, 2017

ロジカルとスピリチュアル両面を学ぶ~ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座~

テーマ:*2017年講座情報

マオリ族のトフナによる古代の叡智を元に、従来のパーソナリティーを超えてトラウマ、チャクラ、DNA、ソウルの各レベルに段階的に深く働きかける84種類のニュージーランドフラワーエッセンス。ニュージーランド本国以外が学べるのは弊所主催の認定講座のみです。受講生はニュージーランド本部に登録され、本部より修了書が授与されます。

{0CA9525C-EC9C-45E9-B489-2703A602B693}

今年は5月・8月・11月にフラワーからプラントを毎週末順番に開催してまいります。

受講は連続して受ける必要はありませんので、年間を通してすべてのunitを修了していただくことが可能です。

なお、今年は8月に札幌でファーンunitの開講を予定しております。


2017年度上半期NZFE認定講座(東京開催)

5月期

5月6日・7日 NZFE認定講座unit101&102フラワー 

5月13日・14日  NZFE認定講座unit105&106ツリー

5月20日・21日 NZFE認定講座unit107&108シード

5月27日・28日NZFE認定講座unit109&110プラント


8月期

8月5日・6日 NZFE認定講座unit101&102フラワー 

8月12日・13日  NZFE認定講座unit103&104ファーン

8月19日・20日  NZFE認定講座unit105&106ツリー

8月26日・27日 NZFE認定講座unit107&108シード

9月2日・3日NZFE認定講座unit109&110プラント

東京開催会場:カウリホリスティックヒーリング(東京都大田区)

*Skype受講も日程によって受け付けます。お問い合わせください。


8月期札幌開催

8月22日・23日  NZFE認定講座unit103&104 ファーン

札幌開催会場:札幌駅北口 東横インホテル(予定)


2017年度全日程はこちら

http://www.kauri-jp.com/nzfeninteidate.html


ニュージーランドフラワーエッセンスについてはこちら

http://www.kauri-jp.com/nzfedetail.html


お問い合わせ・お申し込みはこちらのメールフォームをご利用ください。

http://ws.formzu.net/fgen/S28023614


今年も皆様との素敵なご縁を楽しみにお待ちしております。

本日もありがとうございました。

with much aroha.

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
April 28, 2017

たけのこ・たけのこ・たけのこ

テーマ:*ちょっと気になること(日記)

まずは基本中の基本「たけのこと若芽の煮もの」はお出汁の味がうっすらと移り香りを引き立たせてくれ、素材そのものの味を堪能できます。

{F05B570B-3D24-44C4-81CE-D131FD4CFB7D}
次に柔らかい穂先の食感と明太子の粒粒の食感のハーモニーが嬉しい「たけのこと明太子の和え物」たけのこの風味に明太子のアクセントが気分を盛り上げます。

続いてはフランス田舎風に仕上げた「たけのことサーモンのカナッペ」味つけを和から洋にすこし変えただけで、全く違ったおいしい世界を教えてくれます。

これを逃してはたけのこは語れない「たけのこの天ぷら」でも今回はササッとできるように「たけのこのフリット」にしました。

そして、もっと楽しむために「たけのこの春巻き」

{B4321E48-7474-4513-8BE2-E8E29815FC99}

さらに楽しむための「たけのこと烏賊のタイ風炒めもの」はエスニック料理でも十分に存在感をアピールしてくれました。

{6B3FDFDD-4D63-40F3-A26E-5EFC4C3FA9F2}

そして、水分の量を予め計算して、お出汁を少なめにして炊くのが私の中のでポイントの「たけのこごはん」

{43EE74AE-702D-497D-AFBA-9AC85DD1EC45}
とろみが香りをギュッと閉じ込めるので、噛んだときに鼻を突きぬけてくる芳香がなんともいえない「たけのこの葛スープ」

まさにたけのこずくしのテーブルです。字が似ているからでしょうか。旬の食材という言葉で一番最初に頭の中に浮かぶ筍。目に前に広がるたけのこワールドはまさに春の食卓です。これほど素敵な山の恵みはありません。


実は先日、友人の従兄弟が山で採ったものを送ってくれたということを口実に、客室乗務員時代のご近所同期たち(中にはまだ現役でロンドン、パリ、ニューヨークと世界を飛び回っている子もいますと集まって「たけのこだらけのお食事会」をしました。

{5F050222-B332-4F52-BFE6-A531B8353AD6}
客室乗務員の仕事の1つにGalley work というのがあります。それは飛行機のいわゆるキッチンにあたる狭い部分で、数名がお互い邪魔にならないように、仕事が重ならないように動くこと。 客室乗務員時代のそんな時間も少し懐かしく思い出しつつ、私の人生にとって「筍」のような時代に出会った友人たちと久しぶりに集まって、旬の味を楽しませていただいた素敵なひとときでした。
送っていただいたHさん。ありがとうございます。 

そして、ごちそうさまでしたー。


本日もありがとうございました。

with much aroha.

