1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-27 19:14:44

勘定あって銭足らずの怖さ

テーマ:財務分析

 以前の勤めていた会社で利益が増えたのに現金が減ったときに総務部長が「なぜ、利益があるのに現金がないんだ!何を隠しているんだ!!」という謎の怒られ方をしたことがあります。

 会計をある程度かじった人であれば、利益≠現金、ということがわかっているはずなのですが、利益が上がると必ず現金も増えるとついつい考えてしまう人は少なくないようです。

 

 ここで大切なことは、

・利益は会計ルールに基づき計算するものであり、現金収支とは異なるものである

・現金収支をよくするためには、入金タイミングを出金タイミングより早める必要がある

ということ。

 

「現金商売」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 例えばラーメン屋であれば、売上は現金で受け取るので、売上が即現金として入ってきます。ただし、一般的な企業相手の商売であれば、「掛」で行う商売が多いので、売上即現金とはなりません。例えば、100円の商品を11月末に納品(=売上計上)しても、現金が入ってくるのが12月末だった場合は、

 

     売上高 入金

11月 100    0

12月 0     100

となります。この場合、11月に売上も利益も上がりますが、現金は入ってこず、「利益があるのに現金がない」という状態になりますね。

また商品の仕入金額が90円だったとします。これの支払いが12月だった場合は、

   

     入金   出金

12月  100    100

 

となりますが、翌年の1月に支払う場合は、

     

     入金   出金

12月  100     0

1月    0    100

 

1ヶ月余裕が出ますね。入金タイミングを支払タイミングより早くする、ことが現金収支を考えた場合は重要です。

 

 私が知っている限りでは、アパレル業は、この入金・出金タイミングが相当に厳しい業界でした。特に大手と差別化するために、イタリアなどから、こだわりのブランドを差別化のために海外の個人仕立て屋に依頼する場合は。

 

・2月:仕様打ち合わせ

・3月:仕様決定。個人の仕立て屋が材料費を支払うためのお金を支払

・4月:製造開始

・6月:製造完了

・7月:営業活動

・8月:小売店に納品。納品後、3か月後の支払い

・11月:入金

 

というように、3月に支払→11月に入金、と出金から入金まで8か月の期間があります。事業としては、他に真似ができない付加価値を出す可能性があるのですが、出金から入金までを賄うお金、いわゆる運転資金を確保できないと、販売を待たずして倒産してしまうリスクがあります。

 

 利益と現金が異なるという基本を理解し、自分のビジネスは、出金と入金のタイミングがコントロールできているか、常に手元の運転資金の手当てを考えているか、が重要なのです。

 

闘魂注入のワンクリックをお願いします

 ↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 18:31:17

数字を使って「最強の組織」を作る! ~青年部主催ワンコインセミナーのご案内~

テーマ:協会活動

本日は、東京都中小企業診断士協会中央支部青年部主催セミナーのご案内です。

 

 今回のテーマはKPIを活用したチームビルディング。メンバーの自主性ややる気を高め組織力を強化する方法を社外にコンサルタントとして、社内に経営企画部として豊富なプロマネ・経営管理の経験を持つ小林慶志郎会員がお届けします。

東京都中小企業診断士協会会員であれば、支部問わずどなたでも参加できるので(ただし、会費未納なしが条件)、是非、ご参加下さい!!

 

(以下、案内文)
青年部主催のワンコインセミナーの案内です。
「強い組織を作る」というテーマは、コンサルの現場でも企業内でリーダーを担う方でも共通の大きな課題ではないでしょうか?
そもそも強い組織とはどのような組織でしょうか?
 ・常に目標を達成する、競争力のある組織
 ・メンバーが自ら考え、行動できる組織
このように、結果を出せる、自律的に動くことができる組織。しかし、組織作りは非常に難しく、具体的にどのように取り組めばよいか、悩みを持たれている方も少なくないと思います。

本セミナーでは、そんな強い組織を作るための
「数字を使ってチームビルディングするための極意」についてお伝えします。

講師は、コンサルタントとして数千万~60億円超規模まで
大小様々なITプロジェクトのマネジメント業務に従事したほか、
経営企画としてKPI策定・導入などを含めた経営管理の経験を持ち、
人気マスターコース「売れプロ」4期生でもある小林慶志郎会員。(2008年登録)
数多くのプロジェクトのマネジメントを通じて得た組織運営のノウハウと、
経営企画として実践した経営管理のノウハウを活かし、
現在もビッグプロジェクトの成功に向けてクライアントの支援に邁進するコンサルタントが、
強い組織を作るための極意を全力でお伝えします!

「数字なんかで管理したらメンバーのモチベーションが下がる」と思われた方。それは誤解です!
そのような数値管理にまつわる誤解を紐解きながら、組織力向上のための数字の使い方を具体的に講師が経験した事例を交えながら解説します。

強い組織を作りたいと考えているリーダーの方や、
KPIによる企業の組織力向上策を経営支援のの武器にしたいコンサルタントの方、
ぜひご参加ください!

 

●日時:
12月12日(月)19:30~21:00

●会場:
中央支部事務所

●講師:
小林慶志郎会員

●定員:
35名 (先着順)

●参加費:
500円

●参加資格
東京都中小企業診断士協会会員
*中央支部以外の他支部の方も参加可能です
*ただし、会費未納がないことが条件です

●申込:
中小企業診断協会の マイページより申し込み

 

 

闘魂注入のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-13 18:29:09

小規模事業者持続化補助金開始!

テーマ:補助金・助成金

平成28年度2次補正の小規模事業者持続化補助金が発表になりました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2016/161104jizoku28.htm

 

 販路開拓等の事業拡大のための取り組みに対して、50万円まで(ただし、使用金額の3分の2まで)支給される補助金となります。

 この補助金は支給される金額は少ないですが、端的に言うと「売上向上のための取り組み」が対象となる補助金です。

 売上高は、客数×客単価、に分解されます。また、客数は新規顧客と既存顧客に分解されます。この補助金を考える際には、補助申請をする取り組みが、どのようなプロセスを経て、

・新規顧客を増やすのか?

・既存顧客のリピート率を増やすのか?

・客単価を増やすのか?

というストーリーを説明できることが重要です。詳細については、下記のサイトに専門家として寄稿した内容があるので、ご参照頂ければ、と思います。

 

http://sogyotecho.jp/subsidy-for-enterpreneur/

 

闘魂注入のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。