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
April 27, 2017

すごい種類ですね。どうやってクライアントさんに選ぶのですか?と聞かれたりしますが

テーマ:*リーディングセッション・カウンセリング
多くの種類があるものの中から一つを選んで、ないしはいくつかを選んでアウトプットするというのは感覚プラスそれに対する深い理解が必要なのかもしれません。

ある「色使いがステキ」と言われているアニメ動画制作の会社では、入社の試験の時に、十数種類の緑色を見分けることができるのか、とか使い分けることができるのか、というようなことが試される、という噂を聞いたことがあります。色に対する「こだわり」がそこにはあるのかもしれません。

フラワーエッセンスのボトル選びも同じように多くの種類の中から選ぶという作業があります。クライアントさんの状況に合わせて184本のボトルの中から8本前後のボトルを選びます。

184本の中から8本を選ぶ。これは想像してみると「どうやってピックアップするのだろうか」という疑問がわいてくるのではないでしょうか。


その答えは「体系・システム」と「ミラクル」の融合です。

「体系」というのは、選び方の方法が体系化されているということです。たとえば184本のボトルが一つの大きなバスケットの中に入っていて、そこから選び出すというわけではなく、それらが色分けされた3つの中袋に入っています。その3つの中袋の中には更に5つの小袋が入っています。その小袋の中に、ボトルが数本入ってるのです。

 

クライアントさんの主訴の深さに応じて表層レベルから深層レベル、というような分類です。問題の進行度の深さに応じて袋を選び、それから細部の状況に合わせて選んでいくというプロセスです。ですからシステムを成立させるために「主訴がどの程度まで進行しているのか、その度合いを見極める方法や考察方法」を認定講座では学んでいただいております。

とはいえ、やはり184本という数はなかなかの数です。ところが、プラクティショナーさん達をみていると、最初は「そんな多くのボトルを、、、」とか、「『マタタ』とか『カラカ』とか『レワレワ』とか聞き慣れない上に、混同しそうなボトルの名前ばかりだし」と言っていた方でも、簡単にスムースに選んでいるようなんです。

しかも、どちらかというと「感覚」に近い感じです。

 

どうしてかといえば、そこに一種の「ミラクル」が起こっているからだと私は考えています。では、どんなミラクルかといえば、右脳が働き始めてるんだろうなー、というものです。

ロジックとして体系・システムという「流れ」を覚え、それを数回繰り返しているうちにボトルを覚えるというかボトルと同化しているようなんです。聞き慣れないボトルの名前は一種の「魔法」の言葉となってきたようです。感覚として「このボトルだ」と浮んできたものが、ロジックの面でもクライアントさんにしっかりと説明できるのです。これは小学生の時に覚えた「九九」を今でも使っているのと同じ感覚です。

 


フラワーエッセンスのプラクティショナーを始めると、必ずこの「ミラクル」が起こる時がきます。そのタイミングはそれぞれですが、ボトルと同化する瞬間です。それは植物と同化することであり、水と同化することです。自然や宇宙からのメッセージをフラワーエッセンスという植物と水を通して伝える「伝達者」となるのです。

 

フラワーエッセンスはそれ単体でもメソッドとして成立させることができますが、「植物と水」ですから、他のメソッドにも融合できる柔らかさを持っています。時にはそれらをサポートする役割をも果たすことができる最もマルチなバイプレイヤーにもなれるのが特徴かもしれません。 


そのフラワーエッセンスの惹かれる、ということはあなた自身の中にある柔らかさがあたなに何かを訴えているのかもしれませんね。

本日もありがとうございました。

with much aroha.
image

■ニュージーランドフラワーエッセンス札幌一期生募集中

この夏札幌でニュージーランドフラワーエッセンス認定講座がスタートします。

日時:8月22日・23日  NZFE認定講座unit103&104 ファーン
会場:札幌駅北口 東横インホテル

詳細はこちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/hamaminako/entry-12249528071.html


■ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座2017年スケジュール

http://www.kauri-jp.com/nzfeninteidate.html


 





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。